The River / ザ・リバー (Bruce Springsteen / ブルース・スプリングスティーン)1980



I come from down in the valley
Where mister when you're young
They bring you up to do like your daddy done

俺は谷に囲まれた町からやってきた
そこじゃ男たちは若い時から
親父達の仕事を継ぐよう育てられるんだ

Me and Mary we met in high school
When she was just seventeen
We'd drive out of this valley
down to where the fields were green

俺とメアリはハイスクールで出会った
彼女が17歳のときだったよ
谷間の町を抜け出してドライヴに行ったよ
緑の草原まで下って行ったもんだった

We'd go down to the river
And into the river we'd dive
Oh down to the river we'd ride

俺たちは川まで下って行って
川に飛び込んで泳いだのさ
ああ 川までよく行ったものだった

Then I got Mary pregnant
And man that was all she wrote
And for my nineteenth birthday
I got a union card and a wedding coat

そしてメアリが赤ん坊を宿した
彼女はそれだけ書いてよこしたんだ
俺の19歳の誕生日に
俺は労働組合の組合員証と
結婚式用の上着を手に入れた

We went down to the courthouse
And the judge put it all to rest
No wedding day smiles
no walk down the aisle
No flowers no wedding dress

俺たちは役所に行って
判事さんに手続きをしてもらったよ
結婚式の笑顔もなく
教会の廊下を歩くこともなく
花束もウェディングドレスもないけど
俺たちは結婚した

That night we went down to the river
And into the river we'd dive
Oh down to the river we did ride

その夜 俺たちは川に降りて行ったんだ
そしてまた飛び込んで泳いだのさ
ああ 川に行って 俺たちは泳いだんだよ

I got a job working construction
for the Johnstown Company
But lately there ain't been much work
on account of the economy

俺は建設会社に職を得たんだ
ジョーンズタウンって名前の会社だよ
でも最近は仕事がないのさ
不況の波が押し寄せてきてたんだ

Now all them things that seemed so important
Well mister they vanished right into the air
Now I just act like I don't remember
Mary acts like she don't care

すごく大切に思えていたすべてのものが
虚しく空に消えちまったのさ
いま俺は何も覚えてないふりをして
メアリは気にしないふりをしてる

But I remember us
riding in my brother's car
Her body tan and wet down at the reservoir

でも俺は覚えてる
俺の兄貴の車でドライヴしたときのことをね
貯水池のところで
メアリは日焼けして身体が濡れて光ってた

At night on them banks I'd lie awake
And pull her close
just to feel each breath she'd take
Now those memories come back to haunt me
They haunt me like a curse

その夜は土手の上で眠らずにいたものさ
彼女を近くに抱き寄せたんだ
お互いの呼吸を感じるために
そして今 そうした想い出たちがやってきて
俺を苦しめるんだ
まるで呪いのように苦しめるのさ

Is a dream a lie if it don't come true
Or is it something worse

かなわなかった夢は偽りってことなのか
それともそれよりもっと悪いものなのか

That sends me down to the river
Though I know the river is dry
That sends me down to the river tonight

思い出すたびに俺は川に行くんだ
あのときの川はもう干上がってるって
そうわかってはいるけれど
今夜も俺は川に行くことになるんだ

Down to the river
My baby and I
Oh down to the river we ride

川を下って行ったんだ
あの娘と俺は二人きりで
ああ 川に行ったんだ 車に乗って…

Writer(s) Bruce Springsteen
Lyrics c Universal Music Publishing Group, Warner/Chappell Music, Inc.

courthouse=郡庁舎
put ~ to rest= ~を休ませる 決着をつける
aisle=教会の廊下
on account of=のため の理由で
reservoir=貯水池
bank=堤防 土手

Released in 1980
From The Album"The River"

Bruce_Springsteen_-_The_River.jpg

大ボリュームの2枚組アルバム"The River"。アルバム表題曲であるこの曲"The River"はB面のラストに位置していました。

◆"Hungry Heart"で始まるB面は、ブルースのLiveでもよく演奏される曲が多くて、僕もよく聴きました。"Hungry Heart"から"You Can Look"まではノンストップのロックンロールで、そのあと"男気の曲"である"I Wanna Marry You"でちょっとしっとりしたあと、ブルースハープ(ハーモニカ)のイントロが流れ、"The River"が始まります。

Hungry Heart - 3分19秒
Out in the Street - 4分17秒
Crush on You- 3分10秒
You Can Look (But You Better Not Touch)- 2分37秒
I Wanna Marry You - 3分30秒
The River - 5分1秒

river ura

◆男は誰かに自分自身の物語を語っているようです。
それは歌詞の途中で、mister、とか、man、とか"呼びかけ"が入っていることからそうなんだろうなと思いました。

Where mister when you're young とか
And man that was all she wrote とか
Well mister they vanished right into the air など

◆谷に囲まれたこの町は、男はみな代々、父親の職業を継ぐことになります。そんな町を出て、2人は緑の平原によくドライヴに行きました。そして川に入りよく泳いだ…と想い出が語られます。
ところがメアリの妊娠がわかり、彼は19歳で働くこと、そして彼女との結婚を決意します。ここで…"彼女との結婚"を嬉しがる歌詞がちっとも出てこないことが気になります。("The River"の前の曲が"I Wanna Marry You"なだけに印象的です)

the-definitive-river-outtakes-collection-vol2_01_thumb[5]

◆彼が務めた会社は"Johnstown Company"。"Johnstown"ですが、ペンシルべニア州にジョーンズタウン(Johnstown)という谷間の町があるそうです。小さいながらも2本の川が合流していて深い谷が刻まれているとのこと。そしてこのJohnstownはこうした地形のために幾度も洪水の被害に遭っている町だそうです。(http://www.trainweb.org/usarail/usarail/johnstown_jp.htm)
 これって何か象徴的な感じがします。日本人の僕らにはわかりませんが、アメリカの人やアメリカに詳しい人は"Johnstown"が出てきたときに"谷間の町"で"川"があり、"洪水が何度も起きている町"というイメージが沸くのかもしれませんね。

857TwE10zwYNbpSsU6MNumezpR0@455x450.jpg

◆最後に彼は実際に川にいったのか、それとも川によく行った自分達を思い返しているのでしょうか。"haunt"してくるほどの想い出とは…メアリと彼はどうなってしまったのでしょうか。そのあたりはこの曲の物語では明らかにはされません。"緑の平原"そして"川"は、親父の職業を継いでいく生き方から飛び出して生きて生きたいっていう想いが形になったものだったのかもしれません…。

◆"Down in the Valley"ってタイトルの伝統的なフォークソングがありました。アメリカの人は"The River"の歌詞から、この曲を思い出す人もいるのでしょうね。
↓↓↓↓↓


◆Bruce Springsteen - The River (Live Glastonbury 2009)
↓↓↓↓↓


◆2009のMSGでのライヴ。アルバム"The River"のB面の通りに続く"Out In The Street"~"Crush On You"~"You Can Look"のメドレー!これは聴きたい、一緒に歌いたい!
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia The River
・www.trainweb.org
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
The River ブルース・スプリングスティーン

Bruce_Springsteen_-_The_River.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。
寡聞にしてブルース・スプリングスティーンは"Born in The USA"しか聴いたことがないですが、かなりいい曲ですね!
一つ聞きたいのですが、このブログってリクエスト受け付けてますか?

ぜひB.スプリングスティーン聴いてみてください

ロックの時間旅行者さん、コメントありがとうございます。ぜひ僕のブログで取り上げてるブルースの曲、ほかにもあるので聴いてみてください。
アルファベット・アーチスト検索(A→N)
http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

リクエスト受付は特にしていません!やっぱり自分が好きな曲じゃないと、訳せないんですよ。それでもどうしてもこの曲の訳が知りたい!(廃盤や日本盤発売がない、など)や、この曲の歌詞の意味がわからない!など気になる曲がある場合は教えてください。僕も実際に聴いてみて、自分が気に入った場合、和訳の神様が降りてきてくれるときがしばしばあります(^▽^;)。気になる曲は、コメント欄ではなく、プロフィールにあるメールアドレスの方にお願いします。

No title

返信ありがとうございました
「ロックの時間旅行者」縮めてToRです
リクエスト受け付けしてないのは残念ですが、このブログのお陰で数えきれない程のいい曲に出会えたのでこれからも頑張って下さい!!
次の曲を楽しみにしています

P.S. リクエストしたかったのはフィル・コリンズの"I Don't Care Anymore"です

むむっ…

縮めてToRさん、返信ありがとうございます。
意図を汲み取っていただけたようで嬉しいです。まだ僕自身好きな曲というのは、当面尽きることがなさそうなので、今後ともご来訪願います。
 と、そのうえで…むむっフィル・コリンズ"I Don't Care Anymore"とは…。フィルは数曲は和訳しましたが、まだ手をつけてない名曲が沢山あるので、計画を立てて着手しようと思っていたアーチストの1人です。"I Don't Care Anymore"は、その言葉を繰り返しながら、主人公が想いを語っていく歌かなと思っています(歌詞うろ覚えですが)。うむ、なかなか面白そうだ…!(気を長くして待っていてください ^▽^;)


はじめまして

はじめまして。The river の歌詞を探していてたどりつきました。
いい曲ですねえ。自分の人生につい照らしてしまいます。。。

ご謙遜なさってますが、とても丁寧に、意を汲んで訳していらっしゃると感じました。
man, mister のところはもちろんおっしゃるとおりでしょうし、
後半の that sends me down to the river もきちんと訳し変えていらっしゃって。
おっしゃるとおり、実際に行くのではなくて、
今の境遇をかみしめるたび、川の思い出がよみがえる、と考えてもよさそうですね。

Johnstown のこと、教えてくださって、ありがとうございました。
主人公の境遇をほのめかす舞台としての歌詞に入れた、
とかんがえてもおかしくないとかんじます。
アメリカで住んだ田舎街は、近くに泳げるほどの川がなかったのですが、
歌われている状況がよりよく感じ取れるようになった気がします。

またこれから、他の曲もじっくり見せていただきます。

No title

がrrrrrrrrふさん、この曲は僕もとくに好きなので、コメントうれしいです!“The River”は物語のある曲なので、聞き手の体験や思い出などとともに受け止め方がいろいろあるのだろうと思います。和訳も僕の場合、できるだけ書いたアーチスト本人の思いに近づけるよう、背景を調べて想像して意訳しています。しかし、どれだけそれができているかというと...。どうぞこれからもよろしくお願いいたします!