Daniel / ダニエル (Elton John / エルトン・ジョン)1973



Daniel is traveling tonight on a plane
I can see the red tail lights heading for Spain

ダニエルは今夜旅立つんだ 飛行機に乗って
スペイン行きの飛行機
尾翼のライトが赤々と光ってるのが見える

And I can see Daniel waving goodbye
God it looks like Daniel,
must be the clouds in my eyes

それからダニエルがじゃあな…って
手を振る光景が見えるんだ
ああでも ダニエルのように見えるけど
僕の目が涙で曇ってるにちがいない

They say Spain is pretty
though I've never been
And Daniel says it's the best place
that he's ever seen

“スペインはいいところだ”って
そうみんなが言うね
僕は行ったことないけれど
ダニエルはこう言うんだ
“今まで見たこともない最高の場所さ”って

He should know,
he's been there enough
Lord I miss Daniel,
oh I miss him so much, oh

ダニエルはわかってるはずさ
ほんとはもう行かないでもいいんだってことを
ああ 僕はダニエルが恋しいよ
彼に行ってほしくないんだ…ああ

Daniel my brother
you are older than me
Do you still feel the pain
of the scars that won't heal?
Your eyes have died
but you see more than I

Daniel
you're a star in the face of the sky

ねえダニエル
僕の年上の兄さん
まだ癒えない傷が痛むかい?
瞳は失明しちゃったけど
僕なんかより色んなものが見えるはずさ

ねえダニエル
僕にとって兄さんは空にまたたく星なんだ…

Oh Daniel my brother
you are older than me
Do you still feel the pain
of the scars that won't heal?
Your eyes have died
but you see more than I

Daniel
you're a star in the face of the sky

ねえダニエル
兄さんはずっと僕の兄さんでいてね
まだ痛むのかい?
傷がなかなか癒えないんだね…
その目失明しちゃったけど
兄さんは僕なんかよりも見えるはずさ

ねえダニエル
僕にとって兄さんは
空にまたたく星なんだ…

Daniel is traveling tonight on a plane
And I can see the red tail lights heading for Spain

And I can see Daniel waving goodbye
Oh it looks like Daniel,
it must be the clouds in my eyes
Oh God it looks like Daniel,
it must be the clouds in my eyes

ダニエルは今夜旅立つんだ 飛行機に乗って
スペイン行きの飛行機
尾翼のライトが赤々と光ってるのが見える

それからダニエルがじゃあな…って
手を振る光景が見えるんだ
ああでも ダニエルのように見えるけど
僕の目が涙で曇ってるにちがいない

ああ ダニエルの姿のように見えるけど
僕の目がきっと涙で曇っているんだよ…

Songwriters JOHN, ELTON / TAUPIN, BERNIE
Lyrics © Universal Music Publishing Group

Released in 1973
US Billboard Hot100#2
From The Album
“Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player”
(ピアニストを撃つな)

Daniel Japan Jacket

“春の陽ざしに、エルトンの歌とピアノがますます冴えわたったニュー・ヒット!!”
これは「ダニエル」の日本での発売当初のシングルジャケットのうたい文句です。
エルトンの曲のなかでもこの“ダニエル”は中学生のときには耳にしていて、“弟がスペインに行こうとしている兄にたいして歌った歌”と解釈していました。間違いではないけれど、その背景を知ってちょっとビックリした思い出があります。

◆この曲のウィキぺデイアより:

:「『ダニエル』は僕らが作った曲の中で『最も誤解されている歌』」だとバーニーは『トゥー・ルームス』の中で釈明した。「これはベトナム戦争から帰還して故郷テキサスの小さな町に戻ってきた男の話なんだ。町の人々は彼が帰って来ると歓声を上げて迎え、あたかもヒーローの様に扱った。だけど彼はただ単純に家に帰り、元の農場で働きたかっただけで、出征する以前のような生活に戻ろうと・・・という内容さ。僕は戦争から帰還した人達を思いやる何かを書きたかったんだ。」


Webサイトにある、この曲についてのQ&Aから

:“ダニエル”はベトナム戦争が終わって故郷に戻ってきた盲目の男を主人公にした創作の話である。誰もが彼をヒーローにしようとしたが、彼は一人になりたかった。だから彼はそんな状況からスペインに逃げ出そうとした。この曲の歌詞は、兄を慕っていて、兄が帰ってくることをずっと待っていた弟の目線から書かれている。
 これは本当の話ではなく、故郷に帰って来た戦争で負傷した兵士が経験するただの物語であるが、この曲を作詞をしたバーニーは。70年代初期に見た報道ニュースからインスパイアされたと言っている。


220px-Elton_John_Daniel(2).jpg

◆弟が兄“ダニエル”について想いを綴った曲であるのは間違いないのですが、兄はベトナム戦争で傷つき失明し、そして待ち焦がれた故郷に帰ることができました。おそらく壮絶な経験もしたし、思い出したくない記憶があるのでしょう。落ち着いて農場で働きたかっただけなのに、故郷に凱旋した彼はヒーロー扱い。元の故郷で暮らすという夢はかなわずに、スペインに旅立つという想いはどんなものだったのでしょうか。またこの曲の主人公の弟の想いも…?年がいくつ離れているかは不明なのですが、めった和訳(意訳)としては、ダニエルと弟は10歳くらい年の離れた兄弟として設定しました。

◆またこの曲のSongfactsにあったのですが、バーニーの作った歌詞には3番がありました。この3番にダニエルがベトナムからの帰還兵であり、故郷に帰ってきても心の平穏が得られずスペインに行くことにした等の、この歌詞の物語のあらましが書かれていたそうです。でも曲をつけたエルトンが「長い曲になっちゃうから」という理由でカットをしました。バーニーはそれを特に不満ということはなく、“都市伝説(an urban legend)ってことでいいじゃない?”としたそうです。~知りたくてネットでいろいろ検索しましたが…わかりませんでした!

◆最高位は2位。この曲の1位を阻止した曲は何だったのでしょう?

ムムっ…ポールの「マイ・ラヴ」か~。名曲どうしの争いだったんだな~。“My Love”は翌週も1位(2週連続)でしたが、“Daniel”は4位に転落してしまいます。

US Top 40 Singles Week Ending 2nd June, 1973

-1 2 MY LOVE –•– Paul McCartney and Wings
-2 3 DANIEL –•– Elton John
-3 1 FRANKENSTEIN –•– The Edgar Winter Group
-4 6 PILLOW TALK –•– Sylvia
-5 4 TIE A YELLOW RIBBON ROUND THE OLE OAK TREE –•– Dawn Featuring Tony Orlando
-6 5 YOU ARE THE SUNSHINE OF MY LIFE –•– Stevie Wonder
-7 12 I’M GONNA LOVE YOU JUST A LITTLE MORE BABY –•– Barry White
-8 7 LITTLE WILLY –•– The Sweet
-9 10 HOCUS POCUS –•– Focus
10 14 PLAYGROUND IN MY MIND –•– Clint Holmes

◆1973年、この曲のリリース当時のライヴ映像です。
↓↓↓↓


◆ファン(20年前に交通事故で亡くなってしまった友達「ダニエル」のために)のリクエストに応えて「ダニエル」を演奏するエルトン…!
↓↓↓↓


◆アルバム「ピアニストを撃つな!」から“Teacher I Need You”です。
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Daniel
・Wikipedia
・www.eltonlinks.com
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲がほしい!)
Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player
エルトン・ジョン

220px-Elton_John_-_Dont_Shoot_Me_Im_Only_the_Piano_Player.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

わー!なつかしいですね!実はこのアルバムの『BLUES FOR MY BABY AND ME』eltonの最高傑作だと思います。何度聴いたことか!また何回この曲にたすけられたことでしょう!めったさん この曲次回とりあげてください。

和訳の神様が

夢大王さん、コメントありがとうございます。「BLUES FOR MY BABY AND ME」の想い出ありがとうございます。次回、、、ってわけにはいきませんが(笑)、和訳の神様が降臨してくるのを待ちたいと思います。たぶん夢大王さんが忘れた頃に…。