【祝 来日決定】 Good Times / グッド・タイムズ (Chic / シック) 1979



Good times,
these are the good times
Leave your cares behind,
these are the good times

Good times,
these are the good times
Our new state of mind,
these are the good times

楽しい時間を過ごそう
いまが楽しいときなんだ
心配ごとも置いてきちゃいなよ
いまが楽しいときだから

楽しい時間を過ごそう
いまが楽しいときなんだ
頭のなかを新しく切り替えて
いまを楽しもうよ

Happy days are here again
The time is right for makin' friends
Let's get together,
how 'bout a quarter to ten
Come tomorrow,
let's all do it again

Boys will be boys,
better let them have their toys
Girls will be girls,
cute pony tails and curls
Must put an end to this stress and strife
I think I want to live the sporting life

楽しい日々がまたやってきたよ
友達を作るのに丁度いいじゃないか
さあ一緒に行こうぜ
10時の15分前集合ってのはどうだい
明日も来てくれよ
また楽しく過ごそうじゃないか

男の子はあくまでも男の子らしく
男の遊びをすればいいし
女の子はあくまでも女の子っぽく
キュートなポニーテイルや巻き髪もいいね
ストレスや争いは終わりにしなきゃ
俺は派手な人生を送りたいからさ

Good times,
these are the good times
Leave your cares behind,
these are the good times

Good times,
these are the good times
Our new state of mind,
these are the good times

楽しい時間を過ごしたいよ
こんなに楽しい時間なんてないさ
ユーウツなことは忘れてさ
いまこのときを楽しもうよ

楽しい時間を過ごそう
いまがとっても楽しいんだ
気持ちも新しく切り替えて
この楽しいときを過ごそうぜ

A rumor has it that it's getting late
Time marches on,
just can't wait
The clock keeps turning,
why hesitate
You silly fool,
you can't change your fate

Let's cut the rug,
little jive and jitterbug
We want the best,
we won't settle for less
Don't be a drag,
participate
Clams on the half shell
and roller skates,
roller skates

巷の噂じゃ"もう遅い"って?
時は過ぎていくだけ
待ってはくれないんだ
時計の針も周り続ける
躊躇しちゃダメなんだ
おまえ馬鹿だな
自分の運命を変えるんだ

ダンスを上手に踊ろう
ちょっとしたジャイヴとジルバを
最高のものが欲しいんだ
嫌々受け入れることはしないよ
つまんないヤツにはなるなよ
主体的に参加しろ
美味しいものが待ってるんだ
ハイになろう
ハイになっちまおうぜ

Good times,
these are the good times
Leave your cares behind,
these are the good times

Good times,
these are the good times
Our new state of mind,
these are the good times

楽しい時間を過ごしたいよ
こんなに楽しい時間なんてないんだ
ユーウツなことは忘れてさ
いまこのときを楽しもうよ

楽しい時間を過ごそう
いまがとっても楽しいんだ
気持ちも新しく切り替えて
この楽しいときを過ごそうぜ

Writer(s) Bernard Edwards Nile Rodgers
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner/Chappell Music, Inc., Universal Music Publishing Group

strife=争い,闘争
sporty=(服装など)派手な; スポーティーな.
cut a rug=(Urban Dictionary)
To dance really well and impress others.
settle for less=不満ながらよしとする
drag=つまらない、退屈な何か
roller skating =A term used when referring to the drug ecstasy.

Released in 1979
US Billboard Hot100#1(1)
From The Album"Risqué"
(危険な関係)

51+8cWqq+OL.jpg

シックと言えば、ナイル・ロジャースのギターのカッティングを思い出しますが、バーナード・エドワーズの弾くこの曲"Good Times"のベースラインも多くのミュージシャンに影響を与えました。とくに、クイーンのベーシストであったジョン・ディーコンへの影響も大きく、1980年10月に全米No1にもなった「地獄に道づれ」(Another One Bites The Dust)も"Good Times"があったから生まれたのだろう、と思われています。

◆バーナードは次のようにコメントしています。

クイーンのレコードについてこのような話が出たのは、クイーンのベースプレイヤーが僕たちと仲が良くて、スタジオに年中来ていたからじゃないかと思うよ。でもそんなことは構わないんだ。問題だったのはマスコミが、実は僕たちが彼らの曲を細かくバラバラにして作り直したんじゃないかと言いだしたことだよ。信じられるかい。この"Good Times"は1年以上も前に出されていたのに。でも多くの人達にとって、黒人が他の人々を刺激し、影響を及ぼしうるようなものを作り出すなんて信じられないんだろうね。


またシックの曲に関してのコメントに、この曲"Good Times"についての背景が伺えます。

僕たちはエンターテインメントをやりたいんだ。重いメッセージを届けるんじゃなくね。人が1日の仕事から解放されるだろう。そこで僕たちと出会うんだ。モラルの問題とか、その他の重い問題なんか抜きで、楽しい時(Good Times)を過ごすのさ。僕たちがやろうとしてるのはそういうことなんだ


こうしたコメントには彼らの人柄もうかがえますね。純粋なエンターテインメントとサウンドの追及、そしてテクニックと新しさがあって、白人音楽、そして世界、ここ日本にも大きな影響を与えたんですね。

◆バーナードやトニー・トンプソン(ドラム)をもう観ることはできないけれど、12月にナイル・ロジャースが来日してくれます!

Nilerogers.jpg

ちなみに、バーナードは1996年にすでに天に召されてしまっています。死因は肺炎。風邪をひいていたところ、日本のファンのために無理をしてステージに立ったのが要因…ナイルには亡き友分まで頑張ってほしいですね。

◆最後に歌詞ですが、"Clams on the half shell and roller skates,"がいろいろと調べたのですが意味がわかりませんでした。(海外のサイトでも質問する人がいるような???の箇所です)。ただし、わかったこととの関係では"Clams on the half shell"は、ハマグリのような二枚貝を半開きにして6個ほどお皿で出す「前菜」ということなので、ダンスのまずは身体慣らしの1曲目ってとこかなと思いました。また"Rollerskate"はスラングで"◎◎◎でハイになること"のようなので、そんな感じで(^▽^;)

◆"Good Times"が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending August 18, 1979

トップ10に2曲も大ジャンプしてきたこの週のチャートは覚えてるな。5位のアースと8位のチャーリー・ダニエルズ・バンドでしたね。ドナの"悪い娘"に代わって、シック(正しい発音はシークである)の"良い時"が首位に。("Bad"に代わって"Good"が首位、というのも覚えてます) 翌週から6週に渡って"ママママイ、シャロンナ"が1位になります。

-1 2 GOOD TIMES –•– Chic
-2 4 MY SHARONA –•– The Knack
-3 3 THE MAIN EVENT / FIGHT –•– Barbra Streisand
-4 1 BAD GIRLS –•– Donna Summer
-5 19 AFTER THE LOVE HAS GONE –•– Earth, Wind and Fire
-6 6 WHEN YOU’RE IN LOVE WITH A BEAUTIFUL WOMAN –•– Dr. Hook
-7 7 RING MY BELL –•– Anita Ward
-8 21 THE DEVIL WENT DOWN TO GEORGIA –•– The Charlie Daniels Band
-9 10 YOU CAN’T CHANGE THAT –•– Raydio
10 12 MAMA CAN’T BUY YOU LOVE –•– Elton John

◆CHIC Live at Budokan 1996 Good Times。バーナードはこの翌日に…(*_*;。
↓↓↓↓↓


◆"Le Freak"!バーナードのベース、トニー・トンプソンのドラムをもう観ることができないのが残念だ。
↓↓↓↓↓


◆在りし日のバーナードとナイルが語り合います。ナイルのギター…メロディとリズムとハーモニーを一緒に弾くのが"ナイル・スタイル"。(日本のテレビ番組から)
↓↓↓↓↓


◆シュガー・ヒル・ギャング"ラッパーズ・ディライト(Rapper's Delight)"。シックの"Good Times"を聞いたメンバーが当初は無断で拝借。今では作者にシックの名前もクレジットされています。ラップを取り入れた初めての曲と言われています。(1979年全米36位)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Good Times
・Wikioedia Rapper's Delight
・Creative Man.co.jp
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1985下(音楽之友社)

(この曲を購入)amazon.co.jp
The Very Best of Chic Import, from US, Best of
CHIC

51-dhhqFlvL.jpg

*アルファベット・アーチスト検索(A→N)
*アルファベット・アーチスト検索(O→数字)



関連記事

コメント

非公開コメント

1979 Aug

マイシャローナとどういつのチャートとは知らなかったと言うか?あの頃はこの系には関心がなかったんです。少し残念です。じっくりと歌詞を見ると凄くいい。
それ行けウィークエンドダ。まだ、水曜日だけど!

Have a good times!

トップ40を聞いてた記憶では、ドナのバットガールズ、シックのグッドタイムズ、ママママィシャローナ!は“芋ヅル式”?に出てきますねー。
“一日の仕事から開放されて聴きたい音楽を”、、、今回記事はグッドタイムズの背景が知れて、僕自身も“楽しむときは楽しもうとしなきゃ!”って思いました。

懐かしいチャートですね。

この時、ドナ・サマーとバーブラ・ストライサンドが一緒にトップ10入りしていたんですねぇ。

私は、この、バーブラの映画「メイン・イベント」の主題歌だった曲が好きなんです♪

この頃、ドナとバーブラが共演してましたよねぇ~。

ノーモアティアーズ

みけたまちびさん、バーブラ&ドナサマーは、ノーモアティアーズ!ですね。大スター同士の共演で、この曲も気合入った一曲でした!

シック

そうですか、ナイル・ロジャースが来日するのですか。
ナイル・ロジャースは最近でもダフト・パンクの「Get Lucky(ゲット・ラッキー)」で大活躍している今でも旬な天才音楽家ですのでさぞや素晴らしいステージになるでしょう。なかなかライブには行けませんが最近は動画でステージを見ることができますので楽しみにしています。

まだまだ現役

星船さん、コメントありがとうございます。ナイルはまだまだ現役。現在のミュージシャンと絡みながらまた新しいサウンドを創造して行って欲しいですね!

CHIC feat. NILE RODGERS 行ってきました!

10月のH&Oの書き込み時に、こちらのブログでシック来日を知りました。
毎年のように来てるのは知ってましたが、入替制の短めのプレイには納得いくわけなく
待望のフルステージとあって、期待ビンビンでした。
一般発売開始後でも100番台半ばの整理番号のチケットを買い、
あれ?売れ行き悪い?の不安は開演10分前くらいまでありました。
この入りでは、増えても500人? といった心配は取越し苦労でした・・・
フルハウスには遠いけど、ダンスフロアとしてはいい按配の密度です。

コンポーザー、プロデューサーとして世に送り出した曲たちも演るのですね!
近年のカウントダウンライブでも同様のセットリスト構成であることとかの
前情報なしだったので、2時間ピョンピョコ跳ねてました^^

96年のJTスーパープロデューサーズ@武道館に行かなかった(行けなかった)
ことが今でも一番の後悔でありますが、今日はその悔しさがだいぶ和らいだ感じです。

そして、ナイルがとても日本を愛していることを実感できて感動ですわ。
(異論めいた意見はあるかもしれませんが)
80年代・90年代の音楽シーンを形成づけるに最も影響を与えたアーティストと
信じて疑わないですし、ある意味?薄っぺらい歌詞も今では普通にありふれてるし
DANCE! DANCE! は理屈抜きに楽しいっすよ!!

追伸 こちらでの巡り合わせ、とても感謝してます!

よかったですね(^o^)

akunさん、よかったですね!ネットでセットリスト見ました。ダイアナ、シスタースレッジ、マドンナ、ボウイ、デュラン2も!
カッティングも心地よいほどだったでしょうね!