Rock Of Ages / ロック・オブ・エイジズ (Def Leppard / デフ・レパード)1982



Gunter glieben glauchen globen
All right
I got something to say
Yeah, it's better to burn out
Yeah, than fade away
All right
Ow Gonna start a fire
C'mon!

どうだい
俺は言いたいことがある
Yeah 燃え尽きちまった方がいい
Yeah 消えちまうよりは全然ましさ
大丈夫さ
さあ 火を点けてくれ
そう それでいいのさ

Rise up!
Gather round
Rock this place to the ground
Burn it up let's go for broke
Watch the night go up in smoke

立ち上がれ!
集まるんだ!
この場所でロックしまくろう
とことん燃やしつくせ
夜が煙にまかれていくのを見届けろ

Rock on! Rock on!

ロックだ!
ロックなんだ!

Drive me crazier,
No serenade
No fire brigade
Just Pyromania

俺をおかしくしてくれよ
セレナーデなんかいらない
消防隊は必要ない
放火魔だけいりゃいいのさ

What do you want?
What do you want?
I want rock'n'roll, yes I do
Long live rock'n'roll

何が欲しいんだ?
何がお望みだ?
ロックン・ロールだよ
ああそうなんだ
ロックン・ロールよ 永遠なれ

Oh let's go,
let's strike a light
We're gonna blow like dynamite
I don't care if it takes all night
Gonna set this town alight

おお 行こうぜ
ライトを点けようぜ
ダイナマイトみたいに爆発しよう
一晩かかったってかまわない
この町に火をつけるのさ

What do you want?
What do you want?
I want rock'n'roll, Allright!
Long live rock'n'roll

何が欲しいんだ?
何がお望みかい?
ロックン・ロールなんだ
そうだとも
ロックン・ロールよ 永遠なれ

Rock of ages,
Rock of ages
Still rollin', keep a-rollin'
Rock of ages,
Rock of ages
Still rollin', rock'n'rollin'

永遠のロックの力
それは神の力なんだ
ずっとロックし続けてるんだ
ひと時も止むことはないのさ

永遠のロックの力
それは神の力なんだ
ずっとロックし続けてるんだ
ひと時も止むことはないのさ

We got the power, got the glory
Just say you need it and if you need it
Say yeah!

俺たちには力があり 栄光がある
必要だと思うなら口にすればいい
Yeah!って叫ぶのさ

Heh heh heh heh
Now listen to me
I'm Burnin', Burnin', I got the fever
I know for sure,
there ain't no cure
So feel it, don't fight it,
go with the flow
Gimme, gimme, gimme, gimme
one more for the road

なあ 聞いてくれ
俺は燃えてる 熱を持ってるのさ
わかりきってるじゃないか
薬なんてものはないのさ
感じるがいい
その感情に逆らうな
もう一発くれよ
俺に一発かましてくれ
ツアーの続く俺たちにさ…

What do you want?
What do you want?
I want rock'n'roll, You betcha
Long live rock'n'roll

We're gonna burn this damn place down
Down to the ground

Heh heh heh heh heh heh heh heh heh heh heh heh

(Joe Elliott, Steve Clark, Robert John "Mutt" Lange)

to the ground=徹底的に、
go for broke=すべてを賭ける, とことんやる
fire brigade=消防隊
set alight=点火する・火を付ける,

Released in 1982
US Billboard Hot100#16
From The Album"Pyromania"

71fPmvt3Z8L__SL1117_.jpg

さあ来週、デフレパがニューアルバム「デフ・レパード」を引っ提げて来日してくれます!
時間の許す限り、自分の予習も兼ねて(^▽^;)、取り上げていきたいと思います。

◆さて"Rock Of Ages"はアルバム「Pyromania」から。"Payromania"は"放火魔"という意味で、アルバム邦題は"炎のターゲット"と名付けられています。まあ意味は合ってるかな。

◆で、このアルバムもシングルヒットがスゴイ。
Billboard Hot100では、
"Photograph" #12
"Rock of Ages" #16
"Foolin'"#28
の3曲で、"Rock Of Ages"は"Photograph"に続くセカンド・シングルでした。
で、これにMainstream Rock Chartだとさらに"Too Late for Love" 、"Comin' Under Fire" 、"Billy's Got a Gun"、"Action! Not Words" の4曲がヒットしています。
ってことは、全10曲中7曲がシングルヒット。B面なんか全曲ですよ。シングルにならなかったのはA面の"Rock! Rock! (Till You Drop)"と"Stagefright""Die Hard the Hunter" の3曲のみ。アルバム自体も700万枚以上のセールスとなっています。ハードな面とメロディアスな面が融合したデフレパのサウンドができあがってきたって作品でしょうかね。

Def-Leppard-RockAges.jpg

◆"Rock Of Ages"について、この曲のSongfactsに作品が完成したときの逸話が出ていました。

この曲は先に曲ができていて、その曲に合う歌詞がなかなか書けずにいました。ある夜、スタジオに聖書を学習するグループが来ていて、その次の日、スタジオに聖書が置き忘れてありました。ジョー・エリオットがそれを見つけて開いたところ、讃美歌の"Rock Of Ages"のページが出てきました。ジョーが"Rock Of Ages…♪"と歌ったところ、マット・ラングが"完璧なコーラスだ"とその案を採用。バンドはその曲のタイトルを"Rock Of Ages"として、残りの歌詞を書いて完成させたということです!


僕は最初、"Rock Of Ages"は"ロックが好きな年頃"?と思っていたのですが、そうではなくて聖書でいう"Rock Of Ages"がそのタイトルのきっかけとなったんですね。この場合の"Rock"は"岩"であり、"Ages"は"何年も重ねる"という意味で、"Rock Of Ages"は"千歳の岩"と訳されて"神の力は風化せず何年もに渡って影響するもの、というような意味のようです。聖書のこの言葉の"Rock(岩)"と"Rock(音楽)"のダブルミーニングと考えると"永遠のロック!"ってところでしょうかね。

また、2000年の雑誌"Kaos 2000"のインタビューで、ジョーが"Rock Of Ages"に影響を与えた曲ということで次のように答えています。

もしジョーン・ジェットの"I Love Rock And Roll"を耳にしていなかったらこの曲は決して生まれなかったと思うよ。でも僕たちは彼女の曲を丸ごと盗んだりしないよ。僕らはあの曲を聴いてこう思ったんだ。"この曲はロックの聖歌(anthemic)のようだ。俺たちはこのスタンダードな曲とスタイルが逃れないとならない"ってね。で僕たちはそうしたのさ。サウンドもそんなに似てないけど、コーラスはちょっと…かな。曲の構成もだいぶ違うだろ。


◆オープニングでドイツ語のように言っている"Gunter Glieben Glauten Globen"ですが、プロデューサーのマット・ラングがつぶやいています。レコーディングの前に"1,2,3…"というのに飽きちゃったから!とのことのようですよ。

◆彼らのライヴでもマストな1曲でしょう。期待しましょう。

rokkuofaiji.jpg
*シングルの邦題は"ロック・オブ・エイジ".

◆"Rock Of Ages"が最高位16位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending August 13, 1983

ポリスの1位が続きます。ユーリズミックスは2位で粘りに粘って3週間後に1位になります。3位はドナの"情熱物語"。デフレパ"Rock Of Ages"はこの週を頂点で翌週は21位にダウンしてしまいます。

-1 1 EVERY BREATH YOU TAKE –•– The Police
-2 2 SWEET DREAMS (Are Made Of This) –•– The Eurythmics
-3 3 SHE WORKS HARD FOR THE MONEY –•– Donna Summer
-4 7 MANIAC –•– Michael Sembello
-5 4 IS THERE SOMETHING I SHOULD KNOW –•– Duran Duran
-6 9 STAND BACK –•– Stevie Nicks
-7 5 FLASHDANCE…WHAT A FEELING –•– Irene Cara
-8 11 IT’S A MISTAKE –•– Men At Work
-9 8 NEVER GONNA LET YOU GO –•– Sergio Mendes
10 13 (Keep Feeling) FASCINATION –•– The Human League

16 19 ROCK OF AGES –•– Def Leppard

◆"Rock Of Ages"から"Photograph"に続きます。Live The Hard Rock Hotel Las, Vegas NV 2013
↓↓↓↓↓


◆讃美歌(Hymm)の「Rock Of Ages」です。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Pyromania
・Rock Of Ages songfacts

(この曲を購入)amazon.co.jp
Pyromania CD, Import
デフ・レパード

71fPmvt3Z8L__SL1117_.jpg

*アルファベット・アーチスト検索(A→N)
*アルファベット・アーチスト検索(O→数字)


関連記事

コメント

非公開コメント

やはりめったさんもDef Leppard行かれるのですね。
私も大阪公演行ってきます。
この曲は彼らの中で最初に好きになった曲でした。先日もアルバムを発表し、超ベテランでありながら現役感の強いバンドですのでライブ楽しみですね。

No title

めったさん こんばんは。
聖書の説は知りませんでした。
そんなことがあったのですね。

オープニングで言う、あの呪文のような言葉。
これに関しまして、私は古いBurrn!誌に何か違うことが
載っていた・・・ような気がしましたが、どこに
載っていたのか・・・思い出せず。
最近記憶力がぁ~~。

今日は日に当たりすぎ、疲れたのでサッパリしないまま
寝ます。 (笑)
では!

ロックよ永遠に

someoneさん、コメントありがとうございます。今回は大阪より東京が先ですね(^o^)。ハイ、未だ現役を頑張ってるバンドですので、アーチストの元気さに負けないように楽しんできましょうね。この曲はロック映画のタイトルにも使われましたね。“神のくれたロック”“ロックよ永遠なれ”って意味を知ってなおさら楽しみになってきました。

オープニングの言葉

はるちゃん、コメントありがとうございます。オープニングの言葉についての話はこの曲のsongfactsに出ていた情報ですが、これ自身の信ぴょう性は僕もわかりません。あるとしたら「Burrrn!」誌の当時のインタビューですかね?“文献”が発掘されたらぜひ教えてくださいねー!