Paper Sun / ペーパー・サン (Def Leppard / デフ・レパード)1999



Does it hurt to remember?
Does it help to forget?
Do you know what you started
When you lit the fuse of regret?

想い出すのもつらいのかい?
何かないと忘れられないのかい?
後悔の炎に点火したときに
何が始めてしまったのかわかるかい?

There's not a reason
why you've come undone
There's nothing left to justify,
this can't go on
There's nothing left inside
as I walk this broken land

きみが壊れてしまったことに
理由が見つからない
正当なことは何もないから
続けられないのさ
内側には何も残っていないんだ
この壊れた地を歩いていっても

'Cause you're living on a paper sun
Blind to all the damage done
Living on a paper sun
Waiting for the tide to turn

だってきみは
薄っぺらい太陽の下で生きてるんだから
被った被害には目をつぶってるのさ
紙でできた太陽で生きている
何かが変わるのを待ちながら

Living on a paper sun
You can't hide and you can't run
All your dreams have come and gone
Living on a paper sun

薄っぺらの太陽の下では
何も隠せず 走ることもできない
夢なんてすべてなくなってしまった
ニセモノの太陽の下で

Do you still hear 'em screamin'
And does the fear make you run
Is the anger inside of you
A gift from father to son

人々の叫びがまだ聞こえるのかい?
恐怖がきみを駆りたてるのかい?
それはきみの心のなかの怒りなの?
親から譲り受けたものなのかい?

I don't believe in you,
you've come undone
I don't believe in what you do,
this can't go on
I don't believe in you
as I walk this broken land

きみを信じていないさ
きみは壊れてしまったんだ
きみがすることも信じないよ
続けることはできないんだ
誰を信じないのさ
壊された土地を生きていく僕は…

'Cause you're living on a paper sun
Blind to all the damage done
Living on a paper sun
Waiting for the tide to turn

Living on a paper sun
You can't hide and you can't run
All your dreams have come and gone
Living on a paper

だってきみは
薄っぺらい太陽の下で生きてるんだから
被った被害には目をつぶってるのさ
紙でできた太陽で生きている
何かが変わるのを待ちながら

薄っぺらの太陽の下では
何も隠せず 走ることもできない
夢なんてすべてなくなってしまった
ニセモノの世界…

You will discover the way to suffer
And like no other you feed the fire

苦しみの道を見つけたきみが
他の誰でもなく
きみが炎をまた燃やすことになるんだ

There's not a reason
why you've come undone
There's nothing left
to justify, this can't go on
There's nothing left inside
as I walk this broken land

理由なんてない
どうしてきみが壊れてしまったのか
正当なものは何も残ってない
続けられないのさ
なにも残っていないんだ
この壊れた地を歩いていても

'Cause you're living on a paper sun
Blind to all the damage done
Living on a paper sun
Waiting for the tide to turn

薄っぺらな太陽
惨状には見てみぬふり
暖かくない太陽
待ってても何も変わりはしない

Living on a paper sun
Waiting for the night
All your dreams have come and gone

ニセモノの太陽
また夜が来るけれど
すべての夢は消え去ったあとなんだ…

writer:
Phil Collen, Vivian Campbell, Joe Elliott, Rick Savage, Pete Woodruff
Lyrics c EMI Music Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC, BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

light the fuse of=導火線に点火する
come undone=ほどける、失敗する、破滅する
damage done=生じた損害
Waiting for the tide to turn=潮待ちする
like no other=何にもまして、他と違って、唯一無二で
feed the fire=火を燃やす、〔怒りなどの〕感情を刺激する

Released in 1999
US US Mainstream Rock Charts#11
From The Album"Euphoria"

220px-Def_Leppard_-_Euphoria.jpg

デフ・レパードのライヴレポは13日仙台の全公演終了後に…。
若干ネタバレしない程度に…。

◆"Paper Sun"…なかなかヘヴィな曲でした。

◆バックでは、爆撃や逃げまどいケガをした人の映像などが流れました。ひたすらロック賛歌!のライブのなかで印象深かったです。

 "Paper Sun"は、1998年8月に北アイルランドのオマで起こったキリスト教の宗教問題の絡むテロ爆撃(Omagh bombing)について歌った曲であるとのこと。イギリスのバンドとしてレップスのメンバーはとりわけこの事件は印象深かったんだろうと思います。29人もの命を奪った爆弾テロについて、今後こんな事件を起こしてはいけない、という間接的なメッセージだったのだろうと思います。

Is the anger inside of you
A gift from father to son…

戦争を起こすのは人間の性

なんて思いたくないですね。

◆Def Leppard - Paper Sun [LIVE]
↓↓↓↓↓


DSC_2393.jpg

DSC_2390.jpg




関連記事

コメント

非公開コメント