【追悼】Take It Easy / テイク・イット・イージー (Eagles / イーグルス)1972



Well I'm a runnin' down the road
Tryin' to loosen my load
I've got seven women on my mind
Four that wanna own me
Two that wanna stone me
One says she's a friend of mine

そう 俺はあの道を駆け下りていき
心の重荷を解き放とうとしたんだ
頭のなかに7人の女を思い浮かべてね
そのうち4人は俺を束縛しようとして
2人は俺を誘惑しようとして
残りの1人は私は友達よって言うのさ

Take it easy, take it easy
Don't let the sound of your own wheels
Drive you crazy
Lighten up while you still can
Don't even try to understand
Just find a place to make your stand
And take it easy

気楽に行こうぜ 心配すんな
自分自身の車輪の音で
自分をいらつかせたりするんじゃない
おまえがやれるうちはリラックスすればいい
理解しようなんて思わなくていいさ
自分の居場所を見つけるのが大切さ
気楽に行こうぜ

Well, I'm a standin' on a corner
In Winslow, Arizona
Such a fine sight to see
It's a girl my Lord
in a flat bed Ford
Slowin' down to take a look at me

そう おれはアリゾナ・ウィンズローの
街角に立ってるんだ
眺めはそんなに悪くないよ
おし来た!商用車に乗った
1人の娘が俺を見ようと
スピードを落としてきたぜ

Come on, baby,
Don't say maybe
I gotta know if your sweet love
Is gonna save me
We may lose and we may win
Though we will never be here again
So open up I'm climbin' in
So take it easy

さあ行こうぜ ベイビー
"かもね"なんて言わないでくれよ
お前さんの優しい愛で
俺のこと救ってくれないかい?
いちかばちかでもいいじゃないか
俺たち二度と
ここで出会うことなんてないんだし
だからドアを開けて乗せてくれよ
気楽に考えりゃいいじゃないか

Well, I'm a runnin' down the road
Tryin' to loosen my load
Got a world of trouble on my mind
Lookin' for a lover
Who won't blow my cover
She's so hard to find

そう 俺はあの道を駆け下りていき
心の重荷を解き放とうとしてた
頭のなかにはトラブルを沢山抱えてね
俺がずっとカッコつけていられる
恋人を探すんだ
そんな娘はそうは見つからないけどね

Take it easy, take it easy
Don't let the sound of your own wheels
Make you crazy
Come on baby, don't say maybe
I gotta know if your sweet love
Is gonna save me

気楽に行こう リラックスしてさ
自分自身で自分のことを
おとしめたりなんてしなくていいんだ
さあ 行こうぜ
"もしかして"なんて言わないで
おまえの優しい愛があれば
俺は救われるかもしれないんだ

Oh we got it easy
We oughta take it easy

さあ 気楽に考えよう
俺たち 俺たちらしくいこう

Songwriters
BROWNE, JACKSON / FREY, GLENN
Lyrics c Jackson Browne/Swallow Turn Music/Night Kitchen Music/Open Window Music

lighten up=落ち着いて、リラックスして
Bed Ford=ベッドフォード社(Bedford)で製造されていた小型商用車
blow one's cover=自分の正体をばらす

Released in 1972
US Billboard Hot100#12
From The Album"Eagles"

220px-The_Eagles_-_The_Eagles.jpg


イーグルスのデビュー曲"Take It Easy"。"気楽に考えていこう"ってこの歌はカラッとしてていいですよね。イーグルスもまだカントリーのテイストが残っています。ご存じの方は多いかとも思いますが、この曲はイーグルスのグレンとジャクソン・ブラウンの共作です。ジャクソンのバージョンは彼の2ndアルバム「For Everyman」に収められていて、彼のライヴでも定番の曲となっています。

61K0sXl6U0L__SX425_.jpg

◆2015年、今年3月の来日に際してTV番組「ベスト・ヒットUSA」にてジャクソン・ブラウンのインタビューがあり、この曲についてのエピソードを話しています。

DSC_1479.jpg

ファーストアルバムのレコーディングの時に時間がかかりすぎて休みを取ったんだ。当時はアルバムを録音するのに普通4カ月かかっていたけど僕は聞いたことがなかったからね。エンジニアの事情で中止した時に僕は2~3週間 車でアリゾナやユタへ行った。そこで車で走り回っていたときに、あの曲ができたんだ。
「ウインズローの街角に立っている」って歌詞は、車が故障したとき、その場所がウインズローだったんだよね。その後、ユタの国立公園でキャンプしてすごくいい人達に会った。ベトナム帰りの元憲兵で僕と同じ22歳くらいのアメリカ人だった。18歳で戦地へ行っていたという彼らは国立公園でパーティをしていたんだ。その後、僕の車はまた壊れた。田舎だったから途方に暮れたよ。そしたら公園で一緒にパーティをした人達がバンで通りかかって拾ってくれたんだ。僕の車は置き去りにして乗せてもらったよ。「Take It Easy」はそのバンの後部座席で書いた曲さ。

2番の「ウインズローで立ち尽く」していたのは、車が故障しちゃったからなんですね。そして商用車に乗った女の子がスピードを落として気がついてくれた。そこで「乗せていってよ」という交渉?「あなたの甘い愛が僕を救ってくれるかを僕は知りたいんだ」なんて言ってみたら彼女は笑ってくれるのかな?それともドンびきしてしまうのかな?こいつ、チャレンジャーだな。
 そうはいっても、女性ドライバーだし、男を乗せるかどうか、躊躇する彼女にたいして、"いちかばちかで""ここで会ったのも何かの縁""気楽に考えてよ"って口八丁な男に笑ってしまいますね。

◆ウインズローの街角。およびそこで立っていたときにスピードを落として近づいてきたflat bed Fordはこんな感じの商用車だったようです!(ドライバーは女性)

250px-TakeItEasy_WinslowAZ.jpg

Flatbedford.jpg

◆「Take It Easy」のグレンとジャクソンの「共作」というクレジットについては、グレンが「The Very Best Of Eagles」のライナーノーツにコメントしています。
概要を書くと、グレンとJ.Dサウザーはワン・ルームをシェアしていて、その部屋の真下に住んでいたのがジャクソン。彼はその地下室で熱心に葛藤しながら曲作りをしているのを見て、グレンは「曲ってインスピレーションが溢れ出てくるばかりじゃない」と学んだそうです。そのなかで「Take It Easy」は未完成となっていたのですが、ある日グレンが「あの曲、なんだっけ?すごくカッコいい曲があったじゃないか」とジャクソンに尋ねたところ、ジャクソンは「うん、でもどうしよう、ここでつっかえちゃっていて…」と2番目のverseを弾いたところ、グレンがその部分の歌詞(...such a fine sight to see, it's a girl, my Lord, in a flat bed Ford...)を考えました。ジャクソンは完成したことを喜んで「共作にしよう!」と言ったそうです!

220px-Sfea7201.jpg

◆"Take It Easy"が最高位12位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 22nd July, 1972

1位はビル・ウィザース「私を頼りに」。翌週は3位から「アローン・アゲイン」が首位に立ちます。7位は
「恋人は何処に」。9位は「ロケット・マン」。10位「スクールズ・アウト」、11位「レイラ」、ロックの名曲が並んでますね。

-1 1 LEAN ON ME –•– Bill Withers
-2 2 TOO LATE TO TURN BACK NOW –•– Cornelius Brothers and Sister Rose
-3 8 ALONE AGAIN (Naturally) –•– Gilbert O’Sullivan
-4 5 BRANDY (You’re a Fine Girl) –•– Looking Glass
-5 9 (If Loving You Is Wrong) I DON’T WANT TO BE RIGHT –•– Luther Ingram
-6 7 DADDY DON’T YOU WALK SO FAST –•– Wayne Newton
-7 10 WHERE IS THE LOVE –•– Roberta Flack and Donny Hathaway
-8 11 HOW DO YOU DO –•– Mouth and MacNeal
-9 6 ROCKET MAN –•– Elton John
10 12 SCHOOL’S OUT –•– Alice Cooper (Warner Borthers)-8

11 15 LAYLA –•– Derek and the Dominoes
12 14 TAKE IT EASY –•– The Eagles

◆Eagles / Take It Easy / 1974 California Jam 。おおっこれはバーニー在籍時代、ドン・フェルダーの加入前。後ろにいるキーボードはジャクソン・ブラウンだよね。
↓↓↓↓↓


◆ 1998 Rock and Roll Hall of Fame Induction Ceremony.
↓↓↓↓↓


◆Jackson Browne & David Lindley - "Take It Easy" Broadcasted March 24, 2006
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Take It Easy
・「The Very Best Of Eagles」CD ライナーノーツ
・Best Hit USA 2015.4.3放映分
・wikipedia Winslow, Arizona
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Eagles Studio Albums 1972-1979 CD, Box set, Import
イーグルス

81wq-lKPb4L__SX522_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

やはりイーグルスは初期がいいですね~!最近、カントリールーツの曲を聴く機会が多くなった自分を再認識しているところです。

カントリーが心に響くゼイ

RWさん、ドン・フェルダーの加入前と加入後、ジョー・ウォルッシュの加入前と加入後で、イーグルスのサウンドは変わりますよね。初期のイーグルスのカントリーテイストはバーニー・レドンの影響力とされていますね。実は僕も、昔より今の方がカントリーの曲が自分に響くことを感じています。人間の魂…オヤジになると感性が変わってくるのかも!?

Take It Easy

イーグルスをリアルタイムで聴いたのはアルバム『呪われた夜』からで、ロック色が強くなってからですが、その前のウエストコーストカントリーロックの時代も良い曲がたくさんありますね。私もRWさん、めったさんと同じく最近特にカントリー系の曲を聴くようになりました。耳に心地よいです。
それにしてもこの時のチャート凄い曲が並んでいますね。イーグルス→デレク&ドミノス→アリスクーパー→エルトンジョンですか、リアルタイムで聞きたかったです。

12位止まりとは思えませんね

星船さん、Take It Easy がチャートインし、最高位を記録したこの週のチャート!洋楽小僧(!)からすると、ビックリ名曲の数々が並んでますよね~!Take It Easy は最高位12位止まりだったというのが信じられないですね! 日本でも未だにテレビ番組のBGM(晴れた日に車で運転してスピードを出す場面など)に使われますが、そういうランキングがあったら、間違いなくベスト3に入るのではないかと思います。(Doobie Bro.の Listen To The Musicといい勝負ででしょう)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

泣ける…

youtubeでブルーススプリングスティーンが自身のコンサートでカバーしたTake it easy観ました。観客の大合唱、グレンフライに届いてるよね。涙がとまりません。

No title

たくさん、はい!きっと届いてるはずですよ。
これからもグレンの歌を聞いていきましょうね。

Hotel Californiaもお願い。

名前知らんけど、イーグルスじゃない人が歌っているバージョンでこれを聞いたことがあります。

てか、ホテルカリフォルニアの和訳もお願いできませんかね?
もしかしてサイトはもう出来てます?

老後に?取り置き

スーパーライナーさん、ホテルカリフォルニアの和訳は、老後の楽しみで取り置きしてますのでご了承を。歌詞についてはいろんな方がいろんな解説をしてますので見ていただくと良いと思います。また、イーグルスの曲はリードをグレンが取るのか、ドンヘンリーが取るのかで、曲の雰囲気なども変わってきます。ドンの歌うイーグルス曲を和訳するのは、グレンの訃報があってから気持ち的に、ちよっとブランクが空きそうです、、、。

こんにちは。
久しぶりに聴き返しています、イーグルス。
この曲は調子のいいお兄さんが嫌なことも吹き飛ばしてくれそうで気持ちがいいですね。

ひとつ気になったのですが、flat bed ford はもしかすると、商用車のBedfordではなく、フラットベッドのフォード、おそらくフォード社のピックアップトラックのことではないでしょうか?
具体的な車名でなく、車はブランドを代名詞にして呼んでいるのをよく聞くので、もしかしたらと思った次第です。
違ったらごめんなさい〜~。

車に詳しくないもので(^_^;)

ともさん、コメントありがとうございます。車に詳しくないのでよくわかりませんなー(^_^;)。でもピックアップトラックというのは商用車ではないんですよね。ここは女トラック野郎の車が近づいてきたっていうストーリーが好きだなあ。←おまえさんの好き嫌いで訳すなよ!

ざっと調べた所ベッドフォードが作ったトラックはイギリス軍の装甲トラック位しかないみたいです。アメリカにおけるイギリス車は高めの車(イギリスから帰ってきた軍人が趣味で乗っていたりするオースチンヘイリーとか)と言う位置付けです。それにアメリカはイギリスが嫌い、イギリスもアメリカが嫌いと言う独立戦争からの因縁もありますし…フォードF100とかシボレーアパッチやスチュードベイカーピックアップは商用車としても人気の車種だったらしいですし…ピックアップトラックの人気の秘訣はなんにでも使える汎用性です。趣味から仕事、買い物まで全てこなせるのが強みなのです。ネイビーシールズは民間人に化ける任務ではピックアップのテクニカルを現地で買って使います。用は何でも屋なんです。そのいろんな仕事をこなせる良い子ぶりやフルパワーなエンジン、無骨な男らしい外見から西部開拓時代の馬や幌馬車に例えられます。

No title

operatorさん、調べていただいてありがとうございます!実際にはほんとにそんな女性が近づいて来たわけではなく、創作、想像の話かもしれませんが、聴く人の勝手なイメージで想像するのも楽しいところかもしれませんね。例えばクルマの色なんかは歌詞にも手掛かりはないのですが、カラッと晴れた青い空に合う車の色でいてほしかったりします!