Thunder In My Heart / 心の叫び (Leo Sayer / レオ・セイヤー)1978



Standing here along with you
Wondiring what it is
that I'm supposed to do
And there you are
with the love light in your eye
The bridges are burnt down,
your arms are open wide

きみとここに二人きりで立つ
何なんだろう 迷っているんだ
自分が何をしようとしてるのかを
きみはその瞳に
愛の光を映してる
橋は焼け落ちてしまった
きみは両腕を大きく広げ
僕を受け止めようとしてる

Am I in too deep
or should I swim to the shore
Is this the real thing?
I don't know
but I've never been here before

このまま愛に深く落ちていくのか
それとも岸まで泳いで逃げるのか
これは現実のことなのか?
わからない
こんなことになったのは
初めてのことなんだ

And I feel a thunder in my heart
That I just can't control
I feel a thunder in my heart
Should I walk away or follow my soul?
I feel a thunder in my heart
Where it comes from I just don't know
Oh no, oh no

僕のハートに雷が鳴り響く
もう押さえがきかないよ
僕のハートに雷が鳴り響く
立ち去るべきか 心に従うか
僕のハートに雷が鳴り響く
この音はどこから聞こえてくるのか
僕にはわからないんだ
Oh no, oh no

There's a storm ragin' deep in my soul
There's a howlin' wind
that I just can't control
There's a fire inside me I can't explain
Every time you touch me
my love falls like rain

僕の心の奥深く 嵐が起こるんだ
風が吹き荒れて
僕は自分を止められない
僕に炎が宿るけどなぜだかわからない
きみが僕にふれるたび
僕の愛は雨のように降り注ぐんだ

I've only known you for an hour or more
The time is standin' still,
your love has opened up the door

きみを知ったのはまだ1時間かそこら
時は止まってしまい
きみの愛がドアを開いてくれたんだ

I feel a thunder in my heart
It takes my breath away
I feel a thunder in my heart
Will I ever be the same?
I feel a thunder in my heart
It's telling me you're here to stay
Oh oh, oh oh, ooh, oh oh

僕のハートに雷が鳴り響く
その音に僕はハッとしてしまう
僕のハートに雷が鳴り響く
僕はこのままでいられるのだろうか
僕のハートに雷が鳴り響く
きみはここにいると僕に告げている
Oh oh, oh oh, ooh, oh oh

There's a thunder in my heart
There's a thunder in my heart
There's a thunder in my heart
There's a thunder in my heart

雷が鳴り響く
雷が鳴り響く
僕の心に
僕の心のなかの音

Take me baby, I'm all yours
Do just what you wanna do with my love
Let's not let the night overtake us
'Cos what's happening right now
May make or break us

僕を奪っていい すべてきみのものだよ
僕の愛を好きなようにしてくれ
夜に追いつかれちゃいけないよ
今ここで起きてることで
僕らがうまくいくか別れるか
それが決まるんだから

do you feel the way I do?
Open up your heart now baby,
I'm comin' through

僕が感じるようにきみも感じてる?
ベイビー 心を開いておくれ
いまきみの元にたどり着く

I feel a thunder in my heart
Takin' my breath away
I feel a thunder in my heart
Since, I met you I'll never be the same
I feel a thunder in my heart
I know, you're here to stay

僕のハートに雷が鳴り響く
呼吸すら奪われてしまうようだよ
僕のハートに雷が鳴り響く
きみと出会って
僕は変わってしまったんだ
僕のハートに雷が鳴り響く
そうさ きみがここにいてくれる

I feel a thunder in my heart
I know, I'll never never control
I feel a thunder in my heart
Baby

雷が鳴り響く 僕の心に
ああ自分でもわかってるんだ
押さえが効かなくなってるのさ
雷が鳴り響く 僕の心に
ああベイビー

Songwriters Snow, Tom / Sayer, Leo
Lyrics c EMI Music Publishing

overtake=追いつく
come through …を通り抜ける; …をやり通す, 生き抜く,

Released in 1977
US Billboard Hot100#38
From The Album"Thunder In My Heart"

Thunder in my heart

レオは"本格的なヴォーカリスト"なんだな!と実感する一曲です。

◆"You Make Me Feel Like Dancing(恋の魔法使い)"と"When I Need You(はるかなる想い)"の2曲の全米1位曲の入ったアルバム「Endless Flight(恋の魔法使い)」(1976)はレオを一躍有名にしました。皆さん、次のアルバムも期待したんじゃないかな。僕もそうでした。
 それでプロデューサーは同じリチャード・ペリーではありましたが、次のアルバムの第一弾シングルがこの曲"Thunder In My Heart(心の叫び)"。ほんとに心のなかで"雷が鳴っている"がごとく、早口で歌詞を歌いきるのがカッコいいと思いました。そして届けられたアルバムのジャケットがコレ。マイクスタンドとともに写っている渋~い男"レオ"。

thunderheart.jpg

 イヤ~、僕はこれがレオ・セイヤーなんだな!新たな一面が見れて嬉しかった…のですが、えっ?38位でストップ?第二弾シングルはレオのファルセット全開の"Easy To Love"も36位止まり…。(まあこの曲はヒット性はないと思うのでこんなものかなあと思いました。でも作者はレオとアルバート・ハモンドなんですよ)

◆しかぁし!この曲2006年にDJであるMeckさんに取り上げらて、"Thunder In My Heart Again"というタイトルでリリースされ、なんと全米1位に!これには(゚Д゚;)ビックリしました。全米38位で終わる曲ではないと思ってましたが、全英1位とはね。

leosayerphoto.jpg

◆作者はレオとトム・スノウ(共作)。僕のブログをよく訪問されている方はこのお名前は何回か目にしましたね。そうです。この曲とか、この曲とかを書いた人ですよ。

◆この曲のPVだね。
↓↓↓↓↓


◆MECK ft. Leo Sayer - Thunder In My Heart Again (Official Video HQ)
↓↓↓↓↓


◆Leo Sayer - Thunder in My Heart - Live
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Thunder In My Heart
・Wikipedia Tom Snow
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ベスト・オブ・レオ・セイヤー
レオ・セイヤー

Best leo

関連記事

コメント

非公開コメント

Thunder In My Heart

良い曲でしたよね。なぜ38位で止まってしまったのでしょう。
この曲が上がってきた時、ポップでメロディアスで力強いボーカル、間違いなく大ヒットすると思っていました。レオ・セイヤーらしくなかったのでしょうか。
2000年代になってからイギリスでNo.1を記録したとは知りませんでした。良い曲は時を越えて聴かれていくものなのですね。

Thunder In My Heartの後

星船さん、レオのこの曲、DJに取り上げられて…って話は僕もこの曲を取り上げるまで知りませんでした。たしかに聴いたときに、レオがスピードに乗って、もしかしてメロディより先に歌っちゃうんじゃないかと思うくらい気合いを込めて歌ってるこの曲は、記憶に残ってました。取り上げたMECKさんも、感情を爆発させるような曲を作ろうとしたときに、Thunder In My Heart、浮かんだんでしょうね。(でも1位とは思いませんでしたね)
1977年「Endless Flight」の大ヒットのあと、2曲のNo1ヒットと同じ路線、「You Make Me Feel Like Dancing」のちょっとおどけた感じでレオがファルセットで歌う曲、「When I Need You」の歌い上げるバラード(いい曲)の路線でいかなかったのでしょうか?プロデューサーのリチャード・ペリーとレオ自身も、レオのイメージが固定化することよりも、ボーカリストとしての幅の広さを出したかったのかな?なんて思います。ちなみに次のアルバムは彼の名前そのものを冠したタイトル「Leo Sayer」というタイトルのアルバムをリリースします。「いい曲」を彼らしく落ち着いて歌った曲が多かった、という印象です。(曲はトム・スノウ、アルバート・ハモンドを中心に、ジャクソン・ブラウンやレイ・パーカーJrの提供もあります)でもアメリカではさほど売れず(UKではそこそこ)。だから、アメリカでの「More Than I Can Say」の大ヒットはファンとしては超嬉しかったですね!
http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

待ってました!

めったさんの取り上げられる曲で
これを取り上げていただけるといいな
と思った1曲です!かっこいい曲だと
思っていました。
はるかなる想いの影に隠れてしまって
世間から忘れ去られてしまった曲かな
と思いきや、あとから全米1位になったんですね。
髪型から当時、19歳でデビューした原田真二さんに似ているなと思いました。

タイム・トラベルの頃だな!

あもーれさん!レオのこの曲、ご存じでしたか!埋もれてしまうには惜しい曲です。レオはアメリカもそうですが、やはりイギリスで人気があるようですね。
あと、そっくりさん、ですが、僕は原田真二さんよりも、THE MANZAIのB&Bの洋八さんとずっと思ってきましたが、あらためて見ると原田真二さん、似てますね!
時期を限定すると、アフロにしていた「タイム・トラベル」を歌っていた頃の時期がそっくりです。
↓↓↓↓↓こちらの方のブログを参照ください
http://cua.blog.so-net.ne.jp/2008-05-22