Saturday Night's Alright For Fighting / 土曜の夜は僕の生きがい (Elton John / エルトン・ジョン)1973



It's getting late have you seen my mates
Ma tell me when the boys get here
It's seven o'clock and I want to rock
Want to get a belly full of beer

もうこんな遅い時間だ なあ 仲間は来たかい?
アイツら いったい何時に来るつもりなんだ?
もう7時だよ ロックがしたくなってきた
ビールをたんまり飲みたくなってきたよ

My old man's drunker
than a barrel full of monkeys
And my old lady she don't care
My sister looks cute
in her braces and boots
A handful of grease in her hair

俺のオヤジの飲みっぷりには
サル野郎が束になってもかなわない
オフクロはそんなことおかまいなしさ
あの娘は留め具付のブーツ
とても可愛いいんだ
髪の毛はグリースでしっかりキメてるんだ

Don't give us none of your aggravation
We had it with your discipline
Saturday night's alright for fighting
Get a little action in

だから俺たちをいらだたせないでくれよ
俺たちもう説教はいっぱい食らったからさ
土曜の夜はいつだってぶちかませるさ
なにかしらやっちまおうぜ

Get about as oiled as a diesel train
Gonna set this dance alight
`Cause Saturday night's the night I like
Saturday night's alright
alright alright

アブラを使うディーゼル機関車みたいに
酒を飲んで踊ろうぜ
だって俺は土曜の夜が大好きなのさ
土曜の夜はバッチグー!
用意はできてるさ

Well they're packed pretty tight
in here tonight
I'm looking for a dolly
who'll see me right
I may use a little muscle
to get what I need
I may sink a little drink
and shout out
"She's with me!"

そうさ 今夜はここは満員御礼
俺と楽しんでくれる可愛い娘を探そうか
欲しいものを手に入れるためなら
ちょっとくらい力づくになるかもね
酔っぱらったら叫んじゃうかな
"あの娘は俺のもんだ!"ってね

A couple of the sound that I really like
Are the sounds of
a switchblade and a motorbike
I'm a juvenile product
of the working class
Whose best friend floats
in the bottom of a glass

俺がほんとに好きな音は2つある
それは飛び出しナイフの音とバイク音
労働者の家に生まれ育った俺
一番好きなのはグラスの底に残った酒さ!

Don't give us none of your aggravation
We had it with your discipline
Saturday night's alright for fighting
Get a little action in

だから俺たちをいらだたせないでくれよ
俺たちもう説教はいっぱい食らったからさ
土曜の夜はケンカの準備だってできてる
なにかしらやっちまおうぜ

Get about as oiled as a diesel train
Gonna set this dance alight
`Cause Saturday night's the night I like
Saturday night's alright
alright alright

アブラを使うディーゼル機関車みたいに
酒を飲んで踊ろうぜ
だって俺は土曜の夜が大好きなのさ
土曜の夜はバッチグー!
用意はできてるさ

Writer(s): Elton John, Bernie Taupin
Copyright: Dick James Music Ltd.

belly=腹の膨らんだ 膨らむ
brace=留め具 サスペンダー
aggravation=悪化、深刻、いらだち
discipline=しつけ、訓練
dolly=お人形ちゃん
sink into drink=酒に溺れる
juvenile=少年[少女]の,若い

Released in 1973
US Billboard Hot100#12
From The Album"Goodbye Yellow Brick Road"

81Ls3DlV5YL__SX355_.jpg

「土曜の夜(サタディ・ナイト)は僕の生きがい」!通常、エルトンのライヴの締めくくりで演奏されるのがこの曲です!

◆この曲は作詞担当のバーニーは"完璧にイギリスしてるロックナンバーを書いてみたかった最初の作品"と言っています。それまでは彼の書く詞はアメリカ文化をもとに書いていたということなんですね。
 また、この曲はバーニーが10代のときにイギリスのダンスクラブに行った時の話です。そこでは常にいざこざが起きていました。バーニーの詞の大半はエルトンの人生について書いたものですが、この曲は違います。エルトンがクラブでケンカすることなんてありえないっことらしいです。

 またこの曲のレコーディングは大盛り上がり!だったようですよ。

"Saturday nighht…"は一番「変」だったんだ。結局バンドにプレイしてもらって、そこに僕がピアノをかぶせるという方法を取ったんだけど、立ち上がって歌って、やたら飛び回って、まるで狂人のようだったよ。典型的なピアノナンバーじゃないところが難しかったんだよね。



snaff2.jpg

◆イギリスを意識してイギリスでのバーニーの生活を歌詞にしたからなんでしょうか。この曲は全米で12位止まりでした。1972年に6位になった"Rocket Man"から3年間、1975年に1位になった"Island Girl"まで、この曲を除いて12曲がみんなトップ10ヒットになっています(1976年の"今夜はこわいぜ!~Grown Some Funk Of Your Own"が最高位14位で連続トップ10記録がついえました)

こういうことを知るとさらにチャートを見るのが面白くなりますね(^▽^;)。

Saturday night alright

doyounoyoru.jpg

米国のシングルジャケットをどう日本に直したのかを比較してみると面白いですね。
米盤ではイメージイラストのサイコロの下に"ELTON JOHN"の名前を入れ、その下に"DJX 502"とありますが、これはレコード番号です。シンプルな表紙です。ただし国内盤はたぶんレコード番号は所定の位置にきちんと付けないとダメだったんでしょうね。米盤の"レコード番号"を入れてたところに"歌と演奏 エルトン・ジョン"と入っています(^^)

◆1974年のハマースミス・オデオン公演。エルトンはピアノから立ち上がり…!
↓↓↓↓↓


◆1987年のプリンス・トラストのコンサート。ギターはクラプトン、ドラムはフィル・コリンズ、ボーカルコーラスはブライアン・アダムスも!
↓↓↓↓↓


◆大作アルバム「Goodbye Yellow Brick Road」締めくくりはこの曲「ハーモニー」。
↓↓↓↓↓


◆昨年"Goodbye Yellow Brick Road"発売記念40周年記念盤BOXセットが発売になりました!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Saturday Night's Alright For Fighting
・metrolyrics.com
・Saturday Night's Alright For Fighting Songfacts

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Goodbye Yellow Brick Road CD, Original recording remastered, Import
エルトン・ジョン

81Ls3DlV5YL__SX355_.jpg
Album "Goodbye Yellow Brick Road"

(SIDE ONE)
・葬送〜血まみれの恋はおしまい(メドレー)
 - Funeral for a Friend(Love Lies Bleeding)
・風の中の火のように(孤独な歌手、ノーマ・ジーン)
 - Candle in the Wind 
・ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高)
 - Bennie and the Jets

(SIDE TWO)
・グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
 - Goodbye Yellow Brick Road
・こんな歌にタイトルはいらない
 - This Song Has No Title
・グレイ・シール
 - Grey Seal
・碧の海ジャマイカにおいで
 - Jamaica Jerk-Off
・僕もあの映画をみている
 - I've Seen That Movie Too

i09052005.jpg

(SIDE THREE)
・スィート・ペインテッド・レディ
 - Sweet Painted Lady 
・ダニー・ベイリーのバラード(ケンタッキーの英雄の死)
 - The Ballad of Danny Bailey(1909-34)
・ダーティ・リトル・ガール
 - Dirty Little Girl
・女の子、みんなアリスに首ったけ
 - All the Girls Love Alice

(SIDE FOUR)
・ツイストは踊れない
 - Your Sister Can't Twist(But She Can Rock‘n Roll)
・土曜の夜は僕の生きがい
 - Saturday Night's Alright for Fighting
・歌うカウボーイ、ロイ・ロジャース
 - Roy Rogers
・こんな僕こそ病気の典型
 - Social Disease
・ハーモニー
 - Harmony

DSC_2654.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント