【雨のうた】Raining In My Heart / レイニング・イン・マイ・ハート (Leo Sayer / レオ・セイヤー) 1978



The sun is out
The sky is blue
There's not a cloud to spoil the view
But it's raining,
raining in my heart

陽が昇り
空は真っ青に晴れ渡る
その景色を邪魔する雲は一つもない
でも雨が降ってるんだ
僕の心に雨が降るんだ

The weather man says clear today
He doesn't know you've gone away
And it's raining,
raining in my heart

天気予報の人は
今日は晴れると言ってるけど
きみがいなくなったのを彼は知らない
だから雨降りなんだ
僕の心に雨が降ってる

Oh, misery,
misery
What's gonna become of me?

ああ みじめだよ
なんて みじめなんだ
これから僕
どうなってしまうんだろ…?

I tell my blues they mustn't show
But soon these tears are bound to flow
'Cause it's raining,
raining in my heart

自分に言い聞かせる
悲しそうに見せちゃいけないって
でもすぐに
涙が溢れだしてしまうんだ
雨が降ってる
僕の心に雨が降る

But it's raining,
raining in my heart

雨なんだ
僕の心に雨が降ってる

And it's raining,
raining in my heart

雨…

Oh, misery,
misery
What's gonna become of me?

ああ みじめなこの僕
哀れなこの僕
これからいったい
どうなってしまうの?

I tell my blues they mustn't show
But soon these tears are bound to flow
'Cause it's raining, raining in my heart

ダメだよ そんな悲しい顔を見せちゃ
そう思うけど 涙が溢れてくるんだ
雨が降る
僕の心に雨が降る…

Raining in my heart
Raining in my heart

天気予報は晴れだったけど
僕の心は今日も雨降り…

Songwriters BOULEAUX BRYANT, FELICE BRYANT
Lyrics c HOUSE OF BRYANT PUBLICATIONS

Released in 1978
US Billboard Hot100#47
UK Single Chart#21
From The Album"Leo Sayer"

43_Leo-Sayer.jpg

<梅雨の季節につき、"雨のうた"特集>
*以前取り上げた曲がリバイバルで登場します。


この曲は本当の雨を歌ったものではありません。
雨は、彼の心のなかに降っています…。

◆ああミザリー、おおミザリー、の部分も印象的な歌ですね。

ミザリー"misery"の意味は【名詞】
1【不可算名詞】 みじめさ,悲惨.
2【不可算名詞】 (精神的・肉体的な)苦痛,苦しみ; 苦悩.
ですね。
いろんな複雑な想いが絡み合って"僕ってなんでこんなに…"という気持ちが伝わってきます。みじめ、哀れな自分…心のなかに雨が降っているんです…。

RaininLeosayer.jpg

◆この曲"Raining In My Heart"はレオが自分の名前を付けた自信作"Leo Sayer(邦題;面影は波にゆれて)"の収録曲。バディ・ホリーのナンバーをカバー。ゆっくりと、シンプルな歌詞で、感情を込めて歌います。
 作者はブライアント夫妻。

felice-and-boudleaux-bryant.jpg

妻フェリス・ブライアント(Felice Bryant)、夫ダイダリウス・ブーデロウ・ブライアント(Diadorius Boudleaux Bryant)で、夫婦でのソングライターチームです。二人の作品は1,500曲を越え、有名どころの曲だと、エヴァリ・ブラザースの"バイ・バイ・ラヴ"や"起きろよスージー"。そしてトップ40ファンの方にはナザレス「Love Hurts」の作者と言うと「おおっ!( ゚Д゚)/」と言うことでしょう!僕も「おおっ!( ゚Д゚)/」と思いましたよ。

◆おおっ、そして、こちらの「Rock&Pop Park」というWebサイトに雑誌「ミュージック・ライフ」1978年11月の広告が載っています!"ポップ・ジェネレーションのための「ミュージック・ライフ」"…そう、「ML」にはこういうキャッチフレーズが付いていました。

ml19781103.jpg

 レオのアルバム「面影は波にゆれて(Leo Sayer)」の広告は…エリック・カルメンの「チェンジ・オブ・ハート」の方が面積を4倍取ってますね(^▽^;)。ほかにはクリス・レア、シェリル・ラッド、おっテイスト・オブ・ハニーの"今夜はブギ・ウギ・ウギ"が同じ紙面を飾っていました。

◆レオの最近のライヴでも"Raining In My Heart"はアンコールのなかの1曲で歌ってくれているようです。日本でもぜひお願いします!

◆レオがブルースハープを吹きます。Year 2001 (Live At The Basment : One Night In Sydney)
↓↓↓↓↓


◆バディ・ホリーの"Raining In My Heart".この声もいいんだよな。“ミズリィ〜ィ〜”と伸ばして歌います。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Raining In My Heart
・Rock&Pop Park

(この曲を購入)amazon.co.jp
Thunder in My Heart / Leo Sayer CD, Import
レオ・セイヤー

71dxBn553wL__SL1085_.jpg

"Thunder In My Heart"とのカップリングです。ジャケットのこのレオのポーズがひょうきんすぎる…(-_-;)。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

Raining in my heartの歌詞はみじめな感情にあふれているはずなのに、Leoが歌うとジメジメしすぎない、言うほどmiseryじゃなくて程よい哀愁として伝わってきます。

No title

すちーむみらーさん、ほんとそうですね。"みじめ~"ってもっと暗いイメージなのですが、レオのうたは"misery"な状況をちょっと味わっている感じがします!