【追悼】New Kid In Town / ニュー・キッド・イン・タウン (Eagles / イーグルス)1976



There's talk on the street
it sounds so familiar
Great expectations,
everybody's watching you

町ではまたいつもの
噂話があふれている
みんな大きな期待でワクワク
誰もが君を注目してるのさ

People you meet,
they all seem to know you
Even your old friends
treat you like you're something new

出会う人はみんな
君のことを知ってるようだ
なじみの友達さえ君のこと
お客さんのように扱ってるんだ

Johnny come lately,
the new kid in town
Everybody loves you,
so don't let them down

君は最近やってきた
この町の新入りの男
誰もが君のこと大歓迎なんだ
だからがっかりさせるなよ

You look in her eyes
the music begins to play
Hopeless romantics
here we go again
But after awhile,
you're lookin' the other way
It's those restless hearts
that never mend

彼女の瞳をのぞくと
音楽が流れ始める
僕たちは再びどうしようもなく
ロマンチックに包まれる
でもまもなくして
君はもう別なことを探してる
落ち着きのない奴
そのクセは直らない

Johnny come lately,
the new kid in town
Will she still love you
when you're not around?

君は最近やってきた
この町の新入りの男
彼女はまだ君を愛してる?
君がまわりにいない時でも?

There's so many things
you should have told her,
but night after night
you're willing to hold her,
Just hold her,
tears on your shoulder

彼女に言っておかないと
いけなかったことが沢山ある
でも毎晩毎晩
君は彼女を抱こうとするだけ
ただそれだけなんだ
君の肩に涙が流れ落ちる

There's talk on the street,
it's there to remind you,
that it doesn't really matter
which side you're on.

町ではまた噂話
君に思い出させるようだ
君がどちらの側に着こうと
まるで関係ないんだよ

You're walking away
and they're talking behind you
They will never forget you
'til somebody new comes along

君が歩いて行く後ろで
みんなが噂している
みんな君を決して忘れない
でもそれは
新しい奴がやってくるまでの話

Where you been lately?
There's a new kid in town
Everybody loves him, don't they?
Now he's holding her,
and you're still around

ここんとこ どこに行ってたの?
町には新しい男が現れた
誰もが彼に興味しんしん だろ?
今では奴が彼女を抱いてるのさ
君がふらふらしている間に

Oh, my, my
There's a new kid in town
just another new kid in town

ああ なんてことだ
町には新顔が現れた
君じゃない新しい奴なんだ

Ooh, hoo
Everybody's talking
'bout the new kid in town,
Ooh, hoo
Everybody's walking
like the new kid in town,

ああ 
誰もが新顔の奴について話してる
ああ
誰もが新顔の奴の真似をしてる

Ooh, hoo
There's a new kid in town
I don't want to hear it
There's a new kid in town
I don't want to hear it

ああ
町には新顔が来たんだ
(そんなこと聞きたくない)
君に代わる奴なんだ
(そんなこと聞きたくないよ)

There's a new kid in town
There's a new kid in town
There's a new kid in town
Everybody's talking
There's a new kid in town
People started walking
There's a new kid in town
There's a new kid in town

町には新顔が現れた
君に代わる新しい人気者
誰もが彼について噂してる
みんな彼についてってる
町の新顔
町の新顔の噂話

町はこんなこと繰り返している…

Writer: Henley, Don / Frey, Glenn / Souther, John David
Lyrics © EMI Music Publishing, Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1976
US Billboard Hot100#1(1)
From The Album
"Hotel California"

220px-Eaglesnewkidintownsinglecover.jpg

 この曲「New Kid In Town」は名作アルバム「ホテル・カリフォルニア」の第一弾シングル。イーグルスのいわゆる西海岸らしい、ハーモニーが素敵な曲です。リードボーカルはグレン・フレイ。ドラムのドン・ヘンリーがハーモニーの担当です。
 この曲について、Don Henleyは“この曲は愛やロマンスの気まぐれな性質のことを歌ってるんだ。とくに音楽ビジネスの名声のことと言ってもいいかな。僕らはよくわかってるのさ。音楽についても愛についても、僕らは今は一番流行っているイカシた奴だったとしても、それは僕らに代わる新しい奴が現れる迄の話なんだ“”と言っている。また、よく知られている話だが、この曲はダリル・ホール&ジョン・オーツのことを歌っている、とGlenn Freyもコメントしている。(この曲が1位になった約1カ月後、Hall & Oatesは「Rich Girl」で初のNo1に輝く。Eaglesの影響もある??)

 単品で聴いてもよくできた曲なのですが、聴くならやはり「Hotel Califonia」のアルバムでどうぞ。
 オープニングのタイトル曲で、アメリカの荒廃を考えた後、このNew Kid In Townで、それは自分と関係ない話ではなくて、「噂話好き」のこの俺のことなんだ、と気づく。「駆け足の人生」のあと、この人生無駄に過ごしてるのではと恐れているのが我々(時は流れて~Wasted Time)なんじゃないか…。Hotel CaliforiaのSide A は本当に聴き応えあり!

1995年ニュージーランドliveでのNew Kid In Town
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia New Kid In Town
・Wikipedia Hotel California
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

今度は…

…グレン・フライか……しかも、まだ67歳だなんて…(絶句)

肺炎と大腸炎の合併症で亡くなったらしいですが、そんなことで死ぬには幾らなんでも早過ぎるだろうが…(T_T)

あのとき聴いた歌

みけたまちびさん、本当に信じられません。あのとき、あそこで聴いたなあ、とあう場面が思い出されます。イーグルスの写真を見るたび、カッコつけてるグレンをカッコいいと思ってました。

聞き取りやすい英語で開眼しました!

この曲が全米ナンバーワンになった週から81年の年末まで、トップ40を聴きながらチャートをつけていました。
この曲の出だしのグレンのボーカルが優しく、滑舌よい発音に歌詞がいきなり聞き取れるようになって、今の私があるのです❗
だからマイオールタイムナンバーワン、初めて曲を聞いたときの気持ちが何時でも思い出せる曲です💕

確かに発音いいね!

cherryさん、この曲への思い出、ありがとうございました!
はい、グレン、滑舌もよく、発音も聞き取りやすいですね。あと、この曲は英語のいかした?言葉、いっぱい使われてますね。僕は“hopeless romantics here we go again”というところと、“which side you're on ”って箇所が好きですね(^o^)。
あと“new kid in town”と言われた主役が、新しい男に取って代わられてしまうという物語の切なさに感動し、それがホール&オーツをモデルにした歌だってところにまたビックリでした。
もうホール&オーツは“new kid in town”ではありませんが、音楽の世界は相変わらず、“new kid in town”が生まれては交代していく状況が続いてます。
、、、でも、この曲、ラストで“そんなこと聞きたくない”と歌ってますが、ホントのラストでは“人々は歩き始める、、”で終わりますよね。そんなところも好きだなあ。

No title

Eaglesのなかでも特に好きな曲の一つです。Take it to the limitとか、Desperadoと並んで。
そういえば、Desperadoのめった訳、見たいです。一応リクエストしておきます。

No title

すちーむみらーさん、Desperadeもいつか和訳します!と申し上げておきますね!(^^)

fair well.

fair well. good bye. long distance yard but i always hear u.🎼

No title

me,too…R.I.P。