I'm Your Boogie Man / ブギー・マン (KC&The Sunshine Band / KC&ザ・サンシャイン・バンド)1977



I'm your boogie man,
that's what I am.
I'm here to do whatever I can.
Be it early morning, late afternoon
Or at midnight.
It's never too soon

俺はおまえのブギーマン
そいつが俺なのさ
やれることなんでもするためここに来たのさ
それが早朝だろうと 夕方だろうと
真夜中だってかまわない
ちょうどいい時間に駆けつける

To want to please you,
To want to keep you
To want to do it all, all for you
I want to be your, be your rubber ball.
I want to be the boy you love most of all.

おまえを喜ばせたい
おまえを離したくない
おまえのためになんでもしよう
おまえのラバー・ボールになりたい
おまえが誰よりも愛してくれる男になりたい

I'm your boogie man,
I'm your boogie man.
Turn me on!

俺はおまえのブギーマン
俺はおまえのブギーマン
俺を楽しませてくれ!

I'm your boogie man,
I'm your boogie man.
I'll do what you want.

俺はおまえのブギーマン
俺はおまえのブギーマン
おまえの望むことをしてやるよ

I'm your boogie man,
that's what I am.
I'm here to do whatever i can.
Be it early morning, late afternoon.
Or at midnight. it's never too soon

俺はおまえのブギーマン
それが俺なのさ
やれることをするために
ここにいるのさ
早朝だって 夕方だって
真夜中だって 時間ぴったりに登場するよ

To want to take you,
to want to hold you.
I want to give my all, all to you.

おまえを連れ去りに
おまえを抱きしめに
すべてのものをおまえに
おまえに差し出すために

And I want you to completely understand.
Wherever I'm at, wherever I am,
I'm your boogie man,
I'm your boogie man.
Turn me on!

しっかりわかってほしくて
俺がどこにいようとね
俺はおまえのブギーマン
俺はおまえのブギーマン
俺のスイッチをつけてくれ

I'm your boogie man,
I'm your boogie man.
I'll do what you want.

俺はおまえのブギーマン
俺はおまえのブギーマン
おまえの望むこと
何だってしてやるぜ

Songwriters: CASEY, HARRY WAYNE/FINCH, RICHARD RAYMOND
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1977
US Billboard Hot100#1(1)
From The Album"Part3"

220px-Part3kcsunshine.jpg

 1年間のNo1曲数でいうと、1973年が27曲。1974年(35)、1975年(35)、1976年(26)、1977年(28)となかなか多く、聴き応えのある名曲が沢山ありましたね。KC&The Sunshine Bandの曲は、応援はしてはいません(笑)でしたが、ほぼ1週で1位を交代するようなときの1位でしたので、KCのせいで1位になれなかった名曲というのも特に思い当たらず敵も作ることはほぼありませんでした(^▽^;)。この曲"I'm Your Boogie Man"もそんな曲です。

◆"I'm Your Boogie Man"が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 11th June, 1977

「恋するデューク」が1位から9位に転落。2位からKCが首位に立ちますが、翌週はこの週2位の"Dreams"、3位の"黒い夜"、4位の"Gonna Fly Now"と順番?に1位になっていきます。5位フォリナーは最高位4位どまりでしたが、これは誰のせいでもない実力、でしたね!

-1 2 I'M YOUR BOOGIE MAN –•– K.C. and the Sunshine Band
-2 3 DREAMS –•– Fleetwood Mac
-3 4 GOT TO GIVE IT UP (Part 1) –•– Marvin Gaye
-4 5 GONNA FLY NOW (Theme From“Rocky”) –•– Bill Conti
-5 9 FEELS LIKE THE FIRST TIME –•– Foreigner
-6 7 LUCILLE –•– Kenny Rogers
-7 8 LONELY BOY –•– Andrew Gold
-8 11 UNDERCOVER ANGEL –•– Alan O’Day
-9 1 SIR DUKE –•– Stevie Wonder
10 6 COULDN’T GET IT RIGHT –•– The Climax Blues Band

◆この曲をKCと一緒に作っているベーシストのリチャード・フィンチはコンポーザーでプロデューサーでもあります。KCのヒット曲のほとんどはKCとリチャードが共作です。
 リチャードは"I'm Your Boogie Man"について、「マイアミのラジオステーションのDJについて歌にした」と言っています。このDJの名前は Robert W. Walker。 KCの最初のヒットシングル“Get down tonight”を1番最初にエアプレイしてくれたDJだそうです。彼らはロバートに感謝の意を表してこの曲を作ったといいます。

当初はこの曲は"I'm your boogie man…"という歌詞ではなくて、"I'll be a sun-of-a-gun、look what you've done"(俺は悪党になってやる、なんてことをしてくれたんだ)という歌詞で始まる曲でした。しかしKCとリチャードはこの歌詞が気にいらず歌詞をそっくり入れ替えたと言います。

kc-and-the-sunshine-band-im-your-boogie-man-rca-victor.jpg

◆"Boogie Man"って何でしょう?
リチャードによると、
"ブギーマン"というと怖い怪物のイメージがあると思いますが、そうじゃなくて"Boogie"とは"踊って 腰を振って いい感じになる"こと。毎朝、みんなにファンクを聴かせてくれていい感じの気持ちと元気を与えてくれる人、だそうです!

◆歌詞に出てくる"Rubber Ball"はちょっと意味不明。でも"ゴム毬"は必ず跳ね返って戻ってくるものだから、"なんでもおまえのワガママを聞いてやるし俺はそんなのへっちゃらさ"って意味なのかな?って思いました。

◆The Midnight Special More 1977
↓↓↓↓↓


◆アルバム「Part3」ではB面の"I'm Your Boogie Man"とこの曲"Keep It Comin'Love(愛はノン・ストップ)"がメドレーのように続いていきます。「愛はノン・ストップ」は「Star Wars Title Theme」と「You Light Up My Life」の壁に阻まれて、最高位2位でした。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia I'm Your Boogie Man
・ビルボード・ナンバー1ヒット1971-1980下(音楽之友社)
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・KC&ザ・サンシャイン・バンド
K.C.&ザ・サンシャイン・バンド

417NAH5H1DL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント