We'll Never Have To Say Goodbye Again / 愛の旅立ち (E.D & J.F.C/ イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー)1978



Turn on the radio,
we'll play it way down low
There's a tear in your eye
That's reflecting the fire's glow

ラジオをつけてごらん
音楽は小さく流したままでいいよ
きみの瞳に涙が浮かび
暖炉の炎の光がきらめいて見える

And I wish that this night would never end
The sun ain't gonna be my friend
Lying here awaiting here
and wishing I knew when

今夜が終わらなければいいと願う
太陽は僕の友達にはなってくれないしね
ここで横になって朝を待つ
そして願うんだ こうなることを

We'll never have to say goodbye again
We'll never have to say goodbye again

僕らがもうサヨナラを言わないですむように
僕らがもう二度とサヨナラしないですむように

You must leave
I know you will
I won't let you go
until you show me the secret
For making this time stand still

きみは行かなきゃならない
きみはそうするんだ
でも僕はきみを黙って行かせられない
この時を止めてしまう秘密を
きみが僕に見せてくれるまでは

And somewhere sometime from now
Together again somehow
all of the waiting will seem
Like a moment and then

今からどこか いつの日か
どうにかして僕らはまた一緒になる
待つことだって
ほんの一瞬に思えるのさ
そしてそのときこそ

We'll never have to say goodbye again
We'll never have to say goodbye again

僕らはもうサヨナラを言わないですむんだ
僕らはもう二度とサヨナラなんてしないんだ

The whole night afraid to see the light
And the whole day crying,
wishing I knew when

夜はずっと朝陽がさすのを恐れてた
昼はずっと泣き叫ぶんだ
僕は願っているよ こうなるときを

We'll never have to say goodbye again
We'll never have to say goodbye again

僕らがもうサヨナラを言わないですむように
僕らが二度とサヨナラしなくていいように

We'll never have to say goodbye again
We'll never have to say goodbye again

僕らはもうサヨナラなんて言うもんか
僕らは二度とサヨナラなんてするもんか...

Songwriters Jeffrey Comanor

Released in1978
US Billboard Hot100#9
From The Album
"Some Things Don't Come Easy"

England-Dan--John-Ford-C-Well-Never-Have-T-188617.jpg

 イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのヒット曲はカバー曲が多いけど、この曲もそうです。いい曲を見つけてきますよね。

◆作者である“ジェフリー・コマナー(Jeffrey Comanor)”というシンガーソングライターは知りませんでした。この曲のアルバムにはドン・フェルダー、ティモシー・シュミット、ジョー・ウォルシュ、ドン・ヘンリーなどイーグルスメンバーもゲスト参加してるみたいですね。(この記事の後半にオリジナル音源あり)

◆“僕らは二度とサヨナラを言わなくていいんだ”は邦題は「愛の旅立ち」と付けられました。この曲の収められたアルバム名は“Some Things Don't Come Easy"(うまくいかないこともある)。それでも邦題は「愛の旅立ち」。やはり1stシングルである“We'll never have to say goodbye again”がヒット性のあるいい曲だったからかな。

◆歌詞の内容は受け取り方もあるけれど、僕は頑張ってみた(!)けれどハッピーエンドには訳せなかったなあ。朝が来たら彼女は去ってしまう。時を止める魔法(the secret for making this time stand still)を彼女が見せてくれることはない。
だから呪文じゃないけれど、“We'll never have to say goodbye again”と強がって言い続けているんだな。

なんか作者は違いますが、彼らデュオのヒット曲“It's Sad Belong”を思い出してしまった。こちらの主人公は「既婚者」で、出会った彼女が「本当の相手(right one)」だと思うけど、もう僕には「悲しいことに別な人がいる(It's sad to belong to someone else)」。そこで「タイムマシーンがあったら生まれ変わるんだ」ととんでもないことを言って自分と相手を納得させる歌(^▽^;)。
 “We'll never have to say goodbye again”の主人公はこのあとどうなるのだろう?幸せになってほしいと思うのですが…。

◆“We'll never have to say goodbye again”が最高位9位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles 15th April, 1978

おうおうビー・ジーズにチャートを独占されてたまるか!というように、3位クラプトン、4位バリーが挑みました(!)が敗れ去っていきました…!"Night Fever"の1位は8週続き、その次はこの週5位のイヴォンヌの「If I Can't Have You」。ビー・ジーズ関連からチャートを取り返したのはこの週12位のウイングス「幸せの予感(With A Little Luck)」まで待たれい!

-1 1 NIGHT FEVER –•– The Bee Gees
-2 2 STAYIN’ ALIVE –•– The Bee Gees
-3 3 LAY DOWN SALLY –•– Eric Clapton
-4 4 CAN’T SMILE WITHOUT YOU –•– Barry Manilow
-5 5 IF I CAN’T HAVE YOU –•– Yvonne Elliman
-6 7 DUST IN THE WIND –•– Kansas
-7 13 THE CLOSER I GET TO YOU –•– Roberta Flack with Donny Hathaway
-8 10 JACK AND JILL –•– Raydio
-9 12 WE’LL NEVER HAVE TO SAY GOODBYE AGAIN –•– England Dan and John Ford Coley
10 11 OUR LOVE –•– Natalie Cole

◆John Ford Coleyのソロ、2013年のものです。
↓↓↓↓↓


◆アルバム「Some Things Don't Come Easy」のタイトル曲。ダン・シールズの作です。
↓↓↓↓↓


◆Jeffrey Comanor _ We'll never have to say goodbye again アルバム「A Rumor In His Own Time」から
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Some Things Don't Come Easy
TowerRecord On Line
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
ヴェリー・ベスト・オブ
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー

41hUl--xR3L.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント