【追悼】 Part Of Me.Part Of You / パート・オブ・ミー、パート・オブ・ユー (Glenn Frey / グレン・フライ)1991



I felt it when the sun came up this morning
I knew I could not wait another day
Darling, there is somethin' I must tell you
A distant voice is calling me away

今朝 太陽が昇ったとき思ったのさ
俺は一日だって待てないんだって
ダーリン おまえに言わなきゃいけないことがある
遠くから俺を呼ぶ声が聞こえるのさ

Until we find the bridge across forever
Until this grand illusion brings us home
You and I will always be together
From this day on you'll never walk alone

俺たちが永遠に架かる橋を見つけるまで
この大いなる幻影が俺たちを家に連れて帰るまで
おまえと俺はずっと一緒なのさ
今日からおまえは決して一人じゃないぜ

You're a part of me,
I'm a part of you
Wherever we may travel,
Whatever we go through
Whatever time may take away
It cannot change the way we feel today
So hold me close and say you feel it too
You're part of me and I am part of you

おまえは俺の身体の一部
俺もおまえの身体の一部
俺たちがどこに旅しようと
俺たちが何を経験しようと
どれだけ時間がかかろうと
今日感じたこの想いは変えられない
だから俺をそばで抱きしめて
俺も同じだよって言ってほしい
おまえは俺なんだし
俺はおまえなんだから

I can hear it when I stand beside the river
I can see it when I look up in the sky
I can feel it when I hear that lonesome highway
So many miles to go before I die

河のそばに立ってると聞こえる
空を見上げるとそこに見える
一人ぼっちのハイウェイを飛ばすと感じるんだ
俺はあと何マイル進まなきゃいけないんだろう?

We can never know about tomorrow
But still we have to choose which way to go
You and I are standing at the crossroads
Darling, there is one thing you should know

俺たちは明日のことはわからない
それでも俺たちは
行き先は自分達で決めないといけないんだ
おまえと俺は別れ道に立ってる
ダーリン おまえが知っておくのは一つだけ

You're a part of me, I'm a part of you
Wherever we may travel,
Whatever we go through
Whatever time may take away
It cannot change the way we feel today
So hold me close and say you feel it too
You're part of me,
I am part of you, part of you

おまえは俺の身体の一部
俺もおまえの身体の一部
俺たちがどこに旅しようと
俺たちが何を経験しようと
どれだけ時間がかかろうと
今日感じたこの想いは変えられない
だから俺をそばで抱きしめて
俺も同じだよって言ってほしい
おまえは俺なんだし
俺はおまえなんだから

I look at you,
Your whole life stands before you
I look at me
and I'm running out of time
Time has brought us here
To share these moments
To look for somethin' we may never find

俺はおまえを見る
おまえの人生すべてがその前にある
俺は俺自身を見る
もう時間がなくなってるんだ
時間が俺たちをここに連れてきた
このときをともに過ごすために
まだ見たことないものを探すために

Until we find the bridge across forever
Until this grand illusion brings us home
You and I will always be together
From this day on you'll never walk alone

俺たちが永遠に架かる橋を見つけるまで
この大いなる幻影が俺たちを家に連れて帰るまで
おまえと俺はずっと一緒なのさ
今日からおまえは決して一人じゃない

You're a part of me, I'm a part of you
Wherever we may travel, whatever we go through
Whatever time may take away
It cannot change the way we feel today
So hold me close and say you feel it too
You're part of me, I am part of you, part of you

おまえは俺の身体の一部
俺もおまえの身体の一部
俺たちがどこに旅しようと
俺たちが何を経験しようと
どれだけ時間がかかろうと
今日感じたこの想いは変えられない
だから俺をそばで抱きしめて
俺も同じだよって言ってほしい
おまえは俺なんだし
俺はおまえなんだから

Part of me, part of you,
Part of me, part of you

俺とおまえ
おまえと俺

Songwriters FREY, GLENN / TEMPCHIN, JACK
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1991
US Billboard Hot100#55
From The Album"Strange Weather"

freyweather.jpg

封切り当時、たまたま映画「テルマ&ルイーズ」を観ました。なんかスカッとしたかったのかな。
エンディングのテーマが偶然、グレンのこの曲。びっくりしました。

◆「テルマ&ルイーズ」は女どうし。映画では主演はスーザン・サランドン(ルイーズ)とジーナ・デイヴィス(テルマ)。なので、「おまえと俺」じゃなくて、「アンタとアタイ」?等、訳すべきところかもしれませんがご勘弁を...。

Part of me

ウィキペディアを見ると、スーザン・サランドンが演じたルイーズの役は当初、女優のシェールに出演が依頼されていたが断られたというエピソードもありました!(あと、売れるまえのブラッド・ピットも出演してます)
 映画のストーリーは省略しますので、観たい人は観てくださいね。ただし、印象的なラストシーンは・・・この曲のPVですでにネタバレしちゃってますね(^_^;)。

008-thelma-and-louise-theredlist.jpg

◆僕の記憶では、この曲は映画のためにグレンとジャック・テンプチンが書き下ろしたもので、それをグレンの4th ソロアルバム"Strange Weather"に収録したという印象があります。それくらい、映画「テルマ&ルイーズ」のストーリーと、この曲はマッチしていますよね。テルマとルイーズは、何ものにもとらわれず、バディ(相棒)として自由に生き抜いていったんです。

“You're a part of me”
“I'm a part of you”

グレンと僕、僕とグレン と言ってしまうと、
偉大なロック・アーチストと凡人でおこがましいのですが、
グレンの作品は僕のなかにあるし、
天に召されたグレンのなかには、僕たちファンの声援や感謝の気持ちがたくさん届いていたものと信じます。

グレン、
これからもあなたの歌を聴き続けていきます。
そして「これいい歌だね?だれの歌?」なんて尋ねてきた人には、思う存分、たっぷりとあなたの話をしてあげたいと思います!
グレン、
安らかにお眠りください・・・。

tumblr_mkjqktyAY61qcgbbpo2_540.jpg

◆映画「テルマ&ルイーズ」のシーンです。映画のラストシーンは…。
↓↓↓↓↓


◆映画「テルマ&ルイーズ」の場面とグレンの映像。"Lyin' Eyes"~"Part Of Me、Part Of You"~"Take It Easy"
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia テルマ&ルイーズ

(この曲を購入)amazon.co.jp
Solo Collections CD, Import
グレン・フライ

61Uj70mh5qL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント