Right Back Where We Started From / 愛とは強いもの (Maxine Nightingale / マキシン・ナイチンゲール)1976



Ooh, and it's alright
and it's coming along
We gotta get
right back to where we started from
Love is good,
Love can be strong
We gotta get
right back to where started from

ああ 大丈夫よ
うまくいってるわ
アタシたち 恋の始まった場所に
今すぐ戻らなくちゃね
愛は素敵よ
愛は強いはず
アタシたち 恋の始まった場所に
もう一度戻りましょう

Do you remember that day
(that sunny day)
When you first came my way
I said no one could take your place
And if you get hurt
(if you get hurt)
By the little things I say
I can put that smile back on your face

あの日のこと覚えてる?
(晴れた日だった)
あなたが初めて私の前に現れたの
あなたの代わりになる人なんていない
そうアタシは言ったのよ

あなたが傷ついたら
(あなたが傷ついたら)
アタシが何か他愛のない話をして
あなたに笑顔を取り戻させてあげるのよ

Ooh, and it's alright
and it's coming along
We gotta get
right back to where we started from
Love is good,
Love can be strong
We gotta get
right back to where started from

ああ 大丈夫よ
うまくいってるわ
アタシたち 恋の始まった場所に
今すぐ戻らなくちゃね
愛は素敵よ
愛は強いはず
アタシたち 恋の始まった場所に
もう一度戻りましょう

A love like ours
(a love like ours)
Can never fade away
You know it's only just begun
You give me your lo-hove
(give me your love)
I just can't stay away
(no,no)
You know you are the o-ho-honly one

アタシたちのような愛は
(アタシたちのような愛)
消え失せることなんてない
まだ始まったばかりなの
あなたが愛してくれるから
(あなたが愛をくれる)
アタシ我慢なんてできないわ
わかるでしょ
あなたが最高の人なのよ

Ooh, and it's alright
and it's coming along
We gotta get
right back to where we started from
Love is good,
Love can be strong
We gotta get
right back to where started from

ああ だから大丈夫
アタシたち うまくやってるわ
でも愛が始まった場所に
すぐに戻ってみましょうよ
愛は素敵だから
愛は強くなれるのよ
アタシたち 恋に落ちた頃
二人ともそんな想いだったでしょ?

You give me your lo-hove
(give me your love)
I just can't stay away
(no,no)
You know you are the o-ho-honly one

あなたが愛してくれるから
アタシ黙っていられない
あなたを一番愛してるから

Ooh, and it's alright
and it's coming along
We gotta get
right back to where we started from
Love is good,
Love can be strong
We gotta get
right back to where started from

アタシたち もう一度初めから
やり直してみましょうよ

Songwriters: EDWARDS, VINCENT / TUBBS, PIERRE
lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC, MOTHERSHIP MUSIC PUBLISHING

It's coming along=順調に行く

Released in 1976
US Billboard Hot100#2
From The Album"right back where we started from"

Maxine_Nightingale_Where_we_started_from.jpg

この曲、1位になったような記憶があったのですが、間違ってました。2位止まりだったんですね。たぶん曲はシルヴァーズの"Boogie Fever"と記憶の混同、アーチストはその1年後ですがテルマ・ヒューストンの"Don't Leave Me This Way"と混同だろうな…(^▽^;)

◆曲もディスコサウンドで明るく元気!「愛とは強いもの」って邦題も印象的。あっ、あと"ナイチンゲール"って名前も覚えてしまいますよね。でも彼女は白衣の天使ではなく、アフロヘア―(だけど首筋は出す)の黒人女性でした。この外見も印象的でした。

Maxinebight.jpg

◆マキシンは1952年生まれ。英国ウェンブリーで生まれ、16歳でスクールバンドで歌い始めました。人前で歌いスポットを浴びる経験をしたマキシンはプロを志します。ソロになる前は、"ヘアー""ジーザス・クライスト・スーパースター"などのミュージカルでゴスペルを歌うシンガーになっていたようです。ミュージカルはドイツでの公演が多かったようですね。そしてドイツでのミュージカル「ヘアー」のプロデューサーと結婚、一女を授かります。

◆その後、家族でロンドンに戻ってきたマキシンは、夜を中心にボーカルのセッションをしてきたようです。"セッションは数はそんなにできなかったけど、夜に家を出るのは難しくはなかったの。だって娘はもう寝ちゃってたから…(笑)"
そのなかで、セッション・プロデューサーのPierre Tubbsが彼女の歌を聴いて、コンポーザーのJ. Vincent Edwardsと彼女のために作った曲が"Right Back…"でした。

◆マキシンのTop40ヒットはこの曲が最大のヒットで、もう1曲トップ5を記録した"Lead Me On"がありますが、チャート的には"二発屋"ですね(^▽^;)。でもオフィシャル・ウェブサイトを見ると、貫禄をつけて(!)今でも音楽活動を続けられているようですよ。

Maxine01.jpg

この人なつこい笑顔!
photo by Michael Dun

◆"愛とは強いもの"はポール・ニューマン主演のホッケー映画「スラップ・ショット」(1977)にも使われました。

11121144_5462c99ed1634.jpg

◆"愛とは強いもの"が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 1st May, 1976

ありがとう、ベラミー兄弟!ジョニー・テイラーの"ディスコ・レディ"を蹴落してくれて!(^▽^;)
3位から2位にあがったマキシン。翌週の1位を期待しましたが、この週3位のシルバースに抜かれて2位を2週間というのがチャートの記録となってしまいました。7位"ショー・ミー・ザ・ウェイ"、時代を語るヒットですよね。8位「愛に狂って」。そして9位が"ボヘミアン・ラプソディ"。クイーンのこの名曲がこのランクで終わってしまうのですから、全米ってどんだけ凄いんだ、と思いました。

-1 2 LET YOUR LOVE FLOW ??? The Bellamy Brothers
-2 3 RIGHT BACK WHERE WE STARTED FROM ??? Maxine Nightingale
-3 4 BOOGIE FEVER ??? The Sylvers
-4 7 WELCOME BACK ??? John Sebastian
-5 5 SWEET LOVE ??? The Commodores
-6 1 DISCO LADY ??? Johnnie Taylor
-7 8 SHOW ME THE WAY ??? Peter Frampton
-8 10 FOOLED AROUND AND FELL IN LOVE ??? Elvin Bishop
-9 9 BOHEMIAN RHAPSODY ??? Queen
10 29 LOVE HANGOVER ??? Diana Ross

◆70's Pop/Disco Grammy Legend。円熟した女性シンガーになったマキシンとその昔の映像などもお楽しみください。全米5位の"Lead Me On"、"Take Your Time""If I Can't Have You""I Love The Nightlife"
↓↓↓↓↓


◆"愛とは強いもの"に続くヒットを狙ったセカンド・シングルは"Gotta Be The One"。でも全米53位どまりでしたね。
↓↓↓↓↓


◆"愛とは強いもの"は、映画「スラップ・ショット」で使われてから、アイス・ホッケーのテーマ・ソングのように使われることがしばしばあるようですね。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Maxine Nightingale
・Right Back Where We Started From Songfacts

(この曲を購入)amazon.co.jp
Great Ladies of Rock & Roll: The 70s - 23 Top Hits

412K10XPMSL__SL500_AA300_.jpg

70年代の女性ボーカルのヒット曲が満載です!
1. Boogie Oogie Oogie - A Taste Of Honey
2. When Will I See You Again - The Three Degrees
3. Heart Of Glass - Blondie
4. Mr Big Stuff - Jean Knight
5. Lady Marmalade - LaBelle
6. Emotion - Samantha Sang
7. I Will Survive - Gloria Gaynor
8. Stoned Love - The Supremes
9. Midnight Train To Georgia - Gladys Knight And The Pips
10. Fire - The Pointer Sisters
11. Dont Cry Out Loud - Melissa Manchester
12. This Will Be (An Everlasting Love) - Natalie Cole
13. Ill Take You There - The Staple Singers
14. Its A Heartache - Bonnie Tyler
15. Heaven Must Have Sent You - Bonnie Pointer
16. We Are Family - Sister Sledge
17. Lotta Love - Nicolette Larson
18. Last Dance - Donna Summer
19. Best Of My Love - The Emotions
20. When When I Be Loved - Linda Ronstadt
21. Lovin You - Minnie Riperton
22. Turn The Beat Around - Vicki Sue Robinson
23. Right Back Where We Started From - Maxine Nightingale

*アルファベット・アーチスト検索(A→N)
*アルファベット・アーチスト検索(O→数字)

関連記事

コメント

非公開コメント

愛とは強いもの

基本的にはディスコは好みではなかったのですが、中には「意外といいな!」という曲もありました。その中の1曲がこの曲です(テルマ・ヒューストンの"Don't Leave Me This Way"も「好きなディスコ」の1曲です)。ディスコではありますがメロディアスでポップス要素もあるからなのでしょう。この曲なら1位になっても良かったのですが2位止まり残念でした

秀逸な邦題

星船さん、コメントありがとうございます。邦題と原題の比較をすると、全然違うのですが、この曲について言うと“よく付けたなー”と感心します。原題からすると例えば「もう一度あなたと」とか「愛の始まりの場所へ」とか考えますが、それだと売れなかっただろうなあ(^_^;)。
“Love can be so strong”という歌詞から拾ったんだろうと思いますが、どうして元いた場所に戻るのかといえば、「愛とは強いもの」なんだからなんですねー。
日本の洋楽の発展に貢献された方の本なんかを読むと、結構こういう邦題は会議であれこれ意見を出し合って決めるのではなく、担当の方が決めていたようですね(^_^;)。
曲を取り上げるときに邦題について思いをめぐらすのも楽しんでマス。