Big Love / ビッグ・ラヴ (Fleetwood Mac / フリートウッド・マック)1987



Lookin' out for love
In the night so still
Oh I'll build you a kingdom
In that house on the hill

愛に用心するんだ
とても静かな夜には特に
ああ きみに王国を作ってあげるよ
丘の上にお城を建てるのさ

Lookin' out for love,
ah, ah ho
Big, big love,
ahh ho

愛には気をつけろよ
ah, ah ho
はち切れるほどの大きな愛に
ahh ho

You said that you love me
And that you always will
Oh you begged me to keep you
In that house on the hill

きみは僕を愛してるって言う
いつだって愛してるって言う
ああ あの丘の上の城に
ずっといさせてほしいって言うんだ

Lookin' out for love,
ah, ah ho
Big, big love,
ahh ho

愛に気を許しちゃいけない
ah, ah ho
抑えきれない大きな愛には
ahh ho

I wake up alone
With it all
I wake up
But only to fall

目覚めると独りなんだ
自分独りぼっちなんだ
目覚めてみても
自分が壊れていくのがわかるだけ

Lookin' out for love,
ah ho
Big, big love,
ahh ho

だから
愛には用心しろと言ったんだ
ah ho
お前の手には負えない愛
ahh ho

Lookin' out for love,
ah, ah ho
Big, big love,
ahh ho

愛には注意するんだ
ah, ah ho
お前の手には負えない愛
ahh ho

Huu ha
Huu ha
Huu ha
Huu haee
Huu haee
Huu haee
Huu haee
Huu haee
Huu haee

Yeah
Woo, woo, woo
Woo, woo, woo

Songwriters Buckingham, Lindsey
Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Released in 1987
US Billboard Hot100#5
From The Album“Tango In The Night”

Fleetwood_Mac_-_Tango_in_the_Night.jpg

“Big Love”…どういう意味なのでしょう?
“溢れるほどの大きな愛”って、とても素敵ですよね。
でもこの歌の主人公の“Big Love”は???

…なんか「世にも奇妙な物語」の進行役のタモリさんのような語り口になってしまいました(笑)

◆10月Christine(You Make Loving Fun)、11月Stevie(Leather And Lace)と来て、12月の月イチマックはLinseyの曲の番です。

◆この曲には主人公の男と、相手(You)が出てきます。主人公はYouに「丘の上の家に王国を作ってあげる」と言います。おそらく丘の上に愛の家を作り、そこにお姫様or女王様のように「大切にしてあげる」という意味なんだろうと思いました。
そう言われた女性はどうリアクションするのでしょう?「そんなあ、私いらないわ。私は普通の暮らしで満足なの。あなたと一緒なら…」と言われたらズキューンですね!(表現が古い)。
 ところが彼女は“あなたを愛してるし、ずっと変わらない。だから丘の上の家にずっといさせて(you begged me to keep you in that house on the hill)”と言ってきました。
 そして彼は夜目覚めると…独りぼっち。自分が堕ちて(Fall)いくことに気づくだけなのです…。
 “Big Love”って“素敵な愛”だとは思いますが、この曲の訳では、
「はち切れるばかりの大きな愛」
   ↓
「抑えきれない大きな愛」
   ↓
「お前の手には負えない愛」
としました。心のキャパシティの上でも、経済的な面でも、“自分達の身の丈にあった愛”がいいのではないでしょうか?(^▽^;)

220px-Big_Love_single.jpg

◆アルバム「Tango In The Night」のリリース後、リンジーはマックを脱退してしまいます。リンジーはこの曲“Big Love”を当初はソロアルバムに収録する予定だったと言いますが、急遽「Tango In The Night」に加えることになりました。そんなこともあり、PVには登場していますが、レコーディングにはスティーヴィーも参加しておらず、バックコーラスの女性の“ため息”はリンジーの声のエフェクト処理で女声を作ったらしいですよ。But、“Big Love”の12 extended バージョンには本物スティーヴィーの声がかぶせてあるとのこと…です!

◆“Big Love”が最高位5位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles May 30, 1987

U2の名曲が1位(この曲もまだ訳してないなあ)。翌週は2位からキム・ワイルドが1位となり、マックも8位に後退してしまいます。4位アトランテッィク・スターの“Always”もいい曲です(結婚式の定番)。6位リサリサ&カルト・ジャム“頭からつま先まで愛してるみたいよ”。7位“ライト・オン・トラック”カッコいい!

-1 1 WITH OR WITHOUT YOU ??? U2
-2 4 YOU KEEP ME HANGIN’ ON ??? Kim Wilde
-3 3 THE LADY IN RED ??? Chris DeBurgh
-4 8 ALWAYS ??? Atlantic Starr
-5 7 BIG LOVE ??? Fleetwood Mac
-6 15 HEAD TO TOE ??? Lisa Lisa & Cult Jam
-7 11 RIGHT ON TRACK ??? Breakfast Club
-8 6 HEAT OF THE NIGHT ??? Bryan Adams
-9 12 I KNOW WHAT I LIKE ??? Huey Lewis & The News
10 14 WANTED DEAD OR ALIVE ??? Bon Jovi

◆本物のスティーヴィーのバック・ボーカルが聴ける“Big Love”の Extended Mix。でもパーカッション等々大げさすぎて…聴けないなあ(^▽^;)
↓↓↓↓↓


◆The Dance Tourからのリンジーのソロで“Big Love”、ギター1本で歌います。
↓↓↓↓↓


◆これは珍しい!? リンジーとスティーヴィーが2人でTV出演。LandslideとBig Loveを歌います。(途中で司会者挟みます)
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Tango In The Night
・Wikipedia Big Love
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Tango in the Night
フリートウッド・マック

Fleetwood_Mac_-_Tango_in_the_Night.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント