Being With You / ビーイング・ウィズ・ユー (Smokey Robinson / スモーキー・ロビンソン)1981



I don't care what they think about me
And I don't care what they say
I don't care what they think if you're leaving
I'm gonna beg you to stay

そんなことかまわないんだ
誰にどう思われようと
誰にどう言われようと

僕は気にしてないんだ
みんなきみが出ていくって思ってても
そしたら僕は
きみに"行かないでくれ"って懇願するよ

I don't care if they start to avoid me
I don't care what they do
I don't care about anything else
But being with you,
Being with you

そんなこと気にしないんだ
みんなが僕のこと避け始めても
みんなが何しようとね
僕は何だって気にしないんだ
僕はきみのそばにいたいだけ
きみのそばにいられればいいんだから

Honey don't go,
Don't leave this scene
Be out of the picture and off of the screen
Don't let them say, "We told you so"
They tell me you love me and then let me go

ねえ 行かないでくれよ
僕の目の前から出ていかないで
視界から消えて
スクリーンをオフにしないでよ
連中に"ほら言った通りさ"なんて言わせない
ヤツらはきみは僕を愛してるけど
出ていっちゃうって言うんだよ

I've heard the warning voice
From friends and my relations
They tell me all about your heart-break reputation

友達や親戚からだって
気をつけろよって何度も言われたし
みんなきみの過去の恋愛話を
僕にすべて吹き込んでくるんだ

I don't care what they think about me
And I don't care what they say
I don't care what they think if you're leaving
I'm gonna beg you to stay

僕はかまわないんだ誰にどう思われようと
誰にどう言われようと
僕は気にしてないんだ
みんなきみが出ていくって思ってても
そしたら僕は
"行かないでくれ"って懇願するだけさ

I don't care if they start to avoid me
I don't care what they do
I don't care about anything else
But being with you,
Being with you

そんなこと気にしないんだ
みんなが僕のこと避け始めても
みんなが何しようとね
僕は何だって気にしない
僕はきみのそばにいたいだけ
きみのそばにいたいだけなんだ

People can change,
They always do
Haven't they noticed the changes in you
Or can it be that like love I am blind
Do I want it so much
'til it's all in my mind

人の気持ちは変わるもの
いつだってそうなんだ
なのにみんな
きみが変わったことに気づかないんだろ?
いやそれとも僕が恋に盲目になっているの?
きみのことしか考えられなくなるまで
あまりにもいっぱい
きみを求めてしまうのかな?

One thing I know for sure
Is really really real
I never felt before
The way you make me feel

僕がわかるただ一つのことは
ほんとにほんとの話なんだ
こんなに感じたことはなかったんだよ
きみのように
僕の心を震わせてくれたことは

I don't care what they think about me
And I don't care what they say
I don't care what they think if you're leaving
I'm gonna beg you to stay

僕はかまわないんだ誰にどう思われようと
誰にどう言われようと
僕は気にしてないんだ
みんなきみが出ていくって思ってても
そしたら僕は
"行かないでくれ"って懇願するだけさ

I don't care if they start to avoid me
I don't care what they do
I don't care about anything else
But being with you, being with you
Being with you, being with you

誰が僕を避け始めたって
誰が何をしたって
何だってかまわないのさ
僕はきみといたいだけ
きみのそばにいたいだけ
きみの近くに
きみの隣にいたいだけなんだ

I don't care about anything else
But being with you, being with you
I want to be with you

何だってかまわない
きみのそばにいたい
きみのそばにいさせておくれよ

Songwriters Robinson, Smokey
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1981
US Billboard Hot100#2
From The Album"Being With You"

220px-Smokey_being_with_you.jpg

"きみのそばにいたいだけ"と歌うこの曲"Being With You"は全米チャート(ビルボード)では最高位2位の曲でした。そして、この曲の首位を阻止したのがキム・カーンズの大ヒット曲「ベティ・デイヴィスの瞳」でした!

◆この週のチャートです。
US Top 40 Singles Week Ending May 23, 1981

-1 1 BETTE DAVIS EYES ??? Kim Carnes
-2 3 BEING WITH YOU ??? Smokey Robinson
-3 2 JUST THE TWO OF US ??? Grover Washington Jr.
-4 4 ANGEL OF THE MORNING ??? Juice Newton
-5 14 MEDLEY: INTRO VENUS/SUGAR SUGAR/NO REPLY/I’LL BE BACK/DRIVE MY CAR/
DO YOU WANT TO KNOW A SECRET/WE CAN WORK IT OUT/I SHOULD HAVE KNOWN
BETTER/NOWHERE MAN/YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL/STARS ON 45 ~Stars On 45


◆キムの1位、スモーキー2位は翌週も変わらず。この週のチャートを紹介する際に全米トップ40でケーシー・ケイスンもこう言ったそうです。:

:さあ、スモーキーの2位とキムの1位は今週も変わらなかったけど、この2曲の偶然の関係について説明しようかな。キムの過去のヒット曲である「More Love」はスモーキーの過去のヒットのリメイクしたものだよね。スモーキーもキムの「モア・ラヴ」はたいそう気に入ったようだよ。だからスモーキーはキムに新しい曲をプレゼントしようとして書いたのがこの曲"Being With You"なんだって。でもこの曲のスモーキーのデモを聴いたマネージャーはスモーキーに"この曲はきみ自身が歌うべきだよ"って言ったんだ。そして"Being With You"はスモーキーが歌ったんだよ。皮肉なことにキムのために書いた曲がそのキム自身によって1位になるのを阻止されてしまった…!って話さ。

…面白いエピソードですね!スモーキーとキム自身がこのことをどう思っているのかを聞いてみたいな!(^^)

BeingSmokey.jpg

◆スモーキー・ロビンソンは、ミラクルズ時代に「涙のクラウン(Tears Of A Crown)」のNo1ヒットを出していますが、結局ソロ名義ではNo1ヒットを出してないんだよな…。(ビルボードチャートでは最高位2位。でもキャッシュ・ボックスのチャートでは1位になってます!)

◆そのほかにこの曲のエピソードとしては…
(1)モータウンの社長のベリー・ゴーディは当初はこの曲をそんなに気に入ってなかったのですが、いざチャートを昇り始めたら、かなりのプロモーションをかけてプッシュしたようですね。(でも"ベティ・デイヴィス"はそれよりも強かったんですね!)

(2)この曲のプロデューサーはGeorge Tobinという人。キムの"More Love"も彼のプロデュースによるものでした。そのほかにもRobert Johnのカムバック・ヒット"Sad Eyes"もGeorgeもGeorgeのプロデュース。そんなわけで、"Being With You"には、スモーキーの奥様のClaudetteとRobert Johnが参加しています!

◆スモーキー2004年のステージから。
↓↓↓↓↓


◆Live At Daryl's Houseより(ダリル・ホールと一緒に歌います!)なかなかいいな。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Being With You
・Being With You Songfacts
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ビーイング・ウィズ・ユー(紙ジャケット仕様)
スモーキー・ロビンソン

220px-Smokey_being_with_you.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

歌詞の評価

スモーキーの歌詞の評価って高いじゃないですか……韻を踏んでいるから?

私は口語ってよく理解できないので(文語も怪しいですが(^_^;))、めったさんの訳を拝見して「なるほど…」ってな感じで理解させて頂いています。

まぁ、スモーキーの歌詞は中身があるわけではないので(笑)、彼の甘ったるい声とこの曲はマッチしていると思います。

スモーキーの歌詞

みけたまちびさん、コメントありがとうございます。スモーキーの歌詞を訳したのは…初めてかな。ミラクルズやソロだけでなく、"More Love"や"Ooh Baby Baby"もいずれ訳したいですね。