We Are The World / ウィ・アー・ザ・ワールド (USA for Africa / USA・フォー・アフリカ)1985



There comes a time
When we heed a certain call
When the world must
come together as one
(Lionel Richie)

そのときが来た
あの呼びかける声に気を留めて
世界がひとつになるべきときが来た

There are people dying
and it's time to lend a hand
To life the greatest gift of all.
(Stevie Wonder、Paul Simon)

死んでいく人たちがいる
生命のために手を貸すときなんだ
それは何よりも素晴らしい贈り物

We can't go on
pretending day by day
That someone, somewhere
will soon make a change
(Kenny Rogers、James Ingram)

毎日毎日
見て見ない振りはこれ以上できない
誰かが どこかで
すぐにでも変わっていくんだ

We are all part of
God's great big family
And the truth, you know,
love is all we need
(Tina Turner、Billy Joel)

私たちは神様がもたらした
偉大な大きな家族なの
大切な真実は わかるよね?
愛こそが
僕たちみんなに必要なものなんだ

We are the world,
We are the children
We are the ones who make a brighter day
so let's start giving
(Michael Jackson)

私たちは世界そのもの
私たちは神の子どもたち
私たち自身が輝く日々を作る存在
だからはじめよう 身を捧げよう

There's a choice we're making,
We're saving our own lives
It's true we'll make a better day
just you and me
(Diana Ross)

私たちは選択することになる
自分自身の生命を救うことを
本当なのよ
私たちがよりよい明日を作るの
そう あなたと私でね…

Well, send them your heart
so they'll know that someone cares
And their lives will be stronger and free
(Dione Warwick)

そうよ
あなたの想いを届けましょう
そうすれば
誰かが想いを寄せてくれてることを知って
生命はより強く自由なものになる

As God has shown us
by turning stones to bread
And so we all must lend a helping hand
(Willie Nelson、Al Jarreau)

神様が石ころをパンに変えることで
僕たちに教えてくれたように
僕らも 手を差し伸べるべきなのさ

We are the world,
We are the children
We are the ones who make a brighter day
so let's start giving
(Bruce Springsteen、Kenny Loggins)

俺たちは仲間なんだ
俺たちは地球の子どもたちなんだ
僕たち自身が輝く日々を作る存在
だからはじめよう 身を捧げよう

There's a choice we're making,
We're saving our own lives
It's true we'll make a better day
just you and me
(Steve Perry、Daryl Hall)

選択するのは僕たちなんだ
自分自身の生命を救うことを
本当さ
僕たちがよりよい明日を作るんだ
そう きみと僕でね…

When you're down and out,
There seems no hope at all
(Michael Jackson)

きみが打ちひしがれてしまったら
希望が何も見えないよね

But if you just believe,
There's no way we can fall
(Huey Lewis)

でも ただ信じるんだ
俺たちは負けるはずがないって

Well, well, well, well
Let us realize
that a change can only come
When we stand together as one
Yeah Yeah Yeah Yeah…
(Cyndi Lauper、Kim Cahns)

そうよ そうよ そうなのよ
気づくことよ 変化は必ず訪れるって
私たち一つになって
立ち上がればいいのよ

We are the world,
We are the children
We are the ones who make a brighter day
so let's start giving
(All)

僕たちは世界そのもの
僕たちは地球の子どもたち
僕たち自身が輝く日々を作る存在なんだ
だから 身を捧げることを始めよう

There's a choice we're making,
We're saving our own lives
It's true we'll make a better day
just you and me
(All)

僕らが選択をするのなら
自分自身の生命を救うことを選ぶんだ
だってよりよい明日を作るのは
僕らなのだから
そう ここにいるきみと僕なんだ…

We are the world,
We are the children
We are the ones who make a brighter day
so let's start giving
(All)

There's a choice we're making,
We're saving our own lives
It's true we'll make a better day
just you and me
(Bob Dylan)

We are the world,
We are the children
We are the ones who make a brighter day
so let's start giving
(All)

There's a choice we're making,
We're saving our own lives
It's true we'll make a better day
just you and me
(All & Bob Dylan)

We are the world,
We are the children
We are the ones who make a brighter day
so let's start giving
There's a choice we're making,
We're saving our own lives
It's true we'll make a better day
just you and me
(All & Ray Charles)

私たちが世界そのもの
私たちは地球の子どもたち
私たち自身が輝く日々を作る存在
だから 身を捧げることを始めよう

私たち自身が選択をするのよ
自分自身の生命を救うことを選ぶことを
だってよりよい明日を作るのは
私たち自身なのだから
そう ここにいる
あなたと私
きみと僕 なんだから…

(Stevie Wonder & Bruce Springsteen)
(James Ingram)
(Ray Charles)

Songwriters
RICHIE, LIONEL / JACKSON, MICHAEL
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC,Warner/Chappell Music, Inc.

heed=…を心に留める,…に気をつける.
can only=しかできない

Released in 1985
US Billboard Hot100#1
From The Album"We Are The World"

220px-We_Are_the_World_alternative_cover.jpg

"We Are The World"…沢山のアーチストがひとつの目的で集まりました。音楽でできること…世界中の人達は「聴くこと」、「レコードを買うこと」でその目的に協力ができたのです。
この曲、学生時代の仲間と深夜の部室でビデオを大音量で流して肩を組んで歌った想い出があるなあ(^▽^;)。

◆1984年にボブ・ゲルドフが呼びかけ、イギリスやアイルランドのアーチスト達が「Do They Know It's Christamas」に参加し、アフリカの飢餓救済に立ち上がりました。このチャリティへの関心が大きく広がって、アメリカのアーチスト達も何かしらの協力ができないか?考えた人も多かったことでしょう。
まず「バナナ・ボート」で有名なハリー・ベラフォンテが立ち上がりました。イギリスのプロジェクトは呼びかけ人のボブ・ゲルドフが同世代のミュージシャンの中から賛同者を募ったことにより、ジャンルはロック・ポップのアーチストが主で、白人が中心となりましたが、アフリカの飢餓問題は黒人の自分達の方がより切実な問題であるとハリーは強く感じていたようです。ハリーは米のレコード業界で強い影響を持つケン・クレイガンに呼びかけ、ケンはクインシー・ジョーンズにプロデュースを依頼しました。

◆こんなに多くのミュージシャンがどうして集まれたのか?

1985年1月28日 ロサンゼルスのA&Mスタジオ。夜9時から深夜2時までレコーディングが行われました。沢山のアーチストのスケジュール調整がどうして可能だったのかという疑問が残りますね。
実はこの日は「アメリカン・ミュージック・アワード」の開催日で、この日しかチャンスがありませんでした。旬なアーチスト達のほとんどはこの祭典に参加しており、終了後、それぞれがリムジンでスタジオに集結、ということだったのです。
ちなみに…
(アワードの主要部門の受賞者)
男性アーチスト… Lionel Richie
女性アーチスト…Cyndi Lauper
バンド・デュオ・グループ…Hall & Oates
アルバム…"Purple Rain"(Prince)
シングル…"Dancing In The Dark"(Bruce Springsteen)
"
Wearetheworld.jpg

◆才能の掛け合いのなかで生まれた曲。

ライオネルとマイケルは曲を作るのにずいぶん悩んだと言いますが、その様子をうかがうと、さすがに天才どうしという感じがします。ライオネルのコメントです。

マイケルがアイデアを持ち込み、次に僕がアイデアを出す。僕がさりげなく1フレーズをくちずさむとマイケルがよりよいフレーズにして返す…そうしてついに僕たちは素晴らしい歌を作った。3日間悩んだっていうのに、実際曲作りに費やしたのは正味2時間半くらいだったかな。



2人の書いた当初の歌詞は
"There's a choice we're making We're taking our lives"(我々は選択するんだ。自分達の命を奪うことを)だったそうです。それがリハーサルの際にクインシーが「命を奪う、という歌詞は良くないな」と判断し、"We're saving our lives"(命を救う)になったとのことです。(ダイアナやSteve Perryが歌う箇所ですね)

wearetheworld2.jpg

◆誰がどのパートを歌うのか??

クインシーからボーカルアレンジを頼まれたのはトム・ベイラー。彼はほとんどのアーチストと仕事をしていてそれぞれの声質や癖などを熟知していました。クインシーからの指示は2点だけであとはトムに任した、という話だったようです。その2点ですが1点めは「最初のソロはライオネル・リッチー」、2点めは「サビを歌い始めるのはマイケル・ジャクソン」ということでした。この2点を確定したうえで、マイケルの後にはダイアナ・ロスとか、トムが全体をイメージしながら直感で決めていったそうです。

◆呼ばれても来なかった・来れなかった人…!?

約束を交わしたメンバーでスタジオに顔を見せなかったのは…
・プリンス
・エディ・マーフィー…その時、ヨーロッパにいたので。
・そのほか、クインシー・ジョーンズらが参加を望んだのは、デイヴ・リー・ロス、トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーン、ジェイムズ・ブラウンらであったが調整不能で不参加となりました。

ちなみに、プリンスが歌う筈の場所はヒューイ・ルイスが代役に選ばれたということ。てことは、"But if you just believe, There's no way we can fall"の部分ですね。でもここはそのあとのシンディやキム・カーンズの声との関係でも力強いヒューイで正解だったように思います!

◆レコーディングの際にはいたのに、集合写真に写っていなかった人…!?

コーラスの場面では45名いるのに、集合写真に写っているのは43人。
NHK出版新書「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」の著書である西寺郷太さんが、映っていなかったアーチストが2名いることに気がつきました。さてその2人とは誰? なかなかおもしろかったです。
答えは書籍を購入して確認してくださいね!(^^。

wearetheworld1.jpg

◆この方のブログに"We Are The World"について本当に詳しく掲載されています。(Legend Of Moonwalkさんのサイト"We Are The World")

◆"We Are The World"が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending April 13, 1985

"We Are The World"は1位にならなきゃダメでしょう!4週間1位を続けます。そう言えばマドンナ(3位、5位)はプロジェクトに参加してなかったな。マーヴィン・ゲイ追悼で4位コモドアーズ、10位ダイアナがランクインしています。

-1 2 WE ARE THE WORLD –•– USA For Africa
-2 1 ONE MORE NIGHT –•– Phil Collins
-3 4 CRAZY FOR YOU –•– Madonna
-4 7 NIGHTSHIFT –•– Commodores
-5 3 MATERIAL GIRL –•– Madonna
-6 8 I'M ON FIRE –•– Bruce Springsteen
-7 9 RHYTHM OF THE NIGHT –•– DeBarge
-8 5 LOVER GIRL –•– Teena Marie
-9 14 OBSESSION –•– Animotion
10 13 MISSING YOU –•– Diana Ross

◆リメイク「25 Years for ハイチ」

2010年1月12日に、西インド諸島のハイチ共和国でマグニチュード (M) 7.0の地震が発生しました。地震の規模の大きさやハイチの政情不安定に起因する社会基盤の脆弱さが相まり、死者はなんと31万6千人程…。翌年3.11の東日本大震災の死者・行方不明者は18,460人と言われていますので、その規模の大きさは想像を絶するものですよね…。

51AhHBYFKwL__SL500_AA280_.jpg

・この被災者支援のため、クインシー・ジョーンズとライオネル・リッチーが呼びかけ人となり、「We Are The World 25 Years for Haiti」として再レコーディングを行ないました。若いアーチストだけでなく、バーブラ・ストライサンド、セリーヌ・ディオンなどのベテラン女性シンガー、カルロス・サンタナもギターで参加しています。ちなみに同年の第52回グラミー賞授賞式後に、ロサンゼルス市内にあるスタジオで行われたそうです。(下に動画あります)

Imagehaich.jpg

◆Making 映像。リハーサル風景が垣間見えます。みんな緊張しているなあ(特にボブ・ディラン!)。
↓↓↓↓↓


◆We Are The World 25 For Haiti - ハイチ大地震の救済に再び立ち上がりました。参加アーチストはWikipedia ウィ・アー・ザ・ワールドをご参照
↓↓↓↓↓


◆"Tears Are Not Enough"。カナダのアーチストも立ち上がりました。プロジェクト名は"Northern Lights"。呼びかけはブライアン・アダムスやデヴィッド・フォスター。Top40でもお馴染みのアーチスト達がたくさん出てきます。(ゴードン・ライトフット、バートン・カミングス、アン・マレー、ダン・ヒル、ニール・ヤング、コリー・ハート、ブルース・コックバーン、マイク・レノ~Loverboy、etc...)この曲は"We Are The World"のアルバムにも収録されていますよ。
↓↓↓↓↓


◆ものまね王座の「We Are The World」。布施辰徳さんのボスや、シンディ、ダイアナがそっくり!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia ウィ・アー・ザ・ワールド
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985下(音楽之友社)
・NHK出版新書「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」西寺郷太著
・BS-TBS「Song To Soul」ウィ・アー・ザ・ワールド

(この曲を購入)amazon.co.jp
We Are The World DVD+CD (30周年記念ステッカー付)

51MwAV1jUOL.jpg


ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い (NHK出版新書 467)
西寺 郷太 (著)

51NgVX4refL__AC_UL320_SR206,320_


◆掲載曲が増えたので、アルファベット・アーチスト検索を3つに分けました。
 アーチスト名(A→G)
 アーチスト名(H→N)
 アーチスト名(O→数字)

関連記事

コメント

非公開コメント

歌の持つパワー

"We Are The World"何度聞いても感動します。このコーラスリレーの順番は忘れられないな~。歌えるな~。宝箱みたいな信じられない豪華メンバーでした!
レーベル制約ある中で、このようなチャリティーをやってのけるなんて(バンドエイドもですが)ポップスロック音楽の持つ力を感じました。
マイケルも、もういないのが残念です。
30年も前の曲だけど、"We Are The World"の気持ちを今もひとりひとりが持ちたいものですね・・。
昨年、めったさんのブログに出会い、和訳も情報も目からウロコがぽろぽろでした。
手間のかかる作業だと思いますが、これからも洋楽のすばらしさや楽しさを発信し続けてくださいね(^^♪
遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします!

今年もよろしくお願いします

mayさん、コメントありがとうございます。音楽の聞き方が変わってきてます。埋もれてはならぬ「いい曲」(僕の主観ですが(^_^;))について、まだまだ沢山あります!mayさんの「懐かしい!」「へぇ〜そうだったんだ!」となって、元気につながったら嬉しいです!今年もよろしくお願いします。