Tomorrow Today / トゥモロウ トゥデイ (Gilbert O'Sullivan / ギルバート・オサリバン)1977


Live In Japan '93".

You seem to be wanting
Everything yesterday
Always the impossible
That's what you seem to portray

昨日のきみは あらゆることを
欲しがっているみたいだった
きみが形に描くことは
いつだって不可能なことばかり

Give me one good reason
Why, even if I stay
You won't walk away from me
Tomorrow today

それ相応の理由を示してくれよ
僕がなぜ ここにいるのかもね
きみが僕と一緒にここにいるつもりなら
明日も 今日も

You seem to be wanting
Everything yesterday
Why, all of a sudden
Are you acting in this way

昨日のきみは あらゆることを
欲しがっているみたいだった
どうして 突然
こんな風に振る舞うんだい?

Leave me as you found me
Astound me no more
Who cares what today's like
The morning before

きみが見た通りの僕でいさせてよ
これ以上びっくりさせないでくれ
今日がどんな日になるか
昨日の朝に気にするヤツなんかいないよ

Did you ever stop to ask him
Where he's going
Has it not occurred to you
Without you knowing
You're reducing me to no more
Than a wreck
I cannot stand the pace you're keeping
What's you're meaning

いったいどこに行こうとしてるのか
立ち止まって彼に尋ねたことがあるかい?
何も知らないきみ
きみには関わりのないことかい?

きみは僕を残骸にでもしようとしてるんだ
きみのペースにはついていけない
きみは何を考えてるの?

Give me one good reason
Why, even if I stay
You won't walk away from me
Tomorrow today

それ相応の理由を示してくれよ
僕がなぜ ここにいるのかもね
きみが僕と一緒にここにいるつもりなら
明日も 今日も

Songwriters: O'Sullivan, Gilbert
lyrics © EMI Music Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC

Astound=びっくり仰天させる
wreck=ボロボロになったもの 残骸

Released in 1977
From The Album“Southpaw”

gilbertsouthpaw.jpg

「Tomorrow Today」は1977年の「サウスポー」に収録されていた曲ですが、日本では1992年のギルバートの初来日とアルバム「Sounds Of The Loop(あの日の僕をさがして)」の発売を踏まえ、同年のTBSドラマの主題歌に抜擢されました。(15年の時を越えた新曲!?)このドラマもタイトルがギルバートのアルバムの邦題「あの日の僕をさがして」と名付けられ、ギルバートの日本の人気は急上昇となりました!「Tomorrow Today」は日本の洋楽チャートで8週連続ナンバーワンの大ヒット!そして翌年も2年連続でギルバートは来日してくれました!

DSC_0733.jpg

◆ドラマ「あの日の僕をさがして」は主役が織田裕二さんと仙道敦子さん。舞台は長野県の安曇野。前年の1991年に冬季オリンピックの長野での開催が決まったこともあり、日本も長野ブームに!?
でも、ドラマの視聴率は大コケになってしまった(-_-;)とのこと。ドラマ初出演した歌手の永井真理子さんも「もうドラマは出たくない」と言ったそうです…。

imagesFARPEG3P.jpg

◆さて、ギルバートに話を戻します。
ドラマにもぴったりマッチしたストリングスも素敵なこの曲。歌詞のストーリー、あなたはどう解釈しますか?

いろんな解釈があってもいいのですが、正解を言ってしまって申し訳ないのですが、ギルバート曰く“この曲はゴードン・ミルズのことを歌った曲なんだ”とのことです。(Gilbert O'Sullivan OfficialWebsite Song Index "Tomorrow Today")

◆ゴードンはギルバートのマネージャー。ギルバートの名曲「クレア」はゴードンの末娘ちゃん。家族ぐるみの交際をしていたのが音楽的な方向性やロイヤリティーの配分などをめぐって裁判にも発展してしまいます。

:このアルバムは初めてゴードン以外の人のプロデュースになります。彼とはこの時から分かれたのですが、その理由は私が他のプロデューサーを使いたくなったのです。その頃、しばらくシングルを出していたのですが、どれもあまり成功しなかったので、他のプロデューサーを考えていたのです。他のプロデューサーを使ったとしても、ゴードンはまだ私のマネージャーでしたから彼にもお金は入ってくるはずでした。しかし彼はその条件を好まず、1976年にアメリカに渡ってしまいました…。
(「Gilbert O'Sullivan Original Collection 1971-1977」linernotes)


う~む。そんな心境をこのせつなく懐かしい感じのメロディに載せて歌ったのか・・・(-_-;)。裁判はギルバート側から起こし、1984年にギルバートは勝訴しました。でもこの裁判がギルバートの音楽活動の停滞を招き、一時期「引退」という噂も流れたものです。その後、ゴードンは1986年に51歳で死去。"Tomorrow Today"が日本で大ヒットしていたのは、もう裁判も終わり、ゴードンは天国に召された後だったわけです…。

だから今更、この曲の歌詞の意味を紐といても、ヤボってもんですよね。(←おいおい、記事にしたのはお前さんだろ!)

◆昔のしがらみを乗り越えて、聴かれ続けているこの曲"Tomorrow Today"。大切なのは今日や明日。"きみと一緒にいるために…コミュニケーションをもっとしたいよ…"という歌であると思っていきます!

◆1992年 TBSドラマ「あの日の僕をさがして」の主題歌になりました。主演は織田裕二と仙道敦子さん。ほかにも色んな人が出てました!
↓↓↓↓↓


◆まったく関係ありませんが、ビリーの"Tomorrow Is Today"もいい曲でした。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Southpaw
・ウィキペディア「あの日の僕をさがして」
・Gillbert O'Sullivan Official Website
・「Gilbert O'Sullivan Original Collection 1971-1977」linernotes
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Southpaw Gilbert O'Sullivan

gilbertsouthpaw.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント