Pink Houses / ピンク・ハウス (John Mellencamp / ジョン・メレンキャンプ)1984



There's a black man with a black cat
Living in a black neighborhood
He's got an interstate
running' through his front yard
You know, he thinks, he's got it so good

黒い猫を抱いた黒い肌の男
住んでいるのは黒人地区
家の前に広がる光景には
高速道路が横切ってるんだ
わかるだろ?
ヤツはそれで満足してるのさ

And there's a woman in the kitchen
cleaning' up evening slop
And he looks at her and says:
"Hey darling, I can remember
when you could stop a clock"

キッチンに立つ女
晩御飯の食べ残しを片付けてる
ヤツは彼女を見て言うのさ
"ヘイ ダーリン 俺は覚えてるさ
お前が時を止められたことをね"

Oh but ain't that America,
for you and me
Ain't that America,
we're something to see baby
Ain't that America,
home of the free, yeah
Little pink houses for you and me,
oh for you and me

ああ それがアメリカの暮らし
お前や俺の日常なんだ
それがアメリカってヤツさ
俺たちはそれでいいじゃないか
それがアメリカってもんさ
自由な暮らしを送ってるんだ
狭くて小さいピンクのショットガンハウス
それがおまえと俺の住む家さ
おまえと俺の家

Well there's a young man in a T-shirt
Listenin' to a rock 'n' roll station
He's got a greasy hair, greasy smile
He says:
"Lord, this must be my destination"

それからTシャツを着た若者がいる
ロックン・ロールのラジオ放送を聴いてる
髪はグリースで固めて
人なつこく笑ってるんだ
そして こう言う
"神様、これが俺の運命に違いない"
ってさ

'Cause they told me,
when I was younger
Sayin'
"Boy, you're gonna be president"
But just like everything else,
those old crazy dreams
Just kinda came and went

だって小さい時に
言われたもんさ
"お前は大統領になれるんだ"ってな
でも すべてのものが
よくある馬鹿げた夢物語なんだ
夢を見ては消えちまうのさ

Oh but ain't that America,
for you and me
Ain't that America,
we're something to see baby
Ain't that America,
home of the free, yeah
Little pink houses,
for you and me, oh baby for you and me

ああでも それもアメリカってもんさ
おまえと俺の暮らしはね
それがアメリカなんだよ
俺たちはそれで満足してるんだ
それがアメリカ流なんだ
自由があればいいじゃないか
ちっちゃなピンクの家があればさ
おまえと俺の大切な場所
おまえと俺の…

Well there's people and more people
What do they know, know, know
Go to work in some high rise
And vacation down at the Gulf of Mexico
Ooo yeah

ああ 人々が生きてる 沢山の人がいる
みんな何を知ってるんだ?
高層ビルに働きに出かけ
休暇はメキシコ湾で過ごすんだ
Ooo yeah

And there's winners,
and there's losers
But they ain't no big deal
'Cause the simple man baby pays the thrills,
The bills and the pills that kill

勝者もいれば
敗者もいる
そんなのたいしたことじゃない
だって ごく普通の人間は
スリルを味わい
金を払って 楽しいことをするんだ

Oh but ain't that America,
for you and me
Ain't that America,
we're something to see baby
Ain't that America,
home of the free, yeah
Little pink houses
for you and me, ooo, ooo yeah

ああ アメリカで生きていくこと
お前や俺の人生なんだ
それがアメリカの暮らしさ
俺たちはそれでいいじゃないか
それがアメリカってもんさ
自由な国なんだ
狭くて小さいピンクのショットガンハウス
それがおまえと俺の住む家さ
おまえと俺の家

Ain't that America,
for you and me
Ain't that America,
hey we're something to see baby
Ain't that America,
oh the home of the free,
Yeah yeah yeah yeah yeah yeah yeah
Little pink houses
babe for you and me,
ooo yeah ooo yeah

それがアメリカの暮らし
俺たちのピンク・ハウス
小さいけどそれが俺たちの家なんだ…

Songwriters Mellencamp, John
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

interstate=州間高速自動車道
slop=残飯
something to see= 何か見るもの、見る価値があるもの
high rise=高層建築
Kill=大いに楽しませる.

Released in 1984
US Billboard Hot100#8
From The Album"Uh-Huh"
(天使か悪魔か)

61DoxM60BEL__SX355_.jpg

荒削りなボーカルを聴かせるジョン・クーガー。いや、この曲の入ったアルバム「天使か悪魔か」からは本名の"ジョン・メレンキャンプ"と名乗ったんだな。

◆アメリカとアメリカで暮らす自分達を歌ったこの曲。当初"ピンク・ハウス"ってタイトルはあっち系(^▽^;)を想像したのですが、これは"ピンク色をしたショットガン・ハウス"のこと。

shotgunflickr.jpg

:ショットガンハウス(英語:shotgun house)は、アメリカ合衆国南部に多数建設された、狭小な長方形平面を持つ住宅形式である。
・もともと中流階級の需要を受けて建設されたものであったが、20世紀の中ごろには貧困層のシンボルとなった。
・3~5室が一列に配される平面構成となっており、廊下や玄関ホールなどを有しない。
?玄関からショットガン(散弾銃)を撃つと、その弾丸(散弾)は各室の同じ側に設けられたドアを通って住宅を貫通し、裏口から外に飛び出すという意味で用いられた。


◆ローリングストーン誌のインタビューによるとこの曲の書かれた背景を次のように言っています。

:この曲はインディアナ州のブラウンズタウンの農家で録音された。メレンキャンプが空港から家に帰るために運転しているときに閃いた。ピンク色のショットガン・ハウスの前に黒人の男が子猫を抱いていた。目の前には高速道路があって落ち着かない感じだったけど、俺に手を振ってきたんで俺も振り返したのさ。それが"ピンク・ハウス"を書くきっかけになった。

でも、ジョンはこの曲の最後の歌詞が気に入らないでいるようですね。本当はどうしたかったのかな?

:メレンキャンプはこの曲のリリース後、何度となくfinal verseが気に入らないと話しています。2014年にも"ずいぶん前に"Pink House"って曲を書いたんだけど、今耳にするといつだって"あああの最後の部分になんでもっといい歌詞を書けなかったのかなって思うよ。今書き直せるなら、もっと意味のあることをかけるんだけど。"


◆PVもアメリカの様々な風景が出てきますね。ジョンもお花畑で歌い踊ります。この曲、大統領の選挙戦のテーマソングで使われたりしました。今ではこの曲はジョンの代表曲の1曲になっています。

220px-Pinkhouses45.jpg

◆"Pink Houses"が最高位8位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending Februry 11, 1984

"カーマは気まぐれ"が1位。"ジョアンナ"にも1位になってほしかったのですが、5位のヴァン・ヘイレンが翌週ジャンプ!して追い抜かれてしまいます。ピンク・ハウス"は最高位8位は1週のみでした。

-1 1 KARMA CHAMELEON –•– Culture Club
-2 4 JOANNA –•– Kool & The Gang
-3 3 TALKING IN YOUR SLEEP –•– The Romantics
-4 2 OWNER OF A LONELY HEART –•– Yes
-5 11 Jump –•– Van Halen
-6 8 THAT’S ALL –•– Genesis
-7 7 RUNNING WITH THE NIGHT –•– Lionel Richie
-8 10 PINK HOUSES –•– John Cougar Mellencamp
-9 9 THINK OF LAURA –•– Christopher Cross
10 6 I GUESS THAT’S WHY THEY CALL IT THE BLUES –•– Elton John

◆John Mellencamp - Pink Houses (Live at Farm Aid 2005)
↓↓↓↓↓


◆Billy Joel feat. John Mellencamp - Pink Houses 2011
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Pink Houses
・ウィキペディア ショットガン・ハウス
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Uh-Huh
ジョン・クーガー・メレンキャンプ

John mellen


関連記事

コメント

非公開コメント