Somewhere In The Night / 夜のしじまに (Barry Manilow / バリー・マニロウ)1978



Time,
you found time enough to love
And I found love enough to hold you

時間…
きみは愛するだけの時間を手にして
僕はきみを抱きしめる時間が
この手のなかにある

So tonight
I'll stir the fire you feel inside
Until the flames of love enfold you

だから今夜…
きみの心の炎をかきたてよう
愛の炎がきみを包み込むまで

Layin' beside you lost in the feeling
So glad you opened my door,

心に身を任せ きみのそばに寄り添ってる
きみに感謝してるんだ
僕のドアを開けてくれたこと

Come with me
Somewhere in the night we will know
Everything lovers can know

さあ僕とおいで
夜のどこかで僕らはわかるんだ
恋人同士が知ることのすべてをね

You're my song,
music too magic to end
I'll play you over and over again

きみは僕の歌
いつまでも終わらない魔法の音楽
何度でも何度でも奏でるのさ

Lovin' so warm,
Movin' so right
Closin' our eyes
and feelin' alive
We'll just go on burnin' bright
Somewhere in the night

あたたかい愛情で
素直に心にしたがって
瞳を閉じながら
生きてることを実感しよう
燃えて明るく照らし出すんだ
この夜のどこかで

You'll sleep when the mornin' comes
And I'll lie
and watch you sleepin'

朝が来ればきみは眠るだろう
そしたら僕は横たわって
きみの眠るのを見守るよ

And you'll smile
when you dream about the night
Like it's a secret you've been keepin'

二人の夜を夢で思い返し
きみは微笑むのかな
まるで心のなかの秘密のように

Layin' beside you lost in the feeling
So glad you opened my door,

心に身を任せ きみのそばに寄り添ってる
きみに感謝してるんだ
ドアを開けてくれて迎え入れてくれたこと

You're my song,
music too magic to end
I'll play you over and over again

きみは僕の歌
いつまでも終わらない魔法の音楽
何度でも何度でも奏でるのさ

Lovin' so warm,
Movin' so right
Closin' our eyes
and feelin' alive
We'll just go on burnin' bright
Somewhere in the night

あたたかい愛情で
素直に心にしたがって
瞳を閉じながら
生きてることを実感しよう
僕たちは生き生きと明るく
ただ燃え続けていくのさ
この夜のどこかで

We'll just go on burnin' bright
Somewhere in the night!!

二人で燃え続けていこう
この夜のどこかで

(We'll just go on burnin' bright)
(Somewhere in the night)
(We'll just go on burnin' bright)

(僕らで灯りを点し続けよう)
(この暗い夜のどこかで)
(僕らが灯りを点し続けよう)

Writer(s): Richard Kerr, Will Jennings
Copyright: Imagem Songs Ltd., Irving Music Inc.

stir=かき立てる、かき回す、かき混ぜる

Released in 1979
US Billboard Hot100#9
From The Album"Even Now"

Barry-Manilow-Somewhere-In-The-76598.jpg

"ん?なんかこの曲、すでに訳したんじゃないかな"という気がしたのは、タイトルにつく"Somewhere"のせいでした。

◆先月の月イチ・バリーは"Somewhere Down The Road(いつかどこかで)"。今月の月イチ・バリーは"Somewhere In The Night(夜のしじまに)"です。Barryは"Somewhere(どこかで)"が好きなのかな。どこだかはっきりとせず"Somewhere"だから、優柔不断!? そんな男を歌う歌が多い!?
…とそれは冗談(←わかっとるわい)

で、こちら"Somewhere In The Night"の方がリリースは早くて1979年。作者はRichard Kerr, Will Jenningsです。邦題の「しじまに」の"しじま"とは「静まりかえって、物音一つしないこと。静寂」のこと。歌詞全体では「音」のことよりも「色」=「暗い夜のなかでも」「燃え上る灯りを点し続けよう」と歌っているのに「音」が表現されている名邦題だと思います。

◆Richard Kerrは"Mandy", "Looks Like We Made It"もバリーと共作し、またディオンヌ・ワーウィックの名曲"I'll Never Love This Way Again"も書いているバリーにゆかりのあるソングライターですね。また、Willの方はスティーヴ・ウィンウッドの"While You See A Chance""Higher Love""Roll With It"、Joe Cocker and Jennifer Warnes: "Up Where We Belong"、Celine Dion: "My Heart Will Go On"、Diana Ross: "If We Hold on Together"、Eric Clapton"Tears in Heaven"って作品がキリない!まあ、名曲であって当然、黄金コンビの作品ってことなんです!

◆Wikipediaによると、この曲は1975年に多くのアートストに歌われてます。"Batdorf & Rodney""Yvonne Elliman both"、そして"Helen Reddy""Kim Carnes"ってスゴイですね。"Batdorf & Rodney"のバドーフはこのあとシルヴァーを結成するミュージシャンですね。(シルヴァーの"恋のバン・シャガラン"も懐かしい曲です)

◆"夜のしじまに"が最高位9位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending February 17, 1979

ディスコ曲強い頃ですね。1位ロッドくん、2位「村民」の大ヒット曲もまだ訳してなかったな…。4位ポインター・シスターズはブルース・スプリングスティーン作で応援していました。8位ニコレットも歌声がキュートでした。(作品はニール・ヤングです)

-1 1 DA YA THINK I’M SEXY ??? Rod Stewart
-2 2 Y.M.C.A. ??? The Village People
-3 4 A LITTLE MORE LOVE ??? Olivia Newton-John
-4 5 FIRE ??? The Pointer Sisters
-5 7 I WILL SURVIVE ??? Gloria Gaynor
-6 6 EVERY 1’S A WINNER ??? Hot Chocolate
-7 3 LE FREAK ??? Chic
-8 10 LOTTA LOVE ??? Nicolette Larson
-9 11 SOMEWHERE IN THE NIGHT ??? Barry Manilow
10 12 I WAS MADE FOR DANCIN’ ??? Leif Garrett

◆沢山のアーチストにカバーされた"Somewhere In The Night"。ヘレン・レディのバージョンは邦題「夜どこかで」。バリーの前にTop40を賑わせてくれました。(1975年最高位19位。アルバム"No Way to Treat a Lady"(邦題"ブルーバード"からのヒットです)
↓↓↓↓↓


◆Batdorf & Rodneyの" Somewhere In The Night"。アレンジがちょっと古いけど、爽やかなデュオの曲に仕上がってますね。
↓↓↓↓↓


◆知らなかった。作者リチャード自身もレコーディングしていたんですね!優しい歌声の人です。ドラマチックに歌い上げるバリーの曲もいいけど、実は僕はこのくらいの盛り上がり程度の方が好きだったりします…(^▽^;)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Somewhere In The Night
・Buyee.jp

(この曲を購入したい)Amazon.co.jp
愛と微笑みの世界(アップグレイド・エディション) / バリー・マニロウ 1,820円

220px-Barrysixthalbum.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント