Orchard Road / オーチャード・ロード (Leo Sayer / レオ・セイヤー)1983



To tell the truth
it's really such a sad affair
Standing here waiting in the cold night air
But I've got to make this call
Cause my heart is breaking.

実のところ
本当はとても悲しい話なのさ
冷たい夜の風にさらされて待ってたんだ
でもこの電話をかけなきゃいけなかった
だって僕の心は壊れそうだったから

I hear the pips、
drop a coin in the slot
Has it been that long
I thought you'd forgotten me
Well I know that it's getting late
But I just couldn't wait

コイン切れの音
新しいコインを投入口に入れるよ
しばらくだね
僕を忘れちゃったかと思ってたよ
もう遅い時間に電話してすまない
でも待ってられなかったんだ

Will I have the nerve to say
I just wanna come back
You shouldn't just go away
I just wanna come back

ずうずうしいかもしれないけど
戻りたいんだ
行かないでほしいんだ
前のように戻りたいんだ

Ive been struck by such a bad luck
I need a place
a little happiness and some love
I think I can see it now
Now let me paint the picture

とっても不運続きで
ずっと打ちのめされてたのさ
僕にはちょっとの幸せと
愛のある場所が必要なんだ
今ならわかる気がするよ
だから僕に釈明させてくれ

Its twelve o'clock
and the curtains are drawn
They're counting sheep down in orchard road
You're hanging on the telephone line tonight
And I wish I could be in orchard road

深夜0時
どの家もカーテンを閉めて
みんなオーチャード・ロードで羊を数えてる
今夜きみも電話に出ているね
オーチャード・ロードが懐かしいよ

Not much been happening here
I think Ive got a job
They're gonna call me next week
And I'll be working out of town
But it sure beats hanging around

ここじゃたいした事件は起こってないよ
ああでも 仕事が見つかったんだ
来週 電話をもらえることになったよ
街を出て働くことにするよ
フラフラした生活ともおさらばさ

What's that? Tomorrow at two
You're kidding me, no
Is it alright with you
I don't know what to say
It'll be like a holiday

何だって?明日の2時?
僕をからかってるのかい
きみがいいならいいけれど
何て言っていいんだろう
お休みの日のような気分だよ

When you say you're all alone
Makes me wanna come back
And this house is not a home
I just gotta go back

きみが独りでいるって聞くと
戻りたくなってしまうよ
この家は「家」じゃないみたいだ
僕は帰りたいんだよ

Its twelve ten when I put down the phone
The moons shining down on orchard road
I'm feeling like a schoolboy again and tonight
Ill see you in my dreams of orchard road

電話を置いたのは12時10分
月の明かりが
オーチャード・ロードを照らしてる
今夜は学生時代に戻った気分だよ
夢のなかのオーチャード・ロードで
きみに会えるね

Its funny
but I thought I'd never go back
I think sometimes I might loose track
But I remember you and the things we do
And I want it back.

おかしなことだけど
僕は二度と戻れないと思ってた
たまに僕は我を忘れてしまうんだ
でもきみのことや
僕らのやってきたことは覚えているよ
僕は戻りたいんだ

In orchard road you've got my heart
I left it in your doorway
In orchard road a welcome back
Is waiting there just for me
In orchard road the sun will shine
Again I know I know
In orchard road you keep my love
Just waiting there for me

あのオーチャード・ロードで
きみは僕の心をつかまえた
僕はそれをドアのところに置いてきてしまった
オーチャード・ロードは
僕が戻るのを待っていてくれるよね
オーチャード・ロードに
太陽は再び輝くんだ きっとそうさ
オーチャード・ロードで
きみは僕を待っててくれるんだ
愛を胸に抱いて

Its eight o'clock
and the dawns arrived
In orchard road it's breakfast time
I climb in my car and I turn the key
and I'm gone
I am coming home
To orchard road

I'm coming home

もう8時になるね 朝だよ
オーチャード・ロードでも朝食の時間だ
車に乗り込みキーを回して
出発だ
「家」に帰るんだ
オーチャード・ロードの「家」に

僕の「家」に…

Songwriters: TARNEY, ALAN / SAYER, LEO
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., Universal Music Publishing Group

pips
=公衆電話の利用者にコイン切れを知らせる
have the nerve to =~する度胸がある、ずうずうしく(も)~する
paint a picture=実態を表す、詳細を説明する
beat=勝る 凌ぐ
lose track of=…を見失う;…を忘れる.

Released in 1983
UK Single Chart#16
From The Album"Have You Ever Been in Love"

Leo Sayer Orchard Road

"電話ボックス"が舞台の曲です。雰囲気あっていいよな、この曲。日本公演でこの曲も歌ってくれないかな。
今は携帯電話の時代で、どんな場所からだって電話ができるけど、昔は電話の設置されてる家もしくは公衆電話からしか電話できなかったんだもんな。寒いなか、暗いなか、相手の顏を想像しながら電話しています。受話器を置いて、ボックスから出てみると…月がとってもきれい。そんな場所をイメージしてみてください。

◆"orchard"="果樹園"のこと。"果樹園のある道"ってどこなんでしょうね? そう思って"Orchard Road"という場所を調べてみると、シンガポールにある人気のショッピング・モールで"オーチャード・ロード(ORCHARD RD)"があるようです。

802dcfeff3af3295_S.jpg

レオはシンガポールの歌を作ったのかな?と思うと、それは名前を借りただけで、どうもそうではないようです。
この曲のWikipedeiaより。

セイヤーによると、この曲は公衆電話で一晩中話した会話がもとになっています。相手は彼の妻で、7年間の結婚生活を経て出て行った彼女に、彼女のアパートから帰ってきてほしいとお願いしたとのことです。歌のタイトルになった"Orchard Road"は、本当はセイヤーの妻Janiceさんが出て行ったのはグレーター・ロンドンの"Churchfield Road"のようです。


レオのプロフィール(Personal Life)によると、Janiceさんとの結婚生活は1973年に結婚、1985年に離婚…ということで、深夜の電話も功を奏しなかったようです…(-_-;)。

hqdefaultorchard.jpg

◆夜の12時に電話して、電話を置いたのが12時10分。彼女に電話口で「帰りたいよ~」と泣きごとを言ってたわりに"短くね?"(-_-;)。また、彼の行動なのですが、約7時間50分に渡って空白の時間があります。

(12時)彼女に電話する
(12時10分)電話を置いて外に出る
 ↑
この間、7時間50分の空白時間
 ↓

(8時)「朝だね」と証言。

最初、車のなかで仮眠したのかと思いきや、8時になってからようやく"I climb in my car and I turn the key and I'm gone"と言っています。その「空白の時間」にホシはいったい何をしていたのでしょう?(←調べてどうするの?)

◆レオの「英・豪・米」チャート成績です。
やっぱり英国・豪州のヒットはコンスタントなんだなあ。レオは現在はオーストラリアに住んで2009年にオーストラリア国民になったようですね。

(1973)
"The Show Must Go On" #2 #10 -

leosayerone man

(1974)
"One Man Band" #6 #38 -
"Long Tall Glasses (I Can Dance)" #4 #7 #9
(1975)
"Moonlighting" #2 #13 -
(1976)
"You Make Me Feel Like Dancing" #2 #2 #1

44853c4c67b1a2bc8f36c9287972305d_700x692x1.jpg

(1977)
"When I Need You" #1 #8 #1
"How Much Love"#10 #18 #17
"Thunder in My Heart" #22 #11 #38
"Easy to Love" - - #36
(1978)
"Dancing the Night Away" - #15 -
"I Can't Stop Loving You (Though I Try)" #6 #37 -
"Raining in My Heart" #21 #93 #47
(1979)
"When the Money Runs Out" - #90 -
"More Than I Can Say" #2 #1 #2
"Once in a While" - #87 -

R-907192-1422824731-2451_jpeg.jpg

(1981)
"Bye Bye Now My Sweet Love" - #50 -
"Living in a Fantasy" - - #23

(1982)
"Have You Ever Been in Love" #10 #4 -
"Heart (Stop Beating in Time)" #22 #71 -
(1983)
"Orchard Road" #16 #17 -
"Till You Come Back to Me" #51 #81 -
(1984)
"Sea of Heartbreak" - #81 -
(1986)
"Unchained Melody" #54 #77 -

leo-sayer-unchained-melody-chrysalis.jpg

(1993)
"When I Need You" (re-issue) #65 - -
(1998)
"You Make Me Feel Like Dancing"
(Groove Generation featuring Leo Sayer) #32 - -
(2006)
"Thunder in My Heart Again"
(Meck featuring Leo Sayer) #1 #16 -

◆"Orchard Road"Year 2001(Live At The Basment : One Night In Sydney)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Orchard Road
・Singapole.navi

(この曲を購入)amazon.co.jp
Show Must Go On: Very Best of CD, Import
Leo Sayer

51ni-IFCstL.jpg

*アルファベット・アーチスト検索(A→N)
*アルファベット・アーチスト検索(O→数字)
関連記事

コメント

非公開コメント