Always Something There To Remind Me / 僕はこんなに (Naked Eyes / ネイキッド・アイズ)1983



I walk along the city streets,
you used to walk along with me
And every step I take reminds me
of just how we used to be

街の通りを歩いてく
きみと肩を並べて歩いてた僕
一歩ずつ歩くたびに思い出すのさ
あの頃の僕たちのことを

Oh, how can I forget you,
girl, when there is
Always something there to remind me
Always something there to remind me

ああ 忘れられるはずがないよ
ああ どこに行ったって
何かが僕に思い出させるのさ
いつだって
何かが僕に思い出させるんだ

When shadows fall,
I pass a small cafe
where we would dance at night
And I can't help recalling
how it felt to kiss and hold you tight

夕暮れになって
小さなカフェの前を通りすぎる
ここは僕らが夜にダンスした場所
どうしても思い出してしまう
きみにキスして強く抱きしめたとき
最高の気分だったことをね

Oh, how can I forget you,
girl, when there is
Always something there to remind me
Always something there to remind me

ああ 忘れられるはずがない
ねえ どこにいったって
何かが僕に思い出させるんだ
いつだって
何かが僕に思い出せるのさ
きみのことを…

I was born to love her
and I will never be free
You'll always be a part of me

僕はあの娘を愛するために生まれたのさ
僕が自由になることは決してない
きみはいつだって僕の一部なんだ

If you should find
you miss the sweet and tender love
we used to share
Just go back to the places
where we used to go and I'll be there

もしきみが
僕たちが分かち合った甘く優しい愛が
恋しくなったときには
戻っておいでよ あの場所に
そこは僕たちがよく行った場所
僕もそこに行くさ

Oh, how can I forget you,
girl, when there is
Always something there to remind me
Always something there to remind me

ああ 忘れられるはずがない
ねえ どこにいったって
何かが僕に思い出させるんだ
いつだって
何かが僕に思い出せるのさ

I was born to love her
and I will never be free
You'll always be a part of me
'cause there is
Always something there to remind me
Always something there to remind me

僕はあの娘を愛するために生まれたのさ
僕が自由になることは決してない
きみはいつだって僕の一部なんだ
だってさ
いつでも何かが僕に思い出させるんだ
いつでも何かが僕に思い出せるのさ
きみのこと…

Always something there to remind me
Always something there to remind me
Always something there to remind me...

いつだってそうなんだ
きみの想い出でいっぱいなんだ…

Songwriters BACHARACH, BURT / DAVID, HAL
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

if you should~=万一~ならば(未来の実現可能性が比較的乏しい仮定)

Released in 1983
US Billboard Hot100#8
From The Album"Burning Bridges"

alwayssomethingthrere.jpg

ポップな曲を作って歌ったデュオ"ネイキッド・アイズ"。この曲"僕はこんなに"は、エレクトロニックなアレンジですが、ポップで親しみやすくって好きでした。でもビックリだったのはこの曲の作者。バート・バカラック&ハル・デヴィッドの名コンビじゃないですか!

◆Webサイトにバート・バカラック&ハル・デヴィッド Top10ソングが載ってました。やっぱり「雨にぬれても」「小さな願い」が1位、2位は妥当かな!(この曲はベスト10には入ってませんでしたね)

-1. "Raindrops Keep Fallin' On My Head"
-2. "I Say a Little Prayer"
-3. "This Guy's In Love With You"
-4. "Walk On By"
-5. "(They Long To Be) Close To You"

◆ネイキッド・アイズのプロフィールをウィキペディアより:

バース出身で友人同士だったピート・バーン(ボーカル)と、ロブ・フィッシャー(キーボード)が、後にティアーズ・フォー・フィアーズを結成するメンバーらと共に活動していたバンド・Neonを前身とし、1982年にデュオ・バンドとして活動再開したのがネイキッド・アイズである。
フェアライトCMIをいち早く導入したバンドのひとつでもあり、デビュー当時、その音楽性は好評をもって迎えられた。2枚のアルバムと「僕はこんなに」「プロミセス・プロミセス」といったヒット・シングルなどを発表した後、1985年に解散。バーンはソロに転身、フィッシャーはクライミー・フィッシャーとして同様のデュオで再デビューした。1999年、フィッシャーは39歳の若さで癌により病死している。
2006年からバーンがネイキッド・アイズ名義で活動を再開し、ソロ・プロジェクトとして再始動。翌年、カバー・アルバム『Fumbling with the Covers』を発表した。2013年には新作アルバム『Piccadilly』が発売される予定となっている。


クライミー・フィッシャーの"Love Changes(Change Everything)"も好きだったなあ…。39歳の若さで…早すぎます。

◆この曲、別れたきみのことをどこに行っても何かが思い出させるんだ(それほど想い出ばかりなんだ)って歌。1960年代から色んな歌手に歌われてます。バカラック&ハル作品を歌うのはこの人"ディオンヌ・ワーウィック"も歌いましたがこれはデモ録りだけで、Hot100チャートに初めてランクインしたのは、ルー・ジョンソンという人のバージョンで最高位49位(1964年)でした。
そのあとサンディ・ショウ(Sandie Shaw)のバージョンは全英1位。女性が歌うとまた違って雰囲気です。サンディバージョンで面白いのは邦題。時は東京オリンピックの年。日本の期待を集めた競技のひとつが「重量挙げ(ウェイト・リフティング)」そのために邦題はなんと「恋のウェイト・リフティング」!おいおいそれ凄すぎるでしょ(^▽^;)

Sandie_Shaw___There_s_always_something_there_to_remind_me.jpg

◆"僕はこんなに"が最高位8位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending June 11, 1983

フラッシュダンスの長期政権が続きます。Let's Danceは1位を落ちましたが、なかなかしぶとく2位にとどまります。7位は"彼女はサイエンス"←邦題意味不明。

-1 1 FLASHDANCE…WHAT A FEELING ??? Irene Cara
-2 2 LET’S DANCE ??? David Bowie
-3 4 TIME (Clock Of the Heart) ??? Culture Club
-4 3 OVERKILL ??? Men At Work
-5 7 MY LOVE ??? Lionel Richie
-6 6 BEAT IT ??? Michael Jackson
-7 5 SHE BLINDED ME WITH SCIENCE ??? Thomas Dolby
-8 12 ALWAYS SOMETHING THERE TO REMIND ME ??? Naked Eyes
-9 14 DON’T LET IT END ??? Styx
10 11 AFFAIR OF THE HEART ??? Rick Springfield

◆Lou Johnson - (There's) Always Something There To Remind Me 1964年 Hot100では最高位49位です。
↓↓↓↓↓


◆Sandie Shaw - Always Something There to Remind Me
↓↓↓↓↓


◆今週の第10位です!レオタードのお姉さんの踊りに乗って…(^▽^;)
↓↓↓↓↓


◆PETE BYRNE REFORMS NAKED EYES AND PERFORMS THE SMASH 80's hit
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia ネイキッド・アイズ
・top40.about.com
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
バーニング・ブリッジズ:スペシャル・エディション Special Edition
ネイキッド・アイズ

Burning bridges

このジャケットに見覚えがありませんでした。日本では↓↓↓↓↓のジャケットだったんですね。こっちはよく覚えてます!

220px-Naked_Eyes_LP.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

待ってました。

この曲発売、ヒット中は印象に残っていなく、2000年のハワイでよくかかっていて、職場仲間も口ずさむぐらい人気でした。洋楽すきなわたしに!質問が飛び➡さっぱり?で📻を持って、流れると同時に➡街を歩く人に・・・これだれ?でようやく解決しました。それも懐かしくいい思い出です。ネイキッドの評価はやや低いようですが♪爽やかなエレポップとして評価されても良いと思います。ジャケットは、なぜか?記憶に残ってますが今でも後悔するばかりです。クライミーも好きで買おうと思いつつ時が過ぎ・・・これも後悔♪してます。ありがとうございました。

僕は何がどんなに?

yazoo-bf-109さん、コメントありがとうございます!80年代のPOPSは、yazoo-bf-109の想い出に残る曲が多いですね!ネイキッド・アイズもそうでしたか。邦題が「僕はこんなに」って、何がどんなに?って思ってしまう(笑)のですが、"きみを思い出すことがこんなにも多いのさ"って、答えが原題にある、っていうのもおしゃれですよね? でも流行していた当時はバート・バカラック&ハル・デビッド作とは知らず。60年代からの名曲だったとは!洋楽ポップス奥が深いです。

No title

ああ、ネイキッドアイズ!
これは思い出というか、もう完全に自分のテーマソングといえる位いまだに毎日聞いている大好きなデュオです。でも一番好きなのはこれではなく、同じ「Burning Bridges」にある「灯が消えるころ」(When the Lights Go Out )という曲です。このアルバムも対訳がなく、記事の”Always~”や ”Promises, Promises”は当時TVで訳付きのPVを見かけたりもしたのですが、中ヒットにとどまった”When the Lights Go Out ”はそのような機会もなく、かなり悶々とした覚えがあります。(笑)
もし機会があったらこちらの対訳もしていただけたらすごくうれしいです!

灯りが消えるころ

Koboropさん、ネイキッド・アイズ、お好きなんですね。80年代の音は今聞くと、耳に痛いときが僕にもありますが、このPOPなセンス、歌詞もなかなか魅力的ですよね。「Burning Bridges」は昔、レンタルレコード(CDではない)で借りてテープで聴いてましたね~。でも正直「灯が消えるころ」(When the Lights Go Out)の印象はほとんどありません。さっきYoutubeで聴いてみましたが、ハイ、なかなかいい感じです。もうしばらく聴いてみて、和訳の神が降臨してきましたら記事にしてみたいと思います(^▽^;)。気長にお待ちください~。

No title

ありがとうございます!
では神様が降りてくるのを祈りつつ(笑) 、他の記事も楽しませていただきます。 ( ^ω^ )

全米トップ40の湯川れい子さん風に

はい、地面にしっかりあんよをつけて、星に手を差し伸ばして待っていてくださいねー笑。