Higher Love / ハイヤー・ラヴ (Steve Winwood / スティーヴ・ウィンウッド)1986



Think about it,
there must be higher love
Down in the heart
or hidden in the stars above
Without it,
life is wasted time
Look inside your heart,
I'll look inside mine

想像してみてよ
どこかに高貴な愛がある
心のなかにあるか
はたまた夜空の星に隠れてるのか
それがなかったら
人生って無駄な時間だよ
きみの心をよく見てみるんだ
僕も自分の心をのぞいてみるから

Things look so bad everywhere
In this whole world, what is fair?
We walk blind and we try to see
Falling behind in what could be

いたるところで目に映るんだ
物事が悪くなってるようなのさ
この世界中のどこに清らかなものがある?
目隠しで歩いてるけど探そうとして
堕落してしまうのも当然の成り行きさ

Bring me a higher love
Bring me a higher love, oh
Bring me a higher love
Where's that higher love,
I keep thinking of?

高貴な愛を僕にくれ
高尚な愛に出会いたいんだ
気高い愛を僕にくれ
僕がずっと思い描く尊い愛は
いったいどこにあるんだろう?

Worlds are turning
and we're just hanging on
Facing our fear
and standing out there alone
A yearning, and it's real to me
There must be someone
who's feeling for me

世の中は変わっていく
僕らはしがみつくのがやっとだ
不安に向き合いつつ
孤独に頑張っている
切なる想いが僕の真実さ
きっといるに違いないよ
僕を思いやってくれるひとが

Things look so bad everywhere
In this whole world, what is fair?
We walk blind and we try to see
Falling behind in what could be

いたるところで目に映るんだ
物事が悪くなってるようなのさ
この世界中のどこに清らかなものがある?
目隠しで歩いてるけど探そうとして
堕落してしまうのも当然の成り行きさ

Bring me a higher love
Bring me a higher love, oh
Bring me a higher love
Where's that higher love,
I keep thinking of?

高貴な愛を僕にくれ
高尚な愛に出会いたいんだ
気高い愛を僕にくれ
僕がずっと思い描く尊い愛は
いったいどこにあるんだろう?

Bring me a higher love
Bring me a higher love, oh
Bring me a higher love
I could rise above on a higher love

I will wait for it,
I'm not too late for it
Until then, I'll sing my song
To cheer the night along

僕は高貴な愛との出会いを待つよ
まだ遅くはないはずさ
それまでの間は
歌を歌って待つことにするよ
夜の淋しさを紛らわすために

I could light the night up
with my soul on fire
I could make the sun shine from pure desire
Let me feel that love come over me
Let me feel how strong it could be

僕の燃えたぎるこの魂で
夜を明るく きっと照らせるんだ
僕の純粋な想いで
太陽も明るく照らせるはずさ
感じさせてよ 愛が僕の元に訪れたことを
感じさせてよ 愛がどれほど強くなれるかを

Bring me a higher love
Bring me a higher love, oh
Bring me a higher love
Where's that higher love,
I keep thinking of?

高貴な愛を僕にくれ
高尚な愛に出会いたいんだ
気高い愛を僕にくれ
僕がずっと思い描く尊い愛は
いったいどこにあるんだろう?

Bring me a higher love
Bring me a higher love, oh
Bring me a higher love...

高貴な愛を僕にくれ
高尚な愛に僕にくれ
気高い愛を僕にくれ…

Writer(s) Steve Winwood Will Jennings
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner/Chappell Music, Inc., Universal Music Publishing Group
stand out=(他が屈しても)あくまでがんばる
yearrning=切望、あこがれ
feel=同情する,思いやる

Released in 1986
US Billboard Hot100#1
From The Album"Back In The High Life"

220px-Back_in_the_High_Life.jpg

"Higher Love"って、"高貴な愛""気高い愛"と訳しましたが、実際にはどんな愛なんでしょうね。また、highの反対語で“Low Love”ってどんな愛なんでしょうね。

◆歌詞にもあるように、

Things look so bad everywhere
In this whole world, what is fair?

だからこそ“単なる愛”じゃなくて、“魂を揺さぶるような”“純粋で心からの”“相手を尊重し敬うような”愛がほしいんだ、って歌ったんでしょうね。

◆この曲はそんな時代を背景に“きみもHigher Loveを探そう”っていうメッセージと同時に、サウンドの点もヒットした要因がありました!

バックボーカルにチャカ・カーン!PVにも出てきますね。チャカの加入でこの曲のコーラスがよりカッコよくなりましたが、もう1点効果がありました。プロデューサーのラス・ティテルマンがこう言ってます。

:僕たちはチャカのはじけるようなボーカルに心を奪われたけど、本当のクライマックスは彼女の連れてきたドラマー、ジョン・ロビンソンのドラミングだったよ。曲の終わりの凄まじいスティックさばき、ティンパニを打ち鳴らしたようなリズム。あんまり凄いから、これを曲の始めに持ってくることにしたよ…!


220px-Steve_Winwood_-_Higher_Love.jpg

◆作者はスティーヴとWill Jennings 。
スティーヴのソロのヒット曲はほとんどがウィルのソングライティングです。以下がウィルの主たる作品。いい詩を書きますよね。

Will+Jennings+60th+Annual+BMI+Film+Television+2_7LVvr2boml.jpg

Steve Winwood:
"While You See A Chance"
"Higher Love" (#1)
"Back in the High Life Again"
"Valerie"
"Roll With It"

Eric Clapton: "Tears in Heaven" (#2)
Dionne Warwick: "I'll Never Love This Way Again"
Barry Manilow:"Looks Like We Made It" (#1)
Whitney Houston: "Didn't We Almost Have It All" (#1)
Joe Cocker and Jennifer Warnes: "Up Where We Belong" (#1)
Celine Dion: "My Heart Will Go On" (#1)

◆"Higher Love"が最高位1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending August 30, 1986

マドンナの問題作「パパ・ドント・プリーチ」に代わっての1位。しかしスティーヴも1週だけの天下で、バナナラマ→ベルリン、と1位が入れ替わっていきます。9位ヒューイのこの曲もよかったな。来日公演では演ってくれなかったけど。

-1 2 HIGHER LOVE –•– Steve Winwood
-2 3 VENUS –•– Bananarama
-3 1 PAPA DON’T PREACH –•– Madonna
-4 7 TAKE MY BREATH AWAY –•– Berlin
-5 6 DANCING ON THE CEILING –•– Lionel Richie
-6 12 FRIENDS AND LOVERS –•– Gloria Loring & Carl Anderson
-7 11 SWEET FREEDOM –•– Michael McDonald
-8 9 RUMORS –•– Timex Social Club
-9 15 STUCK WITH YOU –•– Huey Lewis & The News
10 4 MAD ABOUT YOU –•– Belinda Carlisle

◆Steve Winwood live at VH1 London 1997
↓↓↓↓↓


◆2014年のライヴから。スティーヴはキーボードを弾きながら。
↓↓↓↓↓


◆こちらアルバムバージョンの「Higher Love」。間奏がちょっと長くて、尺が全体で5分50秒。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Back In The High Life
・Wikipedia Higher Love
・Wikipedia Will Jennings
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Back in the Highlife CD, Import
スティーヴ・ウィンウッド

220px-Back_in_the_High_Life.jpg

アーチスト名検索(A-N)はこちらから
アーチスト名検索(O-数字)はこちらから


関連記事

コメント

非公開コメント

わたしも洋楽ファン

スティーブ ウィンウッドって懐かしいです。
わたしもアメリカンtop40を毎週土曜日沖縄のfar east network
で聞いていました=。わたしはなんでも聞けるたちなんで、ダンス系などもすきなんです。
いまさらですが、ジャミロクワイの良さに気付いてしまった今日このごろです。
また、遊びにきますね。

時代の一曲

そまさん、コメントありがとうございます。Higher Loveもジャミロクワイも時代の一曲で懐かしいですよね。またお越しください!

あれ…?

あれ?俺の親父のtranscendにこの曲が入ってるんだけど
間奏とかサビ部分の歌詞が省略されてない?

「who's feeling for me」の後に入る筈の間奏が入ってなかったり、
「Let me feel how strong it could be」の後の間奏の後に入る筈のスティーヴの「Bring me a higher love…」の歌う所とその後の間奏が無く、それに続くはずのオバサンのコーラスがすぐに入ってたり。

なんか違うのかな?

こちら…でしょうかね?

ななし@スタジアムさん、こんにちは。

上に追加でアルバム・バージョン(5分50秒)のものを貼りましたが、お父さんのUSB?に入ってるのはこのバージョンですかね。

PVはたいていシングルバージョン(尺が丁度いいようにオリジナルを若干編集して短くする)の場合が多いですが、冒頭のPVはこの短いバージョンですね。。アルバム「Back In The High Life」の「Higher Love」のオリジナル・バージョン(アルバム・バージョン)は5分50秒ありますので、上に貼り付けたものでいいのかなと思います。

(PS)"オバサンのコーラス"は、チャカ・カーンのことでしょうか(^▽^;)。このチャカのバック・コーラスもこの曲の一つの魅力ですよ!
時間があったら、チャカ・カーンのプロフィールなど代表曲「スルー・ザ・ファイア」も聴いてみてください。
http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-322.html