Only In Your Heart / 君だけの心に (America / アメリカ)1972



Mary,
have you seen better days?
And will you find different ways?
And does he really mean that much to your heart?

メアリー
これまで楽しかったときがあった?
違う道を見つけられそうかい?
きみの心にとって
彼は本当に大切なひとなのかい?

Carry, all of the weight you can,
find another man
And lead him directly there to the source
You've got to chart his course

背負えるだけの重荷を背負って
ほかのひとを見つけなよ
そして
そのまま水の湧き出る場所に案内するのさ
きみがその人の進む道を決めるんだ

'Cause it is only in your heart
This thing that makes you want to
Start it all again
(La, la, la, la, la, la, la, la)

だってそれは
きみの心のなかにあるんだ
きみに新しい出発をさせたくなるものが
(La, la, la, la, la, la, la, la)

Wake up
from an elusive dream,
you've got to change the scene
It's getting so hard
to see to the end

都合のいい夢から目覚めなよ
場面を変えないといけないんだ
このまま終わりを見るんじゃ
そうとう辛い思いをしてしまうから

Break down, all of the walls you can
You need a helpin' hand
I'm sure there's someone there
just for you
He's tryin' to make it, too

壊しちゃいなよ
周りの壁をぜんぶ 力いっぱい
手助けが必要なら
きみのために誰かが待ってるはずさ
そのひとも同じ
恋をしたがってるのさ

'Cause it is only in your heart
This thing that makes you want to
Start it all again
(La, la, la, la, la, la, la, la)

だってきみの心のなかにあるんだ
きみが新しい出発できるよう
勇気を持たせるものが…
(La, la, la, la, la, la, la, la)

Only in your heart
This thing that makes you want to
Start it all again
(La, la, la, la)

自分の心をよく見てごらん
そこにあるだろう
きみの再出発を応援してくれるものがさ

ラ・ラ・ラ・ラ…

You can't disregard your friends
But life gets so hard when you reach the end

友達の言うことをよく聞きなよ
終わりになってしまいそうなとき
人生はとっても辛いんだ

Mary, have you seen better days?
(Mary, have you seen better days?)
Mary, have you seen better days?
(Mary, have you seen better days?)
Mary, have you seen better days?
(Mary, have you seen better days?)
Mary, have you seen better days?
(Mary, have you seen better days?)

メアリー 楽しかったことある?
(メアリー あるよね)
メアリー きみの楽しかった日々を思い出して
(メアリー 思い出して)

メアリー 楽しかったこと思い出したかい?
(メアリー またあんな風にやってみようよ)
メアリー 楽しかったことなかった?
(メアリー これからきっとあるはずさ)

メアリー 楽しかったこと想い出して
もう一度 スタートしてみないかい?

Songwriters BECKLEY, GERRY
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

source=〔川・流れの〕水源(地)
chart a course=進路を図で示す、進路を決める
elusive=(巧みに)逃げを打つ,うまく逃げる
disregard=〈…を〉無視する,軽視する

Released in 1972
US Billboard Hot100#62
From The Album"Homecoming"

 italonly.jpg

デビューアルバム「名前のない馬」に続くセカンド・アルバム「Homecoming」。夕陽を背に映る3人(ヒゲ、メガネ、長髪ヒゲ)のメンバーのアルバムジャケットが印象的でした。アメリカの曲の和訳&紹介記事のときにいつも触れている、彼らのアルバムタイトルが"H"から始まる法則(ex.Holiday、Hat Trick、Hearts…)はここから始まったんですネ(^^)。このときはおそらく意識していなかったと思いますが…。

◆このアルバムからは、まずデューイ作の"Ventura Highway"がシングルカットされ、これが最高位8位という成績!この曲はアメリカの代表曲のひとつになりましたね。(デューイは"長髪ヒゲ"ね)。続くセカンド・シングルはダンの作品「河を渡るな(Don't Cross the River)」。こちらが最高位35位。(ダンはこの頃は"ヒゲ")
このあたりで"メガネ"のジェリーくんが「次は僕の曲で…」と主張し、ほか2人も「そうだな、まだジェリーの曲はシングルになってなかったからな」と話し合い、シングルカットが決まりました(想像の話です)。そして、"君だけの心に(Only in Your Heart)"がサード・シングルになりましたが…こちらが大コケでトップ40も入らず…最高位62位でした(-_-;)。

71L6BGSyo3L__SL1267_.jpg

◆でもいい曲だと思いません!? "メアリー"って本名じゃなく、日本でいう"花子"のようなもの…女性一般、への呼びかけなんだろうな。(日本でも"花子"なんて呼びかけないけど)
失恋してしまった女子に…"次の恋をしよう!ときみが再出発するには、きみの心の中にあるものなんだよ"と呼びかけます。何かほかから新しく与えられることで立ち直るんじゃなくて、自分の心のなかを見つめてみようよ、と優しい歌声とコーラスが聴けますね。
でもあまり内面を見つめると逆に落ち込んじゃう人もいるかもよ…(無粋ですが)

◆アメリカの"ジェリー作"曲は"Only In Your Heart"が初めてでしたね。このあとアメリカは年1枚ペースでアルバムを作成、"Hat Trick"(1973)では外部ライターの"マスクラット・ラヴ"、"Holiday"(1974(ではデューイの"魔法のロボット(Tin Man)"がシングルになりました。そして1975年の"Hearts"で「金色の髪の少女」「ひなぎくのジェーン」と、ジェリーが才能を開花させ、大ヒットを飛ばします。(「名前のない馬」以来の全米No1にもなりました)

chord017.jpg

◆最後が逆回転を使ったエフェクトが入ってるのもアメリカにはなかったですよね!マジカル・ミステリー・ツアーの頃のビートルズみたいです!

(America)
A Horse With No Name / 名前のない馬 1972
I Need You / 僕には君が必要 1972
Sister Golden Hair / 金色の髪の少女 1975
Daisy Jane / ひなぎくのジェーン 1975
Today's The Day / 今日がその日 1977
You Can Do Magic / 風のマジック 1982

◆America- "Only in Your Heart" (HD) live at Mohegan Sun on 5-29-2010
↓↓↓↓↓


◆長髪ヒゲのデューイがリードをとります。"ヴェンチュラ・ハイウェイ".
↓↓↓↓↓


◆おおっダンがヒゲ剃りましたね(以降、ヒゲなし)。ダン作- 河を渡るな" Don't Cross the river "
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Homecoming

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Homecoming CD, Import
アメリカ

4128S9Y5R7L.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

中学三年の時、高校受験勉強で深夜ラジオから流れてきたのが彼らのデビュー曲「名前のない馬」でした。淡々と歌い上げるフォークロックテイストの曲は期せずしていきなり全米NO1となり一躍全世界にブレイクし登場し、へ~、こんな地味な印象の曲が大ヒットとなるのか・・と驚いたものですが、なぜか心に刻まれ感性に訴えるものがありました。「ベンチュラハイウェイ」、「アイニードユー」、「金色の髪の少女」、「魔法のロボット」(Tin Man) 、「ひな菊のジェーン」(Daisy Jane )等の優れた楽曲、素晴らしきグループでした。

三人の個性

RWさん、こちらでは受験生のRWさんのお姿が浮かんできました!(ハチマキに絶対合格!とか書いてある)(^o^)。
本文にも書きましたが、僕はアメリカのヒット曲、なかでもジェリー作のわかりやすい曲?を中心に聴いていましたので、このあとは、デューイや故ダンの作品を意識して聴いていこうかなと思いました。

今も現役です!

Americaの曲をありがとう!
この曲大好きです、と言うかGERRYの曲は殆ど好き^^
GERRYの繊細で甘い声が大好きで、DEWEYのバックでハモるGERRYの声を探してしまう、
ほぼミーハー的なファンです。
今も現役ですので、なんとか単独来日してくれないでしょうか。。。
日本での人気はイマイチなので可能性低いですね^^;
2011年には、カバーアルバム、“BACK PAGES”を、今年には“LOST&FOUND”をリリースしています。
“BACK PAGES”ではS&Gのアメリカをカバーしています。
なかなか面白いですよ。
“LOST&FOUND”は未発表曲集ですが、優しくほっとする曲ばかりです。
トラックNO.7の“Don't Let Her Close Your Eyes”
随分と可愛らしいけどGERRYは何を言ってるのかな~~♪

懐かしの洋楽好き

はじめまして
懐かしの洋楽好きの「おっとり」と申します。
実は、このブログのファンでありまして、めったさんの許可もないまま小生の軽いブログ「おっとりな風景」にリンクさせて頂いてます。大変申し訳ございません。
アメリカの曲が大好きで、いくつか取り上げています。当時のほのぼのとしたアコースティックな世界が好きなんです。この曲もいいですね。再認識しました。
めったさんの深い洞察力ある投稿には、いつも感心しております。
クラシック音楽にのめりこんだ時期が長かったため、私の取り上げる洋楽はきわめて狭く、貴殿の足元にも及びません。
ファンの一人として、今後ともよろしくお願いします。

女子に生まれていたら…?

GERRY大好きさん、コメントありがとうございます。僕は自分がもし女子に生まれていたら、たぶんGERRYファンになっていた(ミーハーな)んじゃないかなあと思います! 切ない男の心境を歌うのに、あの声とルックスはなかなかステキだなあと思ってます。(うーむ、本当に女性に生まれてみないと確かなことは言えませんが)
"Lost and Found"も聴いてみたいと思います!

よろしくお願いいたします!

おっとりさん、コメントありがとうございます!よくRWさんのブログのコメントなどで"お会い"していましたね(笑) "おっとりな風景"もたまに拝見させていただいておりましたよ。"おっとりさん"のキャラクターがじんわりと伝わってくるあたたかい素敵なブログだなと思っていました。おそらく世代がほぼ近いですよね。取り上げる曲もほとんどが僕のツボに入っている曲ばかりです!
でも実は和訳をされている方のブログは極力見ないように(影響されてしまうので)しています…(^▽^;)。先ほど久しぶりに"おっとりな風景"を訪問させていたのですが、『ああ、この曲先を越された~』とか、僕がすでに取り上げた同じ曲でも"なるほど、そうなのか~"などすでにアップした和訳を直したくなってしまったり、アセアセ(^▽^;)…。ですので、あまりご訪問はできないかもしれないのですが、ぜひ今後ともおつきあいいただければ…と思います!どうぞよろしくお願いいたします。
(PS) 相互リンクさせていただきました!