Good Morning Judge / グッド・モーニング・ジャッジ (10cc) 1977



Well good morning Judge,
how are you today
I'm in trouble
please put me away
A pretty thing took a shine to me
I couldn't stop her,
so I let it be

やあ おはようございます 判事さん
ごきげんいかがですか
僕 困ってるんです
なんとか解決したいんですよ
可愛い女の子に一目惚れなんです
彼女への気持ちが収まらないんです
僕にはどうしようもないんです

I couldn't stop her, so I let it be
I couldn't stop her, so I let it be
I couldn't stop her, so I let it be

彼女への気持ちが収まらない
どうしようもないんです
好きで好きでたまらないんです
僕にはもう何もできないんです
彼女への想いが止まらないんです
もう僕にはどうしようもないんです

He didn't do it,
he wasn't there
He didn't want it,
he wouldn't dare

被告はそんなことしなかった
被告そこにはいなかった
被告はそんなこと望まなかった
被告にはそんな勇気はなかった

Well good morning Judge,
yes I'm back again
I'm in trouble,
so it's back to the pen
I found a car,
but I couldn't pay
I fell in love, and I drove it away

やあ おはようございます 判事さん
また来ちゃいましたよ
僕 またまた困ってるんです
それで刑務所に戻っちゃったんです
いい車を見つけたんですが
お金が払えないんです
恋をしたけど 吹き飛ばしちゃったんです

I fell in love, and I drove it away
I fell in love, and I drove it away
I fell in love, and I drove it away

恋をしたけど 吹き飛ばしちゃったんです
恋をしたけど 吹き飛ばしちゃったんです
恋をしたけど 吹き飛ばしちゃったんです

He didn't do it,
he wasn't there
He didn't want it,
he wouldn't dare

I didn't do it,
I wasn't there
I didn't want it,
I wouldn't dare

被告はやってない
被告はそこにはいなかった
被告は望んでなかったし
被告にはそんな勇気はなかったんだ

僕はやってない
僕はそこにはいなかった
僕は望んでなかったし
僕にはそんな勇気はなかったんだ

Alcatraz is like a home sweet home
I'm so wanted, and I'm never alone
San Quentin is the place to be
I'm so happy, I don't want to be free

アルカトラズは故郷みたいなものです
僕自身が望んだことですし
少しも淋しくなんかありません
サン・クエンティンが僕の居場所ですが
とっても幸せだから自由なんかいりません

So happy I don't want to be free
So happy I don't want to be free
So happy I don't want to be free

とても幸せ 自由なんていりません
とても幸せ 釈放しなくて結構です
とても幸せ ずっとここにいさせてください

Songwriters: ERIC STEWART, GRAHAM GOULDMAN
lyrics © SCHUBERT MUSIC PUBLISHING INC.

take a shine to a person
= (ひと目でまたは何となく)〈人〉が好きになる
pen=刑務所
Alcatraz=アルカトラズ
《米国サンフランシスコ湾の小島; もと連邦刑務所 (1934‐63) があった》
San Quentin=サン・クエンティン
カリフォルニア州マリン郡内にある刑務所。

Released in 1977
UK Single Chart#5
US Billboard Hot100#69
From The Album“Deceptive Bends”

220px-10cc_deceptive.jpg

アルバム「愛ゆえに(Deceptive Bends)」のオープニングを飾る“Good Morning Judge”。このアルバムがなんだか「タダモノじゃない」印象を与えるような「タダモンじゃない曲」です。アルバムではこの「緊張感」が最後まで続き終わったところで、2曲めに「The Things We Do For Love」のイントロがかかります。これがなかなかいいんだよな。

◆“Judge”とは“弁護士”または“判事”のこと。今回訳して初めてわかったのですが“Pen”は刑務所だし、アルカトラズ““サン・クエンティン”は両方とも刑務所がある場所なんですね。
うーん。この曲の主人公は…もう刑務所が自分の故郷、なんて言っちゃってますね。被害妄想でおかしくなっちゃった男の話なのかな。
サウンドはめちゃハードです。ロックしてます!
“刑務所”が歌の舞台…ってことで10ccの初期のヒット曲“Rubber Bullets”を思い出してしまいました。こちらはNYのアッティカ・ステート刑務所暴動事件を題材にした曲。もしかして、この続編…!?と思いましたが、そういう関連はなさそうですね(^▽^;)。ただ、もしかして、エリック&グレアムの2人は、ゴドリー&クレームが抜けた後、アルバムのなかにユニークな歌詞の曲をバラエティに散りばめたかったのかもしれませんね。

◆この曲のPVかな。
↓↓↓↓↓


◆10cc in concert - live in Japan - 1993
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Deceptive Bends
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Deceptive Bends 10CC

220px-10cc_deceptive.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

こんなところに。

めったさん おはようございます。

刑務所ソング。
日本語の歌にはあまりなさそうな題材ですが、こうして思い返してみると、洋楽ソングには結構、出てくる題材なのですね。
かのエルビスの有名な歌にしても。 タイトルからして・・。
wingsの Band on the Run・・・ ぱっと思いかえしても。
もっとよく探せば沢山出てきそうなジャンルだと気づきました。


そして・・・アルカトラズ島!!
自分のブログでそろそろ登場させようかという段階です。
進行が遅いので・・明後日かしあさって以降の登場ですが。
因みに本日はドゥービーズ絡みの記事になっております。 (^^)/
アルカトラズの記事を書くときにこの歌のことで引用させていただいてもよろしいでしょうか。

自分では思いつかなかったので!

以前、LPでこのアルバムを持っていて懐かしい思いなのですが、今は買い直してはいないのですっかり忘れていた、というか・・。
当時はそんなに深く歌詞を味わって聴くまでに至っていなかっただろうからアルカトラズも当時の自分は知らなかったことと思うし、もし歌詞カードを読んでいても、何もひっかからなかったことだと思います。
そうでしたか、ここのことを歌にしていたのか・・と今、改めて(初めて?)知りました。



本物の牢獄と…

はるちゃん、コメントありがとうございます。
10ccは訳しだすと、発見も多くて面白いです!
そうですね~。「刑務所」が舞台の曲かあ、やっぱりエルビス、ウイングス、がすぐに浮かびますよね。あとは…刑務所じゃないけど、Prison、Prisoner、は多いよね。本物の牢獄じゃないけど、恋の囚人、とか、鎖につながれて系…系って括っちゃいました(^▽^;)。
アルカトラズ島もRock This Way!に載せたいのかな。どうぞ、どうぞ、よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

めったさん おはようございます。
そうですね、Prison関係もありますね。
(ちょうど今、Foreignerのベストを流していて、Prisoner of Loveがあと数曲後出てきます。)


歌詞引用ご許可ありがとうございます。

いつになるかな・・。 (笑)
日常記事も全然こなしていないままお出かけが続き・・・。
なんとか明後日以降? アルカトラズ島にたどり着ければ。
今回島に上陸しようとしたけれど、時間がなさそうだからやめたんですけれどね・・。
(載せたらまたご報告に来ますネ。)

ではでは~。
今週も楽しい1週間となりますように。

待ってますね!

はるちゃん、気長に待ってますね!

No title

めったさん、こんばんは。

転載のご許可を有難うございました。
明日の朝の投稿設定で・・・
仕込みました! (^^)/

全く、自分では思いつかなかったです。
ここのことを歌った歌があったということを・・。

このジャケットも懐かしいです。
LPで持っていたので、しげしげと眺めていたものです。
また買い直さないと、です。

では、おやすみなさいませ。

good morning!

Good Morning ,はるちゃん!(Judgeではない)
先ほどブログ記事拝見して参りました。生アルカトラズ、脱出不可能と言われるほど警戒が厳しい刑務所なのに、サンフランシスコのほんと目と鼻の先にあるんですね。それなのにこの主人公は、「やあ、また帰ってきちゃいました。ここが僕の故郷みたいなものだから、ちっとも淋しくなんかないんです」なんて言っている。アルカトラズを知っている人は、この曲をより可笑しく、不思議な感じで受け止められるんでしょうね。