ニッケルバック Nickelback 「No Fixed Address World Tour」東京体育館 2015 行ってきました

nockelnofixed.jpg

NICKELBACK "No Fixed Address Tour" 2年ぶりとなる来日公演を東阪で開催!
(激ロック 動画メッセージ)


◆18時会場19時開始とのことで、時間に余裕があったはずなのに、会場の東京体育館のあるJR千駄ヶ谷駅についたのが18時55分!武道館や東京ドームだったら間違いなく1曲めに間に合わない状況!なんで遅れたかというと…
(1)事前の予習などでライヴ動画をよく見たりしているうちに…なんとなく僕の普段着ているような服ではライヴにそぐわない…!と思えてきたので、黒のTシャツを買いに行っていた…。
(2)家族の分の晩御飯のカレーを作ったが、なかなか味が決まらず…(-_-;)
僕のことなどどうでもいい!

◆ちなみに今回、会場が「東京体育館」。2年前が武道館だったのでどうしたのかな~?と思って調べたら、武道館では5/29,30,31の3日間「第16回世界剣道選手権大会」が入っていました。やっぱ「武道館」だから「武道」優先で!(^▽^;)
ちなみに、東京近郊のライヴ会場となるホール収容人員を調べてみました。(全国コンサート会場リンク集 ~zaseki.infoより)

img_t-taiiku01.jpg


50,339 国立霞ヶ丘競技場(国立競技場)
45,600 東京ドーム
37,000 さいたまスーパーアリーナ
17,000 横浜アリーナ
15,031 日本武道館
15,000 幕張メッセ 展示場ホール9・10・11
13,243 国立代々木競技場第一体育館
10,000 東京体育館
5,012 東京国際フォーラム ホールA
3,000 東京ドームシティホール
2,222 中野サンプラザ
2,150 Bunkamura オーチャードホール
2,084 渋谷公会堂

◆ドームや武道館だと来日公演の看板や横断幕、渋谷公会堂でも入口にアーチストのポスターが貼ってあって、ライヴ記念写真を撮るスポットがあるんだけど、東京体育館はそういったのがないのかな。アリーナも3階もみんな入口が同じか。
 もうチケットをとるのがすごく遅れて、3階の北スタンドだから席は期待していませんでした。武道館だと「北」ってステージの裏!だし。会場について席を探していると、ほんと一番後ろみたい。でもまわり誰もいないぞ。ステージとアリーナ全体を見渡せる、決して悪い席じゃない。長細い会場なのでアリーナの後ろの方の人よりもひょっとしていいかもとちょっと強がり(^▽^;)。すぐに暗くなった!

◆1曲目は予測通り、アルバム「No Fixed Address」のオープニング曲「Million Miles An Hour」。音も悪くない。ギターサウンドとダニエルのドラムの音も骨太に響いてきます。

-1. Million Miles an Hour


チャドが「トーキョー!」とご挨拶。"次は"ダーク・ホース"から。ちょっとセクシャルな曲"ってことで、アレだ!

-2. Something in Your Mouth


いや~この曲はカッコイイよね。「ゲンキ?トーキョー、アリガト―!」。"みんなも学校に通ってた想い出あるでしょう"。

-3. Photograph


ステージの後ろスクリーンにはメンバーの想い出のフォトだけでなく、日本のファンの写真も出てきました。この曲はジーンときます。"Good Bye…Good Bye…"を一緒に手を振ることができてちょっと感動。
"次はスパイダーマンからだよ。一緒に歌ってね。"

-4. Hero (Chad Kroeger song)


Josey Scottが歌う部分はギターのライアンが歌います。あまり一緒に歌う箇所がよくわからずに終わってしまった…(-_-;)。
アリーナ前方のファンの方がいろんな看板を作って持ってきてたのを、カメラが大スクリーンに映します。「I♡ Ryan」とか「Kiss Me Mike」とか、メンバーにもかなりウケてました。

-5. Gotta Be Somebody


"Gotta Be Somebody"を生で聴けたのは結構感動。やっぱりヒット曲を沢山持っているバンドのライヴは楽しいですね。アコギのバンドメンバーが紹介されて、加わります。

-6. Far Away


"I love you""I have loved you all along"" I miss you""Stop breathing"などサビコーラス部分の歌詞がバックのスクリーンに流れてラヴソングを印象づけてます。うん、会場の女性のみなさん。きっと胸がキュンとしたでしょう。
次はうん?何やら女の人の話声が…スクリーンには沢山の液晶画面が…どんどん増えていき…ヘビーな低音・ギターとドラムの重い音が入ります。

-7.Edge of a Revolution


"We Want Change!""Revolution!"の合唱はなかなか気持ちよかったです。

-8. Master of Puppets / Walk (Beer toss)


アランとダニエルメタリカをバックにクルーがステージにバズーカを持ってきて、ファンサービスにチャドやライアンが会場目がけて打ちまくります。お~い三階まで打ってこいや~!ところで、あれは何を撃ってたのかな?ちなみに上のYoutubeの映像を見ると、ステージから手で投げている!進化したんだな(笑)。
「みんなジャンプしてくれ!」

-9. Too Bad


チャドは「アリガトー!」を連発してましたが、発音が上手いと思った。考えてみたら「アリガート」と「ガー」を伸ばす外国の方も結構いらっしゃいますが、チャドは「アリガトー!」なんだ。
おや、アコギのメンバーがイスを真ん中に持ってきて何やら用意してますね。その手元をカメラが大きく映し出します(12弦ギターですね)。注目された彼は笑いながら弾き始めたのは、聴いたことあるフレーズ。こ、これは…。

10.Wanted Dead Or Alive

そう、Bon Joviのあの曲でした!チャドの歌う"Wanted Dead Or Alive"もなかなか貴重でした!(ほんのワンフレーズくらいでしたが)
そして次の曲は…

11. Someday


この曲は好きな人多いんだなと改めて実感。チャドもメンバーも想い込めて歌っていた気がします。チャドはオーディエンスに歌わせる"Someday I will!"もタイミングよく歌えて気持ちいいです。
メンバー紹介を挟んで…。

12. Animals


疾走感あるこのナンバーもライヴで映えますね!ちょっと歌詞は一緒に唄えるようなところはないのが残念だけどな。

13. Moby Dick(Led Zeppelin cover) drum solo


ダニエルのドラムはいいな。重くてキレのいいドラミングが、ニッケルバックのサウンドを作っている感じがします。ドラム・ソロはジョン・ボーナムのテーマソング「モビー・ディック」。ダニエルのドラミングを観ながらも、ボンゾなくなって随分経つなあとか考えてしまった。

14. She Keeps Me Up


ちょっと変わった感じのイントロ「She Keeps Me Up」。ギターを置いてチャドがステージ左右煽ります。女性バックコーラスは置いていませんが、後ろのスクリーンに映し出されます。
Funky little monkey, she's a twisted trickster
Everybody wants to be the sister's mister
の歌詞がノリとグルーヴを作る感じ。身体が動きますね。

15. Summer of '69 / Hotel California


カラオケコーナー!? 僕のまわりにはあまり知ってる人いなかったみたいでした(^▽^;)。とくにブライアン・アダムスの"Summer Of'69"は海外の人は青春時代のアンセムのような曲だけど、日本だとブライアンファンじゃないとそらで歌えないかな。"ホテル・カリフォルニア"も僕のまわりの人達はみんな「ふんふふんふ、ホテル・カーリフォーニア」。若いから知らないのかな。海外のステージでは「Take It Easy」も演るみたいですね!

"俺は昔憧れてたんだ…" なかなかスクリーンのアニメも楽しいです。ジーン・シモンズやZZトップのギボンズも出てきました!

11391709_473231399496316_1625468719637097664_n.jpg

16. Rockstar


そして、チャドと一緒に
"Hey, yeah, yeah, yeah, yeah"の練習を2~3回したら入ります!僕は凛とした感じのこの曲好きだなあ。

17. When We Stand Together


ファズをかけたボーカルとスクリーンの映像。ライヴもいよいよクライマックス。

18. Figured You Out


シメはやっぱりこの曲ですね。

19. How You Remind Me


いったん下がったメンバー達。スクリーンには"No Fixed Address"のジャケットが映し出されます。
11147211_473231426162980_5657100555743850016_n.jpg

Encore:
20. Everlong (Foo Fighters cover)


やはり1曲めはこの曲でした。Foo Fightersの"Everlong"。ライアンのボーカル。ライアンはステージの上の段にいて、シルエットもカッコいいですね。

そして最後はみんなで"焼き尽くす!"

21. Burn It to the Ground


We're going off tonight!
(Hey!)
to kick out every light!
(Hey!)
Take anything we want!
(Hey!)
drink everything in sight!
(Hey!)

ですね(^^)/

◆ずっと立ちっぱなしで疲れましたが、シンプルなステージと演奏。いい汗かいて、一緒に歌えて、久しぶりのロックのライヴに来た!という爽快感がありました。

◆事前の予習通りのセットリストでしたが、今回のワールドツアーで事前にファンの期待に応えたしっかり作り込んだ完成度の高いセットリストだなあと思いました。曲順も絶妙。もう始まったばかり2曲目の「Something In Your Mouth」から「Photograph」の流れですぐにバンドと一体感できますよ。

◆70年代や80年代のバンドではなく、まさに現役。彼らはライヴの去り際?もアッサリしてました!それは「またきっと会える」からだと思います!

◆Nickelback のFacebookに昨晩の東京公演に来られたファンにメッセージがありました。
Best Tokyo crowd we've ever seen! Thank you to our awesome fans for coming to the show. #NoFixedAddressTour
11391452_10153320757452086_2805636491034335311_n.jpg

◆な、なんと…ライヴを終えて会場から出たら…小笠原沖の地震の影響でJR線が止まっていた!会場でみんなジャンプしたり踊ってたので気づかなかったんだろうな。僕は渋谷まで歩いて私鉄に乗って帰れたが…(足が棒のようになりました)。会場で立ち往生の人も多かったでしょうね…。また地震の影響も心配です。結局電車の復旧には3時間かかったようですね(-_-;)。

1551741_473231379496318_5679056800584956672_n.jpg

(この記事は以下のサイトを参照させていただきました)
・全国コンサート会場リンク集
・激ロック
・Nickelback Facebook
・ライヴ動画は他会場のものを使っています。

関連記事

コメント

非公開コメント

Nickelback

なんとNickelbackのライブにいかれたのですか、めったさんの守備範囲も凄く広いですね。
ヒットをたくさん持っている現役のロックグループのライブは素晴らしいのでしょう、めったさんのブログを順番に聴いてだけでもとても楽しかったです。EAGLESなど昔の曲も登場したのですね、うらやましい~。

T シャツ!

めったさん、こんにちは。
おつかれさまぁ~~。

ライヴは非常に楽しかったですね!
私も終演後、地震を知りましたが。

着替えて・・カレーも・・と、おうちを
出る前が色々と大変だったようですね。
すぐに思ったんですけれども・・・


なぜ、会場でTシャツを買わなかったんでしょうか?!
((+_+))
結構、良いデザインのが沢山売られていましたよーー。
会場に着いて着替えているらしきファンの人が沢山
おられましたよ!!
次回からはそれで…!  (*^^*)



生カラオケ

星船さん、ライヴ自体もちろん楽しかったのですが、終わって会場出たら電車が止まっていて、歩いて帰ったというのも忘れられない想い出もになりました(-_-;)。
星船さんはブライアン・アダムスのサマーオブ69とホテルカリフォルニア、英語で歌えますか?ニッケルバックは演奏だけで、観客に歌わせる!という無茶ぶり!でした。上の動画でありますが、take lt easyを歌わせるパターンもあるようです。いつも何時歌わされるかに備えて!?持ち歌にしておこう!と思います笑。

家庭内ロック費が(-_-;)

はるちゃん、ライヴよかったねー!もう最初の三曲でめちゃ盛り上がりました。No Fixed AddressのTシャツカッコよかったなー。帰りに買おうかどうか迷いましたが、売り切れなってました。まあでもこういうところでグッズを買うと、我が家のロックひ費ほ予算オーバーになるのでガマンかと(-_-;)。
はい、デフ・レパードの来日も決まりましたしね!

良かったです、娘も大満足 ♪

めったさん、こんにちは。
本当に・・・まさに現役ロッカーのライヴを観ましたね。
あ、もちろん・・・みなさん現役なのですが。
なんというか・・・キャリアが長い方のライヴが最近どうしても多くて。
それはそれで勿論キャリアに裏打ちされた素晴らしさが詰まっているのですが。
Nickelbackはまだ少し演奏も荒削りな部分があり・・そういう音楽性なのかも
しれませんが、そこも持ち味となり良かった、との思いが致します。
我が家のティーンエージャーの娘。 もちろんKISSも好きになってくれたので
ライヴ、楽しめましたが・・・娘ぐらいの年代からより近い存在の人たちの
ライヴって見せたことがなかったので。 BJもかれこれ・・・年代がちょっと
離れていっているし。 Nickelback、すごく若いというわけではないですが、
娘に見せた中では・・今気づいたのですが一番「若手」です。 (笑)
かっこよかった!と喜んでおりました。 ( *´艸`)
娘の同級生は1Dのライヴに行った子が多かったです、最近では。
男子も女子も。

そうですか、終演後はTシャツ、売り切れていましたか。
それは残念。
ああいうのは、その場の勢いとノリで買うものなので。(笑)
やはり会場について「しまった!服が合わない! え~い、買ってしまえ!」が
良いんですよ・・・。
( *´艸`)
で、きっとそうすると上下がチグハグなので、終演後、また元の服に
着替えて帰ったりもして・・・。 (笑)


ところで・・デフ・レパードも、ですか!?
ちょっと・・・
ブログ・イメージのめったさんからすると・・・「意外」な取り合わせですっ。
 ( *´艸`) ウフフ・・・。




これからのアーチストとファンと

はるちゃん、こんばんは。今晩は大阪のファンがきっとガチで歌って叫んでジャンプしてることでしょうね!でもムスメさんとロックライヴに一緒にいって楽しめる!なんて和貴重です。これからニッケルバックはどう変わっていくのか?そしてムスメさんはずっと追っていけるのか?温かく?見守りたいですね!想いを比喩とかさほど使わずストレートに表現するニッケルバックはこれからのロックシーンを引き続き引っ張っていって欲しいですね!

大阪公演行ってきました

いつもHP拝見参考にさせてもらっています。
Nickelback大阪公演行ってきました。会場が小さく、東京の時のようにバックに大きなスクリーンもなく、演奏中も証明が変わるだけのシンプルなものでした。
でも彼らとの距離も近くスタンディングコンサートとあって大変盛り上がりました。
私にとっても現役バンドのコンサートは久しぶりでしたが、ものすごく楽しむことができました。
CDも2枚目以降はすべて持っていますがやはり良い曲が多いですね。期待していた曲はかなり演奏していたので大満足でした。
Summer Of 69やHotel Californiaはありませんでしたが、Don't Stop Believin’やWanted Dead Or Aliveは演奏していました。
1週間前に急に行くことを決めていったのですが大正解でした。

日本人が歌える歌を?

Someoneさん、大阪はオールスタンディングで距離が近いライヴだったのですか?それはそれでうらやましいです!
Don't stop believinは、東京公演でSummer of 69をあまり日本のファンが歌えなかったので、日本の人は何を歌えて何で盛り上がるのか?リサーチしたのかもしれませんね!
どうぞまたお越しください!