Restless Years / レストレス・イヤーズ (Leo Sayer / レオ・セイヤー)2015



Ride the train that's headed nowhere
Easy going like you don't care
Find a station, get off somewhere
In your restless years

行くあてもない列車に乗ろう
何も気にせず のんきでいいじゃないか
駅を見つけたら どこかで降りよう
落ち着かない年月だけど

Hold on when your dreams are fading
Can't see all that you're creating
Rainbows that you can't stop chasing
Through your restless years

夢がしぼんでも 頑張るんだ
自分が作り出すもの
そのすべてが見えるわけじゃない
虹を追いかけるのをやめられやしないさ
せわしない年月を過ごしながらも

You focus on the stars
You hold a tarot card
The king of fools…

きみは星を見つめながら
タロットカードを握りしめる
まるで"道化の王様"さ…

So pick the lock,
find the stairway
Send your dreams across the airwaves
Your confusion's temporary
In your restless years

だから鍵をこじ開けて
階段を見つけるんだ
きみの夢を電波に乗せて届けるんだ
混乱することがあっても今だけのこと
落ち着かない年月のなかで

You focus on your heart
You keep yourself apart
Too much to lose
Just don't compare yourself
To anybody else
With what you're going through…

自分の心を見つめよう
失うものが多過ぎることから
自分自身を遠ざけるのさ
自分が経験することについて
他の誰とも
自分を比較するのをやめるんだ

Hold up your head, like you're winning
Though it seems you're just beginning
Little stones that you've been skimming
Through your restless years
Through your restless years
These are your restless years

勝者のように 頭をあげるがいい
ビギナーのように見えたとしても
きみはこれまで
ちっちゃな石の
石飛ばしを続けてきたのさ

せわしない年月だった
落ち着かない年月だった
それでも これが
かけがえのない
きみの人生なんだよね

(Leo Sayer/Albert Hammond)
WRITTEN AND PRODUCED BY LEO SAYER for SILVERBIRD LTD

temporary=一時の,はかない; 仮の,間に合わせの
skimming stones=石飛ばし;平らな石を水面に対して水平に近い角度で投げて水面をスキップさせる遊び

Released in 2015
From The Album"Restless Years"

711aG2XZtvL__SL1500_.jpg

"これまでの年月は僕にとっていつだってせわしかった。
そして僕は今でも僕は列車に乗って旅をしてる。
人生を思い切り楽観しつつも、
少しだけ恐ろしさも感じながらね…
石飛ばしをしながら…
僕の行き先はまだわからない…"


レオのニュー・アルバム"Restless Years"から表題曲"Restless Years"。そのライナーノーツでレオがこの曲について上記のようにコメントをしています。

◆"Restless Years"は日本発売なし!なんだよなあ。今年の1月にオーストラリアで、8月にUKでリリースされましたが、米国でも発売ないのかな。(僕はUK盤を買いました)
イギリスではレオのニューアルバム発売とツアー開始はそれなりに話題になっていたようですが、ここ日本でもイマイチなんだよなあ…。

DSC_2154.jpg

11217544_10152994779331039_6831210638101626583_n.jpg

◆でも…このアルバム、なかなかいいですよ!
アルバムオープニングの"Beautiful Year"なんか詞も感動的。マーチングバンドの太鼓の鳴るなか、今の世の中をどう生きていくのか、段々と力強く歌うレオのメッセージが伝わってきます。"How Did We Get So Old?"は心のなかはまだ子どもの自分なんだけど、鏡を見るとそこには年を取った男が映ってる。この男が僕?人はどうやって年を取るのだろう?なんて、軽快なポップスで歌ってくれます。

12072647_10153674190583970_7195486781074217894_n.jpg

そしてこの"Restless Years"。オープニング曲は"Beautiful Year"と"Year"が単数形なのに対して"複数形"なのも意味がありそうです。人生をこれまで"せわしなく""落ち着くことがなく"過ごしてきた(Restless Years)のなかで、今日をきっかけに"Make a choice today and spread your love"(Beautiful Yearの歌詞)をしないか?ってことなんじゃないかなと受け取りました。

日本語解説はもちろん、英語の歌詞すらない海外盤CDですが、レオのWebサイトに英語歌詞が載っていてヨカッタよ(^▽^;)。和訳もだいぶ意訳してしまいましたが、"You"は僕たちであり、レオ自身。これまでの"Restless Years"。石飛ばしをしながら、夢は失わずに来た。"道化師の孤独"を道化師の格好をして歌っていたレオを思い出し、歌詞に出てくる"King Of Fools"を敢えて"道化の王様"と訳しました。

"These are your restless years"

恥じることない、
それがきみの"Restless Years"なんだ

“when i need you (はるかなる想い)”を書いたアルバート・ハモンドとの共作です。来日公演で
きっとブルースハープを吹いて、この曲も歌ってくれるでしょう。楽しみです!
"Leo Sayer まつり"は明日に続きます!?(^▽^;)

◆"The King Of Fools"で画像検索をしたら、この画像が出てきました。

80953-14Fr.jpg

ディズニーの「ノートルダムのせむし男」(THE HUNCHBACK OF NOTRE DAME)です。(日本では「ノートルダムの鍾」) 主人公のカジモド(できそこないという意味)がエスメラルダに会う道化の祭り。カジモドはそこで王様に選ばれます(King of Fools)。
このシーンのトレーディング・カードのようです。


◆昨年秋のテレビでのインタビュー。2015年はナショナル・ツアーをするよ!~ビデオではロジャー・ダルトリーとのデュエットの映像も出ます。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Leo Sayer.com

(この曲を購入)amazon.co.jp
Restless Years Import
Leo Sayer

711aG2XZtvL__SL1500_.jpg


*アルファベット・アーチスト検索(A→N)
*アルファベット・アーチスト検索(O→数字)

関連記事

コメント

非公開コメント