Any Day Now / エニイ・デイ・ナウ (Ronnie Milsap / ロニー・ミルサップ)1982



Any day now
I will hear you say
"Goodbye, my love"
And you'll be on your way
Then my wild beautiful bird,
you will have flown, oh
Any day now
I'll be all alone, whoa

今すぐにでも
きみの“サヨナラ”が聞こえてきそうさ
きみはきみの道を歩いていくんだ
そのとき
僕の“おてんばな可愛い小鳥”は
飛びたってしまうのさ
今すぐにでも
僕はひとりぼっちになるんだ ああ

Any day now,
when your restless eyes meet someone new
Oh, to my sad surprise
Then the blue shadows
will fall all over town, oh
Any day now
love will let me down, whoa

今すぐにでも
きみは落ち着きもなく
誰か新しいヤツと目を合わせるのさ
僕がびっくりして
悲しんだっておかまいなし
そして 町が悲しみの影に包まれる ああ
今すぐにでも
愛が僕を傷つけるのさ ああ

I know I shouldn't want to keep you
If you don't want to stay
Until you go forever
I'll be holding on for dear life
Holding you this way
Begging you to stay

もしきみがとどまることを望まないなら
僕もきみを繋ぎとめておくべきじゃないよね
きみが永遠に去ってしまうなら
僕は自分の人生を慈しみながら堪えていくよ
だから
きみをこんな風に抱きしめて
行かないでくれってお願いしてるんだ

Any day now
when the clock strikes "Go"
You'll call it off
And then my tears will flow
Then my wild beautiful bird
you will have flown, oh
Any day now
love will let me down
'cause she won't be around

今すぐにでも
時計が「行け」と告げたなら
きみは出て行ってしまうんだ
そして僕の目には涙があふれ出し
そのとき
僕の“おてんばな可愛い小鳥”は
飛びたってしまう
今すぐにでも
愛が僕を落ち込ませるのさ
だってあの娘は
もうどこにもいなくなってしまうから

Then the blue shadows
will fall all over town, oh
Any day now
'cause she won't be around

そして悲しみの影が
町一面を覆い尽くすんだ
今すぐにでも
だって あの娘はもういない

No no no no…
You won't be around…

ノー ノー ノー
きみはもういない…

Songwriters BOB HILLIARD, BURT F BACHARACH
Lyrics c BOURNE CO.

any day now=いつ何時でも
to my surprise=驚くべきことに
call off=手を引く 中止する

Released in 1982
US Billboard Hot100#14
From The Album"Inside"

220px-MilsapInside.jpg

カントリーアーチストでピアニスト。ロニー・ミルサップの歌は心に響きますね。
彼は生まれつき盲目のシンガー。勝手ながら、「隣に人がいること」を視覚的にわかるのと、目が見えずにわからないことの違いを想像してみました。目に映らないぶん、その人の体温を感じたり、息遣いなど小さい音も感じたうえで「隣にその人がいる」ということを感じるのではないでしょうか。
“my wild beautiful bird”は隣にいる、いつも騒がしくにぎやかな女性。その“小鳥”がいなくなってしまうのは本当に堪えがたいのではないでしょうか。

◆と、この曲について、シンガーであるロニー・ミルサップになったつもりで、考えてみたのですが、作者はロニーではありません。この曲は、大物“バート・バカラック(Burt Bacharach, Bob Hilliard)”の作品なのです。カバーも多く、1962年にはChuck Jacksonが全米23位、1965年にはAlan Priceがカバー。エルヴィス・プレスリーも1965年にカバー(全米3位になった"In the Ghetto"のB面) していますね。
元歌のメロディが明るいポップス。カラッとした感じで淋しさを歌う歌なんだろうな。

◆"Any Day Now"が最高位14位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending July 10, 1982

"愛の残り火"が1位。"ロザーナ""青春の傷あと"が続きます。5位は「アイ・オブ・ザ・タイガー」。対決シーンのBGMに頻繁に使われるようになるなんて夢にも思いませんでしたね。

-1 1 DON’T YOU WANT ME –•– The Human League
-2 2 ROSANNA –•– Toto
-3 5 HURTS SO GOOD –•– John Cougar
-4 4 HEAT OF THE MOMENT –•– Asia
-5 9 EYE OF THE TIGER –•– Survivor
-6 7 LET IT WHIP –•– The Dazz Band
-7 8 LOVE’S BEEN A LITTLE BIT HARD ON ME –•– Juice Newton
-8 3 EBONY AND IVORY –•– Paul McCartney with Stevie Wonder
-9 11 TAINTED LOVE –•– Soft Cell
10 10 CAUGHT UP IN YOU –•– 38 Special

11 13 ONLY THE LONELY –•– The Motels
12 22 HOLD ME –•– Fleetwood Mac
13 16 DO I DO –•– Stevie Wonder
14 15 ANY DAY NOW –•– Ronnie Milsap

◆1977年の全米16位のヒット"It Was Almost Like A Song"="愛は歌のように"。名曲です。めった和訳はこちら
↓↓↓↓↓


◆"Any Day Now"の1つ前のシングル。I Wouldn't Have Missed It for the World は全米20位のヒットになりました。
↓↓↓↓↓


◆プレスリーの"Any Day Now"。プレスリーが歌うと哀愁漂うカッコ良さが出るなあ。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Ronnie Milsap

(この曲を購入)amazon.co.jp
Essential Ronnie Milsap Original recording remastered, Import
Ronnie Milsap

61z2i-3SxCL__SL1086_.jpg


◆掲載曲が増えたので、アルファベット・アーチスト検索を3つに分けました。
 アーチスト名(A→G)
 アーチスト名(H→N)
 アーチスト名(O→数字)

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

今年も楽しくブログ交流させて頂きありがとうございました。色々あった年ですがやはり健康無事のありがたさが一番、お互いに来年もよき年でありますように!いいお正月をお迎え下さい。
ウイアーザワールドの呪い購入してしましました。(笑)

初めまして

カモン・アイリーンを検索して、こちらにたどり着きました。
Any day now バカラックの曲だったとは全く知りませんでした。
長年、Elvisのために作られた曲だと思っていたのです。
とても勉強になりました。
またおじゃまさせて下さい。
ありがとうございました。

RWさん どうぞ来年もよろしくお願いいたします

RWさん、いろいろとお世話になりました!まだまだ取り上げたい曲・アーチストはたくさんいますよね!来年も健康に注意をしてやっていけたらいいですね。どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m 。"ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い"…裏話などちょいちょい面白かったでしょ?

よろしくお願いいたします!

りんさん、コメントありがとうございました!
エルヴィスの"Any Day Now"をご存じとのこと。お詳しいですね!どうぞ今後もよろしくお願いいたします。