If You Should Fall / 恋におちたら (Ned Doheny / ネッド・ドヒニー)1976



I don't care what your mama says
So what if love is blind
If you should fall
Give it your all

きみのママが何て言おうと気にしない
"愛が盲目"だからってどうだっていいよ
もし きみが恋に落ちたなら
すべてを賭けて愛すことだよ

Ain't nothing wrong with being strong
It doesn't hurt to try
It won't do at all
If you should fall

強くあることは悪いことじゃない
試してみても傷つくことはない
そんなんじゃダメだよ
もし きみが恋に落ちるなら

It can change in an instant
Leave you hangin' by a heartbeat
If you're slow on the rebound
God help you if you fall in love

恋ってヤツはたちまち変わるんだ
確かなものは胸の鼓動だけ
その反動をきみが気づかないなら
恋の行方は神だのみだね

I'm up here workin'for the paper trade
I'm busy night and day
I'm always on call if you should fall

僕はここで空想の恋にふけってるのさ
夜も昼もあくせく忙しくしてる
きみが恋をするなら
僕はいつだって待機してるんだ

So if you're bound for glory
Better make your move
Don't let your moment pass
If you must fall
Give it your all

だからきみが素敵な恋をしたいなら
自分から進んでいくのがいいね
時間を無駄に過ごしちゃダメさ
きみがどうしても恋をするなら
きみのすべてを恋に賭けてみなよ

It can change in an instant
Leave you hangin' by a heartbeat
If you're slow on the rebound
God help you if you fall in love

恋ってヤツはたちまち変わるんだ
確かなものは胸の鼓動だけ
その反動をきみが気づかないなら
恋の行方は神だのみだね

It can change in an instant
Leave you hangin' by a heartbeat
If you're slow on the rebound
God help you if you fall in love

It can change in an instant
It can change in an instant

たちまちのうちに変わってしまう
恋は気まぐれなんだよ

Leave you hangin' by a heartbeat
Leave you hangin' by a heartbeat

確かなものは胸の鼓動だけ
それだけをきみに残して…

(Ned Doheny)

so what if =~だからって何だよ
in an instant=たちまち
hang by…=~にぶらさがる、~にすがる
on the rebound=(失恋などの)反動から
paper trading=架空取引((学校や株式トレーニング・クラスで行う証券・商品の模擬取引のこと

Released in 1976
From The Album"Hard Candy"

NedHardCa.jpg

ああ、行きたかったな!(-_-;)
ネッド・ドヒニーのBillboard Liveが5月5日に終了しました。
"ネッド・ドヒニー plays HARD CANDY、何度でも見たくなる至福の再現公演"

ned2015.jpg
Photo:Masanori Naruse

いつものBillboard Liveだったら席にそんなにこだわらないのなら、カジュアル席はたいていゲットできるのに、ネッドの今回の公演はチケット発売即、完売だったらしいです。
AORの名作「Hard Candy」を1曲めから順に「再現ライヴ」ってことだったから、やはり僕の世代の洋楽好きの人達からするとたまらない魅力がありましたよね~!

◆アルバム「Hard Candy」。このアルバムジャケットは忘れられません。青空のもと海が広がる背景。そこには南国の木が一本。シャワーを気持ちよさそうに浴びている男ネッド。
いわゆる"AOR"(アダルト・オリエンテッド・ロック)。その代名詞として雑誌やFMラジオなどで良く取り上げられていたのが、ボズ・スキャッグスの「シルク・ディグリーズ」とこの「ハード・キャンディ」。両方聴きましたよ!
 ボズの場合は「Lowdown」やら「Lido Shuffle」など全米チャートでもランクインされましたが、ネッドのこのアルバムからはとくにヒットはなし。でも1976年当時、バックのミュージシャンもウエストコーストのAll Starが勢揃い。イーグルスのDon Henley とGlenn Frey、J.D. Southerに Linda Ronstadt!そしてJackson Browne! これは「聴かなきゃ」と!"わかったふり"をしながら聴いていました。僕の場合は「オシャレな音楽ってのはこういうのを言うんだ!」と最初は形から入ったんですね…(^▽^;)。そういえばマイケル・フランクスの「アントニオの歌」なんかも「いま聴くベキAOR!」なんて紹介でやっぱり耳にしましたね~。ボサノバ?のジャズ風なアレンジで、これAOR?なんて思ってましたが…。

SilkBoz.jpg

SleepingGypsyMichael.jpg

◆「Hard Candy」は僕にしてみれば、ジャケットのカラッとした印象と違って、ソウルフルな大人の印象。ずっと聴いていくなかで愛着は沸きましたが、最初はそんなに馴染めませんでした。そのなかでもこの曲「If You Should Fall(恋におちたら)」はジャケットのイメージそのものの爽快感のあるポップスで好きでしたね!キーボードを弾くのがデビッド・フォスター。バックコーラスはグレン・フレイとドン・ヘンリーです!(豪華)

和訳はかなり意訳しましたが、一番悩んだのは、

I'm up here workin'for the paper trade

の部分です。「paper trade」って何か?語句の意味の所にも書きましたが、"Paper Trading=株式のトレーニング・証券の模擬取引"を言うようです。「実際には売買しませんが、実際に取引している感覚になって、取引内容を記録していくこと」("株ちゃお"より)。
ネッドは「恋愛」を「株式」に例えて、実際に恋してる感覚で夢想してハイになっている状況=空想の恋にふけってる、としたんじゃないかなと…。

◆ちなみに「ハード・キャンディ」とは…ウィキペディアを調べてみたら、そのまんまの「硬いキャンディ」の意味以外にスラングもあるとのこと。ムムッ?知りたい人はこちらをクリック。ところで、2008年にマドンナも「Hard Candy」なるアルバムを出しましたよね。それはスラングの方の意味だろうな(^▽^;)。

Mad hard candy

◆アルバム「Hard Candy」はこの曲で幕を開けます。「Get It Up For Love(恋は幻)」。ゲリラ、ゲリラ、フォラー♪とよく歌ってました。
↓↓↓↓↓


◆「恋に落ちたら」by 浜田省吾(Yamato&Kouta さんがカバー) Everybody needs somebody…
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Hard Candy
・株ちゃお(株初心者が稼ぐためにやること)
・Billboard Japan
・ウィキペディア ハード・キャンディ
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ハード・キャンディ Original recording remastered
Ned Doheny

HardCandyDemo.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

懐かしい~♪

アルバム・ジャケットは、ボズのを手掛けた人と同じだった?……あやふやf^_^;

モシャ・ブラカ

みけたまちびさん、コメントありがとうございます。そうそう!モシャ・ブラカ(moshe Branka)という同じフォトグラファーの 方でした!今回、モシャ・ブラカのその他の作品をhttp://www.discogs.com/artist/2227623-Moshe-Brakha
のWebサイトで調べてみたら、
E.L.Oの「オーロラの救世主(A New World Record)」や、映画ボディーガードのサントラなども彼の作品だったことを発見しました!