Love Is Thicker Than Water / 愛の面影 (Andy Gibb / アンディ・ギブ)1978



Love is, higher than a mountain
Love is, thicker than water
You are this dreamers only dream
Heaven's Angel, Devil's daughter

愛はどんな山よりも気高いのさ
愛はどんな水よりも濃いんだよ
夢見る僕にとって きみはただ一人のひと
天から舞い降りた天使なの?
それとも
悪魔から生まれた娘なの?

Save my mind,
Should I go with her on silent nights?
She'll drive me crazy in the end
And I should leave this paradise,
but I can't leave her
While I need her more than she needs you
that's what I'm living for

僕の心を救って
こんな静かな夜に彼女と一緒に
このまま歩いていっていいのかな?
最後には彼女に狂わされてしまいそうさ
この楽園を出ていくべきなんだろうけど
彼女から離れられないよ
彼女が僕を求めるより
もう僕がそれ以上彼女を必要としているんだ
そしてそれが僕の生きている証し

Love is, higher than a mountain
Love is, thicker than water
You are this dreamers only dream
Heaven's Angel, Devil's daughter

愛はどんな山よりも気高いのさ
愛はどんな水よりも濃いんだよ
夢見る僕にとって きみはただ一人のひと
きみは天から舞い降りた天使なの?
悪魔から生まれた娘なの?

Save my thought,
should I find out she don't care at all?
She'll leave me crying in the end
Wandering through the afterglow,
but I can't leave her
While I need her more than she needs you,
that's what I'm praying for

僕の想いを救ってよ
彼女が全然僕のこと気にかけてないって
僕はわからないといけないんだ
最後に僕は 彼女に泣かされたままになる
夕焼けのなかをさまよい歩くんだ
でも僕は彼女の元を離れられない
僕の方が彼女を必要としてるから
だから僕は祈っているのさ…

Love is, higher than a mountain
Love is, thicker than water
You are this dreamers only dream
Heaven's Angel, Devil's daughter

愛はどんな山よりも気高い
愛はどんな水よりも濃いんだ
夢見る僕にとって きみはただ一人のひと
きみは天から舞い降りた天使なの?
悪魔から生まれた娘なの?

Love is, higher than a mountain
Love is, thicker than water
You are this dreamers only dream
Heaven's Angel, Devil's daughter

愛はどんな山よりも気高い
愛はどんな水よりも濃いんだ
夢見る僕にとって きみはただ一人のひと
きみは天から舞い降りた天使なの?
悪魔から生まれた娘なの?

Songwriters GIBB, ANDY/GIBB, BARRY ALAN
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

Released in 1978
US Billboard Hot100#1
From The Album"Flowing Rivers"

Andy-Gibb-Love-Is-Thicker-T-206811.jpg

「恋のときめき(I Just Want To Be Your Everything)」に続く、アンディの2nd シングル"Love Is Thicker Than Water"も全米1位になりました!時はまさにディスコブームのなかで、"サタデー・ナイト・フィーヴァー"でビー・ジーズの人気が絶頂に。ギブ兄弟の末っ子、アンディもこのあとの"Shadow Dancing"(7週連続No1)とデビューから3曲連続のNo1ヒットを出していきます。

◆当初はアンディのデビュー曲はこっちの"Love Is Thicker Than Water"を予定していたようですね。直前に変更されたということなのですが、何でなのかな。バリーとアンディの曲作り合宿(!)がバミューダで行われ、両曲ともにそこで作られたといいます。アンディは当時オーストラリアに住んでいたので、2週間の間に行ったり来たりしたそうです。

◆この曲のクレジットは、アンディとバリーの共作になっています。でもアンディ曰く「この曲は完全にバリーの曲さ」と言います。ん?じゃ、なんでアンディの名前が作者のクレジットに出てるんだろう?
その答えがウィキペディアに出ていました!

:僕は1曲だけバリーと一緒に曲を作ったんだよ。アンディはこう言います。「'Thicker Than Water'ってタイトルがいいな!って思ったんだよ」
「この曲のクレジットが 'B. & A. Gibb'となっているけど、この曲は本当はバリーの曲さ。バリーと一緒に曲を作るのは大変なことなんだ。でも彼はこう言ったんだよ。"いいタイトルを付けたいから考えてくれ"ってさ」
「バリーは始めにしばらくタイトルを考えていたんだけど、いい考えが浮かばなかったようなんだ。僕らは一緒にタイトルを考えて、曲を書くのにバリーになにかインスパイアするものがないかなと思ったのさ。そこで僕は"Thicker Than Water"ってのはどうだい?って聞いてみたんだ。そのときはただの"Thicker Than Water"だけで"Love Is"ってのは頭に付かなかったんだよ。バリーは"そいつはいいね!"と言って、 'Love is higher than a mountain'って歌詞も思いついたんだ。彼はそこから曲を完成させていったんだけど、タイトルだけは僕のアイデアだったんだよ」


◆英語のことわざで"Blood Is Thicker Than Water"というものがあります。ウィキペディアによれば"親子・兄弟姉妹などの血縁のある間柄は、他人よりも絆が強いことの喩え"ですね。英語圏の人だったら、この曲のタイトルを聞いて、ことわざのもじり、アンディもシャレてるなと思ったことでしょうね。

◆当初、アルバムではこの曲のタイトルは"愛は強し"でした。第二弾シングルのリリースにあたって"愛の面影"に変わったんですね。また英語のタイトルでは"Love Is"に括弧がついて表記されるものもあります。これは、エピソードにあったように、当初は"Love Is"がついてなく、"Thicker Than Water"だった(アンディのアイデアでは)ことによるのかな。

aihatsuyoshi.jpg

◆最後にこの曲のギターはジョー・ウォルシュが弾いている!なんでもこの曲のレコーディング最中に、ジョーが近くのスタジオでレコーディングしていたのを聞いてプロデューサーが招待したらしいですよ!レコーディングしていたというのは「ロスからの蒼い風(But Seriously, Folks...)」だろうな!→「この人生にかけて(Life's Been Good)」はこちら!

Joe_Walsh_-_But_Seriously_Folks.jpg

◆この曲のシングルジャケット特集。一番上のものは…ちょっとアンディの胸毛を強調しすぎなのでは(-_-;)
220px-Andy_Gibbq_(2).jpg

24117517.jpg

andyloveis.jpg

◆"愛の面影"が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 4th March, 1978

トップ10にビー・ジーズが3曲。バリー・ギブ作の曲が5曲(1,2,4,5,10位)。スゴいチャートですね!そんななか、3位に食い込んだ、ダン・ヒル「ふれあい」に拍手!

-1 2 (Love Is) THICKER THAN WATER ??? Andy Gibb
-2 1 STAYIN’ ALIVE ??? The Bee Gees
-3 4 SOMETIMES WHEN WE TOUCH ??? Dan Hill
-4 5 EMOTION ??? Samantha Sang
-5 8 NIGHT FEVER ??? The Bee Gees
-6 6 DANCE, DANCE, DANCE (Yowsah, Yowsah, Yowsah) ??? Chic
-7 9 LAY DOWN SALLY ??? Eric Clapton
-8 3 JUST THE WAY YOU ARE ??? Billy Joel
-9 11 I GO CRAZY ??? Paul Davis
10 10 HOW DEEP IS YOUR LOVE ??? The Bee Gees

◆スタジオで歌うアンディ。
↓↓↓↓


◆このビデオは面白いな!ABBAとオリビアとアンディがビーチ・ボーイズの曲を一緒に歌います。曲は "Help Me, Rhonda" と"Barbara Ann"。
↓↓↓↓


◆アンディの歌う"愛はきらめきの中に(How Deep Is Your Love)"。1984年のチリでのライヴです。
↓↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Love Is Thicker Than Water
・Wikipedia Blood Is Thicker Than Water
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1988下(音楽之友社)
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Flowing Rivers Import
Andy Gibb

220px-Flowing_Rivers.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

デビュー曲の恋のときめきは19歳の初々しさが感じられて、この曲が大人になる
2曲目で正解ですね。
しかし。。アンディの動画をみると
夭折がつくづく惜しまれます。
今、生きていても還暦くらいですよね。
生きていればきっと大人の歌を歌っていることでしょうね。

タキシード着たアンディの

アモーレさん、確かに。アンディはTop of the PopsのMCもしてたので、たくさんの司会をしてる動画が観ることができますね。還暦を迎えたタキシード着たアンディのエンタテインメントショー、観てみたいですね(泣)

またもや

めったさん、こんにちは
前回、RSO全盛期に一矢を報いた、元Fleetwood MacのBob Welchにコメントさせていただきましたが、当時から渋好み、だったわけではなく、実際はAndy Gibbの衝撃のデビュー曲(‘77年夏の陣?!)からAndy Gibbの大ファンになり、本気でファンクラブに入ろうかと悩んだほどでした。19歳とは思えぬ、ボーカル、ルックス、おまけに司会もこなすし、ジェントルマン!美人薄命?ならぬイケメン薄命でした。
ところで再来週日曜日(21日)午後に、横田基地近くに先月オープンしたバーで洋楽アナログ好きが集まる会があります。父の日、しかも福生!(最寄りは東福生)でも70‘s80‘sのLP12000枚コレクション、まさに図書館ですね。ドリンクフリー、ピザ、パスタで3600円会費です。いかがでしょうか?(FENでAT40知った私としては遠いですが参加します♪)

イケメン薄命

Cherryさん、ほんとにアンディはイケメン薄命でしたね。いずれ誰もがこの世を去る運命で、亡くなるときは兄弟上から順番にとはなりませんが、末っ子から、、、というのはキツイ想いだったでしょうね。訃報は信じられなかったです。お誘いいただきありがとうございます!しかし、出張帰りは、かつ遠い(*_*)。またまたごめんなさいです。m(__)m。