Sacrifice / サクリファイス (Elton John / エルトン・ジョン) 1989



It's a human sign
When things go wrong
When the scent of her lingers
And temptation's strong

人間なら誰でも見せる兆候さ
物事がうまくいかないときや
部屋に女性の残り香がするときには
誘惑の想いが強く込み上げてくる

Into the boundary
Of each married man
Sweet deceit comes calling
And negativity lands

結婚してるそれぞれの男の
境界線を越えてしまうんだ
甘い嘘の呼び声が聞こえて
悪い想いが心に根付いてしまう

Cold, cold heart
Hard done by you
Some things lookin' better, baby
Just passin' through

僕の冷たく 冷淡な心…
きみに顧みてもらえずに生まれたのさ
素敵に見える人もいたけど
ベイビー それは
ただ通り過ぎていくだけの女性

And it's no sacrifice
Just a simple word
It's two hearts livin'
In two separate world

But, it's no sacrifice
No sacrifice
It's no sacrifice, at all

でも「犠牲」とは思ってないよ
それはただの言葉の話
二つの心が
二つの別世界にいるってだけの話だよ

僕は「犠牲」なんて思ってない
決して「犠牲」なんかじゃない
きみは「犠牲」なんて言うけど
とんでもない話さ

Mutual misunderstandin'
After the fact
Sensitivity builds a prison
In the final act
We lose direction
No stone unturned
No tears to damn you
When jealousy hurts

後でわかることだけど
お互いに誤解していただけさ
神経を使いすぎて監獄を作ってしまった
そして最後には
僕たちは進む道を見失った
嫉妬心が心を傷つけ
どんなに道を探してもだめさ
きみを非難する涙もでやしない

Cold, cold heart
Hard done by you
Some things lookin' better, baby
Just passin' through

僕の冷たく冷淡な心
きみとの大変な暮らしのなかで
生まれてしまったんだ
心を魅かれるものがあったけど
それはただ通り過ぎていくだけ

And it's no sacrifice
Just a simple word
It's two hearts livin'
In two separate world
But, it's no sacrifice
No sacrifice
It's no sacrifice, at all

でも「犠牲」なんかじゃない
「犠牲」なんて簡単な言葉すぎるよ
別々な2人の人間が
別々な2つの世界に住むんだよ
でもそれは「犠牲」じゃない
「犠牲」なんかじゃない
「犠牲」なんかであるもんか

Cold, cold heart
Hard done by you
Some things lookin' better, baby
Just passin' through

And it's no sacrifice
Just a simple word
It's two hearts livin'
In two separate world
But, it's no sacrifice
No sacrifice
It's no sacrifice, at all

でも「犠牲」なんかじゃない
「犠牲」なんて簡単すぎる言葉さ
別々な2人の人間が
別々な2つの世界に住むんだよ
でもそれは「犠牲」じゃない
「犠牲」なんかじゃない
「犠牲」なんかであるもんか

No sacrifice, at all
No sacrifice, at all
No sacrifice, at all
No sacrifice, at all

「犠牲」なんかであるもんか
僕はそう信じてる…

Songwriters JOHN, ELTON / TAUPIN, BERNIE
Lyrics c Universal Music Publishing Group

boundary=境界線
deceit=詐欺 虚偽
be hard done by=不当に扱われ(てい)る
mutual=相互の
After the fact=事後 犯行後
Sensitivity=神経の細やかさ 感受性
final act=大詰め
leave no stone unturned
=あらゆる手段を講じる くまなく探す

Released in 1990
US Billboard Hot100#18
UK Single Chart#1
From The Album"Sleeping with the Past"

Sleeping_with_the_past.jpg

 エルトンの"Sacrifice".
 この曲を和訳するのに、この曲のWikipediaを見てみたら、"エルトンとバーニーのコンビはアレサ・フランクリンの「Do Right Woman Do Right Man」に影響を受けて、この曲を書いた"とありました。

41tk3i1pAvL.jpg

 アレサのこの曲は邦題「恋の教え」。大ヒット曲でもないこの曲(シングルのB面曲)に、なんでエルトン&バーニーの黄金コンビが注目したのだろう…? あっ、でも「ローリングストーン誌が選ぶ500曲」の476位に入っているから、なんらかの名曲であるのは間違いないのだろう。

◆アルバム「Sleeping With The Past」からのシングル、この曲「Sacrifice」は、リリース当初の1989年のときには全英で55位、全米で18位という成績でした。しかし1990年の半ばにイギリスのDJであるスティーヴ・ライトがBBCラジオでこの曲を流し始めたところ、多くのDJ達もこぞってそれに続き、この曲は"Healing Hands"とダブルA面シングルとして再リリースとなりました。そしてエルトンのソロとしては全英で初のNo1シングルとなったのです。

◆一方この頃のエルトンと言えば私的には1987年に行った長期公演では喉を悪化させてしまい、翌年に声帯の手術を行っています。以降、ヴォーカル・スタイル及び歌声は大きく変貌しました。また、1984年にドイツ人のレコーディング・エンジニアであるレネーテ・ブリューエルと結婚しましたが4年後の1988年に離婚してしまいます。この頃(1980年代後半)はエルトンは、ゲイであることの人知れぬ苦悩や、薄毛のコンプレックス(80年代のエルトンは、必ずといっていいほど帽子を被っている)などで精神的にも不安定な状態が多く、過食症やアルコールの過剰摂取もいっそうエスカレートしていたといわれています。1991年、エルトンはシカゴのパークサイド・ルター病院に入院し、本格的な治療を受けることとなります。(そして、1992年に素晴らしいアルバム"The One"で復活してくれます!←この話はまた別な機会に)

◆アレサの「恋の教え」では"女の人も心を持ったヒト"であるにも関わらず、そのことに気づかない、あるいは軽視している男に警告をしています。"あなたが女に日中に正しく(Do Right) いてほしいなら、男は夜中じゅう、正しくありなさい"と歌います。
 "Sacrifice"の主人公は、女の人をどう見ていた男なのでしょうか。

*この曲のSongfactsより;
:人と人との恋愛関係において誠実であることがいかに大切なのかというのがこの曲だ。エルトンの作品の作詞を担当するバーニーはこの曲のリリースの前にMusic Connection magazine誌にこう説明している。

"この曲は単純な歌詞さ。でもとても知的な大人の歌詞なんだ。基本的には"愛の厳しさ"を歌っている。それは僕らの書いた「Your Song」と比べると百万年も離れた愛といえるよね"


*この曲のWikipediaより:
:バーニーはインタビューに答えてこう言っている。

"サクリファイスは僕の書いたなかでも最高の一曲だと思うよ。この曲は典型的なラヴ・ソングの括りには入らない。関係が失われた「結婚の破局」について、それが「犠牲なのかどうか」という曲なんだ。"


◆さて、前置きが長くなりました。

 アルバム「Sleeping With The Past」、シングル「Sacrifice」のアートワークも気になります。頭を抱え、ななめ下を向いて何かを思案するエルトン。

EltonJohnSacrifice7InchSingleCover.jpg

 「Sacrifice」の主人公は、まず歌い出しの"It's a human sign…"からして、アレサの歌う"恋の教え"に未だ気づいていない男なんでしょうね。"誘惑が強く込み上げてくる"ときには、"結婚をしていても境界線を越え""甘い嘘の呼び声"が聞こえ、"悪い想いが根付いて"しまう…と歌います。
 "冷たく冷淡なハート"が生まれたのは"きみに不当に扱われた(hard done by you)"と自分自身を反省することなく、相手を責めて?いるようです。さすがに訳しててもこの男に不快感を持ちましたので、後半の和訳は「きみとの大変な暮らしのなかで生まれてしまった」と"なるようにしかならなかった感"で和訳しました(-_-;)。

 歌われている"サクリファイス=犠牲"、"No Sacrifice"とは具体的にはどんな意味なのでしょうね。
 めった和訳としては、次の2つのうち、どっちなのか?決めかねて結構、時間をかけました。

(1)別離の「前」の"sacrifice"と"No sacrifice"…自分の心を偽って暮らすことやその日々が「犠牲」?でも「それでも楽しかったはずだよ」というのが「No Sacrifice」。

(2)別離の「後」の"sacrifice"と"No sacrifice"…この曲のPVでは、彼女が出ていってしまった後、娘さんを男が育てている様子が出てきます。彼女が去ったあとの生活は自分にとっての"犠牲"なのだろうか?
 そう思われるかもしれないけど、そんな単純なことじゃない。単なる"sacrifice"なんて単純な"言葉の話(just a simple words)で片付けられない。
 僕には大切な娘の暮らしができたんだ。もちろん彼女のことを何度も思い出したりするけど、娘との日々もまた大切に思っている。
 彼女と僕は、心をもう1つにすることはできないけど、2つの心が別々な2つの世界に住むようになったというだけのことさ。

…考えた結果、この男をちょっとは好きになりたくて、上記の"(2)別れた「後」の話"説の立場から訳詞としました。

◆この曲がイギリスで再発されてNo1になった話。DJであるスティーヴ・ライトさんはなぜ何度もBBCラジオでかけた理由は僕の調べた範囲ではわからないので、想像です!

 人と人との関係は難しく、お互い理解し合えなく別れてしまうこともあるものだ。しかしそのことで、別離前の生活、そして別離後の生活が「犠牲」なんて言ってしまっていいのだろうか?「決して犠牲なんかじゃない」。そこで何かが生まれるものがあるのではないだろうか?...

日本社会よりも離婚も多いという欧米社会のなかで"離婚"や"別離"をどう捉えるか?僕はこう思うよ…こうした、この曲の主題が"じわ~っ"と伝わっていったのではないでしょうか?

◆ぽむたんさん、こんな感じです (^▽^;)

◆ライヴでの"Sacrifice"
↓↓↓↓↓


◆再発時には、この曲"Healing Hands"と両A面となりました。フォー・トップスの "Reach Out, I'll Be There"に影響を受けた曲のようです。シングルジャケットはアルバム「Sleeping With The Past」のジャケットの別ショットなのかな。
220px-Ejohn_healinghands.jpg
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Sleeping With The Past
・Wikipedia Sacrifice
・Sacrifice Songfacts
ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
Sleeping With the Past エルトン・ジョン

Sleeping_with_the_past.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

バーニーと黄金コンビを組んでいたころがやはり一番好きです。ここにストリングスもあれば・・

ありがとうございます

めっ太さん。
面倒なお願いありがとうございました。
いろいろなサイトで調べていただき感謝感謝です。

自分の中でこの曲の内容は相対性理論のようで、言いたいことはわかるんだけど理解ができないような、そんなもやもやです。
PVのせいや、歌詞のeach married manのeachのせいで、状況がなんだろうと思っていました。

アレサの影響があるんですね。アレサの曲は女性目線の強さのある曲が多いですね。BBCでのヘビロテが影響しているというので、イギリスでのヒットの状況がわかりました、
外国で突然ヒットしている曲は、曲の力を別にすると日本では何でだろうと思うことがあります。

ちょっと前に、中島みゆきの「糸」があちこちで流れていて優先のチャートにまで入っていたので今頃なんでだろうと思っていたらクリスハートがTVで歌ったんだと後でわかりました。
イギリスやアメリカではアイドル発掘番組で歌われた曲が翌週になって急にチャートインすることが多いけど、そういう状況がわからないと不思議に感じますね。

納得

追伸
「Your Song」と比べると百万年も離れた愛といえるよね
というバーニーの言葉と、バーニーがエルトンに詞を書くときはエルトンの気持ちになって書くことがあるといっていたこと、この曲を出す少し前にエルトンが離婚していたことを思い出して、状況が見えた感じがして霧が晴れました。
ありがとう!

エルトンとバーニー

RWさん 初期のコンビの作品と復活したコンビの作品。僕も若くて時間があったら?、その変化や違いを研究して卒論でも書きたいなあなんて思います!(←そんな卒論でいい大学があるのか?)

勉強になりました

ぽむたんさん 「サクリファイス」は僕も何が「サクリファイス」で何が「ノーサクリファイス」なんだろう?というのは気になっていたのですが、ぽむたんさんからの突っ込みがなければ、軽く和訳していたかもしれません。また、PVとアレサの曲に引きずられすぎのような気もしていて、今でもこの曲がビデオで見られるように「別離の後」の歌か?と言われると、「前」とも取れるような気もします。「eachという単語が気になる」ってことも和訳的にはポイントになるのかもしれませんね。僕はこの男が自分だけじゃなくって「その環境になったら、”誰だって”そうなっちまうんじゃないか」と自分の愚かな行動を正当化するのに“each married men”という言い方になったのでは?と思いました。
うーん、すごく勉強できる宿題!だったと思います。