Deep Inside My Heart / ディープ・インサイド・マイ・ハート (Randy Meisner / ランディ・マイズナー)1980



I stayed up all night
Waiting for you to call
But something ain't right
Night after night
I get lonely

夜通し起きてたのさ
きみからの電話を待っていて
でも何かが上手くいかなくて
毎晩毎晩
ひとりぼっちの夜が続いてる

It's been awhile
Since I've seen that look in your eyes
Now that you're gone
I can't go on
Without you

だいぶ経ってしまったよ
以前はずっときみの瞳を見ていたのに
いま きみはもういない
僕はやっていけない
きみがいない毎日なんて

Deep inside my heart
I had a feelin' right from the start
You didn't love me
Deep inside my heart
I had a feelin' you tore apart
You didn't want me
Like I wanted you

僕の心の奥深くに
最初から思ってたのさ
きみは僕を愛してないんじゃないかって

僕の心の奥底に
きみが引き裂いた想いがあった
きみは僕を求めていない
僕がきみを求めてるようにはね

I turned out the light
I tossed and I turned until dawn
I couldn't sleep
And just couldn't keep
From cryin'

部屋の灯りを消して
僕は夜明けまで寝返りを打つのさ
眠ることなんてできやしない
涙を抑えることなんて
僕にはできないんだよ

I'll never learn
Whatever I do I get burned
You went away
Now I face the day
Without you

僕にはわかりそうもない
どんなことがあっても
僕は火傷をしてしまうのさ
きみが出ていってしまい
いま僕は きみなしの
毎日を送ってるのさ

Deep inside my heart
I had a feelin' right from the start
You didn't love me
Deep inside my heart
I had a feelin' you tore apart
You didn't want me
Like I wanted you

僕の心の奥深くに
最初から思ってたのさ
きみは僕を愛してないんじゃないかって

僕の心の奥底に
きみが引き裂いた想いがあった
きみは僕を求めていない
僕がきみを求めてるようにはね

Writer(s): Randy Meisner, Eric Kaz

toss and turn= 寝返りを打つ

Released in 1980
US Billboard Hot100#22
From The Album"One More Song"

Randy_Meisner_-_One_More_Song.jpg

 たった一人のイーグルス…暮れなずむ街に今、一羽の荒鷲が空をめざす。その翼は栄光に満ちて軽く、そして偉大だ…(この曲の国内盤シングルのキャッチフレーズ)
イーグルスのベーシストだったランディ・マイズナーのソロとしての初めてのヒットがこの曲"Deep Inside My Heart"です。

◆ランディは"Hotel California"リリースのあとでイーグルスを脱退。1978年にすでに初のソロ・アルバムを出していますが、このアルバムではイーグルス時代にランディがボーカルでヒットさせた「Take It To The Limit」のセルフカバーの印象が強く、僕はFMでエアチェックしたと思うけど、なんかすぐに消してしまった記憶があります。
でもその2年後のセカンド・ソロ・アルバムとなった"One More Song"はランディが肩の力を抜いて曲を作ったのかなと思える楽しいPopなウエスト・コースト・サウンドがいっぱいでした。この曲が全米22位、次のシングル"Hearts On Fire"が全米19位と、AT40のチャートでも元気なところを見せてくれて嬉しかったです!

・日本では"Deep Inside My Heart"と"Heart's On Fire"が両A面シングル!

Randy-Meisner-Deep-Inside-My-He-597626.jpg

◆この曲歌詞は…たいしたことない(ゴメンナサイ)けど、ランディの女性ボーカルとの掛け合いのコーラスがいいんです!そしてその女性ボーカルとは…キム・カーンズ!冒頭のライヴ動画でピンクのシャツを着てる方の女性です。この"かすれ声"がたまらないですね(!)。キムは例の大ヒットを飛ばす一年前の出来事ですね!

◆ランディとこの曲を共作した"Eric Kaz"。リンダ・ロンシュタッドを始めとして数々のアートストに唄われる"Love Has No Pride"、マイケル・ボルトンの名曲 "That's What Love Is All About"の作者です。

◆"Deep Inside My Hearty"が最高位22位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For Week Ending December 6, 1980

ケニー・ロジャースの"Lady"が強く、レオの久々のヒット"星影のバラード"は残念ながら2位止まりに。クイーン、ニール、ブルースなど名曲が多いが、何と言っても6位のジョン・レノンの「スターティング・オーバー」にご注目。このチャートの日付は12/6。この2日後の夜、ダコタ・ハウスの前で…(泣)。

-1 1 LADY –•– Kenny Rogers
-2 6 MORE THAN I CAN SAY –•– Leo Sayer
-3 4 ANOTHER ONE BITES THE DUST –•– Queen
-4 2 WOMAN IN LOVE –•– Barbra Streisand
-5 7 MASTER BLASTER (Jammin’) –•– Stevie Wonder
-6 8 (Just Like) STARTING OVER –•– John Lennon
-7 9 LOVE ON THE ROCKS –•– Neil Diamond
-8 11 HUNGRY HEART –•– Bruce Springsteen
-9 5 I’M COMING OUT –•– Diana Ross
10 10 DREAMING –•– Cliff Richard

22 25 DEEP INSIDE MY HEART –•– Randy Meisner

◆Randy Meisner - Hearts On Fire.この曲も好きだなあ。
↓↓↓↓↓


◆アルバムタイトル曲"One More Song".名曲です。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia One More Song
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
One More Song/Randy CD, Import
ランディ・マイズナー

2ndソロアルバム「One More Song」と3rdソロアルバム「紺碧のハイウェイ(Randy Meisner)」の2in1のCDです。1220円とはお買い得◎!

51fpGde1xCL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント