One Day I'll Fly Away / 愛ふたたび (Randy Crawford / ランディ・クロフォード)1980



I'll make it alone
When love is gone
Still you made your mark
Here in my heart

一人で生きていくわ
愛が終わってしまったら…
まだあなたの想い出が残ってる
私の心の ここのところに

One day I'll fly away
Leave your love to yesterday
What more can your love do for me?
When will love be through with me?

いつの日か飛び立とう
あなたの愛を昨日に残して
これ以上何ができるというの?
愛がいつ私から過ぎ去ってしまうの?

I follow the night
Can't stand the light
When will I begin.
My life again?

私は夜に生きている
光に耐えられないから
一体いつになったら始められる?
新しい人生をもう一度

One day I'll fly away
Leave your love to yesterday
What more can your love do for me?
When will love be through with me?

いつの日か旅立つのよ
あなたの愛を昨日に残して
あなたの愛は もう私には充分なの
この愛も終わってしまう日がいつか来る

Why live life from dream to dream?
And dread the day that dreaming ends?

どうして夢から夢へと人生を送るの?
夢を見れなくなることを恐れてる私

One day I'll fly away
Leave your love to yesterday
What more can your love do for me?
When will love be through with me?

いつの日か旅立つのよ
あなたの愛を昨日に残して
あなたの愛は もう私には充分なの
この愛も終わってしまう日がいつか来る

Why live life from dream to dream?
And dread the day that dreaming ends?

どうして夢から夢へと人生を送るの?
夢を見れなくなることを恐れてる私

One day I'll fly away
Fly away
Fly away
Fly away.

いつの日か 旅立とう
飛び立つの
飛び立つの
飛んでいくのよ

Songwriters JENNINGS, WILL / SAMPLE, JOE
Lyrics c Universal Music Publishing Group, BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

Released in 1980
UK Single Chart#2
From The Album"Now We May Begin"

wpcr000028050_L.jpg

静かな曲調のなかで、"いつか旅立つの"と力強い意志を歌っていきます。邦題は「愛ふたたび」。ランディ・クロフォードの代表曲です。

◆ランディ・クロフォードはジョージア州生まれの女性ジャズ・R&Bシンガーです。最初は地元の教会でゴスペルを歌い始め、プロとしてヨーロッパに向かい、フランス南部のクラブで歌い、その後ニューヨークに移り、ジャズグループのボーカルなどを務めたりしながら歌っていきます。そしてこのとき共演したジョージ・ベンソンらの推薦などがありワーナー・レコードとの契約をしデビューとなります。
 1979年に人気のジャズ・グループであるザ・クルセイダーズの"Street Life" でメイン・ボーカルを取って大ヒット(全米36位)させたことにより彼女の名前は一気に知れ渡ることになりました。

◆結局クルセイダーズの全米Hot100にチャートインした曲は"Street Life"1曲であり、ランディはソロでのヒットは本家の全米では1曲もないアーチストでもあります。ただしイギリスでは有名で数々のヒット曲を持っています。

◆この曲「One Day I'll Fly Away」ですが全英では2位を記録した大ヒットとなり、ベルギーとオランダのヒットチャートでは1位となっています。そして実は日本では丁度この曲を歌った頃に来日して東京音楽祭に出演し特別歌唱賞を受賞しています(1981年の第10回東京音楽祭)。
 ノーランズが"セクシー・ミュージック"でグランプリを取った大会で、スティービー・ワンダーがゲスト出演していました。(他にもBCRのレスリー、マンハッタンズ、ジャーメイン・ジャクソン、テリ・デサリオ、ビリー・ヴェラ&ザ・ビーターズなども出演していました)

◆"One Day I'll Fly Away"は作者がジョー・サンプルとウィル・ジェニングス。ジョー・サンプルはクルセイダーズの主要メンバーのジャズ・ピアニストで、この曲のプロデュースもしていました。(2014年の9月12日、肺がんで闘病中に75歳でお亡くなりになられました。R.I.P

ウィル・ジェニングスは僕のブログでも度々登場するヒットメイカーです。この曲あたりに代表曲を掲載していますのでご参照ください。

冒頭にも書きましたが、静かな曲調のなかで、"いつか旅立つの"と力強い意志を歌った歌だと思います。
邦題が「愛ふたたび」なので、和訳する前は「ある愛にサヨナラを言って、次の愛を探しに旅立つ」のかな?と思っていたのですが、どうもそんな感じでもないように思います。想い出もくれたあなたに感謝しつつ、その想い出も含めて私はここに置いておこうとしている。そして"自分の足で一人立ちするんだ"、と歌っているのではないでしょうか。"愛ふたたび"ではなく"愛にサヨナラを"という感じです。

220px-Randy_Crawford_-_One_Day_Ill_Fly_Away.jpg

◆ランディはその後もコンスタントにアルバムを出していきますが、この10年後の1991年、「ジェットコースタードラマ」と命名されたフジテレビの「もう誰も愛さない」で「Almaz(スウィート・ラブ)」が挿入歌として使われて、日本で大ヒットしたのを思い出しました。この曲もいつか訳してみようかな。

◆ステージで歌う「One Day I'll Fly Away」
↓↓↓↓↓


◆2002年 映画「ムーラン・ルージュ」でも主演のニコール・キッドマン演じる娼婦サティーンが劇中で「One Day I'll Fly Away」を歌っています。
OneDayIllFlyAwayCD.jpg
↓↓↓↓↓


◆「もう誰も愛さない」の挿入歌「スウィート・ラブ」。もの哀し気な歌声に胸が痛くなりますね…(原題"Almaz"はランディの出会ったエリトリア難民のカップルの奥さんの方の名前のようですよ。詳しくはこの曲を訳すときに…)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia ランディ・クロフォード
・Wikipedia One Day I'll Fly Away
・Wikipedia 第10回東京音楽祭

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Ultimate Collection CD, Import
ランディ・クロフォード

71VRo2zBboL__SL1421_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント