Thunder Road / 涙のサンダー・ロード (Bruce Springsteen / ブルース・スプリングスティーン)1975



The screen door slams,
Mary's dress sways
Like a vision she dances across the porch
As the radio plays,

網戸をバタンと閉めると
メアリのドレスが風に揺れる
ラジオから音楽がかかると
彼女は踊りながらポーチを横切る
それはまるで妖精のように

Roy Orbison singing for the lonely
Hey that's me and I want you only
Don't turn me home again
I just can't face myself alone again

ロイ・オービスンの歌声が
淋しい者たちの心に響く
そいつは俺のこと 欲しいのはおまえだけ
俺をまた家に帰さないでくれ
再び独りになるのは耐えられないんだ

Don't you run back inside, darling
You know just what I'm here for
So you're scared and you're thinking
That maybe we ain't that young anymore

自分の殻のなかに駆け戻るなよ
なあ 俺が何故ここにいるかわかるだろ?
そうさ おまえは
俺たちはたぶんもう若くないって
恐れたり考えたりしてるんだよな

Show a little faith,
there's magic in the night
You ain't a beauty,
but hey you're alright
Oh, and that's alright with me

ちっとは俺のこと信じてくれよ
夜には魔法があるんだからさ
おまえは美人ってわけじゃないけど
おまえはそれでいいのさ
ああ それが俺にはちょうどいいんだよ

You can hide 'neath your covers
And study your pain
Make crosses from your lovers
Throw roses in the rain
Waste your summer praying in vain
For a savior to rise from these streets

おまえは自分の隠れ家に独り隠れて
心の痛みを冷静に分析したりできるし
恋人に誓いの十字を切っておいて
もらったバラの花束を
雨のなかに放り投げてしまうんだ
このストリートから救世主が立ち上がるのを
いたずらに祈りながら
ひと夏を無駄に過ごしたりしてしまう

Well now, I'm no hero,
that's understood
All the redemption I can offer,
girl, is beneath this dirty hood
With a chance to make it good somehow
Hey, what else can we do now?

なあ もはや俺はヒーローじゃないし
そんなことわかってるだろ?
俺が唯一約束できるのは
この薄汚いボンネットの下にあるもんで
どうにかして成功するチャンスを
作れるってことくらいなものさ
それ以外 いまの俺たちに何ができる?

Except roll down the window
And let the wind blow back your hair
Well, the night's busted open
These two lanes will take us anywhere

車のウィンドウを開けて
おまえの髪を風で後ろになびかせよう
そうさ 夜が突然終わって
二車線の道路が俺たちを
どこにだって連れて行ってくれる

We got one last chance to make it real
To trade in these wings on some wheels
Climb in back,
Heaven's waiting down on the tracks

夢を現実にする最後のチャンスなんだ
俺たちの傷ついた翼を
廻り続ける車輪に変えてもらうんだ
後ろの席に乗れよ
この道の向こうに天国が待ってるぜ

Oh oh, come take my hand
We're riding out tonight
to case the promised land
Woah oh oh, thunder road,
oh thunder road, oh thunder road

さあ 俺の手を取ってくれ
今夜 俺たちは車を飛ばすんだ
約束の地を確かめに行くんだ
ああ 雷の鳴り響く道
ああ サンダー・ロード
ああ サンダー・ロード

Lying out there,
like a killer in the sun
Hey I know it's late,
we can make it if we run
Woah oh oh, thunder road,
sit tight, take hold,
thunder road

目の前に横たわる俺たちの行く手
太陽の元で隠れもしない
それはまるで殺人者のようさ
もう遅いってわかってるけど
走っていけば大丈夫
ああ 雷が鳴り響く道
じっと座って
しっかりつかまってろ
サンダー・ロード

Well, I got this guitar,
and I learned how to make it talk
And my car's out back,
if you're ready to take that long walk
From your front porch to my front seat
The door's open but the ride,
it ain't free

そう 俺にはこのギターがある
こいつは話すことだってできるんだ
俺の車は裏に停めていて
おまえが家の玄関から俺の助手席へ
長い道を歩いてくる準備ができるなら
ドアは開いてる でも
乗るのはタダじゃないぜ

And I know you're lonely
For words that I ain't spoken
Tonight we'll be free
All the promises'll be broken

俺が語らなかった言葉のせいで
おまえを淋しくさせちまってるんだな
今夜 俺たちは自由になれるんだ
お決まりのことは
すべて破られることになる!

There were ghosts in the eyes
Of all the boys you sent away
They haunt this dusty beach road
In the skeleton frames of burned out Chevrolets

おまえが追い払ったガキども
そいつらの目のなかには亡霊が現れる
燃え尽きたシボレーの外枠の骸骨になって
ヤツらは
この埃っぽい海岸通りに出没するのさ

They scream your name
at night in the street
Your graduation gown lies
in rags at their feet
And in the lonely cool before dawn
You hear their engines roaring on

ヤツらは夜 ストリートでお前の名を叫ぶ
ヤツらの足元には
おまえのぼろぼろになった卒業式のガウン
そして夜明け前の淋しい冷気のなかで
ヤツらのエンジンがかかる音が聞こえるんだ

But when you get to the porch,
they're gone on the wind,

so Mary climb in
It's a town full of losers
I'm pulling out of here to win

でもお前が玄関ポーチに出てみると
ヤツらは風に乗って消えちまう

だから メアリ 隣に乗ってくれ
この街は負け犬でいっぱいなんだ
俺は勝つために ここを出ていくのさ!

(Writer Bruce Springsteen)

Screen door=玄関網戸
slam=バタンと閉める
sway=(前後・左右に)ゆすぶる,振り動かす
porch=ポーチ、屋根付き玄関
redemption=〔義務・約束の〕履行 償い
hood=米〉(自動車の)ボンネット
trade in=下取りしてもらう
case=調べ上げる
send away=追い払う
haunt=(幽霊などが)出没する
in rags=ぼろぼろにちぎれて

Released in 1975
From The Album"Born To Run"

born4.jpg

やっぱり、この曲がブルースで1番好きな曲だな。アルバム"明日なき暴走(Born To Run)"のオープニングを飾るナンバー"涙のサンダー・ロード(Thunder Road)"です。フックだのコーラスもない、曲のお決まりパターンではなく、物語がずっと続いて行く歌。ライヴもブルースと一緒に唄えます。

◆彼女の家の裏にオンボロ車を停めて、彼女の部屋を見上げてる男。彼女の部屋からラジオの音楽が流れてきた。ロイ・オービスンの"Only The Lonely".いまの俺にピッタリの曲。
おまえは俺の元に飛び込んできてはくれない。恋が怖くて自分の殻に閉じこもってしまうのか。愛してくれてると思っていたけど、次の日にはまるで嘘のようにそんな素振りも見せない。誰かヒーローが身近に現れることを待ち望んでいるんだろうか。

borntorun2.jpg

◆はっきり言っておくけど、俺はもはやおまえのヒーローにはなれない。でもおまえを連れておまえの髪の毛を風になびかせてどこまでも走っていくことはできる。これが最後のチャンス。勇気を持って俺の元に飛び込んできてくれ。
ああ 俺たちの行く道には雷が鳴り響いてる。しっかり俺に捕まってないと風に飛ばされちまうさ。

borntorun3.jpg

◆もしおまえが玄関ポーチを出て俺の助手席に来ない道を選んだとしたら…。昔の恋人やら、おまえがフッたガキどものがおまえの名をいつまでも呼び続け、おまえはその幻影から逃れることはできなくなってしまうだろう。でもおまえが俺のもとに来てくれるなら、そんな幻影どもはすぐさま消えちまう。さあ俺の助手席に来てくれ、俺は負け犬なんかじゃいたくない。勝利するためにいま旅立とうとしているんだ!

borntorunbruce5.jpg

◆この曲のトリビアを2つ。
(1)初期のバージョンではタイトルが"Wings for Wheels"でした。歌詞が"We got one last chance to make it real
To trade in these wings on some wheels"あたりに残っていますね。
(2)"Thunder Road"のタイトルは1958年のロバート・ミッチャムの映画「Thunder Road(死の驀走)」から取られたとのこと。スプリングスティーンは「観てないけど、この映画に影響された」と言っています。映画館のロビーに貼ってあったこの映画のポスターに影響されて詞を書いたようですね。(from the legendery Passaic, NJ, concert from 9-19-1978.)

220px-Thunder_road42.jpg

◆アルバムから"涙のサンダー・ロード".
↓↓↓↓↓


◆Filmed at Capitol Theatre, Passaic, NJ. 19-9-1978
↓↓↓↓↓


◆これはLive At Hammersmith Odeon '75.最後までドラムが入らずにブルースが歌い上げる。感動。
↓↓↓↓↓


◆ラジオから流れてきたのはこの曲。ロイ・オービスンの"Only The Lonely".
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Born To Run
・http://frankenschulz.de/bruce/songs/thunder-road.html
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Born to Run Import
ブルース・スプリングスティーン

borntorun1.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

アメリカの若者にウケますよね♪

ロバート・ミッチャムか……いいですねぇ~♪

私は"River"が一番好きかな?

"River"とか、この曲の歌詞見ると、アメリカの若者にウケるの、よく解りますよね。

サンダーロードいいですね~!70年代ロックシーン金字塔の一つ、ブルース・スプリングスティーンの衝撃的な名曲「明日なき暴走(Born To Run)」 (1975)を初めて耳にしたとき、鮮烈な印象を受け鳥肌の立つような興奮を覚えました。この疾走感と緊張感、これぞ「ロック」の真骨頂!グイグイ迫って来る力量あるブルースの激しいボーカル、それを支えるバンド演奏も実に素晴らしい~。クラレンス・クモンズの強烈サックスもこの曲に溢れる疾走感を一段と際立たせています。ブルース・スプリングスティーンは70年代中盤~80年代に活躍した米国を象徴するロックミュージシャンです。

彼女の名はメアリ

みけたまちびさん、この曲もthe Riverも歌詞に登場する女性の名前はメアリで共通してます。よくある普遍的な名前であるけれど、続編?生まれ変わり?など、想像が尽きません。こうしたこともブルースの人気のある一つの理由かもしれません。

アルバムの曲順

RWさん、解説ありがとうございます!この頃のブルースは若者のヒーローでしたね。アルバムではA面、B面ともに、トップに疾走感あるロック曲。ラストに聞かせる物語のバラード。絶妙な配置でした。