Love Hangover / ラヴ・ハングオーバー (Diana Ross / ダイアナ・ロス)1976



If there's a cure for this
I don't want it, I don't want it
If there's a remedy
I'll run from it, from it

この病を治す薬があったとしても
要らないわ 私は欲しくない
治療してくれるって言われても
逃げちゃうわ 私は走って逃げてしまう

Think about it all the time
Never let it out of my mind
'Cause I love you

いつだって考えてるのよ
頭から消えたりしないわ
だってあなたを愛してるから

I've got the sweetest hangover
I don't wanna get over
The sweetest hangover

最高に甘い二日酔い…
醒めてほしくないわ
最高に甘い 愛の余韻に浸ってるの…

Yeah, I don't wanna get over
I don't wanna get
I don't wanna get over

ああ この感じから覚めたくないわ
この酔い心地から…
この甘い夢から…

Ooh, I don't need no cure
I don't need no cure
I don't need no cure

ああ 薬はいらないの
治らなくたって構わない
薬は必要ないわ

Sweet lovin'
(Sweet, sweet, sweet, sweet love)
Sweet, sweet love
Sweet, sweet lovin'
(Sweet, sweet, sweet, sweet love)

甘い愛さえあれば
(甘い 甘い 甘い愛)

Don't call a doctor
Don't call her momma
Don't call her preacher

医者は呼ばないで
ママはお呼びでないわ
牧師さんも呼ばないで

No, I don't need it
I don't want it

そんなものいらないし
私はほしくないのよ

Sweet love, I love you
Sweet love, need love

甘い愛さえあれば
甘い愛 私には必要なの

If there's a cure for this
I don't want it, I don't want it
No no, I don't want it
If there's a cure for this
I don't need it

この恋に薬があってもいらない
欲しくない 欲しくない
そうよ 欲しくないの
この恋に薬があったとしても
いらないのよ

Sweet, sweet, sweet, sweet love
Sweet, sweet, sweet, sweet love
Sweet, sweet, sweet, sweet love
Sweet, sweet, sweet, sweet love

甘い 甘い 甘い 甘い愛だけ
それだけが欲しいのよ…

Songwriters
Mc Leod, Marilyn / Sawyer, Pamela Joan
Lyrics c EMI Music Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC

hangover=二日酔い.残存物,遺物 〔from〕.

Released in 1976
US Billboard Hot100#1
From The Album"Diana Ross"

LoveHangoverdiana.jpg

1976年はダイアナ・ロスがチャートを賑わせてくれました。"マホガニーのテーマ"、"ラヴ・ハングオーバー"の2曲の全米No1ですからね。
"マホガニーのテーマ"は後の"If We Hold On Together"につながるようなダイアナの正統派?ボーカル曲であるのにたいして、"ラヴ・ハングオーバー"はダイアナが妖艶な感じにゆっくり歌い始めますが、途中からテンポも早くなりディスコ曲に。ディスコ曲でも、最初から最後まで同じ調子ではなくて、テンポが変わるのもウケていたんでしょうね。(ドナ・サマーも"マッカーサー・パーク"はそうですね)

◆また、チャートファンの皆様にとっては、この"ラヴ・ハングオーバー"はウイングスの"心のラヴ・ソング"の返り咲きNo1との関係で忘れられない一曲でもありましょう。

"Love Hangover"が1を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 29th May, 1976

ウイングス「心のラヴ・ソング」が1週間1位となり、それを抜いてダイアナが首位に立ちます。ダイアナが2週1位を続けますが、そのときウイングスはずっと2位に留まっており…なんと次の週にダイアナを抜いて再び1位に!そしてその後4週間に渡って1位をキープするのです!(計5週間No1ということなのですが、連続であれば7週連続というさらに大記録になってたんですね)
3位エルヴィン・ビショップ「愛に狂って」。当時はエルヴィンは歌が上手いなあと思いましたが、彼はギターだけで、歌っているのはミッキー・トーマス(その後スターシップに入りますね)。6位「ハッピー・デイズ」(Happy Days)、7位「ウェルカム・バック」(Welcome Back、Kotter)はテレビ主題歌です。

-1 2 LOVE HANGOVER ??? Diana Ross
-2 1 SILLY LOVE SONGS ??? Wings
-3 3 FOOLED AROUND AND FELL IN LOVE ??? Elvin Bishop
-4 5 GET UP AND BOOGIE (That’s Right) ??? Silver Convention
-5 8 MISTY BLUE ??? Dorothy Moore
-6 7 HAPPY DAYS ??? Pratt and McClain
-7 6 WELCOME BACK ??? John Sebastian
-8 9 SHANNON ??? Henry Gross
-9 11 SARA SMILE ??? Daryl Hall and John Oates
10 10 TRYIN'TO GET THE FEELING AGAIN ??? Barry Manilow

◆この曲の背景ですが、プロデューサーのハル・ディヴィスはまず最初に彼が一緒に仕事をして、好きなヴォーカリストであるマーヴィン・ゲイかダイアナのどちらかに歌わせたいと思い、インストゥメンタルのトラックを録音したそうです。
 その結果、ダイアナに歌ってもらった方が"セクシーかな?"と思い、ダイアナに決めたそうです。ダイアナも最初は躊躇したのですが、レコーディング中にノッてきたといいます。
 また「マホガニーのテーマ」が全米1位になったあとに続くシングルは「愛の流れに(I Thought It Took a Little Time)"だったのですが(結局全米42位止まり)、「ラヴ・ハングオーバー」の人気の高さに注目して急遽シングルカットを決めました。その判断、正しかったですね☆

diana-ross-love-hangover-tamla-motown-3.jpg

 ちなみにほぼ同時期にフィフス・ディメンションもこの曲を録音しリリースをしましたが、ダイアナが全米No1になったのに対し、5th Demensionのバージョンは全米80位止まりでした(^-^;。

◆"Hangover"は"二日酔い"のこと。そういうタイトルの映画もありましたね。愛に酔いすぎてしまっててその余韻に浸っていたい…っていう歌詞ですね。スウィーテストなあまーい、あまーい、あまーい愛に!(-_-;)
あっちなみにこの下の写真はダイアナ・ロスとは関係ありませんよ。

gekiamai_main.jpg

◆僕は観には行っていません(^-^;が、今年はダイアナの来日公演が1月早々にありましたね!この曲も11曲目に演ってくれました。(詳しくはこちらのサイトをどうぞ LiveRead

◆Midnight Specialのダイアナ・ロス。ファンをステージに上げて歌います。こういうあたりもエンターティナーですよね。
↓↓↓↓↓


◆Live in Los Angeles - 1977 。後半はステージ上も大ディスコ大会に!
↓↓↓↓↓


◆5th Demensionの"Love Hangover"です。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Love Hangover
・Wikipedia Diana Ross
・LiveRead
・TBS Webサイト"激あまーい"

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ベスト・オブ・ダイアナ・ロス(来日記念盤)
ダイアナ・ロス&シュープリームス

41CEB0XMGAL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

ダイアナ・ロス

ダイアナ・ロスはやっぱり声が良いです。
セクシーで艶がある声で長い間大ヒットを連発する偉大な歌手ですね。
女性ソウル系の歌手の中では、テレマ・ヒューストンと並んで好きだった歌手です。

艶のある声

そうなんですよねー。トップ40を聞いてるといろんなアーチストの違った声を耳にしますよね。その中でダイアナは決してネームバリューだけでなく、印象に残る声をしてました。“艶のある声”〜ときにセクシーだったり、可愛く感じるときもあったりします!

「あなたの愛で二日酔いなの、、、」なんて、一度は言われてみたかったですね〜←すでに諦めて過去形 (T_T)