A Heart In New York / ア・ハート・イン・ニュー・ヨーク (Art Garfunkel / アート・ガーファンクル)1981



New York,
to that tall skyline I come
Flyin' in from London to your door

ニュー・ヨーク
背の高い高層ビルが空との境界線
ロンドン発に乗って
きみの前に飛んでいくよ

New York,
lookin' down on Central Park
Where they say
you should not wander after dark

ニュー・ヨーク
セントラル・パークを見下ろして
"暗くなってからうろつくんじゃない"
そうみんなが言うところ

New York,
like a scene from all those movies
But you're real enough to me,
but there's a heart
A heart that lives in New York

ニュー・ヨーク
いろんな映画のシーンを集めたみたい
でもきみの存在は間近に感じる
だって僕の心はそこにある
心はニュー・ヨークにあるんだ

A heart in New York,
a rose on the street
I write my song to that city heartbeat
A heart in New York,
love in her eye
An open door
and a friend for the night

ニュー・ヨークへの想い
通りはまるで薔薇の香り
都会の鼓動を僕は歌にする
ニュー・ヨークへの想い
彼女の瞳に見える愛
自由に開かれた心
夜通しつきあってくれる街

New York,
you got money on your mind
And my own words
won't make a dime's worth a difference
So here's to you New York

ニュー・ヨーク
きみの頭にもお金のことがよぎる
僕のこの歌も
お金と似たり寄ったりのものだけど
それでもきみに捧げるよ
ニュー・ヨーク

New York,
now my plane is touching down
A heart in New York town

ニュー・ヨーク
僕を乗せた飛行機はいま着陸をしたよ

ニュー・ヨークに住む僕の大切な女性へ…

Songwriters
BENNY GALLAGHER, GRAHAM HAMILTON LYLE
Lyrics c ALMO MUSIC CORP.

not a dime's worth of difference.
=似たり寄ったりだ

Released in 1981
US Billboard Hot100#61
From The Album"Scissors Cut"

51aIIfLmfGL__SX425_.jpg

この曲を初めて聴いたとき…途中に入る波の音?などの効果音やバックに軽快なリズムが入ってくる…サイモンとガーファンクルの"The Boxer"を思い出しました。

◆“The Boxer”の主人公の舞台もNY。(Where the New York City winters aren't bleeding me…という歌詞があります)。"A Heart In New York"のオリジナルは、スコットランドのデュオ"ギャラガー&ライ(Gallagher and Lyle)"。アートは彼らの曲だと"Breakaway"も取り上げてます

 Gallagher and Lyleの「NYを歌うこの曲」を聴いて、"The Boxer"の物語とオーバーラップしたのかな。それで"The Boxer"を思い出させるアレンジをしたのかもしれませんね。

◆"A Heart In New York"の"Heart"とは誰の心で、また何のことを歌っているのでしょうか。今回の和訳では2つの解釈をしました。←1つにしないズルい小技 (-_-;)。、1)New Yorkを想う自分の心(心はNYにあるんだ)、2)NYに住む、自分の愛している女性。

◆アートのライヴでは、自分の生まれ育った街「ニュー・ヨーク」への想いをこめて歌ってくれるはずです。

◆この曲のPVですね。(アートはブリーフ派!? 笑)
↓↓↓↓↓


◆A Heart In New York - Benny Gallagher live - Icarus Club 2009
↓↓↓↓↓


◆アートのソロ・ライヴから。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Scissors Cut
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Original Album Classics Box set
Art Garfunkel
この5枚組セットが¥2,000円ほどでお買い得!
僕も持ってます!

artyalbum.jpg



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

小生を洋楽の道に導いてくれたサイモン&ガーファンクル、解散後は1973年発表されたソロデビュー盤が「天使の歌声「青春の旅路」を聴いて、期待に違わず美しい高音とちょっと鼻にかかる特徴的なガーファンクルボーカルが健在!と安心したものです。デビュー盤で小生が最大のお気に入り曲は、ジミーウェッブ作詞・作曲の「友に捧げる賛歌」(All I Know)でした。2nd「愛への旅立ち」も超名盤で数々の名曲はレコード針が摩れる程聴き惚れ幸福感に酔ったもんですね~・・

天使の歌声

RWさん、コメントありがとうございます。アートは「天使の歌声」(エンジェル・クレア)という言葉がぴったりの歌声でした。僕も「All I Know」はすごく好きで、正座して聴いてしまう感じです!(ほんとにはしないけど)
http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-718.html