Everyday Is A Winding Road / エヴリデイ・イズ・ア・ワインディング・ロード (Sheryl Crow / シェリル・クロウ)1996



I hitched a ride
with a vending machine repair man
He said he's been down this road
more than twice
He was high on intellectualism
I've never been there
but the brochure looks nice

ヒッチハイクでね
自販機の修理屋さんの車に乗せてもらったわ
彼 この道を2回以上は
来たことあるって言ってた
彼は夢中で知的な会話を話してた
この道は来たことなかったけど
パンフを見たら いい感じのところね

Jump in, let's go
Lay back, enjoy the show
Everybody gets high,
Everybody gets low
These are the days when anything goes

飛び乗って いざ出発!
くつろいで ショウを楽しみましょ
誰もがハイになったり
誰もが落ち込んだり
最近は"自由きまま"がいいのよね

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer to feeling fine

毎日が曲がりくねった道
少しずつ近づいてるわ
毎日が消えていくサイン
少しずつ近づいてるのよ
アタシがいい気分になれるように

He's got a daughter,
He calls Easter
She was born on a Tuesday night
I'm just wondering
why I feel so all alone?
Why I'm a stranger in my own life?

彼には娘が生まれたの
"イースター"って呼んでるんだって
その娘は火曜の夜に生まれたの
アタシ 考えちゃうのよ
アタシはなんで
こんなに独りぼっちなんだろう?って
自分の人生を生きてない気がするのは
どうしてなの?

Jump in, let's go
Lay back, enjoy the show
Everybody gets high,
Everybody gets low
These are the days when anything goes

飛び乗って いざ出発!
くつろいで ショウを楽しまなきゃね
元気になったり 落ち込んだり
誰だってそうなるのよ
何でもアリ!でもいいわよね 最近は

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer

いつだって曲がりくねった道
でもだんだん近づいてるわ
真っ直ぐな道なんてないのよ
それでもちょっとずつ近づいてる

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer to feeling fine

毎日 曲がりくねった道ばかり
それでもアタシは近づいてる
毎日 標識なんか見てる暇なんてない
だんだんいい気持ちに近づいてるわ

I've been swimmin' in a sea of anarchy
I've been living on coffee and nicotine
I've been wondering
if all the things I've seen were ever real,
were ever really happening?

自由気ままに泳いでいたの
コーヒーを飲んでタバコを吸って
ずっと悩んできたのよ
アタシが見てきたものすべて
それは本物だったのかしら?
本当にあった出来事なのかしら?ってね

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer

毎日 曲がりくねった道ばかり
それでもアタシは近づいてる
毎日 標識なんか見てる暇なんてない
だんだん近づいてるのよ

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer to feeling fine

毎日 曲がりくねった道ばかり
それでもアタシは近づいてる
毎日 標識なんか見てる暇なんてない
だんだんいい気持ちに近づいてるわ

Everyday is a winding road
Everyday is a winding road
Everyday is a winding road
Everyday is a winding road

毎日 曲がりくねった道ばかり
真っ直ぐな道なんてない
あちこちいって つまずきながら
毎日 曲がりくねった道で生きてるの

Songwriters MACLEOD, BRIAN S. / CROW, SHERYL / TROTT, JEFF
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., Chrysalis One Music, RESERVOIR MEDIA MANAGEMENT INC

high on=~でいい気分になって ~に夢中で
brochure=パンフレット
anything goes=何でもあり、制限なし、自由気まま

Released in 1996
US Billboard Hot100#11
From The Album"Sheryl Crow"

41A2ZJVTJ8L.jpg

シェリル・クロウも僕のブログでの登場は初めてです。
カントリー&ウエスタン?と思うとそれだけでなくロック曲もあり、"主張"するシンガー・ソングライター。日本でも人気のあるアーチストです。

◆この曲「Everyday Is A Winding Road」は彼女が自分自身の名前を付けたアルバム「シェリル・クロウ」からのセカンド・シングル。人生をカラッと歌い上げた感じで、僕もなかなか好きな曲です。
でも…この曲を作ったトリオであるシェリルとジェフとブライアンは実はこの曲を気に入ってなかったんですね(゚Д゚)ノえっ?
 で、この曲を快くジョン・トラボルタ主演の映画「フェノミナン」(1996)に差し出したと言います。「フェノミナン」と言えば、クラプトンの「Change The World」がラストに流れる映画ですね。サントラ盤も結構売れました。ただ…この曲はサントラには収録されなかったのです。
映画を観た音楽プロデューサーは「おい、なかなかいい曲じゃないか」とこの曲の魅力に気づき、シェリルの次期アルバム「シェリル・クロウ」に収録しよう!ということになったようです。
 魅力のあるこの曲は全米No11にもなりましたが、CMで使われたり、他アーチストのカバー(プリンスが1999年にアルバム「Rave Un2 the Joy Fantastic」でカバー)、また、さらに別の映画(2000年 映画「エリン・ブロコビッチ」)でも挿入歌として使われました。

220px-Phenomenonposter.jpg

220px-Erin_Brockovich_(film_poster).jpg

◆アルバム「シェリル・クロウ」収録曲はこの曲を筆頭に前作と比べるとロック色が強い感じです。だからかな、このアルバムの日本盤は海外盤と別に、ギターを抱えたロックなシェリルが写ったものに差し替えられてます。海外盤のジャケットはこちら。

419SEZGBCML.jpg

そうですね。イメージが全然違ってますね。
それから、アルバム「シェリル・クロウ」は歌詞の上でも問題となる曲が多かった!「Love Is A Good Thing」では「ウォルマートで買った銃で殺し合う」(While they kill each other With a gun they bought at Wal Mart discount stores)という歌詞があって、ウォルマートはイメージのダウンになる!としてこのアルバムの販売を拒否した(現在も買えない)といいます。そりゃあそうかな(^-^;。

◆この曲にはクラウデッド・ハウスのニール・フィンがバック・コーラスで参加しています。シェリルがデビューアルバムを出したとき、クラウデッド・ハウスのライヴの前座を務めたのがきっかけで交流があったようですね。実はこの曲もクラウデッド・ハウスとは縁のある曲のようですよ。
当時のドラムだったポール・へスター(Paul Hester)はこの頃子どもが生まれたそうで、名前は"サンデー(Sunday)"と名付けられました。そう、歌詞にある

He's got a daughter,
He calls Easter

の部分はポールのことを歌ったんだとこの曲のSongfactsに書かれていました。"イースター(復活祭)"は基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われますよね。"サンデー"ちゃんだから"イースター"って呼ばれていたってことなんですね。ちなみにほんとに彼女が火曜の夜に生まれたのかどうかは定かではありません。この部分は大ヒットしたシェリルの前作"Tuesday Night Music Club"と掛けてるんだと思います。

…そして後日談があります。ポール・へスターはシェリルが自分のことも歌にしてくれたこの曲を聴いた影響で、クラウデッド・ハウスを辞めて子どもと過ごす道を選んだとのこと。ニール・フィンがそのようにインタビューで答えています。

 曲がりくねった道を行く人生。それはそれでいいじゃないか。それでも"近づいてる"んだから。

Sheryl_Crow_-_Everyday_Is_a_Winding_Road.jpg

◆"Everyday is a faded sign"というのはちょっと意味がわかりかねました。道路なんだから"Sign"と言えば"道路標識"だと思うのですが、"道路標識なんか霞んでいく毎日"=我が道を行くってことなのかな。(標識を見ないで運転して事故らないでほしいものです…)

◆"Everyday is a Winding Road"が最高位11位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending April 5, 1997

この前の週にスパイス・ガールズから首位を奪ったパフ・ダディが1位を継続。シェリル・クロウは先週に圏外からいきなり13位で今週は2ランクアップの11位。次週は…と期待していたら、13位に後退…なんなん?チャートの集計方法も代わり、チャートファンも戸惑うこと多く…(-_-;)。

-1 1 CAN’T NOBODY HOLD ME DOWN –•– Puff Daddy Featuring Mase
-2 2 WANNABE –•– Spice Girls
-3 3 YOU WERE MEANT FOR ME –•– Jewel
-4 7 ALL BY MYSELF –•– Celine Dion
-5 4 IN MY BED –•– Dru Hill
-6 6 EVERYTIME I CLOSE MY EYES –•– Babyface
-7 5 UN-BREAK MY HEART –•– Toni Braxton
-8 9 I’LL BE –•– Foxy Brown Featuring Jay-Z
-9 8 FOR YOU I WILL –•– Monica
10 10 I BELIEVE I CAN FLY –•– R. Kelly
11 13 EVERYDAY IS A WINDING ROAD –•– Sheryl Crow

◆ゲンキデスカー、トキヨォー!ジュンビハイイ? 2002年の日本武道館公演より。
↓↓↓↓↓


◆日産 シルビアのコマーシャルにも使われましたね。
↓↓↓↓↓


◆映画「フェノミナン」より。主人公ジョージ(トラボルタ)が彼女の子ども2人をトラックに載せて走るシーンです。
↓↓↓↓↓


◆"Love is a Good Thing" (Live, 1996) キーボード弾きながら歌うシェリルは見たの初めてだな。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Sheryl Crow
・Everyday Is A Winding Road songfacts

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Very Best of Sheryl Crow Import
シェリル・クロウ

91L9S4pMNUL__SL1500_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめまして
すてきなブログですね。英語が堪能なようでうらやましいです。

シェリルクロウのこの曲、ぼくも好きで、たまにカラオケで歌います(笑)
ぼくも前に訳してみました。ぼくの印象ではちょっと重い感じがしました。

I've been swimmin' in a sea of anarchy
I've been living on coffee and nicotine
I've been wondering
if all the things I've seen were ever real,
were ever really happening?

のあたりは特に病理ぎりぎりの感じがしました。
ぼくの見た歌詞は

I've been livin' in a sea of anarchy

でしたが、どう聞いても、また意味的にもswinmin'ですよね。

参考までに記事です。
http://blog.goo.ne.jp/dema02/e/c3002d70cb707bd0c6d56f253a2b7c17

味わってみると、、、

demaさん、コメントありがとうございます。demaさんの和訳記事、見ましたよ。ほんと、これは和訳の楽しさではありますが、ふとした違和感?から物語を想像できますよね。確かにdemaさんが注目された箇所、普通にとらえることもできますが、味わいながら読むと、なんでこんなこと言ってんだろう?と気になってきます。僕は曲の背景として、songfactの情報を調べたので、クラウデッドハウスのニールフィンの話を入れた解釈にしましたが、主人公の言動に思いを馳せてみたら、もっといろんなことに気がついたりします。どうぞこれからもよろしくお願いします。
(PS)英語は好きなだけで、堪能ではないんです(涙)。中3の時、英検3級落ちました(-_-)。昨年、中2で受かった次男にバカにされてます。