I'm Mandy Fly Me / アイム・マンディ (10cc)1975



Just like a rollin' stone
I'm outside lookin' in
But if your chance came would you take it
Where on earth do I begin
I'm Mandy fly me

まるで転がる石のような人生
自分は外にいて 中をのぞき込んでばかり
でもチャンスが来たら きみは手にするかい?
僕はどこから初めていいか悩んでる…
そんなとき、声がしたんだ
“私はマンディ 一緒に飛ばない?”

I've often heard her jingle
It's never struck a chord
With a smile as bright as sunshine
She called me through the poster
And welcomed me aboard

She led me she fed me
She read me like a book
But I'm hiding in the small print
Won't you take another look
And take me away
Try me Mandy fly me away

彼女の声を聞いたのは初めてじゃない
胸に響いたりは一度もしなかったけど
太陽のように輝く笑顔で
ポスターの向こうから僕を呼んでたんだ
僕の乗車を歓迎してくれたよ

僕を案内し 僕を満足させ
僕のことを何でもわかってくれたんだ
でも僕は小さな活字に隠れてしまう
もう一度僕を見つけてくれないかな
そして連れて行ってほしいんだ
お願いだよ マンディ
僕を空へ連れてって

The world was spinning like a ball
And then it wasn't there at all
And as my heart began to fall

世界は球のように回っていた
そして僕の心が落ち込み始めると
あるとき 消えてしまったんだ…

I saw her walking on the water
As the sharks were comin' for me
I felt Mandy pull me up
give me the kiss of life
Just like the girl in Dr. No No No No

サメが僕に近づいてきたときのこと
彼女が水面を歩いてたのを見たよ
マンディが僕を引き上げてくれて
ドクター・ノオの女の子みたいに
命のキスをしてくれたんだよ

Ah when they pulled me from the wreckage
And her body couldn't be found
Was it in my mind it seems
I had a crazy dream
I told them so but they said no no no no

ああみんなが僕を
難破船から引き上げてくれたとき
彼女の身体は見つからなかったんだ
もしかして僕の空想の世界だったのか
奇妙な夢を見ていたのか
みんなにもそう言ったけど
みんなはノー ノー ノー

I found me on a street
And starin' at a wall
If it hadn't have been for Mandy
Her promise up above me
Well I wouldn't be here at all
So if you're travellin' in the sky
Don't be surprised if someone said Hi
I'm Mandy fly me

いま僕は通りにたたずんで
壁をじっと見つめてる
もしマンディと一緒にいなかったら
彼女の約束は僕を通り過ぎただけ
そして僕はここにはいなかったんだ

だからきみが空の旅に出たときは
驚いちゃいけないよ
知らない誰かがこう言ってきてもね
“ハ~イ、アタシはマンディ
一緒に飛んでみない?”って

Songwriters Godley, Kevin / Gouldman, Graham / Stewart, Eric /
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC, SCHUBERT MUSIC PUBLISHING INC.

jingle=(詩・音楽などが〉調子よく響く.
strike a chord=
胸にこたえる, 胸に応える
wreckage=難破 漂流物

Released in 1976
UK Single Chart#6
From The Album“How Dare You!”

220px-10cc_how_dare_you.jpg

この曲はなかなか面白い曲。1曲のなかにいろんな曲が入っていて、演奏がドラマチックに変わっていく作品です。
アルバム「How Dare You!」はおかしなアルバムアートワークにちなんで、邦題“びっくり電話”と付けられて「ミュージック・ライフ」などの洋楽雑誌でも広告が結構大きく出ていて、子どもだった僕も“なんだ?このレコード”と思った記憶があります。

◆一番最初に“ポーン”と音がして、そのあと短く聞こえるのは10ccの「Sheet Music」収録の曲“Clockwork Creep(時計じかけのクリープ)”です。その曲もきりの悪いところで終わって、いきなり「I'm Mandy Fly Me」が始まります。

*これはこの曲の歌詞の設定に関わっているんでしょうね。

舞台は飛行機に搭乗した男。離陸の際に機内サービスで聴いていた10ccの曲が終わり機内アナウンスが入る…って場面かな。
彼は人生に考えることがいっぱいあり、いつから何を始めていいか考えあぐねていたのですが、空港に貼ってあったポスターの女性を見ていたら、その女性が現実に現れて(!)「ハ~イ、アタシの名前はマンディ、一緒に飛ばない?」って話しかけてきたのです。
・・・・
以降は彼の空想の世界でしょうか?
でもマンディと過ごした時間は彼に何かを与えてくれました…。

◆米のNational Airlines (1934–1980)は1971年からスチュワーデス(今はキャビン・アテンダントさん)の写真を名前付きでポスターに載せる“Fly Me”というキャンペーンをしていたようです。

fly-me.jpg

fly-me-jo.jpg

この曲のWikipediaによると…
エリック・スチュワートがマンチェスターで飛行機に乗ろうとしていたとき“Cyndi、Fly Me”というポスターを見ました。そしてそのポスターの貼ってある床にいる浮浪者がいて、ポスターを見つめて空想をしているようでした。その光景を見ていたら…この曲が浮かんだということです。そしてメンバーにその話をしたところ、最終的にこんなドラマチックな曲になった、という話です!

*こちらをご参照:
Best of the Worst Vintage Airline Ads: I’m Cheryl. Fly Me!

◆また、歌詞に出てくる「Doctor no」は「007 ドクター・ノオ」(1962年公開、「007」シリーズ映画化第1作。ジェームズ・ボンド役をショーン・コネリーが演じた初の作品。日本初公開の当時の邦題は「007は殺しの番号」)
 ウルスラ・アンドレス演ずるハニー・ライダーが白いビキニ姿で海から上がってくるシーンは、007シリーズを通しても有名なシーンの一つで、2003年にBBCのチャンネル4が行った投票では、「最もセクシーなシーン」に選ばれたそうです

*映画「007 Dr.No」からボンド・ガール“ハニー”が白いビキニで海から上がってくるシーンです。この曲でも“マンディ”がこんな感じで彼を助けてくれたということですね。
↓↓↓↓↓


◆I'm Mandy, Fly Me - Live 1982
↓↓↓↓↓


◆アルバム「びっくり電話」のラストを飾る曲“電話を切らないで(Don't Hang Up)”。切らないで、ってお願いしたんだけど…切ないね…。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia I'm Mandy Fly Me
・Wikipedia How Dare You
・www.stuffmomnevertoldyou.com
・Wikipedia 007 ドクター・ノオ
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp

How Dare You(びっくり電話)
10CC

220px-10cc_how_dare_you.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント