Hold On / ホールド・オン (Ian Gomn / イアン・ゴム) 1979



I've been drifting on the sea of heartbreak
Tryin' to get myself ashore
For so long, for so long

傷心の海にずっと漂ってた僕
陸にあがろうとしていたんだ
ずっと ずっと 長い間

Listenin' to the strangest stories
Wondering where it all went wrong
For so long, for so long

他人の話に耳を傾けていて
何がいけなかったのか
思い悩んでいたんだ
ずっと ずっと 長い間

But
hold on hold on hold on
To what you've got
So
hold on hold on hold on
To what you've got

でも
そのままでいろ 頑張るんだ
すでに掴んでるものを離すなよ
だから
ふんばるのさ 今は耐えるんだ
自分が得たものを大切にして

I've been dreaming of a new tomorrow
And wakin' in the morning sun
For so long, for so long

新しい明日が来るって夢見てたんだ
朝の太陽のなか歩いていたのさ
ずっと ずっと 長い間

There's no time for revolution
I've got to be travellin' on
Here so long, for so long

天地がひっくり返るようなことは
起こらないんだ
僕は旅を続けるしかないんだ
さあ アバよ!

But hold on hold on hold on
To what you've got
So hold on hold on hold on
To what you've got

でも
しっかり自分を失うな
これまでの自分を信じて
頑張れ くじけるな
自分に負けるんじゃないぞ

Hold on to what you've got

今までの自分を大切にしよう

(Instrumental)

Hold on hold on hold on
to what you got
Hold on hold on hold on
to what you got

そうさ
頑張れ くじけるな
これまでの自分に自信を持って

Hold on to what you've got,
to what you've got

自分の手にしたものの
価値を感じることさ

Hold on hold on hold on
to what you got

見失なうな 努力は無駄じゃない
これまで頑張ってきたんだから

Hold on to what you've got,
to what you've got

見失うな 自分を
そのことをわかってるのは
自分自身なんだから

(Ian Gomn)
Stiff/Epic 50747

get ashore=陸(おか)に上がる

Released in 1979
US Billboard Hot100#18
From The Album"Gomn with The Wind"

R-5668141-1399415964-8424_png.jpg

 "Hold On"というタイトルのこの曲。"頑張るんだ""握って離さないで"等々、"Hold On"って曲は僕たちを励ましてくれますね。

"Hold On" 1979 by Triumph *めった和訳はこちら
"Hold On" 1980 By Kansas *めった和訳はまだ(*_*;
"Hold On Tight" 1981 By Electric Light Orchestra *めった和訳はこちら
"Hold On" 1982 By Santana *めった和訳はこちら
"Hold On" 1991 by Willson Phillips *めった和訳はこちら

◆そしてこの曲は、AT40では"一発屋"になりますイアン・ゴム(Ian Gomn)の"Hold On"。でもこの曲は"Hold On"と"何をつかんで離すなよ"と言っているかというと…"Hold On To What You've Got"。
"おまえがすでに掴んでるものを離すなよ"って言っていますね。

意訳になりますが、"おまえ自身を信じるんだ"と言っていると思いました。
この曲の背景にもなるかと思う話を、ちょっと紹介します。(「たった1曲のスーパーヒット2 1968-1984」音楽之友社)

◎バンドにいた5年のうち4年間、イアン・ゴムはニック・ロウらと"ブリンズレー・シュワルツ"というバンドを組んでいた。「ブリンズレイズは仲が良くてうまくいってたよ」ゴムは言います。
「一緒に活動しただけじゃなく、同じ家で共同体のように暮らしたんだ。家族も一緒にね。うーん、恐ろしいもんだよ。1つのキッチンに妻3人っていうのはね。みんな個人としての生活はぐちゃぐちゃさ。だけどおそらく僕たちが別な階で別れて生活していたら、今でも一緒にいたかもしれない。グループが終わったのはこのことに加えて、商業的に成功できなかったことが原因なんだ。


ian-gomm-hold-on-1978-5.jpg

◎グループを離れ、ゴムは落胆しましたが、70年代中ごろ、復活しました。スタジオに籠り、レコーディング技術を学び、何曲かをプロデュース。空き時間にはソロのデモをいくつも作りました。
「僕はデモを持って歩いたけど、ことごとく拒絶された」とゴムは嘆きました。「昔の話だけど、これはもっとひどい。僕が事務所に入るとみんな言うんだ。"現実を認めるんだ、イアン。おまえが曲がどうしようもないだけじゃなくて、歌さえちゃんと歌えない。何を悩んでる?まともな仕事を見つけるんだね"。僕はあいつらが正しいのかもしれないと思い始めたよ」


ian-gomm-hold-on-albion.jpg

◎アルバム"Gomn with The Wind"とシングル"Hold On"を発売する数カ月前、イアンの母親はひそかに彼にこう言いました。"ロックン・ロールなんて何にもならないことから足を洗って、ちゃんとした仕事に就きなさい"…。

はい、ここでまた"Hold On"の歌詞を読んでください。

IanGomm-GommWithTheWind.jpg

イアン、ヨカッタな!
トップ40ヒットはこの1曲で終わっちゃったけど、この曲"Hold On"はいろんなことを教えてくれたよ。

自分のまわりを気にしすぎるな。おまえのこれまでの生き方がすべて無駄だったことなんてない。自分がすでに持っているものこそ、おまえの財産なんだ。そいつを信じろ。決して離すんじゃない。そして、そこからがスタートなんだ!ってことなんだね。

◆アルバムタイトル"Gomn with The Wind"。一瞬"Gone with The Wind"(風とともに去りぬ)かと思ってしまいました。イアン、シャレたな(^▽^;)。

Gone_With_The_WindP33P20026.jpg

◆どこかのライヴハウスでの演奏かな。イアン・ゴムくん、淡々と歌いますね。
↓↓↓↓↓


◆こちらはギターを弾きながら歌います。バックの動画はなんだろう?この曲と関係あるのかな。たしかに"Hold On"する人達の動画だ!
↓↓↓↓↓


◆すごい動画を見つけました!"恋するふたり(Cruel To Be Kind)"はニックとイアンの共作。この動画はイアンと息子のサムの歌う"Cruel To Be Kind"(^^)/(めった和訳はこちら) イアン、幸せそうでヨカッタな。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Ian Gomn
・「たった1曲のスーパーヒット2 1968-1984」音楽之友社
Ian Gomn Official Site

(この曲を購入)
◎amazon.co.jp
Hold On: The Very Best of Import
イアン・ゴム

61tfuNpKceL__SL1065_.jpg

イアン・ゴム / 24アワー・サーヴィス
1979年のサンフランシスコでのライヴ・アルバムが2002年に発売になってます!

02031847_52ef65aeaeea4.jpg

"Hold On"のライヴ音源が25秒聴けます

関連記事

コメント

非公開コメント

Hold On

"Hold On"、良い歌詞ですね。歌詞になんだかドラマを感じてしまいます。
イアン・ゴムさん、残念ながら一発屋だったですが、曲作りの才能もあり、声も優しい声をしていてもっと注目されても良かったのではないかと思います。
"Hold On"、今でも記憶に残る大好きな曲です。

同じHold onでも

星船さんブログで取り上げていただき、思い出したこの曲。同じタイトルでもいろんな“Hold on”がありますね。イアンは“自分を奮い立たせ”、ウィルソンフィリップスやELOは“励ましてくれる”曲。サンタナは困難な中で“愛を貫こう”とする曲でしょうか。あとはカンサス!まだ詳しく歌詞にあたってませんが、やっぱりラブソングだろうな。
イアンの息子サムとのCruel To Be Kind、この場に駆けつけて、一緒にお酒飲んで歌いたい!ですね(笑)。