The Boys Are Back In Town / ヤツらは町へ (Thin Lizzy / シン・リジィ)1976



Guess who just got back today
Them wild-eyed boys that had been away
Haven't changed that much to say
But man, I still think them cats are crazy

今日戻ってきたヤツら 誰だと思う?
いなくなってた野生の目をしたアイツらさ

あんまししゃべらないのも変わってないよ
でもな 俺はいまだに
アイツら スゲー連中だと思ってるのさ

They were askin' if you were around
How you was, where you could be found

Told 'em you were livin' downtown
Drivin' all the old men crazy

おまえがうろついてないか尋ねてきたよ
おまえがどうしてるか
どこにいけば会えるかってさ

"ダウンタウンに住んでるぜ"
"相変わらず大人を困らせてるのさ"
そう言っておいたけどな

The boys are back in town
(The boys are back in town)
The boys are back in town
(The boys are back in town again)

連中が町に帰ってきたんだ
(ヤツらが町に帰ってきた)
連中が町に戻ってきたのさ
(ヤツら再び戻ってきたのさ)

You know that chick
that used to dance a lot
Every night she'd be on the floor,
shakin' what she got
When I say she was cool
she was red hot
I mean, she was steamin'

知ってるだろ?
昔よく踊っていたあの女さ
毎晩 フロアに出てきては
身体中震わせてたアイツだよ

俺は"あの女 クールだよな"って言ったけど
そうじゃなく"熱い女"だったよ
要するに
すぐ湯気をあげちまう女だったんだ

And that time over at Johnny's place,
Well, this chick got up
and she slapped Johnny's face

Man, we just fell about the place
If that chick don't want to know, forget her

それでジョニーの店での出来事だけど
そう この女 起きてすぐに
ジョニーを引っぱたいたのさ

ああ 俺たち ぶったまげたよ
もしあの女が覚えていたくないのなら
もう忘れるようにするけどね

The boys are back in town
(The boys are back in town)
The boys are back in town
(The boys are back in town)

連中が町に帰ってきたんだ
(ヤツらが町に帰ってきた)
連中が町に戻ってきたのさ
(ヤツら再び戻ってきたのさ)

Spread the word around
Guess who's back in town

そうみんなに知らせるのさ
"誰が町に戻ってきたのか?"って

Just spread the word around

ただみんなに広めればいいんだよ

Friday night
they'll be dressed to kill
Down at Dino's Bar 'n' Grill

金曜の夜は
ヤツらばっちり着飾って
ディノのバー・グリルあたりに行くだろう

The drink will flow
and the blood will spill
And if the boys want to fight,
you better let 'em

酒があふれて
血がこぼれ落ちるだろうよ
ヤツらが喧嘩をしたいようなら
放っておくのが賢明さ

That jukebox in the corner
blastin' out my favorite song
The nights are getting longer,
it won't be long

Won't be long till the summer comes
Now that the boys are here again

店の隅にあるジュークボックスで
俺の好きな歌がずっと流れてる
夜がだんだん長くなってきたけど
もうじき夜が明けるさ

夏が来るのもすぐそこさ
だって アイツらが
ここに戻ってきたんだから

The boys are back in town
(The boys are back in town)
The boys are back in town
(The boys are back in town)

連中が町に帰ってきたんだ
(ヤツらが町に帰ってきた)
連中が町に戻ってきたのさ
(ヤツら再び戻ってきたのさ)

The boys are back in town
(The boys are back in town)
Spread the word around
The boys are back in town
(The boys are back in town again)

連中が町に帰ってきたんだ
(ヤツらが町に帰ってきた)
みんなに教えてやるんだ

ヤツらが町に帰ってきたって

The boys are back in town again
Been hangin' down at Dino's
The boys are back in town again

ヤツらが町に帰ってきたんだ
ディノの店あたりでうろついてるんだ
ヤツら まるで昔のようにさ…

Songwriters PHILIP PARRIS LYNOTT
Lyrics © Universal Music Publishing Group

spill=(液体・粉などを〉こぼす

Released in 1976
US Billboard Hot100#12
From The Album"Jailbreak"

220px-Thin_Lizzy_-_Jailbreak.jpg

この曲"The Boys Are Back In Town"はロック・アンセムとしてロック・ファンだけでなく、ロック・アーチストもライヴで好んで演奏したりする曲ですね!ボン・ジョヴィもライヴで取り上げてるし、ヒューイ・ルイスのライヴでも聞いたことがあります。

◆シン・リジィはアイルランドのダブリンのバンド。この曲のSongfactsによれば、元々は、シン・リジィが自分たちのファン達を見て、この曲が閃いたとのこと。彼らのファンは労働者(working-class guy)がほとんどでみんなハメをはずしに楽しもうとライヴにやってきます。酒をたっぷり飲んで来る傾向にもあったようです。
"The Boys Are Back In Town"の"The Boys"っていうのは俺たちバンドのこと。ライヴ会場にて"待たせたな!俺たち戻ってきたぜ、みんなに伝えてやってくれ!"って歌うナンバーなんでしょう。それじゃ、ノらないわけにはいきませんよね!

◆一方、Songfactsにはこの曲はもともと""GI Joe comes home"というタイトルで、ベトナム戦争からの帰還兵を歌った歌だという紹介もありました。ベトナム戦争からの帰還兵たちは精神も蝕まれ後遺症に悩まされたといいますが、そんななかで昔と同じように彼らを迎え、昔と同じようにバカやろうじゃないか!って歌っているのでは?というものです。フィル・ライノットはもう天国に行ってしまいましたので本当のところを聞くことができませんが、この解釈も好きなので、ちょっとそんな風にも意訳させていただきました。

o0480048013151894170.jpg

◆でも、当初はこの曲、アルバム"脱獄(Jailbreak)"にも収録される予定じゃなかったようですね。ギターのスコット・ゴーハムが"Classic Rock"のインタビューで答えています。

俺たちが米国のクラブで演奏してるとき、マネージャーがやってきてこう言ったんだ。"なあ どうやら私たちの曲がヒットしたようだぜ"。マジメな話、俺たちは"どの曲だい?"って聞いたんだ。だってどの曲がヒットするかなんてイメージがわかなかったからさ。
"実は「ヤツらは町へ」はアルバムに入れようとすら思ってなかったからね。アルバムには長さの関係で10曲しか入れることができなかったんだ。15曲レコーディングして10曲選ぶんだけど、それから漏れていたんだよ。でもマネージャーがこう言ったんだ。"いや あの曲には何かいいものがあるよ。だって俺たちの曲にはツインリードギターを聴かせる曲がほかにはなかったしね"


…そうなんです。間奏のツインギターはこの曲の大きな聞きどころ!"ツインリード"はシン・リジィのサウンドの代名詞にもなりましたよね。ブライアン・ロバートソンとスコット・ゴーハムのツイン・リード(片方がストラトとかじゃなく、レスポール2本!ってのがいいんだよね)に、ベースを弾きながら歌う、フロントマンのフィル・ライノット。疾走感あるハードロックは多くのファンを魅了し、他のロックアーチストにも影響をもたらしました。

640x360.jpg

thin-lizzy-130626.jpg

◆本日1月4日はフィル・ライノットの1986年の急死からちょうど30年。フィルはヘロイン注射に伴う内臓の感染症、敗血症により36歳で天に召されています。彼の生涯の功績を記念して、アイルランド・ダブリンにはフィルの銅像が建てられています。フィル・ライノット、R.I.P。

Philip_Lynott_Dublin_Statue.jpg

◆シン・リジィはロゴ・マークもカッコ良くて、僕はあまり知らないくせに、雑誌から切り抜いてノートにロゴマークを貼ってましたよ(^▽^;)。

Thin_lizzy_logo.jpg

◆"ヤツらは町へ"が最高位12位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 24th July, 1976

1位はマンハッタンズ、2位はスターランド・ボーカル・バンド、3位、4位と個性的な曲がチャートインしてますね。7位ビートルズはアルバム「ロックンロール・ミュージック」からシングルカット。2枚組の銀色でキラキラ光るアルバムジャケットがカッコ良かったなあ。9位ビーチ・ボーイズがこれまた「ロックンロール・ミュージック」っていうのがいいね。

-1 2 KISS AND SAY GOODBYE –•– The Manhattans
-2 1 AFTERNOON DELIGHT –•– The Starland Vocal Band
-3 3 I’LL BE GOOD TO YOU –•– The Brothers Johnson
-4 5 MOONLIGHT FEELS RIGHT –•– Starbuck
-5 6 LOVE IS ALIVE –•– Gary Wright
-6 16 GET CLOSER –•– Seals and Crofts
-7 8 GOT TO GET YOU INTO MY LIFE –•– The Beatles
-8 23 DON’T GO BREAKING MY HEART –•– Elton John and Kiki Dee
-9 10 ROCK AND ROLL MUSIC –•– The Beach Boys
10 11 LET HER IN –•– John Travolta
11 12 TAKE THE MONEY AND RUN –•– The Steve Miller Band
12 13 THE BOYS ARE BACK IN TOWN –•– Thin Lizzy

◆"ヤツらは町へ"のスタジオバージョンです。
↓↓↓↓↓


◆1976年のTop Of The Pops出演時のビデオです。
↓↓↓↓↓


◆"Still In Love With You" Live in National Stadium Dublin 1975
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Thin Lizzy
・The Boys Are Back In Town Songfacts

(この曲を購入)amazon.co.jp
Live & Dangerous CD, Import
シン・リジィ

51JRDF-FY0L__SX425_.jpg
やっぱりシン・リジィはライヴで聴かなきゃ!

関連記事

コメント

非公開コメント

シン・リジー

シン・リジーといえばやっぱりツインリードギターですね。特にこの曲のギターは最高です!
当時、この曲のような元気でカッコいい曲がヒットチャートの上位に上がってくるラジオ番組「全米Top40」のとりこになりました。

まだ見ぬアメリカ

星船さん、Thin Lizzyはアイルランドのバンドなのに、この曲はチャートで、全米トップ40で聴いた時に、まだ見ぬアメリカ、を感じました!サウンドとともに原題“the Boys are back in town”、当時の僕の英語力だと、“少年たちは町に戻る”と直訳するところ、“ヤツらは町へ”という邦題のネーミングもカッコよかったです!