Train In Vain / トレイン・イン・ヴェイン (The Clash / ザ・クラッシュ)1980



You say you stand by your man
Tell me something, I don't understand
You said you loved me and that's a fact
And then you left me,
said you felt trapped

恋人のとこへ行くんだって!?
教えてくれ ワケわかんねえよ
俺のこと愛してる ホントよって言ったよな
なのに出ていっちまうんだ
騙された気分とか言いながら

Well some things you can't explain away
But my heartache's in me
till this day

なあおまえ 言い訳なんてできないだろ?
俺が今日まで抱えてた
心のなかの痛みはさ

You didn't stand by me
No, not at all
You didn't stand by me
No way

お前がそばにいてくれなかったこと
もうまったくと言っていいほどさ
お前はそばにいてくれなかった
もうまるっきりさ

All the times, when we were close
I'll remember these things the most
I see all my dreams come tumbling down
I can't be happy without you 'round

俺たちはいつだって親しかった
想い出すのはたいていきっと
そんなことばかりだろうな
俺の夢がぜんぶ転がり落ちたんだ
お前がそばにいてくれなきゃ
幸せになんかなれないんだよ

So alone
I keep the wolves at bay
And there is only one thing
that I can't say

俺は独りぼっちで
禁欲生活を送ってる
俺が口にできないことが
ただひとつあるのさ

You didn't stand by me
No, not at all
You didn't stand by me
No way

お前がそばにいてほしかった
全然いてくれないから
お前がそばにいてほしかった
全然いてくれなかったよな

You must explain
why this must be
Did you lie
when you spoke to me?

どうしてこんなにならなきゃならないか
お前に説明してほしいんだ
俺に話してるとき
お前はウソついてたのかよ?

Did you stand by me?
No, not at all

俺のこと支えてくれてたかい?
全然そうじゃなかったよな

Now I got a job
but it don't pay
I need new clothes,
I need someone to stay
But without all of these things I can do
But without your love,
I won't make it through

やっと仕事にありついた
でも金にはならないんだ
新しい服も必要だし
身体を寄せる仲間も要るんだ
でもそんなもんなくたって
俺はなんとかなる
でもお前の愛がないと
俺はやっていけないんだ

But you don't understand
my point of view
I suppose there's nothing I can do

でもお前にゃ
俺の考えがわからないんだよ
そしたら俺のできること
もう何もなくなっちまうんだ

You didn't stand by me
No, not at all
You didn't stand by me
No way

お前はついてきてくれなかった
もう全然さ
お前はそばにいてくれなかった
もうまったく

You didn't stand by me
No, not at all
You didn't stand by me
No way

お前は俺の味方になってくれなかった
まったくといっていいほど
お前は俺を支えてくれなかった
まるっきりさ

You must explain why this must be
Did you lie when you spoke to me?

どうしてこうなっちまうのか
お前に説明してほしいんだ
俺にウソついてたのかい?
俺と話していたときも…

Did you stand by me?
Did you stand by me?
No, not at all
Did you stand by me?
No way
Did you stand by me?
No, not at all
Did you stand by me?
No way

Songwriters
STRUMMER, JOE / JONES, MICK / SIMONON, PAUL / HEADON, TOPPER
Lyrics © Universal Music Publishing Group

keep [hold]…at bay=(敵・災難などを)寄せつけない.
wolf=女たらし

Released in 1980
US Billboard Hot100#23
From The Album“London Calling”

51wGbZX-GWL__SX425_.jpg

「全英トップ20」ではクラッシュ聴いていて、アルバム「ロンドン・コーリング」も買って聴いていたのですが、「全米」の方にクラッシュが入ってくるとは思っていませんでした。この曲、だんだんフェードインしてきて歌い出しが入るのも「ラジオ的」?で好きだったなあ!

◆でもアルバムにはジャケットにクレジットもされてない「隠しトラック」!?として収録されていました。当時はそれもカッコいい!また、昔っからのクラッシュにパンクにシンプルに決めて欲しいファンからすると、この曲はちょっとおふざけ・おトボケモードもあるので完全なるオマケ?なのかなと思いました。

…で当時はわかりませんでしたが、やっぱり「おまけ」だったみたいですね(^▽^;)。以下はウィキペディアから

:…これは意図的なものではなく、ジャケット制作に入ってからこの曲の収録が決まったためである。(中略)『ロンドン・コーリング』がリリースされた時、多くのファンはこの曲のタイトルが「スタンド・バイ・ミー」であると仮定した。歌詞には列車に関する描写が全くないため、本当のタイトルの意味するところは不明である。作者のミック・ジョーンズはこう語る。「この曲は列車のリズムと似ていると思ったんだ。もう一度聴いたら、そんなことは感じなかったんだけどね。


…そうそうタイトルに「Train」が入ってる「空しい列車」なので、なにか歌詞に列車的な意味を持つ単語があるかなと思ったのに何もなく終わってしまいました。リズムが確かに列車が走るイメージあるけど、そういうことなのかな。

220px-The_Clash_-_Train_in_Vain_(single).jpg

でもウィキペディアには次のようなコメントもありました。

:「トレイン・イン・ヴェイン」はタミー・ウィネットの古い曲「スタンド・バイ・ユア・マン」の歌詞をほぼ真似たラヴソングである。ギターリフはJ.J.ジャクソンの1966年のヒット曲「バット・イッツ・オーライ」に似ている。そして、ロバート・ジョンソンのファンにとっては、この曲のタイトルはジョンソンの「むなしい恋 (Love in Vain)」を思い出すものである。この曲はたびたびカヴァーされるブルースの古典で、一人で列車に乗る女性を見送る男の物語である。うん、きっとこの「Love In Vain」をイメージしたんじゃないかな(決めつけはよくないよ!)



◆クラッシュのジョー・ストラマーは2002年12月22日に満50歳で天に召されました。心臓疾患だそうです。早いよねー。R.I.P。

◆“Train In Vain”が最高位23位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles May 24, 1980

映画「アメリカン・ジゴロ」主題歌、”コール・ミー”の1位が続きますが「ファンキー・タウン」が迫った来ましたよ!3位「荒野に消えた愛」もチャートでいい動きですが、最高位はこのままでした…。アンブロージアやブラザース・ジョンソンも急上昇でした!

-1 1 CALL ME –•– Blondie
-2 4 FUNKY TOWN –•– Lipps, Inc.
-3 3 LOST IN LOVE –•– Air Supply
-4 8 DON’T FALL IN LOVE WITH A DREAMER –•– Kenny Rogers with Kim Carnes
-5 6 SEXY EYES –•– Dr. Hook
-6 10 BIGGEST PART OF ME –•– Ambrosia
-7 16 STOMP –•– The Brothers Johnson -8 11 HURTS SO BAD –•– Linda Ronstadt
-9 2 RIDE LIKE THE WIND –•– Christopher Cross
10 12 CARS –•– Gary Numan
23 25 TRAIN IN VAIN (Stand By Me) –•– The Clash

◆the CLASH 'Train in Vain' live in Paris 1980 the CLASH '
↓↓↓↓↓


◆Robert Johnson - Love In Vain 1939年の曲です。
↓↓↓↓↓


◆“London Calling”いつかは訳すぞ。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Train In Vain
・Wikipedia London Calling
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
London Calling ザ・クラッシュ

51wGbZX-GWL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

カッコいい

さすがCBSソニーのレーベルだから・・・PUNKブームが過ぎても健在性を見せつけくれ、有りがたき。Pistolsなんかは、マルコムの金儲け魂で単なる操り人形で皆バラバラ、ガラガラと崩れて行きました。注目度は、スージーとクラッシュでPUNK魂を持ち続けて進化してくれたことはうれしい。ちょっとPUNKERでもつらい恋の悩み事は、あるのか?と、みんな一緒ですとこのレコードジャケットのライブ時にストラマーが当たりが語ってくれるとうれしい(・・;)なんて。
東京公演は、国民放送でもやっていた。Pistols派の私はやや悔しい・・・!
ロックザカスバも最高そして、ジャケットがGeatだー

No title

yazoo-bf-109さんの聴いていたピストルズやクラッシュへの想いがわかるコメントですね!パンク・ロッカーの曲でも、アメリカではメッセージ性のないもの(!)がシングルカットされヒットしますね。名曲とは言えないまでも、思わず口ずさんで体がノッてきてしまうような曲です。