Losing My Religion / ルージング・マイ・レリジョン (R.E.M)1991



Oh Life is bigger
It's bigger than you,
you are not me
The lengths that I will go to
The distance in your eyes
Oh no, I've said too much
I set it up

ああ 人生は面白い
きみが思う以上の意味があるものだ
きみは僕じゃない 僕は僕
僕の苦悩はずっと続いて行く
きみは遠くばかり見てて
僕のことなんかどうでもいいんだろ
ああだめだ
ちょっとしゃべり過ぎたようだ
またやっちまった

That's me in the corner
That's me in the spotlight
Losing my religion
Trying to keep up with you
And I don't know if I can do it
Oh no I've said too much
I haven't said enough

部屋の隅の独りぼっちの僕
みんなに注目されてるのも僕
信じられるものはもう何もない
だからきみについて行こうとしてる
僕にできるかどうかわからないけど
ああ また言いすぎちゃった
それでも言い足りないんだけど

I thought that I heard you laughing
I thought that I heard you sing
I think I thought I saw you try

きみの笑い声が聞こえた気がした
きみの歌う声が聞こえた気がした
いや君がそうしようとしてるのを
見たような気がしたんだ

Every whisper
Of every waking hour
I'm choosing my confessions
Trying to keep an eye on you
Like a hurt lost and blinded fool
Oh no, I've said too much
I set it up

僕の独り言の一つひとつ
目が覚めてるときはいつものこと
僕は懺悔の言葉を選んでるのさ
きみから目を離さないようにしてる
傷ついて 迷って 目が見えなくなった
馬鹿者のようだけど
ああだめだ
また言いすぎてしまった
そして僕はまた振り出しに

Consider this
Consider this
The hint of the century
Consider this
The slip that brought me
To my knees failed
What if all these fantasies
Come flailing around
Now I've said too much

よく考えてみるんだ
よく考えてみるんだ
この歌が今世紀のヒントなのさ
よく考えてみて
そんな過ちくらいで
僕は屈服しないんだって
僕の考える空想事が実現したら
いったいどうなってしまうのか?
ああ また言い過ぎたよ

I thought that I heard you laughing
I thought that I heard you sing
I think I thought I saw you try

きみの笑い声が聞こえた気がした
きみの歌う声が聞こえた気がした
いや君の姿を見たような
気がしただけだったのかも

But that was just a dream
That was just a dream

そいつはただの夢にすぎなかった
そいつはただの夢だったのさ

That's me in the corner
That's me in the spotlight
Losing my religion
Trying to keep up with you
And I don't know if I can do it
Oh no I've said too much
I haven't said enough

部屋の隅にいる独りぼっちの僕
注目を浴びているのも僕
僕は何を信じればいいのだろう
きみの姿を追いかけていきたいんだけど
僕に本当にできるんだろうか
ああなんてこった
また言いすぎちゃったよ
それでも言い足りないんだけど

I thought that I heard you laughing
I thought that I heard you sing
I think I thought I saw you try

きみの笑い声が聞こえた気がした
きみの歌う声が聞こえた気がした
いや君にそうしてほしかっただけ
なのかもしれない

But that was just a dream,
try
cry
why
try
That was just a dream, just a dream,
just a dream
Dream

でもそいつはただの夢
頑張って
泣き叫んで
不思議に思って
また頑張るけど
それはただの夢 ただの夢だよ
ただの夢なんだ
夢なんだよ

Songwriters
BERRY, WILLIAM/BUCK, PETER LAWRENCE/MILLS, MICHAEL E./STIPE, MICHAEL J.
Lyrics c Warner/Chappell Music, Inc.

Confessions
=自白による刑の減免 懺悔
slip=つまづき 過ち
bring someone to one's knees
=ひざまずかせる、屈服させる

Released in 1991
US Billboard Hot100#4
From The Album“Out Of Time”

220px-R_E_M__-_Out_of_Time.jpg

うーむ。難解です。
“losing my religion”は直訳すると“信仰を失う”ことですが、これはアメリカ南部の表現があるようですね。“Going Insane”とか“At my wit's end”と同義で使われることも多いようです。
Going insane=気が違う、気が狂う
At my wit's end=途方に暮れて、思案にくれて

この曲のSongfactsには、

:物事がとても悪い方向に進んでしまい、神様への信心すら失ってしまう状況。もしあなたが人にたいして“Losing your religion”の状態になってしまったときはそれは人を信じることができなくなってしまうことを言います。

と書かれていました。

◆バンドのフロントマンのマイケル・スタイプは、New York Times誌に「この曲はロマンテッィクな表現なんだ」と話しています。「“Losing My Religion”とは誰かを思い焦がれている誰かのことで、片思いの恋を歌っているんだ」。
また、Policeの“Every Breath You Take”と比較して、「これは妄想を歌った古典的なポップソングなんだ。僕はどういう曲がいい曲かっていうと、いつもこう感じてる。誰もが耳を傾けて聴いて、その曲に自分を当てはめて考えて“この曲は俺のことを歌ってる!”って感じる歌なのさ

220px-R_E_M__-_Losing_My_Religion.jpg

◆また、僕は1995年にREMの武道館を観に行ったのですが、その時の来日公演レポートとインタビューの載っていた雑誌「rockin'on」(1995年4月号)の切り抜きが残っていました。

DSC_0785.jpg

マイケル・スタイプが"Losing my religion"についてコメントした部分を拾ってみると…。

:(他人の書いたラヴソングで好きなものがあれば、という質問に対して)そうだなあ。個人的にはやはり"Every Breath You Take"かな。ああいう脅迫的な側面から恋愛を書いた曲って他には滅多にないと思う。実は"Losing…"を書いたのもああいう脅迫観念的な視点からもう一度、愛ってもんを捉え直してみたいってのが発端だったんだ…」
:あの歌はよくある妄想の歌。別人になりたいと切望する人間を歌ってる。必要とされない愛の歌だよ。


◆PVがけっこう象徴的・暗示的な場面が多いので、宗教を失った心を歌ってるのかなとも思ったのですが、そういうイメージも醸し出したラヴ・ソングなんでしょうね。
"強迫観念にかられた恋愛"…何も信じられるものがなくて、確かなもの=きみの姿を追いかける僕。でもきみはいつも遠くを見ている。ちょっとした過ちくらいで僕はくじけない。僕は夢を追いかける、それはただの夢でしかないけど。だけどそのことを僕は考え続ける…。

◆“Losing My Religion”が最高位4位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles June 22, 1991

ポーラ・アブドゥルの「あふれる想い」の1位が続き、結局カラー・ミー・バッドのこの曲は2位止まりだったんですね。3位エクストリームはすでに1位を獲ったあと頑張ってとどまってました。6位のE.M.Fはイギリスのバンド。このあとジャンプアップしてきて1位になります。

-1 1 RUSH RUSH ??? Paula Abdul
-2 2 I WANNA SEX YOU UP ??? Color Me Badd
-3 3 MORE THAN WORDS ??? Extreme
-4 5 LOSING MY RELIGION ??? R.E.M.
-5 4 LOVE IS A WONDERFUL THING ??? Michael Bolton
-6 7 UNBELIEVABLE ??? E.M.F.
-7 8 POWER OF LOVE/LOVE POWER ??? Luther Vandross
-8 9 STRIKE IT UP ??? Black Box
-9 6 I DON’T WANNA CRY ??? Mariah Carey
10 14 RIGHT HERE, RIGHT NOW ??? Jesus Jones

◆MTVの10周年のライヴから“Losing My Religion”。バックにストリングスが入ります。
↓↓↓↓↓


◆アルバム「Out Of Time」からのシングルカット。"Shiny Happy People"。輝いて幸せな人々たち!うーむ。この曲のPVはこんなんだったんだ。ちょっとイメージが違ったな(-_-;)。女性ボーカルは Kate Pierson(the B-52's)が参加。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Losing My Religion
・Losing My Religion Songfacts
・「rockin'on」(1995年4月号)
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Out of Time CD, Import
R.E.M.

220px-R_E_M__-_Out_of_Time.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

95年の武道館は俺も観に行った。懐かしい。でも、REMは最初期か『ドキュメント』とか『グリーン』の頃が好き。

No title

○○さん、コメントありがとうございます。
僕は"Out Of Time""Automatic For The People""Monster"まで好きですねえ~。曲もバラエティになっていった感じで、バンドがだんだん大きくなるまで応援してましたよ! 社会的なメッセージを歌うのも、バンドが大きくなると歌いにくくなってしまったり、妙に説教くさい感じがしてきてしまいました…。
ペンネームでいいのでお名前を書いてくれると嬉しいです。あと、何で好きなのか理由とかも書いてくれるといろんな考えがわかって面白いです(^^)

参考になりました

訳文を検索して来ましたが、スタイプのコメントが読めてためになりました。
これからもサイト運営頑張ってください。

その人の解釈で

heathさん、コメントありがとうございます。スタイプのコメントから言うと、この曲の解釈は、強迫観念に駆られた愛を歌ってて、この曲はオレのことを歌ってるんだ、とリスナーが思えれば、それでいい、ってことなんでしょうね。愛で自分を失いかけてしまうような混乱にある状況は、長く続くとそうとう苦しいだろうなあと思います。
もの寂しく、さらにもう一度聴きたくなってしまう余韻を持って終わる名曲だと思います。