【祝!来日決定】Just Like A Woman / 女の如く (Bob Dylan / ボブ・ディラン)1966



Nobody feels any pain
Tonight as I stand inside the rain
Ev'rybody knows
That Baby's got new clothes
But lately I see her ribbons and her bows
Have fallen from her curls

誰も痛みを感じないよ
今夜 僕が雨のなか佇んでいたって
みんなが知ってるんだ
あの娘が新しい服を着てることは
でも最近 ちょう結びのリボンが
巻き毛から落っこちてるのを見かけたよ

She takes just like a woman,
yes, she does
She makes love just like a woman,
yes, she does
And she aches just like a woman
But she breaks just like a little girl

あの娘は振る舞うんだ 女性のように
そう そうなんだよ
あの娘は愛してくれる 女性のように
そう そうしてくれる
そして心を痛めるんだ 女性のように
でも突然のように変わるのさ
まるでちっちゃな女の子のように

Queen Mary She's my friend
Yes, I believe I'll go see her again
Nobody has to guess
That Baby can't be blessed
Till she sees finally
that she's like all the rest
With her fog,
her amphetamine and her pearls

クイーン・マリーは僕の友達さ
そう もう一度会えると信じてるよ
誰も想像したりしないんだ
あの娘は祝福されることはない
自分が他の子と同じように
霧やクスリや真珠を欲しがることに
気がつくまではね

She takes just like a woman,
yes
She makes love just like a woman,
yes, she does
And she aches just like a woman
But she breaks just like a little girl

あの娘は振る舞うんだ 女性のように
そうなんだよ
あの娘は愛してくれる 女性のように
そう そうしてくれる
そして心を痛めるんだ 女性のように
でも突然のように変わるのさ
まるでちっちゃな女の子のように

It was raining from the first
And I was dying there of thirst
So I came in here
And your long-time curse hurts
But what's worse
Is this pain in here
I can't stay in here
Ain't it clear that

最初から雨が降っていたんだ
僕は喉が渇いて死にそうだった
だから僕はここに来たんだけど
きみはずっと僕をののしり傷つけるんだ
でも もっと悪いのは
この胸の痛みだよ
もう僕はここにはいられない
だってハッキリしてるんだ

I just can't fit
Yes, I believe it's time for us to quit
But when we meet again
Introduced as friends
Please don't let on that you knew me
when I was hungry and it was your world

僕は合わないんだって
そうさ 別れるときが来たって思うんだ
でも もし再び出会って
友達のように紹介するときも
決して言わないでおいてくれよ
僕が女性に飢えていて
きみに夢中だったなんてさ

Ah, you fake just like a woman,
yes, you do
You make love just like a woman,
yes, you do
Then you ache just like a woman
But you break just like a little girl

ああ きみは見せかけていた
まるで女性のように
そうなんだ
きみは愛してくれた
まるで女性のように
そうしてくれた
そしてきみは心を痛めていた
まるで女性のように
そしてきみは
ちっちゃい女の子のようになってしまうんだ

Songwriters BOB DYLAN
Lyrics © BOB DYLAN MUSIC CO

break=突然~の状態になる
amphetamine=アンフェタミン=中枢神経興奮剤で、ナルコレプシーや鬱病などの治療に用いられる
let on=告げ口する, 秘密を漏らす

Released in 1966
US Billboard Hot100#33
From The Album"Blonde On Blonde"

220px-JustLikeaWoman.jpg

ボブ・ディランが来年4月に来日してくれます!
東京・仙台・大阪・名古屋・横浜で公演。東京はなんとBunkamura オーチャード・ホール。音のいい劇場公演です!

DSC_2880.jpg

・東京公演 4月4日・5日・6日・18日・19日・25日・26日 
・仙台公演 4月9日 
・大阪公演 4月11日・12日 
・名古屋公演 4月15日 
・横浜公演 4月28日

「SS席(25,000円)」(^_^;)スゴっ!は1978年の武道館公演のポスター復刻版付きとのことです。(ウドー音楽事務所

Dylan.jpg


◆セットリストはディランのオリジナルにプラスして、今年2月に発売になったアルバム「Shadows In The Night」からの曲=フランク・シナトラの歌ったスタンダード曲の入ったものになるらしい。ムムム…ファンにとって嬉しいかどうかは…(^▽^;)。→今年11月、イタリアでのライヴ・セットリストはこちらです。

◆ですので、この曲"Just Like A Woman(女の如く)"は僕は結構好きなのですが、まず演らないだろうな(^▽^;)。
ちなみにこの曲、歌詞をめぐって、主人公は男なのか?女なのか?、ファンの間でも議論を呼んでますね。僕は…男なのかな、と思いました。
ウィキペディアによると、

1965年ツアー中の感謝祭の日に書かれたバラードで、アンディー・ウォーホールの「ファクトリー」に所属していたイーディ・セジウィックのことを歌ったとも、フォーク・シンガーのジョーン・バエズのことを歌ったとも言われている。


とあります。結局どっちなのかな(^▽^;)?

◆歌詞にある、"Ribbon and bow"について…リボンはわかるけど、"bow"って?

こちらのブログに"Ribbon"と"bow"の違いが出ていました。

「アメリカで英語の先生」trilingue.exblog.jp

*「リボン」 という単語からどんな形を想像しますか?
b0081489_4114255.jpg
英語で ribbon という時、イメージ的には長いリボンの状の物の事を指します。ですから、例えば子供のピアノの発表会のドレスにいくつもちょうちょう結びの 「リボン」 が付いていたとしても、それは英語では ribbon とは言いません。この場合のリボンは bow と言います。発音は 「ボウ」 です。

◆Bob Dylan - Just Like a Woman - Take 1 (audio)
↓↓↓↓↓


◆Bob Dylan Just Like A Woman
↓↓↓↓↓


◆この曲はステージの最後の曲らしい。"あなたといっしょにいられるのなら、わたしは何もかも投げ出そう"(I'd give anything to be with you.) アルバム"Time Out Of Mind"から"Love Sick"です。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia 女の如く
・「アメリカで英語の先生」trilingue.exblog.jp

(この曲を購入)amazon.co.jp
Blonde on Blonde Import
ボブ・ディラン

Bob_Dylan_-_Blonde_on_Blonde.jpg

◆掲載曲が増えたので、アルファベット・アーチスト検索を3つに分けました。
 アーチスト名(A→G)
 アーチスト名(H→N)
 アーチスト名(O→数字)


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

おおディラン来日ですか!あいかわらず抑揚のない吟遊調ですが、この方はノーベル文学賞候補になっていますね。「従来歌詞とは異質の『詩』が革新的で、詩が歌と同じ『声の文化』であることを再認識させた」・・との理由らしいですが。ディランも参加している「ウィアー・ザ・ワールド」を公開しております。

来年もよろしくお願いします

ディランは深いですよね。詩人として、歌詞に使われる英単語の細かいところまで意味を持って使われているように思います。ディランの長い音楽生活の中でそのアルバム、その曲を聞かないとその曲の意味合いは本当は伝わらないかも?なんて思っています。
RWさん、今年もいろいろとありがとうございました!来年もRWさんの切り口から、ぜひ名曲、名アーチストを紹介していってください!楽しみにしております!