Every Rose Has Its Thorn / エヴリ・ローズ・ハズ・イッツ・ソーン (Poison / ポイズン)1988



We both lie silently still
in the dead of the night
Although we both lie close together,
we feels miles apart inside

一言もしゃべらずに
真夜中に二人寄り添ってる
こんなに近くに一緒にいるのに
心のなかは何マイルも離れてる

Was it something I said
or something I did?
Did my words not come out right?
Though I tried not to hurt you,
though I tried
but I guess that's why they say

俺が言ったことのせいなのか?
俺がやったことのせいなのか?
口から出た言葉が良くなかったのか?
でもお前を傷つけないようにしてきたし
俺なりにやってきたんだ
でもこういうことなんだな

Every rose has its thorn
Just like every night has its dawn
Just like every cowboy sings his sad, sad song
Every rose has its thorn, yeah it does

どんなバラにもトゲがあるんだ
どんな夜だって夜明けがくるように
どんなカウボーイだって
悲しい、悲しい歌を歌うのさ
どんなバラにもトゲがあるんだよ

I listen to our favorite song
playing on the radio
Hear the DJ say,
"Love's a game of easy come, and easy go"

ラジオから流れてくる
俺たちのお気に入りの曲を聴いてたら
DJがこう言ってるよ
"愛は気楽なゲームなんだ"ってさ

But I wonder does he know,
has he ever felt like this
And I know that you'd be here right now
if I could have
let you know somehow I guess

でも俺は思うよ
コイツはわかってんのか?ってさ
こんな風に感じたことはあるのかよ?
今ここにお前にいてほしいって思うよ
できることなら
どうにかしてお前に伝えたいんだ
それは

Every rose has its thorn
Just like every night has its dawn
Just like every cowboy sings his sad, sad song
Every rose has its thorn

どんなバラにだってトゲくらいある
どんな夜だって夜明けはくるんだ
カウボーイなら誰だって悲しい歌を歌う
バラにトゲはあるもんなんだよ

Though it's been a while now,
I can still feel so much pain
Like a knife that cuts you,
the wound heals but the scar,
that scar remains

いまじゃ時が経ってしまったけど
俺はまだこんなに傷ついてる
ナイフで切りつけられたって
ケガはいずれ癒えていくけど
それでも その傷跡は
傷跡は残っていくんだ…

I know I could have saved a love
that night if I'd known what to say
Instead of makin'love,
we both made our separate ways

わかってるさ
俺は愛を救えたのかもしれない
あの夜 俺が言うべきことをわかってたなら
愛し合うことの代わりに
俺たちは離れ離れの道を選んだのさ

And now I hear you found somebody new
and that I never meant that much to you
To hear that tears me up inside
and to see you cuts me like a knife, I guess

お前が新しい恋人を見つけたって聞いたよ
思っても見なかったさ
お前にとってたいした意味はなかったんだな
そのことを聞いた俺に涙が溢れてこようと
そのことが俺をナイフのように傷つけようと

Every rose has its thorn
Just like every night has its dawn
Just like every cowboy sings his sad, sad song
Every rose has its thorn

どんなバラにもトゲがある
どんな夜だって必ず夜明けはくる
カウボーイは誰だって悲しい歌を歌う
バラにトゲはつきものなんだよ…

Songwriters
DALL, BOBBY / MICHAELS, BRET / JOHANNESSON, BRUCE ANTHONY / ROCKET, RIKKI
Lyrics c Universal Music Publishing Group

in the dead of (the) night=真夜中に

Released in 1988
US Billboard Hot100#1
From The Album"Open Up & Say Ahh "
(初めての…AHH)

220px-Open_Up_and_Say_Ahh_Cover.jpg

ポイズンが1位になるとは思ってなかったな!でもこの曲はいい曲だし、歌詞も多くの人が共感すると思います。サウンドもカントリーがかってるのも聴く層を広げたんじゃないかな。(この時期にはデイヴ・リー・ロスの前座としてツアーをしていたらしく、米の色んな場所でライヴで火がついたことがあるのかもしれませんね)
 この曲の入ったアルバムの邦題は「初めての…AHH」!? 日本でこのアルバムをショップで買うときにどこにあるか見つからなくて、店員さんに「すみません、ポイズンの"初めての…アーハー"ください」って言った人いるかな?勇気がいっただろうな(^▽^;)。

◆VH1's Behind the Musicのインタビューでバンドのヴォーカリストであるブレット・マイケルズは次のように答えています。
:この曲のインスピレーションは夜にコインランドリーにいたときに沸いたんだ。俺はペイフォンで彼女に電話をしたのさ。すると彼女の後ろから男の声が聞こえたんだ。俺はほんとショックだったんだ。"Every Rose Has Its Thorn"はそのとき書いたんだよ。

220px-Every_Rose_Has_Its_Thorn-Cover.jpg

◆また、この曲のSongfactsによると、この曲はブレット・マイケルズが、トレイシー・ウィルズとの恋に敗れたお返しに書いたとのこと。
 マイケルズはテキサスのダラスのバーで遊んだあとでL.Aの彼女のアパートに電話をしたところ、彼女の後ろから男の声が聞こえてきた。その翌日、傷ついたマイケルはアコースティック・ギターを持ってコインランドリーに行き、この曲はそこで書いたそうです。2010年6月のRolling Stone誌には次のように話しています。

:そのとき付き合ってた彼女に携帯電話から電話したんだ。俺たちはツアーに出ていたし、寝泊りは車(Winnebago;ウィネベーゴ社のキャンピングカーのような車)でしていたんだ。それで俺たちの関係は終わったんだ。俺はまだそのとき歌詞を書きツラった用紙を持ってるよ、そのあとも俺が書いた歌詞は何枚も取ってあるんだ。

 うーむ、マイケルズの記憶が曖昧なのか、ネットの情報が曖昧なのかわからないが、電話をかけた場所はコインランドリー?ダラスのバー?それともウィネベーゴの中?まあいいか(^▽^;)

◆また、マイケルズは VH1 Behind The Music specialではこの曲の「roseとthorn」の比喩について説明しています。それによると「the rose」は彼の成功したキャリアのことを言っていて「the thorn」はガールフレンドであるトレイシーとの関係がどれほど彼にとって大変だったかということ、とのことです。

 えっ?そうなのか(゚Д゚)ノ。"綺麗なバラにもトゲがある"って言うのは通常「うまい話には毒がある」って意味だし「綺麗な女の人でも裏がある」というか「悪女かもしれない」とかそういう意味だけど、この曲のこのフレーズの意味はちょっと違うんだな。

どんなバラにだってトゲがある
明けない夜はないし
カウボーイはとても悲しい歌を歌う
今じゃいっぱしのシンガーになった俺にだって
ツライ過去があるのさ…


って意味で書いたんですね。

◆ブレットのお相手は Tracy Lewisという方。この方のようですね。Photo Credit: Photo Agency

lrk2k4vsk3wcsv32.jpg

あとツアーで寝泊まりしてた車(ウィネベーゴ)はこんな感じのようです。

poison Winnebago

◆“Every Rose Has Its Thorn”が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending December 24, 1988

ほんとにほんと1988年も押し迫った年末、クリスマスから新年にかけて2週連続のNo1を記録しました。ボビ男が2位に迫ります。(新年開けて1/14付で1位になります)6位フィルコリンズも勢いがありました。ボビ男のあと1位になり王座を2週に渡ってキープします。

-1 2 EVERY ROSE HAS ITS THORN ??? Poison
-2 4 MY PREROGATIVE ??? Bobby Brown
-3 1 LOOK AWAY ??? Chicago
-4 3 GIVING YOU THE BEST THAT I GOT ??? Anita Baker
-5 5 WAITING FOR A STAR TO FALL ??? Boy Meets Girl
-6 12 TWO HEARTS ??? Phil Collins
-7 9 WELCOME TO THE JUNGLE ??? Guns N’ Roses
-8 13 IN YOUR ROOM ??? The Bangles
-9 10 WALK ON WATER ??? Eddie Money
10 15 DON’T RUSH ME ??? Taylor Dayne

◆ライヴでのEvery Rose Has It's Thorn ( Live in London's Hammersmith Apollo1993)
↓↓↓↓↓


◆Bret Michaels - "Every Rose Has It's Thorn" Acoustic & Uncensored みんなで合唱します。
↓↓↓↓↓


◆マリー・サイラスもこの曲をカバーしています。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Every Rose Has Its Thorn
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Open Up & Say Ahh ポイズン

220px-Open_Up_and_Say_Ahh_Cover.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント