I Can't Stop Loving You (Though I Try) / アイ・キャント・ストップ・ラヴィング・ユー (Leo Sayer / レオ・セイヤー)1978



So you're leaving in the morning
On the early train
I could say everything's alright
I could pretend and say goodbye

そしたら朝になったら
きみは行ってしまうんだね
早朝の列車に乗って…
すべて上手くいってるよって言おうか
平気なふりをしてサヨナラを言おうか

Got your ticket, got your suitcase
Got your leaving smile
I could say that's the way it goes
I could pretend
and you won't know that I was lying

切符を手にして
スーツケースも準備できたね
最後の笑顔を見せておくれよ
なるようになっただけさって言おうか
心を偽ってきみを送るよ
僕が嘘をついてるって
きみは最後までわからないのだろう

'Cause I can't stop loving you
I can't stop loving you
No, I can't stop loving you
Though I try

だってきみを
愛する気持ちが止まらない
この気持ちは止められない
いやだ
きみを愛する気持ちがとまらない
どんなに頑張ったところで…

Took a taxi to the station
Not a word was said
I saw you walk across the road

駅までのタクシーを拾ったよ
何も話さないでいたけれど
通りを横切るきみを見た

Maybe the last time, I don't know
Feeling humble, I heard a rumble
On the railway track
And when I hear the whistle blow
I walk away
and you don't know that I was lying

これで最後かもしれない わからないけど
みじめな気持ちで 列車が
ガラガラ動き出す音を耳にする
出発の汽笛が鳴ったら
僕は歩き出すんだ
きみは僕が心を偽ってるって
わからないんだ…

'Cause I can't stop loving you
No, I can't stop loving you
I can't stop loving you
Though I try

だってきみを
愛する気持ちが止まらない
この気持ちは止められない
いやだ
きみを愛する気持ちがとまらない
どんなに頑張ってもダメなんだ

'Cause I can't stop loving you
I can't stop loving you
No, I can't stop loving you
Though I try

だってきみを
愛する気持ちが止まらない
こんなに愛してるから
どんなに偽っても
きみを愛することは
やめられないんだよ…

Songwriters: OWENS, KIM L.
lyrics c Universal Music Publishing Group

humble=身分が卑しい 地味な
rumble=電車などがガラガラ走る(通る)

Released in
UK Single Chart#6
From The Album"Leo Sayer"

Leo_Sayer_-_Leo_Sayer.jpg

全米でアルバム"恋の魔法使い(Endless Flight)"の大ヒットの後、"Thunder In My Heart"はレオの魅力をさらに押し広げたようなアルバムでしたがさほどのヒットにはならず、レオは次はどうする・どうなるのかなとちょっと心配していました。でも、間髪空けずに発表された次作(1978年)のアルバムタイトルは…彼の名前のまんま!「Leo Sayer」でした。

◆通常、自分の名前をアルバムにするのはデビューアルバム以外は、会心作の場合だろうから、レオは自信持ってるのかな?と期待をしましたが…日本のレコード会社はそんな物語に封をして(!)、邦題は「面影は波にゆれて」。A-2に収録された「Dancing the Night Away」の邦題をアルバムにもつける暴挙に(^▽^;)。

600x450-2007070700015.jpg

でも東芝EMIさんもちょうどエリック・カルメンのソロ3rdアルバム「チェンジ・オブ・ハート」と発売時期が重なって…レオの「面影は波にゆれて」のプッシュ具合はだいたいこんな感じでした。
↓↓↓↓↓
「ミュージック・ライフ」1978年11月号
ericmusiclife.jpg

◆余り記憶がはっきりしてませんが、米では「Raining In My Heart」(最高位47位)、英ではこの曲「I Can't Stop Loving You」、そして日本では「Dancing The Night Away(面影は波にゆれて)」とシングルカット曲が違ったんじゃないかな。みんなA面の曲で、そう大きな違いのない(笑)「いい曲」なんだけど。

220px-I-cant-stop-loving-you-leo-sayer.jpg

◆レオは現役でライヴ活動も頑張っているようだ。日本にも来てくれないかな。

sfx132889.jpg

◆作者のビリー・ニコラスという人。音楽一家に生まれ、自分自身で曲を作り、歌い、他のミュージシャンのプロデュースもやるマルチな人のようです。特にThe Whoのメンバーとの親交も深く、なんとこの曲の作者でもありました!当時は気がつかなかったなあ。

(Roger Daltly)
Without Your Love / ウィズアウト・ユア・ラヴ(めった和訳はこちら
↓↓↓↓↓


◆Top Of The PopsのステージからLeo。
↓↓↓↓↓


◆フィル・コリンズが2002年にカバーしています。全米は76位、全英は28位でしたが、ドイツとフランスでは3位に!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Leo Sayer
・Wikipedia I Can't Stop Loving You(Though I Try)
・ROCK&POP PARK ビジュアルで楽しもう!! 理屈も知識もいらないロック&ポップスの黄金時代
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Thunder in My Heart / Leo Sayer CD, Import
レオ・セイヤー

512Rbqn5u-L__SX466_.jpg

"Thunder In My Heart"と"Leo Sayer"の2枚のアルバムが1枚のCDに。

関連記事

コメント

非公開コメント

レオセイヤー大好きでした。とてつもないハイトーンヴォイスとピエロのような風貌が実に衝撃的だったなア・・。;「恋の魔法使い」とは一転、低いキーで対照的な甘いメロディを物悲しく切実に歌い上げていた「遥かなる想い」(When I Need You )が一番素晴らししい。エルトンジョンやビリージョエル等と比較すると影が薄いかもしれませんが、パワーある声(男性にしては高音が伸びる独特の歌い方)、抜群に安定した音程などが素晴らしく、今も大好きなアーティストの一人です。
(PS)たまにはこちらの洋楽コーナーにも遊びに来てくださいね~。もう2~3ケ月も御無沙汰していると思います。

シンガー、レオ・セイヤー

RWさん、レオへの熱い想い、ありがとうございます。エルトン、ビリーはシンガー・ソングライターですが、レオはやっぱり「シンガー」。色んな曲を色んな声で歌い上げます。それが力強かったり、めめしかったり、優しかったり…。2015年もまだ現役で頑張ってるのを知って嬉しかったです。