99 Miles From L.A / L.Aより99マイル (Albert Hammond / アルバート・ハモンド)1975



Keeping my eyes on the road
I see you,
Keeping my hands on the wheel
I hold you,
Ninety-nine miles from L.A.
I kiss you,
I miss you,
Please be there.

これから進む道をじっと見てると
きみの姿が見える
ハンドルをしっかり握っていると
僕はきみを抱きしめている
L.Aから99マイルも離れてるんだ
きみにキスをする
きみが恋しい
お願いだよ ここに来て

Passing a white sandy beach
we're sailing,
Turning the radio on
we're dancing,
Ninety-nine miles from L.A.
I want you,
I need you,
Please be there.

白い砂浜を通り越すと
僕たちが船出をしてるのが見える
ラジオをつけて音楽を鳴らすと
僕たちは音楽に合わせて踊ってる
L.Aから99マイルも離れてるんだ
きみがほしいよ
きみが必要なんだ
お願いだ ここに来て

The windshield is covered with rain,
I'm crying,
Pressing my foot on the gas,
I'm flying.

フロントガラスが雨に覆われると
僕は泣いてるんだ
アクセルを踏み込んだら
僕はきみの元へ飛んでいくよ

Counting the telephone poles,
I phone you,
Reading the signs on the road,
I write you,
Ninety-nine miles from L.A.
we're laughing,
we're loving,
Please be there.

追い抜く電信柱を数えてると
僕はきみに電話してる
道路の標識を読みながら
きみに手紙を書くよ
L.Aから99マイルも離れて
僕たちは笑いあい
僕たちは愛し合う
お願いだ そばに来て

We're laughing,
we're loving,
Please be there.

僕たちは笑いあい
僕たちは愛し合う
お願いだ そばに来て

Songwriters DAVID, HAL/HAMMOND, ALBERT /
Lyrics © EMI Music Publishing, BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

windshield
=フロントガラス
cf.take one’s foot off the gas
=アクセルを緩める

Released in 1975
US Billboard Hot100#91
From The Album"99 Miles From L.A."

mkSElw9R5Tw_m2cU6V9FFBw.jpg

100マイル=160.9キロメートルだそうなので、99マイルは約159キロ。L.Aから159キロ離れてるということだからサンディエゴのちょっと手前くらいのようす。それでも距離感わかりませんので、東京駅を起点とした場合、こんな感じです。(このうち一つはうちのかみさんの実家。ちょうと159kmなので(゚Д゚;)した~)

159kg その1

159kg その3

159キロ その2


◆僕はこの曲を初めて知ったのはアート・ガーファンクルの「愛への旅立ち(Break Away)」のアルバム。

art-garfunkel_breakaway.jpg

そのとき、この曲が「カリフォルニアの青い空」「落葉のコンチェルト」を作ったアルバート・ハモンドの作った曲だと知りました。彼はシンガーだけじゃなく、ソングライターなんだなあと感心したものです!
(その他、アルバート・ハモンドの作った楽曲の有名曲は…!)

・青春の輝き(I Need To Be In Love)/ Carpenters
・はるかなる想い(When I Need You)/ Leo Sayer
・愛はとまらない(Nothing's Gonne Stop Us Now)/ Starship
・I Don't Wanna Live Without Your Love / Chicago
・One Moment In Time / Whitney Houston

◆この曲を作ったときの話が、アルバートのOfficial Webサイトに載っていました。
(1984 interview on BBC Radio programs)

:この曲は僕がハル・デヴィッドと初めて一緒に作った歌なんだ。僕は前の晩に家でこの曲のメロディを8時間も歌って費やしてたんだ。僕はハルのところへ言ってこう言ったんだ。"ハル、いろいろ試みたけどもうわけわからないんだ。このメロディなんだけど…"。そう言って弾いてみた。ハルは“そのまま演ってて!”と言ったから僕は8時間も演ったあとで“もう演りたくないよ!”って言ってしまったんだ。でも20分後に彼は詞を持ってきたんだよ。僕はその詞を見て“なんてことだい!ハル・デヴィッドにこの曲や歌詞なんて嫌いだよなんて言えなくなっちゃうよ!”。これがナンバー1レコードを出す実力のある男の仕事なんだなって。僕はこう言ったんだ。“とってもゴージャスだよ。気に入ったよ!”って。3週間後、僕はもうこの曲を本当に愛しちゃったんだ。僕の代表的な1曲になったよ。


ハル・デヴィッドはバート・バカラックとの共作が多く「雨にぬれても」が全米No1ヒットに。ディオンヌ・ワーウィックにも楽曲を提供していて「ウォーク・オン・バイ」「小さな願い(I Say a Little Prayer)」「サン・ホセへの道」、「恋よさようなら(I'll Never Fall in Love Again)」などのヒットも出しているライターでした。アルバートとの共作も基本はハルが作詞をしていたんでしょうね。

◆99マイルの遠距離恋愛をしている恋人。ウィークデーには会えないだろうなあ。週末にどう?って感じかな。もう車に乗っているときから、彼女のことが思い浮かんでるんですね(^▽^;)。雨が降りフロントガラスが覆われてしまうと泣いてしまうのは、道が渋滞してしまって彼女の元に着くのが遅くなってしまうのでしょうか?

◆この曲はアート・ガーファンクルの最近のライヴのセットリストに入っていいます。12月の日本公演でもきっと歌ってくれると思いますよ!
 こちらはアート・ガーファンクルの姿はほんのちっちゃく…でも声は聞こえます。2014年9月スコットランドのグラスゴーでのライヴです。
↓↓↓↓↓


◆Albert Hammond - 99 Miles from L.A. - Tonight Show, 1973
↓↓↓↓↓


◆みのもんたさんも歌上手い!...いや、違った(^▽^;)。ジョニー・マティスさんもカバーしていますね。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia 99 miles From L.A
・Wikipedia ハル・デヴィッド
・Albert Hammond Official Website
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Albert Hammond/99 Miles From La CD, Import
アルバート・ハモンド
(アルバートの3枚目と4枚目のカップリングです)

61Gw3SbjkJL__SX425_.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

考えることは同じですね(笑)

僕も以前、この曲をエントリーした際、99マイルを日本でいったらこの辺りまでと例を上げてその距離をイメージして貰うように書き込みました(笑)

約159キロという近くでもなく遥か遠くでもない微妙な距離。
離れ離れで生活する愛する人との甘いもどかしさを上手く曲にしたと思いました。



週末にはなんとか、、、

99マイルって日本人じゃ分かりにくいですよね!分かりやすい邦題を望みます笑。