You Needed Me / 辛い別れ(Anne Murray / アン・マレー)1978



I cried a tear
You wiped it dry
I was confused
You cleared my mind

私が涙を流すと
あなたがしっかり拭いてくれた
私の心が迷っているときは
あなたがすっきりさせてくれた

I sold my soul
You bought it back for me
And held me up
And gave me dignity
Somehow you needed me

私が魂を売り渡してしまっても
あなたが連れ戻してくれた
私を支えてくれて
尊厳を与えてくれた
そしてどういうわけか
私を必要としてくれた

You gave me strength
To stand alone again
To face the world
Out on my own again

あなたが力を与えてくれた
私は一人で再び立ち上がれた
社会に向かい合う力を
再び自分自身の力で

You put me high
Upon a pedestal
So high that I could
Almost see eternity
You needed me, you needed me

あなたは私を持ちあげてくれた
とても高い台座まで
私ができる限り高く
永遠が見えるほどに
あなたが私を必要としてくれた
あなたが私を必要としてくれた

And I can't believe it's you
I can't believe it's true
I needed you
And you were there

And I'll never leave
Why should I leave, I'd be a fool
'Cause I've finally found
Someone who really cares

信じられない 私にはあなたなのに
本当のことだって信じられない
私もあなたを必要としてた
あなたはそこにいてくれた

だから私は絶対に離れない
どうして離れられるっていうの?
そんな私は大ばか者よ
一番大切にしてくれる人を
とうとう見つけたっていうのに…

You held my hand
When it was cold
When I was lost
You took me home

寒さに凍えるときは
私の手を握ってくれた
私が途方に暮れているときは
あなたがほっとさせてくれた

You gave me hope
When I was at the end
And turned my lies
Back into truth again
You even called me friend

私が絶望してるときに
あなたが希望をくれた
私が嘘を言っても
あなたがそれを本当に戻してくれた
そんな私をあなたは
"友達"とさえ言ってくれたの

You gave me strength
To stand alone again
To face the world
Out on my own again

あなたが力を与えてくれた
再び一人で立ち上がる力を
再び世界に向かっていく
自分の足で立ち上がる力を

You put me high
Upon a pedestal
So high that I could
Almost see eternity

あなたは私を持ちあげてくれた
とても高い台座まで
私ができる限り高く
永遠が見えるほどに

You needed me, you needed me
You needed me, you needed me

そんなあなたが
私を必要としてくれた
私を必要としてくれた

あなたが私を必要としてくれたのに
あなたが私を必要としてくれたのに

Songwriters GOODRUM, RANDY

Published by
Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc., Universal Music Publishing Group, MIRANDA MILLSAP D/B/A IRONSIDE MUSIC

sell one's soul
=良心に恥じることをする
pedestal=台、脚柱

Released in1978
US Billboard Hot100#1
From The Album"Let's Keep It That Way"

tsuraiwakare.jpg

アン・マレーの落ち着いた歌声。この曲は好きでしたね~。邦題が「辛い別れ」、原題が「You Needed Me」。ううむ。無理やり「別れの曲」のように訳してしまったのですが、どうでしょう?

◆この曲は名ソングライター"ランディ・グッドラム"の作品。彼はいい曲書きます!めった和訳でも以下の曲達がランディの作品です。他の方との共作ですがまだあと1曲、大好きな曲を取ってあります…。

mainLogogoodrum.jpg

Bluer Than Blue(悲しみの序章)/ Michael Johnson
Oh Sherry / Steve Perry
Who's Holding Donna Now(ドナは今)/ Deberge
It's Sad to Belong(悲しみのかなたに)/England Dan & John Ford Coley"

◆ランディが"You Needed Me"についてSongfactsで以下のようにコメントしています。(文章は僕の和訳なのでちょっと適当ですみません。^▽^;)

:これは無条件の不相応の愛の類いの歌。きみは私が完全な素晴らしい人物であるかのように愛せるかい?そんなことはないのに。言わば他人にたいしての免責事項なんだ。私を必要とするかい?
まったく前提が同じではないけど、僕が何のクラブにも所属していないのにメンバーとして扱ってくれたりとか。きみが時間をかけて大きなピザを焼いてくれたりとか、それは僕にとっては小さいけど無償の愛ってことなんだ。僕にとって歌というものは、たとえそれがポジティブな歌だとしても、いつだってある何らかの影が宿っていて、それは光によって意味のあるものになるべきと思っている。
また、僕はあまりにも多くのソングライターが、世界に臆病で、ドラマチックな曲を書こうとしないと思っている。否定的なことを歌に書こうとしない。でも僕にとっては違う。きみが歌のなかにネガティブなものを感じるかもしれないけど、その歌のどこかに希望の光が射してあるはずだ。おそらくそれは逃げ道、サッカリンではなく、シロップの逃げ道だけど。映画で言えば、誰かが洞穴のなかに閉じ込められてるけど、突然、岩が崩れ落ち、小さな光が差し込んでくる。そこで言うんだ。"ああ、もしかして ここを頑張って掘れば助かるはずだ"ってね。"

若干わかりづらいのですが、彼が詞を書くときは「影」を書いたら必ず「光」も入れる、ということかと思います。それで「You Needed Me」に当てはめて考えると…「光」は"無償の愛で愛してくれた"ってことなんだと思いますが「影」はどの部分なのだろう。でも"もしかして"と思ったのですが、「You need me」でなく「needed」と過去形になっていることから「あのときあなたは私を必要としてくれたのに…(今は必要としていない)」って意味なのでは?そしてブリッジの"信じられない"って部分も、当初は"あなたが私の事を必要としてくれたのが信じられない"って思ってたのですが、そんなあなたと離れてしまうのが信じられない、と言っているのでは?と思ってしまいました…(-_-;)

◆この曲のSongfactsにはそのほかこの"You Needed Me"は"コーラス部分がない珍しい曲"ということで、ランディがどうやって曲を作っているのかなど書かれていましたが、長くなるので省略します。興味のある方はこちらをどうぞ(英語ですよ)。

◆アン・マレーはカナダ人のシンガー。出産・子育てがあり、2年間音楽活動を休業していて、1978年にカムバックした際のアルバムが"Let's Keep It That Way(愛の香り)"。

220px-Keepitthatway.png

ファーストシングルはエヴァリ・ブラザーズのカバー「寂しい日々(Walk Right Back)」でしたが、この曲はHot100入りを果たせませんでした。でも、セカンド・シングル「辛い別れ」がじわじわっとチャートを上昇し、なんと1位に。ちょうど僕が全米トップ40をよく聴いていたこの頃から、チャートの常連さんになりました!カナダ人の女性シンガーとしては初の全米No1ヒットという快挙も。
250px-Anne_Murray.jpg

◆これは知りませんでした!(Wikipediaより)
「辛い別れ」(原題:"You Needed Me")は1980年、TBS系金曜ドラマ『幸福』(脚本:向田邦子)の主題歌に採用された。そのため「辛い別れ」の日本盤シングル・ジャケットには、アン・マレーのアーティスト写真のみを使用した通常のものと、『幸福』の出演者である岸恵子、竹脇無我、岸本加世子、中田喜子の写真をコラージュしたもの(アン・マレーの写真も小さく掲載)の2種類が存在する。

kohuku.jpg

◆あなたのクリスマス・プレゼントに!~丁寧に歌うよなあ。
↓↓↓↓↓


◆MTVのステージから。カラオケの練習もできますよ(笑)。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia You Needed Me
・You Needed Me Songfacts
・ヤフオク!
・日本盤ジャケットに見るPopの歴史と個人的日記
・ビルボード・ナンバー1・ヒット1971-1983(音楽之友社)
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
The Best..So Far / Anne Murray

41TTDHBKQAL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

またしても…

この曲も小学生で出会いました(笑)
実は、父の車のディーラーさんから貰えた、ノベルティのカセットテープに入っていたんです。
ええ、『ハート悲しく』も。選曲はバラエティーに富みすぎて、もはやおもちゃ箱か?ちゃんこ鍋か?でしたが。
大してお利口さんでもない小学生にも、You needed me と 所々の極一部のフレーズが聞き取れて、切ない失恋の唄だと思い込んでいました。
もう少し成長して、ほんの少し判るようになったら、思っていたよりもっと深い大人の唄だと気がついて、胸が痛くなりました。今でもこの曲を聴くと胸が締め付けられます。
でも、きっと『あなた』に必要としてもらえた、大切な想いを教えられた『私』は、誰かに想われた記憶を糧にして、前を向いて歩けたのだろうと思いたいですね。
本当に、別れの辛さを語る唄だけど、とても優しい唄だと思います。
(実はこの曲は携帯のプレーヤーに入れてあります)

別れてもありがとう

レイラさんの解釈に一票。この曲、別れは辛かったけど、相手への感謝の気持ちがにじみ出て伝わってきます。別れの曲だけど、テーマは前向きですよね。いい曲です。