The Devil Went Down To Georgia / 悪魔はジョージアへ (The Charlie Daniels Band / ザ・チャーリー・ダニエルズ・バンド)1979



The Devil went down to Georgia.
He was lookin' for a soul to steal.
He was in a bind 'cause he was way behind.
He was willing to make a deal
When he came across this young man
sawin' on a fiddle and playin' it hot.
And the Devil jumped upon a hickory stump
and said "Boy, let me tell you what."

悪魔がジョージアからやってきた
魂を奪おうと誰か探していたのさ
ヤツは負け越してたので ひどく困ってた
フィドルを熱く弾いてる若者に出会ったときに
取引をしたがっていたんだ
悪魔はヒッコリーの切り株にぴょんと乗り
こう言ったんだ
"少年よ ちょっといいかな…"

"I guess you didn't know it,
but I'm a fiddle player, too.
And if you'd care to take a dare
I'll make a bet with you.
Now you play a pretty good fiddle,
boy, but give the Devil his due.
I'll bet a fiddle of gold against your soul
'cause I think I'm better than you."

"きみは知らないと思うけど
私もフィドルの演奏家なのさ
もしきみが何かしたがってるなら
きみと賭けをしてもいいんだよ
見たところきみも
フィドルはなかなかの腕前だし
取り柄のないヤツでもいいところはあるはずさ
私は黄金のフィドルを賭けよう
引き換えにきみの魂ではいかがかな
私はきみより上手に弾けると思うのだがね"

The boy said,
"My name's Johnny,
and it might be a sin,
But I'll take your bet;
and you're gonna regret
'cause I'm the best there's ever been."

少年はこう言った
"俺の名はジョニー
悪魔との賭けなんて
バチ当たりかもしれないけど
俺は賭けにノッたよ
でもあんた後悔するよ
だって俺は最高のフィドルの弾き手だからな"

Johnny,
rosin up your bow and play your fiddle hard.
'Cause Hell's broke loose in Georgia
and the Devil deals it hard.
And if you win
you get this shiny fiddle made of gold,
But if you lose
the devil gets your soul.

ジョニーよ
ロジンをしっかり弓に塗って
おまえのフィドルをしっかり弾くんだ
なぜってジョージアに地獄が出現して
悪魔の賭けは厳しいんだぜ
おまえが勝てば
金色の輝くフィドルはおまえのものだけど
もし負けたら
おまえは悪魔に魂を奪われるぞ…

The Devil opened up his case
and he said,
"I'll start this show."
And fire flew from his fingertips
as he rosined up his bow.
And he pulled the bow across the strings
and it made an evil hiss.
And a band of demons joined in
and it sounded something like this.

悪魔がフィドルのケースを開いて
こう言った
"さあショウを始めようか"
奴が弓を磨こうとすると
指先からは炎が噴き出したんだ
ヤツは弓で弦を弾き始め
悪魔の音を鳴らしだしたんだ
悪魔たちのバンドも加わって
そのサウンドと言えばこんな感じさ

When the Devil finished, Johnny said,
"Well, you're pretty good ol' son,
But sit down in that chair right there
and let me show you how it's done."

悪魔の演奏が終わるとジョニーは言った
"そうだな おっさんも
なかなかのものだったよ
でもすぐそこのイスに座っててくれよ
アンタに俺がどう弾くのか見せてやるからさ"

"Fire on the Mountain."
Run, boys, run!
The Devil's in the house of the rising sun;
Chicken's in the bread pan picking out dough.
Granny, does your dog bite? No, child, no.

(ジョニーは5曲演奏した)
"Fire on the Mountain."
"Run, boys, run!"
"The Devil's in the house of the rising sun"
"Chicken's in the bread pan picking out dough"
"Granny, does your dog bite? "

The Devil bowed his head
because he knew that he'd been beat.
And he laid that golden fiddle
on the ground at Johnny's feet.
Johnny said,
"Devil, just come on back
if you ever wanna try again,
I done told you once?
you son of a bitch?
I'm the best that's ever been."

悪魔は頭を垂れてガックリ
なぜかといえば悪魔の敗北は明らかだった
そして黄金のフィドルを
ジョニーの足元に置いたのだった
ジョニーはこう言った
"悪魔さんよ もし再度俺に挑戦したいなら
いつでも戻ってきなよ
一度アンタに忠告したよな
それでも賭けをするアンタは大馬鹿だね
俺はフィドルじゃ世界一だからな"

And he played:

"Fire on the Mountain." Run, boys, run!
The Devil's in the house of the rising sun;
The chicken's in the bread pan picking out dough.
Granny, will your dog bite? No, child, no.

ジョニーはもう一回!

"山は燃えている" 少年よ、走るのだ!
"朝日のあたる家にいる悪魔の歌"
"パン焼きフライパンのチキンが
パン粉を掘り出した!"
"おばあちゃん あんたの犬は噛みつくの?
いいや坊や 噛みつかないわよ!"

Writer(s): Charles Fred Hayward, Charlie Daniels, William J. Digregorio, Fred Edwards, James W. Marshall, John Crain
Copyright: Songs Of Universal Inc.

in a bind=ひどく困って
way behind=かなり負け越して
make a deal=取引する
stump=切り株
take a dare=あえて何かをさせた
give the devil his due=
きらいな[取り柄のない]人間でもよい所は認めてやる.
all hell breaks loose=大混乱になる;大騒動が起きる
hiss=シューと音を立てる

Released in 1979
US Billboard Hot100#3
From The Album"Million Mile Reflections"

220px-Million_Mile_Reflections_album.jpg

 チャーリー・ダニエルズ・バンドの「悪魔はジョージアへ」。当時のAMラジオ「ラジオ関東(日本)」じゃ、ほとんど何て歌っていたのかはわかりませんでした。でもヴァイオリン(フィドル)をかき鳴らす、悪魔と何か取引をしている曲だっていうことはわかりました。こういう曲がランクに入ってくるところがアメリカの音楽の幅広さを感じたものでした!

◆チャールズ・エドワード・ダニエルズ(Charles Edward Daniels)は米国のシンガーソングライター、ギタリスト、フィドル奏者。1950年代に活動をスタートし、長きにわたってカントリー・ミュージック、サザンロックの分野で活躍しています。

ビルボードトップ40のヒットとしては、
1973 "Uneasy Rider" 9位
1975 "The South's Gonna Do It" 29位
1979 "The Devil Went Down to Georgia" 3位
1980 "In America"11位
1980 "The Legend of Wooley Swamp" 31位
1982 "Still in Saigon" 22位
と6曲がありますね。

◆ジョニーと悪魔が"フィドル合戦"をするこの曲。最初に悪魔が演奏する際のサウンドはロックっぽく、ギターやキーボードも参加します。これが悪魔っぽいといえば悪魔っぽい。そして次にジョニーの番が来ますが、これは正統派のフィドルの演奏。踊りたくなるような速弾き。"悪魔のサウンド"も悪くはないのですが、フィドルに限って言えばやっぱジョニーの勝ち!でしょうね。

220px-The_Devil_Went_Down_To_Georgia_cover.jpg

◆ジョニーが演奏した曲はこんな曲でした。フィドルで演奏される南部の伝統的な曲なんですね。

"Fire on the Mountain"
Theron Hale and Band Swing The Change Fire In The Mountains OTPP6


"Run Boys Run"
Bert Layne with Pappy and Tommy Taylor


"House of the Rising Sun"
- Vassar Clements & Mark O'Connor (Heroes)


"Granny, Does Your Dog Bite? "


◆"The Devil Went Down To Georgia"については、いろんなイラストが描かれていました。また下記の動画でクレイアニメになっているものもあります。一部のご紹介です…。

devil-statue.jpg

the_devil_went_down_to_georgia_by_stefaniagariazzo-d6e9g6l.jpg

◆"悪魔はジョージアへ"が最高位3位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending September 15, 1979

勢いあって、僕はこの曲1位になるのでは?と思いました。なってほしいとは思ってませんでしたが(^▽^;)。しかし、"マ、マ、マ、マイ、シャローナ!"が強かった。5位 Lead Me Onは「愛とは強いもの」に次ぐマキシン・ナイチンゲールのヒット。この曲訳してないけど、"Lead Me On"って「私をリードして?」なのか、また「私に嘘をついてもいいわ(Lead Me On)」なのか、どっちなのかな。いずれ訳したいと思ってます。

-1 1 MY SHARONA ??? The Knack
-2 3 AFTER THE LOVE HAS GONE ??? Earth, Wind and Fire
-3 5 THE DEVIL WENT DOWN TO GEORGIA ??? The Charlie Daniels Band
-4 4 DON’T BRING ME DOWN ??? The Electric Light Orchestra
-5 6 LEAD ME ON ??? Maxine Nightingale
-6 7 SAD EYES ??? Robert John
-7 10 LONESOME LOSER ??? The Little River Band
-8 9 I’LL NEVER LOVE THIS WAY AGAIN ??? Dionne Warwick
-9 2 GOOD TIMES ??? Chic
10 12 SAIL ON ??? The Commodores

◆いや~気合い入ってます!カッコいいよね。 2005 4th of July concert at the Riverfront in Nashville,
↓↓↓↓↓


◆Music video by Primus performing The Devil Went Down To Georgia. (C) 2003 Interscope Records
↓↓↓↓↓


◆パロディですね。The Muppets - Devil Went Down to Jamaica
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia チャーリー・ダニエルズ
・Wikipedia The Devil Down To Georgia
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Essential Charlie Daniels CD, Original recording remastered, Import
Charlie Daniels Band

51TFXV-XCGL__SX355_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

今更ですが

アメリカならではの曲ですね。当時の全米top40でも湯川れい子さんが訳をしてくれていました。
この曲は5年前に行ったKeith Urbanのコンサート(Staples Centerでした) でもアンコールでやっていました。歌が始まるとなんとJack Blackが登場し会場は大盛り上がり。忘れられない思い出となりました。

ライヴで聴きたい

Someoneさん、別会場のものですが、youtubeで見ました!ジャックブラックがカウボーイハットを被って、表情も動きもコミカルに歌い、キースはフィドルの代わりにギターをギンギンに弾きまくって、大盛り上がりですね!
この記事のカテゴリーを「物語のある曲」から「ライヴで聴きたい」に変更しました(笑)