【追悼】Heartache Tonight / ハートエイク・トゥナイト (Eagles / イーグルス)1979


Eagles -Heartache Tonight 投稿者 dm_51c45efd243e4

Somebody's gonna hurt someone
Before the night is through
Somebody's gonna come undone
There's nothin' we can do

誰かが誰かを傷つけるだろう
夜が明けるまえに
誰かが誰かと別れてしまうんだ
僕らには何もできないけれど

Everybody wants to touch somebody
If it takes all night
Everybody wants to take a little chance
Make it come out right

誰もが誰かに触れたがってる
一晩中かかってしまおうとも
誰だって少しでもチャンスは欲しいもの
うまくいかせたいと思うんだ

There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know

There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know, Lord, I know

今夜は胸が痛くなりそうさ
今夜 胸の痛みを感じるよ ああそうさ

今夜は心が痛くなりそうさ
今夜 心の痛みを感じるよ
ああ きっとそうなるよ

Some people like to stay out late
Some folks can't hold out that long
But nobody wants to go home now
There's too much goin' on

夜遅くまで 外をほっつき歩きたいヤツ
そんなに長く起きていられないヤツもいる
誰だって今すぐ家に帰りたくはないのさ
楽しいことがたくさん起こりすぎるから

This night is gonna last forever
Last all, last all summer long
Sometime before the sun comes up
The radio is gonna play that song

今夜は永遠に続いていくだろう
最後まで この夏が終わるまでずっと
ときどきは 太陽が昇るまえに
ラジオがこんな曲をかけたりするのさ

There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know
There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know, Lord, I know

今夜は胸が痛くなりそうさ
今夜 胸の痛みを感じるよ ああそうさ

今夜は心が痛くなりそうさ
今夜 心の痛みを感じるよ
ああ きっとそうなるよ

There's gonna be a heartache tonight
The moon's shinin' bright
So turn out the light
and we'll get it right
There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know, heartache, baby

今夜 俺の心は痛くなる
月はこうこうと明るく輝くから
灯りを消して
俺たちは抱きしめあうんだ
だって今夜は心が痛くなる
心がうずいてどうしようもない夜

Somebody's gonna hurt someone
(Somebody)
Before the night is through
Somebody's gonna come undone
There's nothin' we can do

(Everybody)
Everybody wants to touch somebody
If it takes all night
Everybody wants to take a little chance
And make it come out right

誰だって誰かに触れたいんだ
一晩中かかってもね
誰だって少しのチャンスに賭けたいのさ
うまくいくように願って

There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know
There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know, let's go

胸がうずく夜になりそうだ
"ハートエイク・トゥナイト"って言うんだ
心がギシギシきしんでしまいそうだ
"ハートエイク・トゥナイト"さ
さあ 始まるよ

We can beat around the bushes
We can get down to the bone
We can leave it in the parkin' lot but either way
There's gonna be a heartache tonight
A heartache tonight, I know, oh, I know
There'll be a heartache tonight
A heartache tonight, I know, woo!

俺たち
遠まわしにゆっくりとしてもいい
ズバリ核心に迫ることもできるし
いったん横に置いといて別なことをしてもいい
でも今夜は胸が痛くなる夜なんだ
"ハートエイク・トゥナイト"さ
あの痛みだよ わかってるさ
"ハートエイク・トゥナイト"さ
今夜はきっと心が痛くなるのさ

Break my heart

俺のハートを傷つけていいよ…

Writer(s): Glen Frey, Don Henley, Bob Seger, J. D. Souther, Glenn Lewis Frey
Copyright: Emi Blackwood Music Inc., Cass County Music, Red Cloud Music, Warner-tamerlane Pub Corp. O.B.O. Cass County Music

come undone =ほどける、失敗する、破滅する
beat around the bush=(やぶの周りをたたいて)獲物を狩り立てる.=遠回しに探る, 要点に触れない
to the bone=骨の髄まで
Let’s put this into the parking lot.=後でそれを再検討するために、一先ず話題を変えること

Released in 1979
US Billboard Hot100#1(1 Week)
From The Album"The Long Run"

aizwhome_1916-img600x600-1428737894cfyqol4586.jpg

グレンが…。享年67歳でした。

◆【追悼】グレンと彼のクラッシック・ヒッツ
↓↓↓↓↓


"Take It Easy"~"Peaceful Easy Feeling"~"Hotel California"~"Lyin' Eyes"~"The Heat Is On"~"Smmuggler's Blues"~"Tequila Sunrise"~"You Belong To The City"~"New Kid In Town"~"How Long"

2015年11月に掲載した記事の再掲です。
↓↓↓↓↓
<"Heartache"特集 その1>
今日は"Heartache"がタイトルに付く曲を3曲お届けします。

 "ホテル・カリフォルニア"以降、ランディが脱退(ティモシーが加入)、イーグルスは次のレコーディングに取り掛かったと聞いていました。次のアルバムは"2枚組になりそう"って話を聞いたときには、"もしかすると、1枚にまとめるのが難しい=メンバーの心がバラバラ?"なんて推測もありましたが、無事?1枚ものに。待っていたニューアルバムが1979年に出されました。タイトルを聞いたときはちょっと嬉しかったですね。"ザ・ロング・ラン"。自分達のやってきた歴史を肯定的にとらえて、これからも長く続く道を行く、って受け止めることができました。

◆でも、アルバムラスト曲の"サッド・カフェ"を聴いたときには、いい曲で好きになり、歌詞も味わいました。でも"愛や自由って言葉で世界を変えようとした(でも変わらなかった)"、"栄光の列車はここにはもう止まらないのさ"等々の歌詞を味わうなかで、"あっイーグルス、もうダメかもしれない"と思ったのも事実です。そして彼らは1980年に活動を停止し、1982年、正式にバンドの解散が発表されました…。

こんなに仲のよい宣材写真も撮っていたんだけどな…。(どこかの国の「The Long Run」のシングルジャケット)

Heartachelong.jpg

02050513.jpg

◆でも、アルバムタイトル曲の"ロング・ラン"、そして先行シングルのこの曲"Heartache Tonight"を初めて聴いたときの嬉しさは忘れられませんね。全米トップ40で"Heartache Tonight"を紹介する湯川れい子さんの声も"イーグルスが元気に新作を出してくれた"というような嬉しさがあったと思います。そして願い通りに全米No1になってくれました!

◆最初に楽器の音が入り、そのあとリズムとクラップ・ハンドで進んでいくこの曲。作者にはドン・ヘンリーとグレン・フレイだけではなく、ボブ・シーガーとJ.D.サウザーの名前もあります!リードボーカルはグレンが取りますが、ジョー・ウォルシュのスライド・ギターも脇役じゃなく主役ばりです。

当時の来日公演も行けました。(2階の南西スタンドだったかな。メンバーは遠かったけどステージは全貌が見えた)。当初6月だったところ、メンバー(誰だったかな?)の体調不良で9月に延期。チケット6月**日はそのまま9月×日に振替という形でした。
 "ロング・ラン"の曲はかなり演奏されたんじゃないかな。"Heartache Tonight""The Long Run""The Sad Cafe"だけじゃなく、ティモシーの"I Can't Tell You Why"、ジョー・ウォルシュの"In The City"、しぶ~い"Those Shoes"とか、陽気なロックンロールナンバーの"グリークスはフリークスお断り"も演った記憶があります!
(チケットとパンフの画像を、こちらの方のブログよりお借りしました

eagles19790625.jpg

1979panfu.jpg

◆アンドリュー・ゴールドの"彼女に首ったけ(Never Let Her Slip Away)"(1978)。イントロの部分が"Heartache Tonight"と酷似してますね~。こちらの録音にはティモシーとJ.Dが参加してます。"Heartache Tonight"のアレンジには2人のアイデアが生きてるのかな?

◆"Heartache Tonight"が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending November 10, 1979

よおし!"Pop Muzik"の王座は1週のみでイーグルスが首位に立ちました!でも首位は1週のみで翌週は3位からコモドアーズに王座が入れ替わります。Styxの"Babe"、Fleetwood Macの"Tusk"も好きでした!"Please Don't Go"もKC&The Sunshine Bandのバラードってのも良かったな。

-1 2 HEARTACHE TONIGHT ??? The Eagles
-2 3 DIM ALL THE LIGHTS ??? Donna Summer
-3 5 STILL ??? The Commodores
-4 4 RISE ??? Herb Alpert
-5 1 POP MUZIK ??? M
-6 7 BABE ??? Styx
-7 10 NO MORE TEARS (Enough Is Enough) ??? Barbra Streisand / Donna Summer
-8 8 TUSK ??? Fleetwood Mac
-9 9 YOU DECORATED MY LIFE ??? Kenny Rogers
10 11 PLEASE DON'T GO ??? K.C. and the Sunshine Band

◆"Heartache"という言葉。"心が痛い"ということですが、"痛い"といっても身体的にではなく"心のなかで"痛い…なんだか胸がもやもやとうずく、なんて意味かなと思います。洋楽のタイトル・歌詞にはたびたび出てきますよね。そんな"Heartache"がタイトルに付く曲を今日はあと2曲お届けします。

(参考記事)Painとache はどういうふうに違う?(Eigo with Luke)

◆この曲、当時のライヴではどんな感じだった?~Eagles ライヴより"Heartache Tonight".
↓↓↓↓↓


◆Christchurch 1995
↓↓↓↓↓


◆アンドリュー・ゴールド"Never Let Her Slip Away"。全米67位止まりでしたが、隠れた名曲です。めった和訳はこちら
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Heartache Tonight
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Eagles Studio Albums 1972-1979 CD, Box set, Import
イーグルス

81wq-lKPb4L__SX522_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

Heartache Tonight

この"Heartache Tonight"がヒットチャートを駆け上がってきた時、私も嬉しかったです。名盤「ホテルカリフォルニア」のあとイーグルスはどうなってしまうのだろうと心配していましたから、少なくともこの"Heartache Tonight"はイーグルスらしい元気のよいハーモニーを聞かせてくれて安心しました。
アンドリュー・ゴールドの"Never Let Her Slip Away"、この曲は知りませんでしたがよい曲ですね^ ^

ボーカルが誰か

星船さん、コメントありがとうございます。たぶん、星船さんも、リアルタイムでじっくり聴いたアルバムでしょう。僕もそうでした。誰がボーカルなのかも楽しかったですね。最初の曲the long runがドン、B面のこの曲がグレン、ティモシーやジョーウォルシュのボーカル曲もありました。“the long run”と“the sad cafe”。アルバムが届けられた安心感どともに、イーグルスはどうなってしまうのだろうという不安も抱えながら聴いていたなー。

So I did.

 私もTHE LONG RUN TOUR のコンサート行きました。その当時、インターネット予約は当然なし。朝早くから、売り場に並んで手にしたチケットを握りしめて,大阪の万博記念公園の会場に行きましたとも!15歳の高校生でした。(キャンディーズの解散コンサートとバッティングしていたため、どちらに行くか迷ったファンが多かったことは有名な小ネタ)
 1曲目のホテルカリフォルニアでみんな総立ち。不覚にも、印象に残った曲はティモシーのI CAN TELL YOU WHYとジョーのLIFE’S BEEN GOOD。だって、僕の好きな呪われた夜とか、ラストリゾートを演ってくれなかったもの。

大阪でも!

brassaiさん、大阪でのイーグルスの話!ありがとうございます。はい!一曲目ホテカリ、レコードではなく聴けたのは感動でしたね。キャンディーズのラストステージを諦めて、見たかいがあったでしょう(^_^;)。
ティモシー曲やジョーウォルシュの曲が印象的、ほんとにそうでしたね。武道館でもラストリゾートは演リませんでしたが、「呪われた夜」は演ったような気がします。ドンフェルダーのギターソロも聴いたような?うろ覚えですが。