イエス LIVE in Japan 2014(東京ドーム シティ・ホール)行ってきました

イエスのライヴ(東京ドーム・シティ・ホール)、行ってきました!

Yes2014.jpg

 いやー「演奏力」のあるライヴでした。そして同じ曲を40年間演奏し続ける強さや深みを感じました。耳のみで聴く「こわれもの」や「危機」ももちろんいいんだけど、視覚的にも楽しめましたし、また、イエスのメンバーも生きてる人間です。メンバー間のアイコンタクトやら、演奏時の表情なども見ていて楽しかったです。明日以降、観に行く人はぜひ楽しんできてください!
*写真撮影、録音はすべて禁止でした!

【Member】
● Chris Squire/クリス・スクワイア (B)
● Steve Howe/スティーヴ・ハウ (G)
● Alan White/アラン・ホワイト (Ds)
● Geoff Downes/ジェフ・ダウンズ (Key)
● Jon Davison/ジョン・デイヴィソン (Vo)

ジョンはアメリカのプログレ・バンド"グラス・ハマー"のリード・ボーカリストだった人。今年で41歳。ほかはみなオーバー60歳!

【Setlist】「危機」と「こわれもの」の全曲再現ライヴ!ほかヒット曲た新曲も!という触れ込みのまんまでした。でも満足!


yesyes3.jpg
-1. Close to the Edge(危機)
-2. And You and I (同志)
-3. Siberian Khatru(シベリアン・カートゥル)


yesyes1.jpg
-4. Believe Again (ビリーヴ・アゲイン)
-5. The Game(ザ・ゲーム)


yesyes2.jpg
-6. Roundabout(ラウンドアバウト)
-7. Cans and Brahms(キャンズ・アンド・ブラームス)
-8. We Have Heaven (天国への架け橋)
-9. South Side of the Sky(南の空)
10. Five Per Cent for Nothing(無益の5%)
11. Long Distance Runaround(遥かなる思い出)
12. The Fish (フィッシュ)
13. Mood for a Day(ムード・フォア・ア・デイ)
14. Heart of the Sunrise(燃える朝焼け)


yesyes4.jpg
15. I've Seen All Good People(アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル)

yesyes5.jpg
16. Owner of a Lonely Heart(ロンリー・ハート)

【Stage】
・メンバー登場、挨拶のち、虫の声などが聞こえてくる…1曲めは「Close To The Edge」でした!

・ステージ向かって左にスティーヴ、右にクリスが配置。左奥にキーボード(シンセサイザー)のジェフ、右奥にアラン(ドラムに名前書いてある)、真ん中にボーカリストのジョンという配置は、Youtubeなどで見られる他国でのライヴと基本的に同様。ステージバックにはスクリーンで、「危機」「こわれもの」などのアルバムジャケットやイエスのロゴ、また、曲の歌詞に合わせた風景なども出てきます。

・スティーヴは「侍」のような感じ(悪い言葉で言えば“落ち武者”!?ごめんなさい)。でもギターにはほれぼれします。長い曲が組曲のようになっているので、途中でギターを交換することがあるため、スタッフが、スタンドに固定されたギターをスティーヴのところに持ってきて配置。スティーヴは自分で肩から掛けてるギターと固定ギターを弾き分けていました。(こういうところがわかるのがライヴならではですね)

・クリスは「こんなにデカ男だったっけ?」というのが一番の印象。肩から掛けたベースが小さく見えます。でもコーラスしながらも、途中で手を挙げたり、足を挙げたりしながら、バンドメンバーで一番愛嬌を振りまいてくれました。現在のイエスのメンバーのなかで、オリジナルメンバーはクリスのみ。このライヴでも“Mr.イエス”ってところでしたね。

・アランは“いぶし銀”終始ドラミングに専念。オペラグラスで覗いたら、真剣な眼差しが。顔のしわも多かった(年だからあたりまえ)。

・ジェフは最初はずっと後ろ向きでシンセを弾いていてどうなるかと思っていたが、途中から横顔が見られるようになった。「Fragile」の「Cans and Brahms」の見せ場がありました。

・そしてジョン・デイヴィソン。一緒懸命、マジメに歌ってくれました。衣装は70年代のヒッピー風。高音もよく出ていました。僕はジョン・アンダースンがボーカルのライヴを知らないから比較はできないけど、充分イエスの楽曲の魅力を出していたと思います。(もちろん曲を作った当人の方が色んな意味で感情も込められるでしょうけど)

・あらためて「こわれもの(Fragile)」は名曲の間に、各メンバーの個性が発揮された小曲があるアルバムなんだなあと感じました。順番が「危機」→「新曲」→「こわれもの」の順で正解だったな。「こわれもの」が先だと、メンバーソロがライヴの前半になるのでそれもおかしいしね。

・アンコール1曲めがイエスのサードからの「I've Seen All Good People」。これもなかなか良かった。そして2曲めが「Owner Of A Lonely Heart」。ステージバックのスクリーンにもあの不気味なPVが一部映し出されました。

【Download Service】
来日公演の音源(11/25のものを予定)が丸々とダウンロードできるらしい。会場限定だそうだけど、行けなかった人で希望する人もいらっしゃると思うがどうなんだろう?それだと3,500円じゃ安いってことになっちゃうのかな。ダウンロードサービス

【Artist Goods】
物販は買いませんでしたが、このTシャツとタオルはほしいな。

yestshirts.jpg
towelyes.jpg


【Youtube】本日の演奏順に並べました。他会場(外国)のライヴ動画です。

1.Close To The Edge
↓↓↓↓↓


2.And You And I
↓↓↓↓↓


3.Siberian Khatru
↓↓↓↓↓


4.クリス・スクワイアから紹介。ニューアルバムから"Believe Again"です。
↓↓↓↓↓


5.The Game (和訳はこちら)
↓↓↓↓↓


6.Roundabout (和訳はこちら)
↓↓↓↓↓


7.Cans and Brahms
↓↓↓↓↓


8.We Have Heaven
↓↓↓↓↓


9.South Side of the Sky
↓↓↓↓↓


10.Five Percent for Nothing
↓↓↓↓↓


11.Long Distance Runarouond
↓↓↓↓↓


12.The Fish
↓↓↓↓↓


13.Mood for a Day
↓↓↓↓↓


14.Heart of the Sunrise
↓↓↓↓↓


En Core
15.I've Seen All Good People
↓↓↓↓↓


16.Owner Of A Lonely Heart (和訳はこちら)
↓↓↓↓↓


yestokyo2014.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

Liveは最高!

ライブは良かったですか?めったさん。このレポートから感動が伝わってきます。良かったです。
デュラン・デュラン、ピストルズ、GLAY、BSBと行きましたが♪ん~んいーっすねー。
海外のホテルのラウンジで名前は忘れちゃいましたが、ひとりバカのりし、踊りまくり、外人にはうけてた?ような?て仲間から白い目でみられましたが、80S、ビルボード曲をやってくれ(*^^*)(*^^*)あれは感動でした。
翌日、プールサイドでそのデュオを見つけて知り得る限りの片言英語で感動と感謝述べたんですが!いまだに思い出すと寒~い汗がでます。

ありがとうございます

好きな曲を実際にライヴで観て聴いている時は「時間よ止まれ!」と思ってしまいます。いま一緒に歌ってると思うとスゴイことです。海外で直接コンタクトとった経験があるのですか?それもすごいですね!